雁坂トンネル有料道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国道140号標識
雁坂トンネル有料道路
概要
位置 埼玉県山梨県
座標 埼玉県側坑口: 北緯35度54分23.2秒 東経138度49分03.5秒 / 北緯35.906444度 東経138.817639度 / 35.906444; 138.817639 (雁坂トンネル埼玉県側坑口)
山梨県側坑口: 北緯35度51分52.4秒 東経138度45分55.8秒 / 北緯35.864556度 東経138.765500度 / 35.864556; 138.765500 (雁坂トンネル山梨県側坑口)
現況 供用中
所属路線名 Japanese National Route Sign 0140.svg国道140号
起点 埼玉県秩父市
終点 山梨県山梨市
運用
建設開始 1988年昭和63年)10月
完成 1994年(平成6年)9月
開通 1998年平成10年)4月
管理 山梨県道路公社
通行対象 自動車原付
技術情報
全長 6,625m
道路車線数 片側1車線
設計速度 40km/h(規制速度:40km/h)
※原付は30km/h
7.5m
テンプレートを表示
雁坂トンネル有料道路(山梨県山梨市側の料金所から。画像奥の鉄橋を越えた地点が雁坂トンネルの入口)

雁坂トンネル有料道路(かりさかトンネルゆうりょうどうろ)は、埼玉県秩父市から雁坂峠標高:2,082m)の地下を潜り、山梨県山梨市に至るトンネル有料道路1998年4月23日開通。

埼玉県秩父地方と山梨県甲府市のアクセス道路としての機能を持っている。雁坂トンネルが開通するまで国道140号は埼玉県秩父市、山梨県山梨市間は自動車での通行はできず、国道140号に指定された登山道で雁坂峠を通行しなければならなかったためトンネル開通まで「開かずの国道」と呼ばれていた。

運営は山梨県道路公社が行っている。全線が国道140号で、計画中の地域高規格道路西関東連絡道路の一部となる。通行料金は普通車730。観光需要喚起のため、2015年7月1日から11月30日まで、全車種の通行料を無料とする措置が取られた。なお、秩父・山梨間を結びつけるバスなどの公共交通機関は運行されていない。

概要[編集]

  • 雁坂トンネル(全長:6,625m:一般国道の山岳トンネルとしては日本最長
  • 料金所:雁坂トンネル山梨県側出入口
  • 道路規格:3種3級 3.0m×往復2車線
  • トンネル等級:A級(ただし防災設備は防災機関から距離があるためAA級同等)
  • トンネル工法:新オーストリアトンネル工法(NATM工法)

通行制限[編集]

歩行者自転車小型特殊自動車は通行不可(原付(50cc)は通行可)。また、危険物積載車も安全上の理由から通行禁止となっている。

トンネル内再送信[編集]

同トンネル内ではTBSラジオ文化放送ニッポン放送J-WAVE山梨放送FM-FUJINACK5NHK第一甲府局東京局NHK第二東京局、NHK-FM甲府局・さいたま局の在京・山梨・埼玉の各ラジオが再送信されている。放送局が多いのでトンネル出入口に表示されているラジオ局一覧の看板は全局を羅列した表示にせず、山梨県側出入口では山梨のラジオ局、埼玉県側出入口では埼玉と東京のラジオ局のみを表示し、視認性を高めた形をとっている。同国道の他のトンネルに比べて再送信するラジオ局が多いのは、県境を貫いていることや峠付近で標高が高く受信が容易であったり、長大トンネルという防災面やドライバーのニーズに即すため、などである。なお、J-WAVEとかつて同じだった東京タワー送信のTOKYO-FMや現在同じ東京スカイツリー送信のNHK-FM東京局は同トンネル内で再送信されていない。

沿革[編集]

  • 1953年:構想発表。
  • 1968年:山梨・埼玉両県で調査開始。
  • 1984年10月:ルート承認。
  • 1985年度:建設省(現:国土交通省)が山梨・埼玉の両県に代わり直轄権限代行として事業化。
  • 1988年11月:山梨県側工事着工。
  • 1989年5月:山梨県側トンネル起工式。
  • 1990年11月:埼玉県側工事着工・起工式。
  • 1994年9月:本坑貫通。
  • 1997年度:直轄権限代行で施工した全ての施設を山梨・埼玉の両県へ引き渡しが完了。
  • 1998年4月23日:トンネル開通。
  • 1998年10月:大型車通行規制解除。

接続するバイパスの位置関係[編集]

(熊谷方面)国道140号バイパス - 皆野寄居バイパス皆野秩父バイパス - 秩父小鹿野バイパス - 大滝道路 - 雁坂トンネル有料道路 - 甲府山梨道路(甲府方面)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]