山梨県道34号白井甲州線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
山梨県道34号標識

山梨県道34号白井甲州線(やまなしけんどう34ごう しらいこうしゅうせん)は、山梨県甲府市から笛吹市を経て、甲州市に至る県道主要地方道)である。

かつては中道塩山線であったが、2006年平成18年)3月1日東八代郡中道町甲府市と合併し、2005年(平成17年)11月1日塩山市が合併により甲州市となったことから、路線名が現在の白井甲州線に変更された。

概要[編集]

甲府盆地の南東端を走る路線であり、周辺には果樹園が広がっている。

路線データ[編集]

通過する自治体[編集]

交差・接続する道路[編集]

橋梁[編集]

  • 大坪橋(境川、甲府市白井町)
  • 浅川橋(浅川、八代町米倉)
  • 市之蔵橋(金川、御坂町下黒駒)
  • 新祝橋(日川、勝沼町上岩崎)

周辺[編集]

  • 共立診療所
  • 笛吹市立浅川中学校
  • 笛吹市立八代小学校
  • 笛吹市役所 八代支所
  • 笛吹市立御坂中学校
  • みさか桃源郷公園
  • 笛吹市立一宮南小学校
  • ももの里温泉
  • 甲州市立勝沼小学校
  • 甲州市立勝沼中学校
  • 甲州市勝沼地域総合局

関連項目[編集]