相模湖東出口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
相模湖東出口
所属路線 E20 中央自動車道
IC番号 7
料金所番号 01-407
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0020.svg相模湖東 津久井
起点からの距離 42.4km(高井戸IC起点)
八王子JCT (6.4km)
(3.0km) 相模湖IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0020.svg国道20号
供用開始日 1968年12月20日
通行台数 x台/日
所在地 252-0173
神奈川県相模原市緑区小原884
備考 高井戸方面出口のみのクオーターIC
テンプレートを表示
料金所
1974年度撮影の航空写真。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

相模湖東出口(さがみこひがしでぐち)は、神奈川県相模原市緑区の北西部にある中央自動車道インターチェンジである。

構造[編集]

下り線出口しか設置されていないクオーターインターチェンジである。このため、東京方面から相模原市緑区の相模湖町および津久井町東部へ向かう場合には最寄りインターチェンジとなるが、中央道への流入や甲府方面からの流出には、3.0km西に位置する相模湖ICを利用することになる。入口設置を含むフルインター化の要望は出ているものの、具体的な進展はみられていない[1]

当出口は相模湖ICの補助出口扱いであり、通行料金は相模湖ICまでと同額になっている。料金計算距離も相模湖ICと同一と見なされる。

高速道路機構の「高速自動車国道中央自動車道富士吉田線等に関する協定[1]」における「インターチェンジ相互区間のキロ程」には、相模湖東出口は規定されていない。

沿革[編集]

  • 1968年昭和43年)12月20日:八王子IC - 相模湖ICの完成(当時は暫定2車線)に伴い、供用開始。IC位置の当時の行政区域名は「津久井郡相模湖町」。

道路[編集]

  • E20 中央自動車道 (7番)

接続する路線[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:3

周辺[編集]

[編集]

E20 中央自動車道
(5,5-1,5-2)八王子IC/八王子TB - 元八王子IC(事業中) - (6)八王子JCT - (7)相模湖東出口 - (8)相模湖IC

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]