山梨県道6号甲府韮崎線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Route Sign Number 6.svg
山梨県道6号標識
起点である甲府警察署前交差点(甲府市中央一丁目)。国道52号(画像右側:南方向)の終点、国道411号(画像奥側:東方向)の終点でもある。

山梨県道6号甲府韮崎線(やまなしけんどう6ごう こうふにらさきせん)は、山梨県甲府市から同県韮崎市までを結ぶ県道主要地方道)である。

2004年平成16年)までは甲府敷島韮崎線(こうふしきしまにらさきせん)という名称であったが、同年9月1日中巨摩郡敷島町が合併して甲斐市となったことに伴い改称された。

概要[編集]

甲府中心街を起点とし、甲斐市敷島・双葉地区を横断して韮崎へ向かう道路。国道20号などと並んで、直接接続はしていないものの韮崎インターチェンジ甲府昭和インターチェンジを結ぶ幹線道路となっており、朝夕を中心に渋滞しやすい。

路線データ[編集]

別名[編集]

  • 平和通り:甲府市(甲府警察署前交差点・甲府駅前間)※甲府警察署前交差点以南は国道52号・358号の重複区間
  • 朝日通り:甲府市(朝日町ガード南交差点・朝日通り北交差点間)
  • 山の手通り:甲府市(横根交差点・千塚交差点間)
  • 穂坂路:甲府市千塚(千塚交差点)・甲斐市竜地間
  • 青梅街道:甲府市(山崎三差路交差点・十郎橋西交差点間)

重複区間[編集]

通過する自治体[編集]

交差・接続する道路[編集]

周辺[編集]

関連項目[編集]