神代桜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神代桜(2008年4月撮影)
神代桜(2004年4月撮影) 保護屋根撤去前の桜
神代桜の位置(山梨県内)
神代桜
神代桜
神代桜の位置

神代桜じんだいざくら)は、山梨県北杜市武川町山高の実相寺境内にあるエドヒガンザクラの老木である。国指定の天然記念物であり、天然記念物としての名称は山高神代ザクラ(やまたかじんだいざくら)である[1]。樹齢は1800年とも2000年ともいわれる。

日本五大桜または三大巨桜の1つであり1922年(大正11年)10月12日に国の天然記念物に、1990年6月に新日本名木百選に指定された。

日本武尊が東征の際、この桜を植えたといわれる。鎌倉時代日蓮がこの木の衰えているのを見て、祈ったところ蘇ったという伝説がある。

同寺の境内には三大巨桜である三春滝桜福島県三春町)、淡墨桜岐阜県本巣市)から、それぞれの苗木が贈られ植樹されており、開花期には多くの見学者で賑わう。

来歴[編集]

2006年、観光化による根元の踏み固めや木の傷みを改善するために、近くの市道を車両通行禁止にしたり根元の土を入れ替えたり柵を修繕するなどの作業が行なわれた。また、景観向上を目的に20年間幹を覆っていたトタン屋根等が撤去された。

2008年から2009年にかけて、本桜を含む14種の花の種を国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」に8カ月半滞在させた後に地球へ戻し、無重力状態が発育に与える影響などを調べるという実験が行なわれた。

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度46分48.98秒 東経138度22分3.74秒 / 北緯35.7802722度 東経138.3677056度 / 35.7802722; 138.3677056