鹿児島東西幹線道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
地域高規格道路
(無料)

Kagoshima-Tozai Road Expsign.svg

鹿児島東西幹線道路
国道3号標識 国道3号バイパス
地図
Kagoshima Touzai Route map 2013.svg
路線延長 6km(予定)
陸上区間 6km(予定)
制定年 1994年
開通年 2010年-
起点 鹿児島県鹿児島市田上八丁目
(鹿児島IC)
終点 鹿児島県鹿児島市新港地区
接続する
主な道路
記法
E3 九州自動車道
E3A 南九州西回り自動車道
指宿スカイライン
鹿児島南北幹線道路(予定)
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

鹿児島東西幹線道路(かごしまとうざいかんせんどうろ)は鹿児島県鹿児島市田上八丁目鹿児島インターチェンジから同市鹿児島新港(鹿児島港)付近へ至る延長約6kmの地域高規格道路である。

道路利用者へ向けた案内標識上の道路名は、鹿児島東西道路(英称:KAGOSHIMA-TOZAI)とされている。国道3号バイパスとして建設される。

概要[編集]

九州自動車道鹿児島ICと鹿児島新港区付近を結ぶ計画中の2種2級の自動車専用道路である。鹿児島東西幹線道路の全体構想では甲南ICから先は地上に上がり高架道路で天保山交差点付近まで向かい、さらにその先は鹿児島南北道路国道10号と指宿方面を中心部を避け、臨海部に沿って結ぶ自動車専用道路の構想)が立体交差するジャンクションが造られる計画となっている。

鹿児島東西幹線道路の一部区間である鹿児島ICから甲南IC(仮称)までの区間は、鹿児島東西道路として事業化されている。甲南ICから天保山IC(仮称)までの区間は調査区間となっている。

ほぼ終日に亘り激しい渋滞に見舞われていた武岡トンネルの渋滞緩和及び、九州自動車道鹿児島ICへのアクセス改善を目的として2013年9月29日に鹿児島IC - 建部IC(武岡トンネル出口)までの2.2kmの供用を開始した[1]

沿革[編集]

インターチェンジなど[編集]

  • 施設名欄の背景色がである部分は施設が供用されていない、または完成していないことを示す。未開通区間の名称は仮称。
  • 鹿児島IC - 甲南IC : 国道3号 鹿児島東西道路
IC
番号
施設名 接続路線名 鹿児島ICから
(km)
備考
E3A 南九州西回り自動車道 熊本薩摩川内方面
29 鹿児島IC E3 九州自動車道
指宿スカイライン
0.0
田上IC 県道24号鹿児島東市来線 0.4
建部IC 県道24号鹿児島東市来線 2.2 鹿児島IC方面(上り線)のみ
甲南IC 3.4 事業中
天保山IC 鹿児島南北幹線道路(予定) 調査中

事業区間[編集]

鹿児島東西道路[編集]

新武岡トンネル(田上ICから建部IC、進行方向反対)
新武岡トンネルの本線と建部ICのランプ(掘削断面積は日本一)

鹿児島東西道路(かごしまとうざいどうろ)は、鹿児島市鹿児島市田上八丁目(鹿児島バイパスを含む)から同市上荒田町至る予定の延長3.4km[6]の鹿児島東西幹線道路を構成する道路の一つである。鹿児島東西幹線道路のうち、2013年に開通した鹿児島IC - 建部IC(武岡トンネル入口)間とそれより先(地下道路形式)の甲南IC間のまで名称である。

2013年に開通した鹿児島IC - 建部IC間は、長期計画の実行というより緊急避難的な色彩が強い。1988年の九州自動車道鹿児島ICの供用開始以来、鹿児島ICと鹿児島市街地は国道3号鹿児島バイパス武岡トンネルを介して連絡していたが、武岡トンネルでほぼ終日発生していた慢性的な交通渋滞を緩和するために新トンネルの建設が先行して進められた。新武岡トンネルの建設とあわせ、今後南九州西回り自動車道の整備が進み完工に近づくに従い交通量の増加は避けられないことに備え、鹿児島ICのジャンクション部分の車線増と田上IC出入口の増設工事が行われている。新武岡トンネルの完成により、武岡トンネルが鹿児島市街地方向、新武岡トンネルが鹿児島IC方向の一方通行となり、トンネルが4車線化された。

新武岡トンネルは、当初2009年度の完成を目標としていたが、一度2012年に延期となり、2011年には2013年度末開通予定に再延期されたが[7]、一転2013年9月29日開通に前倒しされた[4]

今後、武岡トンネル、新武岡トンネルに続く3本目のトンネルを建設し、甲南IC方面への自動車専用道路とする計画である[8]

路線データ[9]
  • 起点 : 鹿児島県鹿児島市田上八丁目(鹿児島IC
  • 終点 : 鹿児島県鹿児島市上荒田町(甲南IC、仮称)
  • 全長 : 3.4km
  • 規格 : 第2種第2級
  • 設計速度 : 60km/h
  • 幅員 : 8.5m
  • 主な構造物 : 新武岡トンネル(1,513m)

路線状況[編集]

車線・最高速度・料金[編集]

区間 車線 最高速度 有料/無料
上り線 下り線
鹿児島IC - 田上IC 2 2 60 km/h
(指定)
無料
田上IC - 建部IC 2 未開通 50 km/h
(指定)

トンネル[編集]

道路管理者[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『南日本新聞』 2013年9月30日付 1面(新武岡トンネル開通)
  2. ^ a b c 鹿児島東西道路整備検討会 第1回(資料2) p.1 - 国土交通省九州地方整備局鹿児島国道事務所 2013年2月22日閲覧。
  3. ^ 国道3号鹿児島東西道路の田上インターチェンジが3月19日(金)から通行できます!! (PDF) - 九州地方整備局鹿児島国道事務所、2013年8月29日閲覧。
  4. ^ a b 鹿児島東西道路(鹿児島IC〜建部IC)が開通します!! (PDF) (九州地方整備局鹿児島国道事務所2013年8月28日発表、同日閲覧)
  5. ^ ⿅児島東⻄道路(⿅児島IC〜田上IC)の⼯事が完了します!! (PDF) (九州地方整備局鹿児島国道事務所2013年12月5日発表、同年12月6日閲覧)
  6. ^ 国道3号 鹿児島東西道路(事業概要) (PDF) - 鹿児島国道事務所 2011年5月17日閲覧。
  7. ^ 『南日本新聞』 2011年12月1日付 1面
  8. ^ “東西幹線道・田上-甲南間を新設トンネルに決定 整備検討委”. 南日本新聞. (2013年9月7日). http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=51087 2013年12月6日閲覧。 
  9. ^ 国道3号 鹿児島東西道路 (PDF) - 九州地方整備局鹿児島国道事務所、2013年9月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]