大阪府道2号大阪中央環状線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
主要地方道
Japanese Route Sign Number 2.svg
大阪府道2号標識
大阪府道2号大阪中央環状線
陸上区間 約52km
海上区間 指定なし
制定年 1965年(府道番号は1984年導入)
起点 大阪府堺市堺区
主な
経由都市
松原市八尾市東大阪市守口市吹田市豊中市
終点 大阪府池田市
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0026.svg国道26号大阪市方面)・阪神高速4号湾岸線府道195号を介して連絡)
国道26号(岸和田市方面)・阪神高速15号堺線
Japanese National Route Sign 0310.svg国道310号
Japanese National Route Sign 0309.svg国道309号
阪和自動車道南阪奈道路
西名阪自動車道阪神高速14号松原線
Japanese National Route Sign 0025.svg国道25号
Japanese National Route Sign 0308.svg国道308号阪神高速13号東大阪線
Japanese National Route Sign 0163.svg国道163号
Japanese National Route Sign 0001.svg国道1号阪神高速12号守口線
名神高速道路
大阪府道1号茨木摂津線
Japanese National Route Sign 0423.svg国道423号新御堂筋
Japanese National Route Sign 0176.svg国道176号
阪神高速11号池田線
中国自動車道・国道176号バイパス(宝塚市方面)
Japanese National Route Sign 0171.svg国道171号神戸市方面)
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

大阪府道2号大阪中央環状線(おおさかふどう2ごう おおさかちゅうおうかんじょうせん)は、大阪府堺市堺区を起点とし、大阪府池田市を終点とする主要地方道1970年昭和45年)開催の日本万国博覧会に合わせて整備された。

一般的な通称は中環(ちゅうかん)であり、大阪内環状線(うちかん)、大阪外環状線(そとかん)とともに大阪府の環状軸を形成している。また、堺市街地では、「フェニックス通り」とも呼ばれている。

概要[編集]

1984年(昭和59年)4月1日に府道番号標識が設置されてからは2号線とも呼ばれるが、同じ大阪府内に国道2号があるため紛らわしい。(神奈川県福井県滋賀県などでは同一府県内において国道番号と府県道番号が重複することを避けている)。堺市内と松原市内の一部の区間を除きほぼ全線高速道路(近畿自動車道中国自動車道阪和自動車道)に沿った路線で高速道路を挟んで上下独立した一方通行路の構造をとる。

「上り側道3車線上り本線3車線・高速道路(近畿道)上下6車線・下り本線3車線下り側道3車線」 となる区間(東大阪市)も存在し、最大幅員122mの文字通り大阪府の大動脈といえる道路であり、一般国道も含めて都道府県道の中でも日本一幅の広い道路で知られる[1][2]。一部区間ではこれに加え、大阪モノレール線が並走する。

豊中市島熊山から中国吹田ICまでの間(千里ニュータウン区間)に信号機はなく、立体交差ランプもある。

東大阪市内には中環東大阪休憩所がある。

新開橋交差点(池田市)
奥 - 右が国道171号、左 - 奥の高架道路が中央環状線。交差点南をかすめ通っている。奥の信号機付近が大阪府と兵庫県の府県境。

摂津市 - 守口市間の淀川を渡る橋である鳥飼大橋(南側=下流側、茨木方面行き)は日本で初めての有料橋で1954年(昭和29年)に完成(現在は無料)。元は日本道路公団が管理していた。完成してから半世紀が過ぎ、それ故、老朽化や車線数が2車線と少ないために渋滞の発生が顕著であるといった問題が発生していた。そこで大阪府は2003年平成15年)から新橋梁への架け替え工事を始め、2010年(平成22年)2月28日に3車線の橋が完成した。

終点は大阪府池田市の新開橋交差点であるが、実際は交差点で国道171号とは接続しておらず、交差点の南側をかすめるように通っている。兵庫県方面へは一つ西の信号で合流している。大阪方面行きは兵庫県伊丹市下河原の伊丹下河原交差点の少し東で国道171号から分岐している。なお、終点では国道171号京都方面へは行くことができない。

路線データ[編集]

路線状況[編集]

国道との重複区間[編集]

  • 堺市堺区・大浜北町交点 - 同区・安井町交点(国道26号) 
  • 堺市堺区・安井町交点 - 同区・北丸保園付近(国道310号
  • 守口市大日交点 - 大阪市庭窪浄水場付近(=守口市大日町、阪神高速の出口高架の交点)(国道1号

(旧)大阪中央環状線[編集]

(旧)大阪中央環状線
(吹田市山田)

並行して、現道整備前の府道((旧)大阪府道14号堺布施豊中線)、大阪府道2号(旧)大阪中央環状線(道路法上の位置づけでは、こちらも正規の大阪府道大阪中央環状線だが、紛らわしいので呼び分けている。俗称は、「旧中環」、「旧中」など。)があり、一部で現道と交差している。なお、大阪府道が現行番号体制へ変更されたのは1984年昭和59年)3月からである。

本来、道路としては、一つの名称の道路は1本だけであるべきだが、路線管理の都合上、同一名称の路線が複数存在することとなっている。

当然、交差点の表示はどちらも府道2号線となっており、混乱を招くことになっている。交通情報では「中央環状線の旧道」などと言われる。この旧道は、ほとんどの区間が片側1車線の2車線道路となっている。旧道のルート(一部省略)は以下のとおり。

また大阪府道14号堺布施豊中線は、上記に加えて、現在の大阪府道12号堺大和高田線の藤井寺市小山交叉点以西もルートであった。道路名に「布施」と入っていながら布施駅付近を経由していないが、これは1967年まで存在した旧布施市(現在の東大阪市西部)に由来するものである。

渋滞[編集]

信号が少ないことや、東大阪市の区間では本線と側道が分かれている、幹線道路との交差部分では立体交差になっているところが多い、多くの区間で制限速度が60kmなどにより、通行量の少ない時間帯は非常に走りやすい道路であるが、通行量の多い時間では渋滞が激しい。原因としては以下のことがあげられる。

  • 門真市や松原市の一部の交差点で幹線道路と平面交差している。
  • 鳥飼大橋付近には淀川を渡る橋が少ないため、交通が集中する。
  • 茨木市周辺では摂津市と吹田市を結ぶ一般道路が実質中央環状線しかない状況である。またこの区間を並行する近畿自動車道も渋滞が頻発するので、中央環状線に流れてくる。またこの区間は車線数が東大阪市の区間と比べて少ない。

特に渋滞の激しい場所

地理[編集]

通過自治体・行政区[編集]

接続路線[編集]

東大阪市意岐部付近(南行)
写真右に近畿自動車道の高架道路が見える。北行きはそのさらに右にある。
フェニックス通りの区間(堺市堺区)
山田 - 北新田橋間(吹田市)
中央の4車線は中国自動車道
内側←<中央環状線>→外側 交差点・ランプ 所在地
阪神高速4号湾岸線 大浜出入口 堺市 堺区
国道26号 大阪府道34号堺狭山線

(※重複=大阪府道204号堺阪南線

大浜北町
大阪府道195号堺港線
大道筋 大阪府道197号深井畑山宿院線

(大道筋)

宿院
国道26号(第二阪和国道 安井町
阪神高速15号堺線 堺出入口
大阪府道30号大阪和泉泉南線 一条通
- 国道310号 北丸保園
大阪府道31号堺羽曳野線 大阪府道35号堺富田林線 向陵中町
大阪府道28号大阪高石線(旧道) 黒土南 北区
大阪府道31号堺羽曳野線 - 北堺警察署西
大阪府道28号大阪高石線(ときはま線) 北堺警察署前
大阪府道192号我堂金岡線 金岡口
新金岡団地
大阪府道31号堺羽曳野線 - 大泉緑地
大阪府道26号大阪狭山線 野遠石原町
国道309号

(※重複=大阪府道31号堺羽曳野線)

丹南 松原市
- 大阪府道31号堺羽曳野線 美原ロータリー 堺市 美原区
大阪府道12号堺大和高田線 西大塚西 / 東 松原市
大阪府道187号大堀堺線(新道) 別所
大阪府道188号郡戸大堀線 大堀北 / 南
大阪府道179号住吉八尾線

長居公園通

長吉長原東 大阪市 平野区
大阪府道179号住吉八尾線(旧道) - (竹渕東) 八尾市
国道25号 亀井西 / 東
大阪府道5号大阪港八尾線 神武町
大阪府道173号大阪八尾線 藤美 / 藤美東 東大阪市
大阪府道2号大阪中央環状線(旧道) 佐堂町 / 佐堂東 八尾市
大阪府道174号八尾道明寺線 金物団地東 / 新家町3
大阪府道24号大阪東大阪線 巨摩橋西 / 東 東大阪市
大阪府道15号八尾茨木線

(※重複=大阪府道702号大阪枚岡奈良線

意岐部西 / 東
阪神高速13号東大阪線 東大阪荒本出入口
国道308号 荒本
大阪府道168号石切大阪線 河内寺島西 / 東
大阪府道8号大阪生駒線鶴見通 大阪府道8号大阪生駒線

阪奈道路

安田東 大阪市 鶴見区
諸福西 大東市
大阪府道15号八尾茨木線 (ひえ島) 門真市
花博通 国道1号第二京阪道路 花博記念公園口西 / 東
大阪府道161号深野南寺方大阪線 桑才新町(稗島)
大阪府道2号大阪中央環状線(旧道) - (東郷通2) 守口市
国道163号 松生町 門真市
大阪府道158号守口門真線 門真市駅北)
大阪府道156号金田門真停車場線 (泉町)
(月出町)
国道1号 大阪府道13号京都守口線 大日 守口市
国道1号 大阪府道155号北大日竜田線 大日町1丁目 / 2丁目
大阪府道147号正雀一津屋線 - 鳥飼大橋北詰) 摂津市
大阪府道16号大阪高槻線 一津屋
大阪府道14号大阪高槻京都線(十三高槻線) 北大阪流通センター

入口西 / 東

大阪府道143号沢良宜東千里丘停車場線 高浜町西 / 東 茨木市
沢良宜浜南
大阪府道14号大阪高槻京都線(大阪京都線) 下穂積1・宇野辺北
名神高速道路 吹田IC 吹田市
大阪府道1号茨木摂津線 (調和橋ランプ)
進歩橋ランプ
大阪府道119号箕面摂津線 山田ランプ
大阪府道121号吹田箕面線 上新田橋ランプ 豊中市
国道423号新御堂筋 千里IC
大阪府道43号豊中亀岡線 少路南 / 北
桜の町南 / 北
国道176号 蛍池東4南 / 北
大阪府道10号大阪池田線 池田IC 池田市
阪神高速11号池田線 池田出入口
国道171号 新開橋
並行する高速道路
ランプ 備考 所在地
阪和自動車道
松原IC 北方向 松原市
近畿自動車道
長原IC 南方向 大阪市 平野区
八尾IC 北方向 八尾市
東大阪南IC 南方向 東大阪市
東大阪北IC 北方向
大東鶴見IC 南方向 大阪市 鶴見区
門真IC 北方向 門真市
摂津南IC 北方向 摂津市
摂津北IC 南方向
吹田IC 東方向 吹田市
中国自動車道
中国吹田IC 西方向 吹田市
中国豊中IC 東方向 豊中市
中国池田IC 西方向 池田市

沿線施設[編集]

交通量[編集]

平日24時間交通量(台)(上下合計) [6]

地点 平成17年度
(2005年度)
平成22年度(2010年度) 備考
台数 混雑度[7]
堺市堺区向陵西町4丁 70,584 66,384 1.24
堺市北区長曽根町 59,144 1.00
堺市北区新金岡町5丁 70,211 66,803 1.36
堺市北区八下北2 61,009 1.19
松原市岡6丁目 51,933 53,356 1.28
松原市松ヶ丘4丁目 46,085 56,194 1.70
大阪市平野区長吉長原3丁目 71,047 78,081 1.93
八尾市西久宝寺 82,484 75,751 1.80
東大阪市友井5丁目 80,532 70,114 1.00
東大阪市本庄 120,879 110,810 1.96
大阪市鶴見区安田4丁目 90,377 89,935 2.05
大阪市鶴見区茨田大宮2丁目 90,377 96,195 2.11
門真市稗島 94,143 48,225/85,684 1.51
門真市松生町 84,077 81,950 2.01
門真市堂山町 90,612 87,867/85,677 1.93
守口市大日町4丁目 93,072 94,098 1.61
摂津市三島1丁目 66,929 69,838 2.30
茨木市美沢町 56,772 56,937 2.13
吹田市万博記念公園 進歩橋 113,537 96,653 0.62
豊中市緑丘2丁目 106,686 99,905 1.69
豊中市桜の町3丁目 106,965 88,441 1.33
池田市豊島南1丁目 40,676 33,899 0.73

旧道[編集]

平日24時間交通量(台)(上下合計)[6]

地点 平成17年度
(2005年度)
平成22年度(2010年度) 備考
台数 混雑度[7]
八尾市太田4丁目 17,949 10,747 1.08
八尾市渋川町3丁目 17,985 18,644 1.01
東大阪市御厨南1丁目 19,437 12,258 0.84
東大阪市長田中5丁目 20,369 16,656 1.01
大阪市鶴見区焼野1丁目 19,554 10,495 0.87
吹田市山田東2丁目 17,301 15,393 1.10
豊中市熊野町3丁目 15,281 13,293 0.97


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 佐藤健太郎 2014, p. 142.
  2. ^ 浅井建爾 2015, p. ii.
  3. ^ この間に松原市を通る(実際、美原ロータリーで、大阪中央環状線とされる道路が東西の道路から南北の道路に変わるため、むしろ美原区の方が松原市に食い込んだ形になっている)
  4. ^ 実際、平野区から東大阪市までは、平野区 - 八尾市 - 平野区 - 八尾市 - 東大阪市 - 八尾市 - 東大阪市 - 八尾市 - 東大阪市 となる
  5. ^ 北行(池田方面)のみ、途中で鶴見区と守口市(この間にも門真市が入る)を通る
  6. ^ a b 平成22年度道路交通センサス 一般交通量調査 箇所別基本表(大阪府) (PDF)”. 国土交通省道路局. 2014年9月14日閲覧。
  7. ^ a b 数値が複数ある場合は平均値を表示。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]