宇宙桜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宇宙桜(そらざくら)とは、有人宇宙システム株式会社(JAMSS)が行った宇宙文化事業「花伝説・宙へ!」により、2008年に若田光一宇宙飛行士と共に宇宙を旅した種から生じた

概要[編集]

日本各地14箇所(下記)で、少年少女らの手によって集められた本邦屈指の名桜たちの種(各約200粒)が、2008年11月15日(日本時間)、スペースシャトル・エンデバー号で宇宙へ向い、約8か月半、国際宇宙ステーション「きぼう」に滞在し、2009年7月31日(日本時間)、若田光一宇宙飛行士と共にエンデバー号で地球帰還。2009年秋から2011年にかけて、そのごく一部が発芽し、成長した桜が「宇宙桜」と呼ばれるようになった。

宇宙桜の種類[編集]

宇宙に旅した桜は次の通り14箇所14種。

宇宙桜園[編集]

宇宙神代桜
山梨県北杜市、大津山実相寺[1]境内にある「宇宙神代桜」は、2010年発芽、2019年時点で高さ・枝張りともに7メートル程度に育ち、既に開花・結実をみている[2]
多摩の宇宙桜巡り
東京都多摩市都立桜ヶ丘公園内には「多摩桜プロジェクト」[3]によって植えられた「宇宙醍醐桜」「宇宙滝桜」「宇宙ひょうたん桜」「宇宙稚木の桜」が生育しており、巡り歩くことが出来る。
淡路夢舞台
阪神淡路大震災復興20年を期し、2015年4月に3種の宇宙桜が淡路夢舞台に植樹され、成長している[4]
京都府立植物園
京都府立植物園でも宇宙桜数種が観覧可能。
仁淀川の宇宙ひょうたん桜
高知県仁淀川町桜地区では、宇宙を旅した「ひょうたん桜」原木に隣接した斜面に、「宇宙ひょうたん桜」が2本植樹され、公開されている。

「きぼうの桜」計画[編集]

宇宙桜を活用した公益事業として、一般財団法人ワンアースが、東日本大震災はじめ、大災害からの地域の復興に活用する「きぼうの桜」計画を進めている[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山梨県・実相寺ホームページ”. 実相寺. 2019年4月2日閲覧。
  2. ^ 神代桜の宇宙桜”. ほくとナビ. 2019年4月2日閲覧。
  3. ^ 宇宙(そら)桜による創造プロジェクト”. 多摩商工会議所. 2019年4月2日閲覧。
  4. ^ 宇宙桜について”. 淡路夢舞台. 2019年4月2日閲覧。
  5. ^ きぼうの桜”. ワンアース. 2019年4月2日閲覧。

参考文献[編集]

  • 長谷川洋一 『宇宙桜誕生秘話: 花伝説・宙へ!』 ワンアース、2017年8月5日。ASIN B074LJMKNZ2019年4月2日閲覧。
  • 桜庭美夜、長谷川洋一 『きぼうの桜の物語り』 ワンアース、2018年7月5日。ASIN B07FB53L7L2019年4月2日閲覧。