笹子トンネル天井板落下事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
笹子トンネル天井板落下事故
Sasago Tunnel(Chūō Expwy) collapsed 3D model 2.png
天井板が崩落した状態(模式図)
場所 日本の旗 山梨県大月市笹子町
中央自動車道笹子トンネル(上り線)
座標
日付 2012年12月2日
午前8時5分頃 (JST)
概要 トンネルの吊り天井の落下
原因 天井アンカーボルトの脱落。事故の原因を参照
死亡者 9人
負傷者 2人
損害 上り線(一宮御坂IC - 大月JCT間)、
下り線(勝沼IC - 大月JCT間)
で長期通行止め
関与者 NEXCO中日本
対処 笹子トンネルと同型のトンネル4カ所で、吊り天井の緊急点検の実施
テンプレートを表示

笹子トンネル天井板落下事故(ささごトンネルてんじょうばんらっかじこ)は、2012年12月2日山梨県大月市笹子町の中央自動車道上り線笹子トンネルで天井板のコンクリート板が約130m[1] の区間にわたって落下し、走行中の車複数台が巻き込まれて9名が死亡した事故である。

「笹子トンネル天井板落下事故」の呼称は国土交通省[2] やトンネルを管理する中日本高速道路(NEXCO中日本)[3] が用いている呼び名だが、報道機関などでは、笹子トンネル事故[4]笹子トンネル崩落事故[5]笹子トンネル天井板崩落事故[6] などの名でも報じられている。

日本の高速道路上での事故としては、1979年静岡県東名高速道路で発生した日本坂トンネル火災事故や、2012年4月29日群馬県関越自動車道で発生した関越自動車道高速バス居眠り運転事故などを死亡者数で上回り、死亡者数が史上最多の事故となった。

概要[編集]

天井板落下現場の上り線82.6キロポスト。
復旧直後の2013年2月8日16時13分(JST)撮影。

2012年12月2日午前8時5分頃(JST)[7]、東京方面に向かう上り線トンネルの大月市側出口から約1700m付近で、トンネルの天井である横5メートル、奥行1.2メートル、厚さ約8センチメートルと9センチメートル、重さ約1.2トンほどのコンクリート板およそ270枚(中壁を含む)[8] が138m[9] にわたってV字型に折り重なるように崩れ落ちた[7]。事故発生時に走行中であった自動車3台が下敷きとなり、うち2台から発火した[7][10]。トンネル内で火災が発生してレスキュー隊が現場に向かえないほどの黒煙が上がったうえ、トンネル内の煙除去装置が作動しなかったため火災によるの排出ができず、トンネル内部に高温の煙が充満した[11]

崩落現場で下敷きとなっていたレンタカーワゴン車からは20代の男女5名の焼死体が発見されたほか[12][13]、普通乗用車(車種不明)から70代の男女と60代の女性が焼死体となって発見された[14]。また、トラックを運転していて崩落に巻き込まれた食品卸売会社勤務の50代の男性は携帯電話で同僚に助けを求めていたが、救出時には既に死亡していた[15]

事故発生翌日の12月3日まで救助活動が行われ、計9名の死亡が確認された。また、重軽傷者は2人となった[14][16][17]

山梨県警察本部は3日未明、業務上過失致傷罪で捜査を始め、大月警察署に捜査本部を設置した。大月署は4日午前にNEXCO中日本の本社、八王子支社および同支社大月保全・サービスセンター、9月にトンネル内の点検を実施した中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京など計6カ所を家宅捜索し、これまでの点検状況など安全管理態勢について捜査した。また、トンネルの構造に詳しい大学教授ら専門家数人にも立ち会いのもと、トンネル内で現場検証を行った。さらに、トンネル内の監視カメラの映像を押収して解析を進めた[16][18][19]

トンネル内の状況[編集]

事故以前の上り線内部の様子。2009年5月5日撮影

右側車線を走行中に事故発生に遭遇し、アクセルを踏み続けて脱出したNHK甲府放送局の男性記者は、「天井がメリメリと何かを剥がすように崩れてくる瞬間が見えた」と語っている[20]

救助に当たった東山梨消防本部塩山消防署は3日午前に記者会見を開き、救助活動当時のトンネル内の様子を語った。このうち、通報を受けてトンネルの小牧・長野側から事故現場に入った同署のポンプ隊長は、「トンネルの入り口に到着したときは、視界は良好で奥まで見えた。消防車で中に入ると、両脇の歩道を歩いて避難している人がいたが、車に残っている人もいたので、避難を呼びかけた。途中から車を降りて進むと、煙の濃度が増してきて懐中電灯の光も足元に届かなくなり、奥では爆発音も聞こえたため、退避せざるをえなかった」と事故直後の現場の様子について語った。また、トンネルの東京側から事故現場に入り、保冷車に取り残された男性の救助活動を指揮した同署の小笠原克也署長は、「何トンもある天板がいつ落ちるか分からないことがいちばんの活動のネックで、安全管理を重視しながら救助活動を進めた。持っている機材は通常の交通事故や火災には対応できるが、今回は大きな重機など特殊なものがないと進められず、困難な活動になった」と活動が難航したことを明らかにした[21]

また翌年の2013年2月3日に行われた現場公開では、崩落区間の端では崩落区間で撤去されたために、トンネルの脇に設置された保守点検担当者が通る「監査路」の手すりが途切れていた。また、落下した天井板の影響で崩落区間全体の路面に断続的に付いた筋状の傷、壁に空いた幅50センチメートル、高さ1メートル程度の穴も確認された。壁面には「漏水」「異物混入」のほか、コンクリートの上部と下部の継ぎ目の劣化を示す「補修材劣化」といった白い文字の書き込みも見られ、側面の部材は、天井板の落下によって、むき出しになっていた[9]。また、下敷きになって炎上した車のあった場所はコーン標識で区切られ、遺族らが供えた花や線香が置かれていた[22]

事故への対応[編集]

NEXCO中日本により初狩PA(下り線)に設置された追悼の碑と献花台。2013年1月24日撮影。

同事故を受けて、NEXCO中日本は12月2日15時頃と3日9時頃に緊急記者会見を開き、謝罪と説明を行った[23]。12月3日の会見でトンネル本体上部の天井(覆工コンクリート)と、天井板を支える吊り金具をつなぐボルトコンクリートアンカー、直径1.6センチメートル、長さ23センチメートル)が抜けている箇所があったことが明らかとなった[23]

国土交通省は、日本の高速道路における天井の崩落による死亡事故は、過去に例がないとしている[24] が、国土交通省道路局では笹子トンネルと同型のトンネル(吊り金具により支えられた天井板を有するトンネル)が関越トンネル関越自動車道NEXCO東日本管理)、関門トンネル国道2号NEXCO西日本管理)、山手トンネル首都高速中央環状線首都高速道路管理)を始め、日本全国で49箇所(3日調査時点)あることを明らかにし、今回の事故を受けて同型のトンネルの緊急点検を地方整備局や各高速道路会社などの道路管理者に指示した[25]。これを受けて、NEXCO中日本でも自社管轄内にある同型のトンネル4カ所(中央自動車道恵那山トンネル新東名高速道路富士川トンネル東名高速道路都夫良野トンネル、および笹子トンネル下り線)の緊急点検を行っている[26]。また、NEXCO中日本の公式ウェブサイトのトップに謝罪のコメントを記し、同区間の通行止め情報を提供していた[27]

同型トンネルの緊急点検については後述する。

点検に加えて国土交通省は、トンネルに詳しい専門家からなる「トンネル天井板の落下事故に関する調査・検討委員会」を立ち上げた。委員会は、4日午後に笹子トンネルの崩落現場を訪れ、落下した天井板をつり下げていたアンカーの腐食状況や天井部分のコンクリートの状態などについて調べた。その後に行われた会議では、事故原因の特定の方法や点検のあり方などについて議論した[28]。委員会はアンカーの引き抜き試験なども行い、2013年6月18日に事故の最終報告書をまとめた[29]

事故の原因[編集]

トンネルの全体設計[編集]

笹子トンネルの構造を示した断面図モデル

事故の原因である天井板はトンネルにおける「換気ダクト」の役割を果たしていた。

吊り金具同士の間は隔壁で仕切られており、覆工コンクリートと天井板・隔壁で仕切られた一方はトンネル内の車の排ガスを換気機を使って排出する排気用、もう片方は外部の新鮮な空気を取り入れる送気用の空間として利用されていた[30]。これは「横流換気方式」と呼ばれる構造で、コスト面で不利となるが、交通換気や自然風に影響されない最も安定した換気方式として長大トンネルや海底トンネルで多く採用されてきた方式である[31]。笹子トンネルは交通量が多く大量の換気が必要とされていたため、天井板からトンネル最上部まで5.3mあり、他のトンネルと比べて点検が困難だったという[32]

今回の事故では天井板が崩落したことにより換気ダクトや煙除去装置の機能が失われ、煙の除去が困難になった。また、崩落した天井板は、1枚の隔壁に幅の長さが同じ天井板が左右2枚ずつ直角に交わる形で固定されていたことがわかっており、1枚が崩落すると同時に隣接する天井板が連鎖的に崩落したものと見られている[33][34]西山豊は天井板のトンネル全体にわたる連結構造が大惨事をまねいたとして、設計ミスを指摘している[35][36]。また、車両の天井板接触事故(2005年、2008年、2012年)が天井板崩落の引き金になったのではないかとしている[37][38][39]。笹子トンネルの現地計測を踏まえて、大月側L断面内の非常駐車帯(A-3)の設計と施工が、崩落に大きな関係があるのではとしている[40]明石昇二郎は笹子トンネル事故の原因は設計ミス、施工ミスとしている[41][42]

なお、横流換気方式は自動車の排ガス抑制技術の向上もあって2012年当時では少数派になりつつあり[13]笹谷トンネル山形自動車道)、安芸トンネル武田山トンネル(ともに山陽自動車道)のように不要になったとして天井板を撤去するトンネルもあった[43]。同様の構造であった笹子トンネル下り線でも、今回の事故に併せて換気方式を横流換気方式から変更し、天井板を除去している(後述)。

天井板の詳細設計と施工法[編集]

笹子トンネルの天井板は、トンネルの上部に鉛直方向に削孔した場所に、樹脂・硬化剤・骨材からなる接着剤カプセルを装填したうえで孔内に接着系アンカーボルトを打設し、このボルトで天井板をつり下げるという施工法が取られていた。この施工法には、接合部の削孔が鉛直方向であるため荷重が分散されないこと、天井板の荷重を接着剤のみで支えている構造であることなどの問題が指摘されている[44]2006年に米・ボストンで起きた同様の事故との類似性から、使われている接着剤の特性を設計側と施工側、双方が把握していなかったことも指摘された[45][46]

笹子トンネルの設計では、ボルトは1本あたり4トンの荷重に耐えられ、仮にボルトを下に引っ張っても抜ける前にボルト自体が折れるようになっているはずだった。しかし、2013年2月1日に発表された国土交通省の検査結果によれば、事故の起きた笹子トンネル上り線のうち崩落していない区間で183本のボルトに対して強度検査を行ったところ、実際には113本が4トン未満の荷重で抜け落ち、うち16本は天井板やつり金具を支えるための平均荷重1.2トンに耐えることもできない状態だった。この検査結果では接着剤の経年劣化以外にも、そもそもの接着剤が不足していたことなどが指摘されている[47][48]

設備の老朽化[編集]

NEXCO中日本は12月3日時点で、事故原因について「大きな理由としては老朽化を考えている」と説明していた[49]。笹子トンネル事故の4年前にも関門トンネルで天井板の老朽化による事故が起きており、NEXCO中日本の技術者は4年前の事故を論文によって把握していたものの、十分な老朽化対策はされていなかった[50]。トンネルが開通した1977年昭和52年)以降、天井板を固定するボルトや金具の交換や補修は行われていなかった[51]

ただ、事故以前に経緯は不明なものの、天井部で652箇所の補修が行われていることが確認されている[52]

実際に経年劣化していた部分として指摘されているのは、コンクリートとボルト結合部の接着剤である[47][53]

接着剤以外については、NEXCO中日本は2012年12月2日の会見で「つり金具の部分が壊れた可能性が高く、老朽化していた可能性もありうる」としていた[51]。しかし同12月4日、国土交通省の調査検討委員会初会合によれば、つり金具やボルトなどに目立った腐食はなかったとされた[53]。2013年2月1日に発表された国土交通省の検査結果でも、笹子トンネル上り線のコンクリート壁やボルト自体の強度に問題はないと結論付けられた[48]

杜撰な詳細点検[編集]

笹子トンネルは1年に一度の定期点検、5年に一度の詳細点検を実施しており、事故の直前は2012年9月に詳細点検を実施していたが、このときは異常は特に見当たらなかったという[54]。しかし事故後の2012年12月13日の検査では、笹子トンネルの下り線に、天井と鋼板をつなぐつり金具のアンカーボルトの脱落や、つり金具と鋼板をつなぐボルトの脱落など、670以上の不具合[注 1] が確認され、これは他のトンネルに比べ飛び抜けて多い数字だった[55]。復旧に向けた上り線トンネルの緊急点検の結果でも、崩落現場付近約110mを除く範囲で、アンカーボルト11,613カ所のうち、ボルトの緩みや欠落などの不具合が1,211カ所[注 2] で確認された[56]

笹子トンネルの詳細検査において、天井板を固定する金属ボルトの異常を検知する打音検査については「目視で異常を確認した場合」にのみ実施する運用としていたこと[57]、打音検査は2000年以降実施していないなどの実態が警察の調べで明らかになっている[58]。NEXCO中日本の点検マニュアルは、日本道路公団を前身とする高速道路3社により共同作成されたものだが、その中では「詳細点検」について「個々の構造物の状況を細部にわたって近接目視・打音等により行う」と定義されていた。しかし同社は、「定義は大まかな定め」であり、目視のみの検査が「マニュアルを逸脱していたとは考えていない」という[32]。一方、NEXCO中日本と同じ要綱を使っているNEXCO東日本では「目視をしつつ打音するのが普通だ」としている。実際にNEXCO東日本・NEXCO西日本・首都高速道路・阪神高速道路が管理する同様構造のトンネル25カ所では、その全てで打音検査が実施されていた[32]

外圧説[編集]

事故直後の12月3日のNEXCO中日本の会見では、事故原因について「老朽化以外にも東日本大震災の影響など外圧の可能性もある」としていた。防災システム研究所山村武彦所長も、つり下げ用金具の腐食以外に東北地方太平洋沖地震およびその翌日に発生した長野県北部地震富士山周辺部の地震活動などの揺れがトンネル自体を歪ませた可能性を指摘している。なお、山村は同時に1996年に発生した豊浜トンネル岩盤崩落事故についても1993年北海道南西沖地震の影響が指摘されている、とした[59]

最終報告書[編集]

2013年6月18日、国土交通省の事故調査・検討委員会は事故についての最終報告書をまとめた。報告書では、施工時からボルトの強度が不足していたことや、ボルトを固定していた接着剤が劣化したことなど、複合的な要因が事故につながったとしている[29]。また、報告書では、計算上では風圧によりボルトに想定以上の荷重がかかっていたとみられること、ボルトの耐久性に関する知識が不足していたこと、12年間ボルトの状態を確認していなかったことなど、NEXCO中日本の管理体制に不十分な点もあったと批判している[29]

事故の影響[編集]

笹子トンネル通行止を知らせる電光掲示板。国道20号線甲府市国母地区2012年12月12日撮影

事故の影響で上り線は一宮御坂IC - 大月JCT間、下り線は大月JCT - 勝沼IC間が通行止めとなった[60]。なお、大月JCTに隣接している大月ICから一般道に出ることは可能であった[60]。12月4日時点で、上り線の復旧の見込みは立たず、下り線の復旧にも点検作業のため復旧まで1週間ほどかかる見込みであった[61]

国土交通省関東地方整備局甲府河川国道事務所及び日本道路交通情報センターは、基本的な迂回路として国道20号経由を案内していた[60][62] が、国道20号は一部道幅が狭く渋滞が予想されたことから、国道20号を避けるルートとして、中央道(富士吉田線)河口湖ICまたは国道139号から国道137号を通る富士吉田経由のルートを推奨していた。また、埼玉方面に抜けるルートとして、国道140号雁坂トンネル)経由を併せて案内していた。甲府河川国道事務所では迂回路情報提供と同時に国道20号の交通状況ライブカメラを公開し、所要時間情報を提供していた[62]

国道20号では、新笹子隧道での平日平均交通量が、事故前の9,000台/日から、事故後は24,000台/日に急増した[63] など混雑が続き、NEXCO中日本幹部の話として「通常の中央道経由よりも1時間、渋滞時には2-3時間以上余計に時間を要する」状況が伝えられていた[64]。このため、物流の面や高速バスで直接的な影響が生じた。

物流への影響[編集]

物流に関しては、日本郵便が関東地域と山梨県、長野県(松本エリア)の間の郵便物ゆうパック配達遅延が生じる場合があることを公表していた[65]。一方、その他の宅配事業者(佐川急便日本通運ヤマト運輸など)は、運送ルートを東名高速道路経由に振り替えるなどして対応し、遅配のおそれについては公表していない[66]

小売業製造業界でも、商品の配送ルートの変更を強いられており、イオングループでは通常の運送ルートを変更し、通行止め区間を回避する措置をとった。主に山梨県内でスーパーを運営するオギノも、県中央部にある配送センターから笹子トンネルを経由して県北東部に向かう出荷ルートについて、より時間がかかる迂回ルートに切り替えた。

また、中央道沿線に拠点を置く製造各社の1つである、産業用クレーンメーカーのキトーは「製品出荷、部品調達とも1、2日の遅れが出ている」とし、山梨県南都留郡忍野村に本社工場を持ち、産業用工作機械の製造を行うファナックでは、通行止めが長期化すれば搬送ルートの本格的な見直しを進めることを検討。長野県飯田市にあるシチズン平和時計も同市内にある4工場からの製品出荷に影響が出かねないとして、トラックの出発時間を繰り上げるなどの措置を検討していた[67]

また、ECサイト最大手のアマゾンでは、山梨県への商品配送に「遅れが生じている」と発表し、即日配達については、山梨県内からの注文受け付けを一時中止していた[66]

旅客輸送への影響[編集]

高速バスについては、各路線とも遅延が生じており、中央高速バスを運行する京王電鉄バス・京王バス東によると、事故発生当日の12月2日は平均1時間、最大1時間25分の遅れや一部便での運休が出ており、公式ウェブサイトで遅延状況を知らせているが「当面は迂回ルートで対応するしかない」とし、共同運行する山梨交通は、国道20号の渋滞を避けるため、運行ルートを国道137号・河口湖IC経由に変更した[68]

また、共同運行するアルピコ交通では2日の松本-新宿線で最大1時間45分遅延および一部便に運休が生じており、運行担当者の話として「(通行止めが長期化すると)バスのやりくりなどで厳しくなる」「(競合する鉄道(中央本線)に)一時的に客を奪われることも覚悟しなくてはならない」との見解を示していた[66]

実際に、中央本線の特急あずさかいじ)の、2012年 - 2013年の年末年始における指定席予約数の前年比が、JR東日本管内の新幹線を含めた、他の特急が平均110%であるのに対し、あずさ・かいじは160%と突出して増加し、当初予定していた臨時列車とは別の臨時列車(特急あずさや全席自由席の快速・普通列車)を増発した[69]

一方、新宿から長野方面の日帰りバスツアーを運営しているはとバスは「一般道は道路幅が狭いうえ、雪が降る可能性もある」と懸念を表明し[67]、一部ツアーの中止も生じた。

また、ジェイアールバス関東西日本ジェイアールバスによると、中央ドリーム号中央道昼特急号にも大幅遅延や運休が生じた[70][71]西鉄バスが東京 - 福岡間を中央道経由で運行する「はかた号」については2012年12月20日より東名高速道路を経由するルートへの変更が予定されていたが、事故後、予定を前倒して東名高速道路経由での運行に切り替えた[72]。もう一方の東京 - 福岡線である「Lions Express」については、当初から東名高速道路経由のため、変更なし。

副次的影響[編集]

観光産業面でも打撃が懸念された。年末年始は帰省に伴う交通渋滞が発生しやすく、旅行業界では「ツアーによっては、渋滞を見越して訪問する観光地を減らす可能性もある」との声も上がり、山梨県観光部によると県外からの観光客の7割がマイカー利用者とし、同県の担当者は「通行止めが続けば、迂回のため移動時間が長くなるなど、観光に打撃を与えかねない」と不安を募らせていた[67]

事故の翌日の時点で、すでに株式市場への影響も出ており、12月3日の東京証券取引所においては、日本橋梁ハザマなど、トンネル工事を請け負う建設会社の株価が上昇した[73]

2012年(平成24年)12月16日が投票日であった第46回衆議院議員総選挙[74]2012年東京都知事選挙[75] において、公共事業のあり方、首都高速道路などの老朽化したインフラ整備について、各政党の選挙争点のひとつとなった。

復旧[編集]

暫定復旧[編集]

暫定復旧した笹子トンネル下り線内部。2012年12月29日15時56分(JST)撮影。
東京方面から甲府方向へ走行。問題となった天井板はすべて撤去されている。壁面に82.8キロポストの表示。ちょうど、この付近の右側(上り線側)で事故が発生した。

2012年12月8日、NEXCO中日本は下り線トンネルの天井板(約7,500枚)を撤去した上で、下り線を使った対面通行により、2012年内に暫定2車線で復旧させる見通しであると発表した[76]。その後の工事進捗を受け、12月25日には暫定復旧(開通)日を12月29日とし、通行止めとしていた一宮御坂ICから勝沼IC間の上り線の通行止めを解除し、大月JCTから勝沼IC間(約19km)のうち、笹子トンネルを含む80kmポストから88kmポストの間(約8km)を対面通行として開通させると発表した[77]

対面通行にあたって、センターラインを認識できるように車線を黄色の実線にし、赤いガイドポストを配置、また脇見運転による事故が多発している[78][79] 旨などを案内するアナウンスを流すなど安全対策を講じている[80][81]。規制速度は山梨県警と協議し、笹子トンネル内が時速40km、その他の区間は同50kmと定めた[81]

そのため、年始のUターンラッシュの渋滞予測では、2013年(平成25年)1月2日に、笹子トンネル附近を先頭に上り線で最大45km、渋滞通過に約4時間半を要すると渋滞予想されていた[82]

NEXCO中日本は、迂回路の利用者のため、2013年(平成25年)1月1日午前0時から、中央道富士吉田線(大月IC - 河口湖IC)を無料にして渋滞緩和を図ったため[82] 、国道20号の利用と中央道富士吉田線と国道137号の利用での金額が同額(例として中央道高井戸IC - 東名名古屋IC間の普通車料金:上り7000円、下り7350円)となった[83]。結果として、2013年1月2日の笹子トンネルに関連する渋滞は、7km程度に留まった[84]

脇見運転の心配がなされていたが[85]、開通の翌日の30日午後には車5台が絡む玉突き事故が発生[86][87]、さらに翌31日午前にも車4台が絡む追突事故が発生した[88]

完全復旧[編集]

2013年1月9日までには山梨県警による現場検証が終わり、笹子トンネル上り線の復旧工事に着手できる状態となった。これを受けてNEXCO中日本は、国土交通省による事故原因調査の進捗に配慮しつつ、1月11日からコンクリート製のつり天井を撤去し、換気設備を順次設置する工事を行った[89]。また、仮復旧で設置したガイドポストも撤去し、完全復旧後に対面通行を解除する方針であると発表した[90]。 また、NEXCO中日本は2月1日、1週間後の2月8日16時に笹子トンネル上り線開通の方針を明らかにし、復旧前日の2月7日13時から工事のため下り線の同区間が通行止めとなり[91]、翌8日16時から、68日ぶりに上下線2車線ずつで通行可能となった[92] ことを以って、完全復旧となった。これに伴い、トンネル内の制限速度は暫定復旧時の時速40km規制から事故前の時速70km制限に変更となり[93]、1月1日午前0時から続いていた中央道富士吉田線(大月IC - 河口湖IC)の無料化を2月12日午前0時に解除し、有料に戻った[94]

復旧後[編集]

本当のプロ意識がなかったから9人が亡くなった[95]
中日本を許すことはできない[96]
2015年の追悼慰霊式にて、遺族の一人
高速道路の安全に向けて取り組みを進める決意を新たにした[97]
今後も安全を最優先に取り組みを続けていく[96]
2015年の追悼慰霊式にて、中日本高速道路社長、宮池克人

NEXCO中日本は毎年12月2日に事故現場で黙祷と献花を行い、都留市内で追悼慰霊式を開いている[98][99]。例えば、三年後にあたる2015年には、トンネル内の事故現場で事故のあった時間に黙祷し、次に追悼慰霊式が行われた。式には約100人が出席した[96]

川崎市宮前区にあるNEXCO中日本の研修施設の安全啓発室には、事故車両のうち、5人がその車中で亡くなったワゴン車が展示してある。これは遺族が、再発防止を願うとともに、「車両は故人の棺」という思いから保存を要望していたためである[100][101]。車の所有権を買い取ったNEXCO中日本は、同社とグループ会社の全社員約6,000人に実際の車両を見せて戒めとし、安全啓発研修をする予定である[100][101]。これに対し遺族らは一般公開を強く要望[100][102]しており、NEXCO中日本は事故を早く忘れたいのではないか、という疑念を抱く遺族すらいる[102]。一般公開についてNEXCO中日本は検討していきたいと返答した[100]

民事裁判[編集]

この事故に対し、遺族らは民事裁判を三つ起こした。

まず、NEXCO中日本とその子会社に対し、総額約9億1千万円の損害賠償を求めて横浜地方裁判所に訴えを起こした。2015年12月22日、横浜地裁は2社に、計4億4371万円余を支払うよう命ずる判決を言い渡した[103]。原告(遺族)側の主張を全面的に認める判決で、適切に点検をしていたら避けられた事故であると、会社側の過失を認めた。原告被告ともに控訴しなかったため、この一審判決で確定した[104]

続いて、5人が死亡したワゴン車に同乗しており、負傷しながらも生還した女性は、NEXCO中日本とその子会社と両社の役員(事故当時)4人に対し、約2,600万円の損害賠償を求めて横浜地方裁判所に訴訟を起こした。2016年2月8日、横浜地裁で和解が成立した。女性の代理人弁護士は、和解金が支払われたかどうかなどの詳細を伏せた[105][106]

死亡した9人のうち、同じワゴン車に乗っていた5人の遺族は、NEXCO中日本の役員(事故当時)4人に対し、「老朽化したトンネルの点検・補強工事を指示する義務があったのに、それを怠った」という主張のもと、総額2,400万円の損害賠償を求めて横浜地方裁判所に訴えを起こした。横浜地裁は2016年2月16日、遺族の請求を棄却した[107]。裁判長の市村弘は判決で「役員であった四人が事故を予見できたとは認められない」と指摘した。一部の遺族は控訴の意向を示した。NEXCO中日本は、再発防止と安全性向上に取り組む、と表明した[108]

同年2月29日、この訴訟の原告12人のうち9人が東京高等裁判所へ控訴した[109]。東京高裁は元社長らの謝罪を条件として和解を勧告したが、元役員側が過失責任を認めず交渉決裂し、8月17日に結審した[110][111]。同年10月19日に判決があり、東京高裁野裁判長、河野清孝は一審を支持し、役員らに重大な過失はあったとは言えないとして、遺族側の控訴を棄却した[112]

遺族側は9人全員が一致して、最高裁判所へ上告することを決定した[113][114]。2017年5月30日に最高裁は、「元社長らは天井板の構造や点検結果を認識する立場になかった」として、遺族側の上告を棄却する決定を出し、元社長ら個人の賠償責任を否定した1、2審判決が確定した[115][116]

刑事裁判[編集]

2017年11月30日、山梨県警察は8人を業務上過失致死傷の疑いで書類送検した。8人はNEXCO中日本前社長、同社元専務、点検計画を作成した支社と子会社の当時の役員である[117][118]。山梨県警は、打音検査を目視検査のみにするなど十分に点検するよう指示せず、簡略化した点検を続けたことにより、事故を防げずトンネル利用者を死傷させた疑いがある、としている[119][120]。2018年3月23日、甲府地方裁判所は書類送検された社長ら十名を、嫌疑不十分で不起訴処分とした。これは、たとえマニュアルに従った検査・触診したとしても、天井板の崩落は予見できなかった可能性があり、事故と過失に因果関係があると立証することは難しい、と判断したためである。被害者の遺族はこの不起訴処分を遺憾であると表明し、甲府検察審査会への申し立てなどを検討すると発表した[121][122]

慰霊碑[編集]

2017年9月10日、中日本高速道路は名古屋市へ、安全性向上への取り組みに関する説明会を開催した。遺族は11名参加した[123]。この際、中日本高速道路は、笹子トンネル事故の慰霊碑を建立すると遺族に伝えた。場所は献花台の設置されている初狩パーキングエリア下り線と笹子トンネル下り線入り口で、2018年度内に完成予定と発表された[124][123]。事故は上り線で発生したが、用地取得など諸事情により下り線になった[124]。また、遺族らの希望により、富士山の見える場所が選定された[123]

同型トンネルについて[編集]

国土交通省の緊急点検指示を受けて、各道路管理者(高速道路会社、地方整備局、地方自治体など)は該当する全トンネルの緊急点検を行い、以下のトンネルで不具合があったことが明らかになっている。

  • 首都高速1号羽田線 羽田トンネル(東京都・首都高速道路管理)
    上下線1カ所ずつ、計2カ所で吊り上げ金具の破断を確認したと発表。発見直後の12月5日夜から6日早朝にかけて損傷箇所を金属製ワイヤーで補強する応急処置を実施した上で[125]、12月22日午後10時から25日午前5時まで前後の区間を通行止めにして天井板の撤去工事を行った[126]。これらの天井板は元々、年度内に撤去する予定だったが、今回の事故を受け、前倒しして行われることとなった。なお、2011年8月の点検では異常が見つからなかったとしているが、2006年6月の点検では、下り線で吊り上げ金具1本が破断しているのが見つかっており、このときは残りの金具だけでも安全性は保たれるとして緊急の補修工事は見送っていたとしている。
  • 阪神高速31号神戸山手線 神戸長田トンネル(兵庫県・阪神高速道路管理)
    吊り上げ天井のつり上げ金具全6600カ所のうち北行き線の6カ所と南行き線の1箇所でボルト4本が抜け落ち、4本に緩みが見つかったと発表した。同日に緊急補修工事を実施した。金具の構造は6本のボルトで1つのつり金具を支える構造で、阪神高速道路が抜け落ちや緩みの原因を調べている。すでに4カ所の補修を終え、残り3箇所4本も早急に補修する方針である[127]。阪神高速では、通行に支障のある状態ではないという発表をしている。最終的に天井板は2016年2月に撤去された。
鳥居トンネル。2011年6月撮影
  • 国道19号 鳥居トンネル(長野県・国土交通省中部地方整備局管理)
    トンネル上部に固定するボルトが2個ともない吊り金具が1本見つかったと発表。4日に作業員が発見し、5日に補修した。つり金具は、1.8m間隔で横2列に計約2000本あり、天井板を支えている。左右2本のつり金具に天井板9枚分、重さにして約630kgの荷重がかかる構造である。ボルトのないつり金具が1本あったが、金具の下部が格子状のレールで他の金具と連結されており、天井板は崩落を免れたという。トンネルの点検は2年に一度実施しているが、従来の点検ではボルト欠損は見つからなかった。また、発表が7日になった点について飯田国道事務所は「内部の手続きが遅れた」と釈明した[128]。その後、複数のメディアが中部地方整備局への取材結果として、この吊り金具に対応する天井のボルト穴がそもそも存在していなかったということを報じている[129][130]。鳥居トンネルは1978年開通で、1995年に大規模改修を行っているが、いつの時点からボルト穴がないのかは判っていないという。
  • 国道197号 夜昼トンネル(愛媛県・愛媛県管理)
    4日に点検を実施し、固定ボルトの緩み39箇所、吊り金具の腐食2箇所、金具周辺のコンクリートの異音19箇所が確認された。いずれも軽度であり、天井板落下等のおそれは低いとされた。固定ボルトの緩みは週内に、腐食・異音箇所は2012年内に補修を行うとした[131]

国土交通省が2012年12月17日現在でとりまとめたところによると、事故の発生した笹子トンネル上り線を除く対象の全60トンネルのうち上記を含む16トンネルで何らかの不具合が発見された。国土交通省によれば、いずれも安全上大きな問題はなく、緊急補修を実施または行う予定としているという[132]。上述の他に不具合のあったトンネルは以下の通り。

高速道路会社管理(計8トンネル)
国土交通省管理(計3トンネル)
地方公共団体管理(計3トンネル)
地方道路公社管理(計2トンネル)

笹子トンネルと同じ工法の国道112号月山道路月山第一トンネル、第二トンネル(笹子と同時期に施工)も、2012年12月に緊急点検が行われ、2013年10月末から天井板の撤去が行われたが、1996年のトンネル漏水防止工事の際に天井板吊下取付ボルトに脱落が見つかり、補強工事が行われていたことが判明した[133]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ アンカーボルトの不具合は632カ所で、内訳は脱落2、緩み608、腐食による断面欠損22。ほか、鋼板とつり金具をつなぐボルトの脱落・緩みなど38カ所。
  2. ^ 天井板のボルト緩みが1,004カ所、欠落が5カ所、点検時に抜けたボルトが3カ所、コンクリートのひび割れが125カ所など。

出典[編集]

  1. ^ “130メートル部分 中央から前後へ連鎖崩落か ボルト変形が裏付ける”. 山梨日日新聞. (2012年12月14日) 
  2. ^ 中央自動車道笹子トンネル天井板落下事故関連情報 - 国土交通省道路局
  3. ^ 中央自動車道 笹子トンネル天井板落下事故に伴う通行止めについて - NEXCO中日本公式サイト内
  4. ^ “インフラ再生委を設置=笹子トンネル事故受け-日建連”. 時事ドットコム (時事通信社). (2012年12月20日). http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2012122000441 2012年12月20日閲覧。 
  5. ^ “経済 : 笹子トンネル崩落事故物流、観光へ影響懸念 諏訪信金12月経済概況”. 長野日報. (2012年12月25日). http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=27167 
  6. ^ “下り線から避難できず現場に戻る 笹子トンネル崩落”. 日本経済新聞電子版. (2012年12月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG20012_Q2A221C1CC0000/ 2012年12月20日閲覧。 
  7. ^ a b c “中央道トンネル天井崩落、4人死亡・けが2人”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2012年12月3日). オリジナル2012年12月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20121202063420/www.yomiuri.co.jp/national/news/20121202-OYT1T00248.htm 2012年12月5日閲覧。 
  8. ^ トンネル崩落110メートル以上 老朽化が原因か”. 日本経済新聞 (2012年12月2日). 2012年12月5日閲覧。
  9. ^ a b “笹子トンネル現場公開…事故の痕跡、多数残る”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2013年2月3日). オリジナル2013年2月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20130209020122/www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamanashi/news/20130203-OYT8T00825.htm 2013年2月4日閲覧。 
  10. ^ “中央道:女性が自力で脱出、病院搬送…笹子トンネル崩落”. 毎日jp (毎日新聞社). (2012年12月2日). http://mainichi.jp/select/news/20121202k0000e040117000c.html 2012年12月5日閲覧。 
  11. ^ ABC WEBNEWS. (2012年12月2日). http://webnews.asahi.co.jp/ann_s_221202008.html+2012年12月5日閲覧。 
  12. ^ “【トンネル内崩落】ワゴン車から遺体発見か”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2012年12月2日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121202/dst12120215200009-n1.htm 2012年12月5日閲覧。 
  13. ^ a b “中央道トンネル崩落:現場で焼死体3体を確認”. 毎日jp (毎日新聞社). (2012年12月2日). オリジナル2012年12月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20121216232733/mainichi.jp/select/news/20121203k0000m040001000c.html 2012年12月4日閲覧。 
  14. ^ a b “トンネル崩落、復旧のメド立たず 死者9人”. 日本経済新聞電子版. (2012年12月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0300T_T01C12A2MM0000/ 2012年12月7日閲覧。 
  15. ^ “中央道トンネル崩落:男性1人を救出も死亡確認”. 毎日jp (毎日新聞社). (2012年12月2日). http://mainichi.jp/select/news/20121203k0000m040085000c.html 2012年12月7日閲覧。 
  16. ^ a b “トンネル崩落、中日本高速を家宅捜索 現場検証も”. 日本経済新聞社. (2012年12月4日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0401M_U2A201C1MM0000/ 2012年12月5日閲覧。 
  17. ^ “笹子トンネル事故、死者9人に 乗用車から3人の焼死体”. 朝日新聞デジタル. (2012年12月3日). http://www.asahi.com/national/update/1203/TKY201212030208.html 2012年12月3日閲覧。 
  18. ^ “トンネル崩落:コンクリ劣化の可能性”. 毎日.jp (毎日新聞社). (2012年12月3日). http://mainichi.jp/select/news/20121203k0000e040213000c.html 2012年12月3日閲覧。 
  19. ^ “トンネル崩落、復旧めどたたず 県警・消防の捜索続く”. 朝日新聞デジタル. (2012年12月3日). http://www.asahi.com/national/update/1202/TKY201212020423.html 2012年12月3日閲覧。 
  20. ^ "突然の崩落はなぜ〜緊急報告・中央道トンネル事故〜". クローズアップ現代. NHK総合. NHK. 2012年12月3日放送. 2012年12月10日閲覧。
  21. ^ “崩落事故 救助の消防隊員会見”. NHK NEWS WEB. (2012年12月3日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121203/k10013912701000.html 2012年12月3日閲覧。 
  22. ^ “路面にすすや落下の傷痕 笹子崩落現場を公開”. 日本経済新聞日経電子版 (日本経済新聞社). (2013年2月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0301L_T00C13A2CC1000/ 2013年2月4日閲覧。 
  23. ^ a b “崩落事故死者9人に 天井ボルト脱落 原因は老朽化”. 東京新聞TOKYO Web (中日新聞社). (2012年12月3日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012120302000243.html 2012年12月3日閲覧。 
  24. ^ 天井老朽化が原因か 中央道トンネル崩落事故”. 朝日新聞デジタル (2012年12月3日). 2012年12月3日閲覧。
  25. ^ “トンネル天井板の緊急点検について” (プレスリリース), 国土交通省道路局, (2012年12月3日), http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_000303.html 2012年12月3日閲覧。 
  26. ^ “トンネル崩落:つり天井式を緊急点検 中日本高速”. 毎日jp (毎日新聞社). (2012年12月3日). http://mainichi.jp/select/news/20121203k0000e040198000c.html 2012年12月3日閲覧。 
  27. ^ NEXCO中日本公式HP(2012年12月6日閲覧)
  28. ^ 事故調査委員会を立ち上げ 笹子トンネル崩落事故テレビ朝日2012年12月5日05:50(2012年12月10日閲覧))
  29. ^ a b c 「笹子崩落 調査・検討委「複合的要因」」『産経新聞』 2013年6月19日付け、東京本社発行15版、24面。
  30. ^ “クローズアップ2012:中央道トンネル崩落 後手に回った対応”. 毎日jp (毎日新聞社). (2012年12月3日). オリジナル2013年5月1日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/sMIrb 2012年12月3日閲覧。 
  31. ^ 社団法人交通工学研究会, ed. (2007) (PDF), 道路交通技術必携2007, p. 116, ISBN 978-4-7676-7600-5, http://www.jste.or.jp/toptoe/hb/cp/p116.pdf 
  32. ^ a b c “トンネル崩落:打音検査せず…笹子だけなぜ?”. 毎日jp. (2012年12月9日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121207/t10014023311000.html 2013年1月7日閲覧。 
  33. ^ “構造的な問題で連鎖か=トンネル天井板崩落-中日本高速”. 時事ドットコム (時事通信社). (2012年12月6日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012120600049 2012年12月7日閲覧。 
  34. ^ 連結構造が大事故を誘因か 笹子トンネル天井板崩落 ケンプラッツ2012年12月7日掲載 http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0703B_X01C12A2000000/
  35. ^ 西山豊、「天井板の連結構造が大惨事をまねいた―笹子トンネル事故再考―」(2016年9月3日)
  36. ^ 西山豊、「笹子トンネル事故を考える―科学者の社会的責任から」『日本の科学者』2013年7月, Vol.48, No.7, 34-40
  37. ^ 西山豊、「車両の接触事故が引き金か」(2016年11月11日)
  38. ^ 西山豊、「リフレッシュ計画延期の謎」(2016年11月18日)
  39. ^ “笹子トンネル天井板 トラック接触 事故前に2回 中日本高速 対応せず 崩落誘発か”、しんぶん赤旗(2017年1月7日) 2017年1月14日閲覧。
  40. ^ 西山豊、「天井板崩落は予知できた―笹子トンネル現地計測を終えて」(2017年5月15日)
  41. ^ 明石昇二郎、「笹子トンネル」事故の原因は「設計ミス」、『週刊金曜日』2015年12月18日
  42. ^ 明石昇二郎、笹子トンネル天井板落下事故で新事実―大成建設施工の天頂部だけが波打っていた、『週刊金曜日』2017年6月2日
  43. ^ “安芸トンネルなど天井板撤去”. 中国新聞地域ニュース (中国新聞社). (2012年12月3日). http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201212030149.html 2012年12月4日閲覧。 
  44. ^ “笹子トンネル ボルト使用方法 専門家“疑問ある””. NHK NEWS WEB. (2012年12月8日). http://blog.livedoor.jp/ikeikezeke/archives/20868764.html 2012年12月11日閲覧。 
  45. ^ “天井板落下事故 アメリカでも発生”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2012年12月8日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121208/k10014052701000.html 2012年12月11日閲覧。 
  46. ^ (英語) (PDF) Ceiling Collapse in the Interstate 90 Connector Tunnel Boston, Massachusetts July 10, 2006 (Report). (2006年7月10日). http://www.ntsb.gov/doclib/reports/2007/HAR0702.pdf 2012年12月8日閲覧。. 
  47. ^ a b “笹子トンネル事故、ボルトの6割が想定強度不足”. YOMIURI ONLINE. (2013年2月2日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130201-OYT1T01336.htm 2013年2月3日閲覧。 
  48. ^ a b “天井ボルト、6割以上が抜ける状態 笹子トンネル”. 朝日新聞デジタル. (2013年2月2日). http://www.asahi.com/national/update/0202/TKY201302020029.html 2013年2月3日閲覧。 
  49. ^ “中央道トンネル崩落、中日本高速が改めて謝罪”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2012年12月3日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121203-OYT1T00528.htm 2012年12月3日閲覧。 
  50. ^ “トンネル崩落:「関門」の損傷・改修前例生かさず- 毎日jp(毎日新聞)”. 毎日jp (毎日新聞社). (2012年12月9日). オリジナル2012年12月25日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20121225131253/mainichi.jp/select/news/20121209k0000m040078000c.html 2013年1月7日閲覧。 
  51. ^ a b “開通以降天井板のボルト交換記録なし”. 毎日jp (NHKニュース). (2012年12月3日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121202/k10013905601000.html 2012年12月3日閲覧。 
  52. ^ 笹子トンネル ボルト補修跡652カ所 東京新聞 2013年2月6日
  53. ^ a b “トンネル崩落、接着剤劣化か…ボルトに腐食なし”. 読売新聞. (2012年12月5日). http://s.news.nifty.com/domestic/societydetail/yomiuri-20121204-01144_1.htm 2012年12月5日閲覧。 
  54. ^ “【トンネル内崩落】9月点検では「異常なし」 同様構造3本緊急点検へ 中日本高速道路”. MSN産経ニュース. (2012年12月2日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121202/dst12120221300018-n1.htm 2012年12月7日閲覧。 
  55. ^ “中央道トンネル崩落:笹子トンネル、下り670カ所不具合 脱落やゆるみ−−国交省”. 毎日新聞西部朝刊. (2012年12月14日). オリジナル2013年3月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20130302101758/mainichi.jp/area/news/20121214ddp041040021000c.html 2013年1月7日閲覧。 
  56. ^ “崩落上り線、不具合1211カ所=笹子トンネルで緊急点検-中日本高速”. 時事通信. (2013年1月9日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013010900887 2013年1月10日閲覧。 
  57. ^ “笹子トンネルだけ打音検査せず マニュアルでは義務”. 朝日新聞デジタル. (2012年12月6日). http://www.asahi.com/national/update/1206/TKY201212050994.html 2012年12月7日閲覧。 
  58. ^ “ボルトの打音検査 10年余行わず”. NHK NEWS WEB. (2012年12月7日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121207/t10014023311000.html 2012年12月7日閲覧。 
  59. ^ 中日新聞』2012年12月3日付 36面
  60. ^ a b c 中央自動車道 天井板崩落事故 関連情報 - 日本道路交通情報センター
  61. ^ 笹子トンネル上り線、復旧のメド立たず - (読売新聞2012年12月4日01時34分配信(2012年12月8日閲覧))
  62. ^ a b 中央道(大月IC~勝沼IC間)通行止めに伴う迂回路情報”. 国土交通省関東地方整備局甲府河川国道事務所. 2012年12月8日閲覧。
  63. ^ 笹子トンネル周辺交通量 (PDF) - 国土交通省関東地方整備局甲府河川国道事務所公開情報(2012年12月8日閲覧)
  64. ^ “【トンネル内崩落】渋滞避けられない 東・名・阪の物流に影響も、各社代替ルートの選定急ぐ”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2012年12月2日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121202/biz12120220030004-n1.htm 2012年12月8日閲覧。 
  65. ^ “笹子トンネル天井板崩落事故の影響に伴う送達遅延に関するお知らせ” (プレスリリース), 日本郵便, (2012年12月3日), http://www.post.japanpost.jp/notification/productinformation/2012/1203_01.html 2012年12月6日閲覧。 
  66. ^ a b c “笹子トンネル事故 お歳暮は?帰省は? 産業界、不通長期化を懸念 迂回ルート模索”. Sankei Biz (産経デジタル). (2012年12月4日). http://www.sankeibiz.jp/business/news/121204/bsd1212040501004-n1.htm 2012年12月8日閲覧。 
  67. ^ a b c トンネル崩落:大動脈寸断 迫る年の瀬 毎日新聞 2012年12月3日閲覧
  68. ^ “頭抱える運送業界、崩落事故で代替ルートに奔走”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2012年12月3日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121203-OYT1T00389.htm 2012年12月6日閲覧。 
  69. ^ “年末年始期間の中央線特急列車指定席予約状況及び中央線臨時列車増発のお知らせ” (プレスリリース), 東日本旅客鉄道八王子支社, (2012年12月14日), http://www.jreast.co.jp/hachioji/info/20121214/20121214_info.pdf 
  70. ^ 中央道笹子トンネル事故に伴う運行の遅れ等について 西日本ジェイアールバス公式サイト 2012年12月3日配信・5日閲覧
  71. ^ ジェイアールバス関東は 公式ページ TOPから「運行情報」を参照の事。
  72. ^ 一般路線バス・高速バスの運行について - 西日本鉄道、2012年12月5日閲覧
  73. ^ トンネル工事企業の株価が急上昇 日本橋梁、ハザマなど 全国の補修需要期待で - 産経新聞2012年12月03日配信(2012年12月6日閲覧)
  74. ^ 民・維vs自・公…トンネル崩落で公共事業論戦 - 読売新聞
  75. ^ トンネル事故でインフラ整備対応も争点に - 産経新聞 2012年12月6日(2012年12月8日閲覧)
  76. ^ “中央自動車道笹子トンネル(下り線)の開通見通しについて” (プレスリリース), 中日本高速道路, (2012年12月8日), http://www.c-nexco.co.jp/news/2980.html 2012年12月31日閲覧。 
  77. ^ “中央自動車道 笹子トンネルの開通見通しについて” (プレスリリース), 中日本高速道路, (2012年12月25日), http://www.c-nexco.co.jp/news/3001.html 2012年12月31日閲覧。 
  78. ^ 「不安で上見ながら運転」 仮復旧の笹子トンネル(日本経済新聞 2012年12月29日18:44配信 2013年1月11日閲覧)
  79. ^ また笹子トンネルで事故 7人搬送、仮復旧後に連日西日本新聞2012年12月31日 14:43配信 2013年1月11日閲覧)
  80. ^ 笹子トンネル緊急放送
  81. ^ a b “【笹子トンネル事故】29日開通へ…下り線の対面通行で”. Response.. (2012年12月25日). http://response.jp/article/2012/12/25/187710.html 2012年12月28日閲覧。 
  82. ^ a b “笹子トンネル29日夕に仮復旧=45キロ渋滞予測、迂回路無料化-中日本高速”. 時事ドットコム (時事通信社). (2012年12月28日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012122800308 2012年12月28日閲覧。 
  83. ^ “【笹子トンネル事故】29日夕方、通行止め解除 中央道一部で無料措置”. Response.. (2012年12月28日). http://response.jp/article/2012/12/28/187953.html 2012年12月28日閲覧。 
  84. ^ “Uターンラッシュ 東名上り・大和トンネル先頭に54kmなどの渋滞”. フジニュースネットワーク. (2013年1月2日). http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00238009.html 2013年1月9日閲覧。 
  85. ^ “「上を見ながら運転」 天井板崩落の笹子トンネル、帰省渋滞も”. MSN産経ニュース. (2012年12月29日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/121229/trd12122919040011-n1.htm 2012年12月30日閲覧。 
  86. ^ “笹子トンネル:5台が事故…前日に仮復旧、一時閉鎖 山梨”. 毎日新聞. (2012年12月30日). http://mainichi.jp/select/news/20121230k0000e040114000c.html 2012年12月31日閲覧。 
  87. ^ “笹子トンネルで車5台絡む事故、3時間通行止め”. 読売新聞. (2012年12月30日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121230-OYT1T00416.htm?from=ylist 2012年12月31日閲覧。 
  88. ^ “また笹子トンネルで事故 病院に7人搬送”. 産経新聞. (2012年12月3日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121231/dst12123112530000-n1.htm 2012年12月31日閲覧。 
  89. ^ “笹子トンネル上り 不具合1211か所”. NHK. (2013年1月9日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130109/k10014697831000.html 2013年1月10日閲覧。 
  90. ^ “笹子トンネル上り線、2月下旬にも完全復旧へ 中央道”. 朝日新聞デジタル. (2013年1月9日). http://www.asahi.com/national/update/0109/TKY201301090098.html 2013年1月9日閲覧。 
  91. ^ “天井崩落の中央道・笹子トンネル8日に全面復旧へ”. ABC NEWS. (2013年2月1日). http://webnews.asahi.co.jp/ann_s_230201043.html 2013年2月4日閲覧。 
  92. ^ 中央自動車道 笹子トンネルが上下線ともに片側2車線でご利用いただけるようになりました
  93. ^ “笹子トンネルが全面開通=天井板崩落事故から2カ月―山梨”. 時事通信社. (2013年2月8日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013020800677 2013年2月9日閲覧。 
  94. ^ “笹子トンネルが全面復旧 事故から2カ月ぶり”. 日本経済新聞電子版. (2013年2月8日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0802M_Y3A200C1000000/ 2013年2月9日閲覧。 
  95. ^ “発生3年、犠牲者9人悼む=遺族「悲しみ忘れられない」-笹子トンネル事故慰霊式”. 時事ドットコム. (2015年12月2日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201512/2015120200070 2016年3月18日閲覧。 
  96. ^ a b c “無念かみしめ遺族ら献花 笹子トンネル事故から3年”. 日本経済新聞電子版. (2015年12月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG02H1W_S5A201C1000000/ 2016年3月18日閲覧。 
  97. ^ “笹子トンネル事故から3年 遺族が犠牲者を追悼”. NHK NEWS. (2015年12月2日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151202/k10010326791000.html 2015年12月3日閲覧。 
  98. ^ [1614188062528c3f7a551cf.pdf “笹子トンネル天井板落下事故 追悼慰霊式について”] (プレスリリース), 中日本高速道路株式会社, (2014年11月19日), 1614188062528c3f7a551cf.pdf 2015年12月3日閲覧。 
  99. ^ [1614188062528c3f7a551cf.pdf “笹子トンネル天井板落下事故 追悼慰霊式について”] (プレスリリース), 中日本高速道路株式会社, (2013年11月20日), 1614188062528c3f7a551cf.pdf 2015年12月3日閲覧。 
  100. ^ a b c d “笹子トンネル事故教訓へ NEXCO中日本 市内施設に犠牲車両”. タウンニュース高津区版. (2015年9月11日). http://www.townnews.co.jp/0202/2015/09/11/298847.html 2015年12月3日閲覧。 
  101. ^ a b “トンネル事故の再発防止願い 笹子トンネル天井板崩落事故車両を展示”. 産経ニュース電子版. (2015年9月1日). http://www.sankei.com/affairs/news/150901/afr1509010005-n1.html 2015年12月3日閲覧。 
  102. ^ a b “笹子トンネル崩落:「防げた事故」警鐘48首…娘失った父”. 毎日新聞電子版. (2015年12月1日). http://mainichi.jp/select/news/20151201k0000e040158000c.html 2015年12月3日閲覧。 
  103. ^ 中日本高速などに4億円余の賠償命令 笹子トンネル訴訟 朝日新聞 2016年2月25日閲覧
  104. ^ 笹子トンネル事故、賠償確定へ 中日本高速が控訴せず 朝日新聞 2016年2月25日閲覧
  105. ^ 笹子トンネル訴訟 けがの女性と中日本高速側の和解成立 産経ニュース 2016年2月25日閲覧
  106. ^ 中日本高速道路、負傷女性と和解 笹子トンネル事故訴訟 日本経済新聞 2016年6月25日閲覧
  107. ^ 遺族の損賠請求を棄却 笹子トンネル事故訴訟 横浜地裁 朝日新聞 2016年2月25日閲覧
  108. ^ 笹子トンネル事故 遺族「半歩後退」 読売新聞 2016年2月25日閲覧
  109. ^ 笹子トンネル事故 一部の遺族が控訴 損害賠償訴訟 毎日新聞 2016年3月31日閲覧
  110. ^ 笹子トンネル訴訟、10月19日に二審判決 日本経済新聞 2016年8月23日閲覧
  111. ^ 笹子トンネル事故の損賠訴訟、遺族9人の敗訴が確定 朝日新聞 2017年9月16日閲覧
  112. ^ 笹子トンネル事故、二審も役員の賠償否定日本経済新聞 2016年10月28日閲覧
  113. ^ 笹子トンネル訴訟 遺族側上告へ /山梨毎日新聞 2016年10月28日閲覧
  114. ^ 笹子トンネル事故、遺族が上告へ 請求棄却の高裁判決不服北海道新聞 2016年10月28日閲覧
  115. ^ <笹子トンネル訴訟>遺族側の敗訴確定 役員個人の責任否定 exciteニュース、2017年6月1日
  116. ^ 笹子トンネル事故の損賠訴訟、遺族9人の敗訴が確定 朝日新聞 2017年9月16日閲覧
  117. ^ 笹子トンネル天井板崩落 管理会社前社長ら8人書類送検 NHK NEWS WEB 2017年12月1日閲覧
  118. ^ 山梨・笹子トンネル事故、中日本前社長ら8人書類送検 業過致死傷容疑 産経ニュース 2017年12月1日閲覧
  119. ^ 笹子トンネル天井板崩落 管理会社前社長ら8人書類送検 NHK NEWS WEB 2017年12月1日閲覧
  120. ^ 山梨・笹子トンネル事故、中日本前社長ら8人書類送検 業過致死傷容疑 産経ニュース 2017年12月1日閲覧
  121. ^ 中日本高速前社長ら不起訴 山梨の笹子トンネル事故 日本経済新聞 2018年3月25日閲覧
  122. ^ 笹子トンネル事故不起訴処分 遺族「解明を願っていた」 産経ニュース 2018年3月25日閲覧
  123. ^ a b c 笹子トンネル事故の慰霊碑設置へ 読売新聞 2017年9月16日閲覧
  124. ^ a b 笹子トンネル事故、慰霊碑建立へ 中日本高速が遺族に報告 日本経済新聞 2017年9月16日閲覧
  125. ^ “首都高羽田トンネル、天井板つり金具破断見つかる 2カ所で補修工事”. 日本経済新聞電子版 (日本経済新聞社). (2012年12月6日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0604B_W2A201C1CC1000/?dg=1 2012年12月6日閲覧。 
  126. ^ “1号羽田線、22~25日通行止め=トンネル天井板撤去で-首都高”. 時事通信 (時事通信社). (2012年12月14日). オリジナル2013年4月26日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/c3D28 2012年12月18日閲覧。 
  127. ^ “トンネル天井板の緊急点検結果(速報)について” (プレスリリース), (2012年12月8日), http://www.hanshin-exp.co.jp/company/topics/2012-1208.html 2012年12月11日閲覧。 
  128. ^ “中央道トンネル崩落:緊急点検 ボルト欠損つり金具1本、鳥居トンネルで発見/長野”. 毎日jp (毎日新聞社). http://mainichi.jp/area/nagano/news/20121208ddlk20040154000c.html 2012年12月9日閲覧閲覧。 
  129. ^ “ボルトの穴、天井になし=鳥居トンネル、開通時から?-長野”. 時事ドットコム (時事通信社). (2012年12月14日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012121400445 2012年12月15日閲覧。 
  130. ^ “トンネル点検:長野の国道「鳥居トンネル」 ボルト穴なし”. 毎日jp (毎日新聞社). (2012年12月14日). http://mainichi.jp/select/news/20121214k0000m040120000c.html 2012年12月15日閲覧。 
  131. ^ “軽度異常60カ所 県が夜昼トンネル緊急点検”. 愛媛新聞. (2012年12月5日). http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20121205/news20121205882.html 2012年12月17日閲覧。 
  132. ^ “トンネル天井板の緊急点検結果について” (プレスリリース), 国土交通省道路局, (2012年12月13日), http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_000311.html 2012年12月17日閲覧。 
    “トンネル天井板の緊急点検結果について(追加)” (プレスリリース), 国土交通省道路局, (2012年12月17日), http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_000314.html 2012年12月17日閲覧。 
  133. ^ “月山トンネル、96年にボルト脱落と補強 第1、第2ともに”. 山形新聞. (2013年12月2日). http://yamagata-np.jp/news/201312/02/kj_2013120200022.php 2013年12月30日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]