ハーフインターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハーフインターチェンジ (Half-interchange) は、構成道路間相互の出入りが部分的に限定されたインターチェンジ。省略してハーフインターともいう(なお、この限定がないものはフルインターチェンジ、またはフルインターと呼ばれる)[1][2]

概要[編集]

一般道との連絡のために高速道路の途中に建設されるインターチェンジは、一般的には上り線出口・入口、下り線出口・入口の4つの出入口が考えられ、これらを全て満たすとフルインターチェンジとなるが、これらに対していずれかの出入口または複数の出入口を欠く場合にハーフインターチェンジ(ハーフIC)と呼ばれることになる。主に建設費用や立地条件等によりいずれかの通行のための施設が建設できない場合(主に市街地や地形の急峻な場所)や、特定の方面へ出入りする需要が見込まれない場合(主に末端部付近から末端部方面など)に設置される。

特に首都高速道路等の都市高速道路ではその多くがハーフICとなっている。さらに特異な例としては、首都高速2号目黒線は、そのICのすべてが都心方向のみ連絡のハーフICである。

複数のハーフICをセットとして、それらが互いに補い合って全体でひとつのフルICとして機能するように造られたハーフICも多い。並行道路が長距離にわたって存在する東京外環自動車道国道298号が並行)・名古屋第二環状自動車道国道302号が並行)・近畿自動車道大阪府道2号大阪中央環状線が並行)では、複数のハーフICをセットとしている例がほとんどである。札樽自動車道札幌北IC東関東自動車道湾岸習志野IC, 湾岸千葉ICのように、近接したハーフICを組み合わせて名目上のフルICとする形態をなしているものもある。

山陽自動車道山口南IC東九州自動車道大分光吉IC等のように、建設した当初はハーフICでありながら、後にフルICとなった例も幾つかある。また九州自動車道人吉IC[注 1]等のように、当初よりフルICで計画されていながら、連絡需要・土地条件・建設費用などの理由により、一部の出入口のみ先行して建設されたハーフICとして運用している・いた例もある。またICの工事により一時的にハーフICとして運用する場合もある。

厳密にいえば、起終点となるICもハーフICといえるが、これらがハーフICと扱われることは稀である。

クォーターインターチェンジ[編集]

一般道からの入口が1つあるだけのIC、および一般道への出口が1つあるだけのICをクォーターインターチェンジという。この場合、入口だけを持つICを「○○入口」、出口だけを持つICを「○○出口」のように、「インターチェンジ」を省いて呼ぶことがある。西湘バイパス酒匂IC鹿児島東西幹線道路建部IC(どちらも上り線入口のみ)、首都高速5号池袋線早稲田出口(下り線出口のみ)などがある。

一般道からの入口が1つ (1方面)、出口が2つ (2方面)の構成を持つICおよび逆の構成のICについては、特にこれをスリークォーターインターチェンジという。ハーフICとして供用されたインターチェンジに出入口を追加してフルICを造成する過程で現れることが多い。スリークォーターインターチェンジの例として、京葉道路船橋IC(上り出口はなし)が挙げられる。

ハーフジャンクション[編集]

ジャンクション(JCT)においても、一般的には接続するすべての高速道路を相互連絡する「フルジャンクション(フルJCT)」構造が理想であるが、連絡需要・土地条件・建設費用などの理由により、一部のランプウェイが省略される場合がある。これをハーフICになぞらえてハーフジャンクション(ハーフJCT)と呼ぶことがある。例として東北自動車道青森JCT中国自動車道阪神高速7号北神戸線西宮山口JCTが挙げられる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1989年から1995年までは当ICの約4.2 km南に人吉仮出入口が存在したが、人吉ICから人吉仮出入口方面に向かうランプは準備工事にとどめられ、熊本方面のみのハーフICとして運用されていた。

出典[編集]

  1. ^ ハーフインターとは、どんなICですか?”. お問い合わせ > よくあるご質問 > 交通 > 高速道路の『?』. 中日本高速道路. 2014年7月3日閲覧。
  2. ^ ハーフインターチェンジ(ハーフインター)とは何ですか?どうやって、普通のインターチェンジと見分ければいいのですか?”. よくあるご質問-その他. 西日本高速道路. 2018年8月21日閲覧。