ポッカコーヒー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ポッカコーヒーは、ポッカサッポロフード&ビバレッジから発売されている缶コーヒーである。

歴史[編集]

1972年に当時のポッカレモンより発売開始。既に上島珈琲などから缶コーヒーは発売されていたが、コーヒー飲料規格における「コーヒー」(100g中にコーヒー生豆成分5g以上含有)としては初の缶コーヒーであった。翌1973年に冷温兼用の自動販売機を三共電器(現サンデン)と共同開発し、商品自体も連続加温販売に耐えうるように改良された。初代のパッケージは、フロアで“ゴーゴー”に興じる若者を描いていた[1]

また、1976年ごろに820グラム入りの家庭用大型缶(フルーツ缶詰大)「ポッカアイスコーヒー」が発売された。当時のポッカ社の関係者によれば「お客様からもっと大きめの容量の入るものがほしいというニーズと、冷蔵庫の大型化で、大きな缶詰が入るようになったという時代がマッチした」と話している[2]

2013年9月にロング缶の「Mコーヒー」、沖縄限定品の「ブレンド沖縄」を除く缶製品をリニューアルした際、缶胴の厚さを薄肉化したことで缶重量を約10%軽量化された「ECOビード缶」を導入した。

2014年3月には北海道日本ハムファイターズとのタイアップによる「ファイターズ缶」を北海道限定で発売。当初は「微糖」と「無糖ブラック」の2種類だったが、2015年3月に「ブレンド」を追加発売して3種類となった。

2015年6月には、「ポッカコーヒー オリジナル」の2014年都道府県別売り売上構成比が最も高かった千葉県に向け、後述する男性の顔ではなく、千葉ロッテマリーンズのマスコットキャラクターであるマーくんを中心とした球団ロゴに変更した「ポッカコーヒー オリジナル 千葉ロッテマリーンズ」を数量限定で発売。千葉県を中心に、関東地区限定で販売される[3]。2016年4月に球団の千葉移転25年目を記念したロゴを新たに配して「ポッカコーヒーオリジナル 16年千葉ロッテマリーンズ」としてリニューアル発売した[4]

2019年3月に「オリジナル」が約5年半ぶり、「贅沢微糖」が約4年ぶりにリニューアルされ、コーヒー豆の使用量が約10%増量された[5]。同年6月には3年ぶりに「オリジナル」の千葉県限定品が再発売。今回は「オリジナル」のデザインをベースに、缶の上部に「千葉県コラボ 県コーヒー」の表示が入り、千葉県のマスコットキャラクターチーバくんが描かれた「千葉県缶」となる。また、千葉県との間で締結された「観光分野における協力に関する協定」の一環として、売り上げの一部が千葉県の観光振興に寄付される[6]

[編集]

ポッカコーヒーオリジナルの缶に描かれている男性の顔は、ポッカコーヒーの代名詞ともいえる存在だが、缶の絵柄に男性に顔が登場したのは発売開始の翌年(1973年)である。ポッカによれば、この男性のモデルはいないとのこと。(『がっちりマンデー!!』2007年8月26日放送分より)

パッケージの顔自体も年々変化があり、時代の恰好に合わせ、長かったもみ上げをカットし、徐々にあっさりめの顔つきに。1990年代後半には芸能人イラスト缶も限定で存在した。 2006年のリニューアルで従来よりかなり小さいものになり、2009年にはパッケージデザインのレイアウトも変更され、境界線が中央からかなり下になっていた。2019年3月のリニューアルで約13年ぶりにデザインのレイアウトが変わり、ブランドロゴやパッケージデザインのレイアウトが1990年代当時の仕様に準じたものとなり、顔もより現代的な顔つきとなった。「贅沢微糖」は「オリジナル」よりも顔が描かれているスペースは小さいものの、"顔缶"仕様となった[5]

商品ラインナップ[編集]

(2019年6月時点) 現時点で発売されている製品は全て香料不使用である。

ポッカコーヒー オリジナル
発売から55年を超えるロングセラーとなっている「ポッカコーヒー」の基幹製品。当初は単に「ポッカコーヒー」として発売し、1999年の改良時に「オリジナル」が付き、2004年の改良時に「ニューオリジナル」に改名。2006年に現在の「オリジナル」に再度名称が戻された。現行品が14代目となる。
以前は原材料が牛乳砂糖コーヒー乳化剤の4つのみの組み合わせだったが、同年3月の改良で全粉乳デキストリン、乳等を主要原料とする食品が加えられた。
ポッカコーヒー オリジナル 千葉県缶
千葉県限定で販売されている製品。原材料並びに栄養成分は全国発売されている「オリジナル」と同等である。
ポッカコーヒー 厳選微糖
甘味料アセスルファムカリウムスクラロース)を使用することで砂糖の使用量を控えた微糖タイプ。
ポッカコーヒー ファイターズ 微糖
北海道限定で販売されている製品。原材料並びに栄養成分表示は全国発売されている「厳選微糖」と同等である。2019年3月にリニューアルされたが、2018年までの選手が描かれたデザイン(選手缶)から特定の選手ではない打者のイラストが描かれたデザインとなった。
ポッカコーヒー ファイターズ ブラック
北海道限定で販売されている製品。原材料並びに栄養成分表示は全国発売されている「aromax ブラック」と同等である。2019年3月にリニューアルされたが、2018年までの選手が描かれたデザイン(選手缶)から特定の選手ではない投手のイラストが描かれたデザインとなった。なお、現行品の「ポッカコーヒー」ブランドでは唯一のブラックコーヒーでもある。

販売終了商品[編集]

  • ポッカコーヒー ブラック - 無糖ブラックコーヒー。2014年9月に自動販売機限定で165g缶を追加発売していた。2016年3月発売の「深煎りブラック」へ継承し、独立ブランド化。2017年3月に「aromax」へ統合し、「aromax ブラック」として発売されている。
  • ポッカコーヒー プレミアム(1999年に155gで限定発売した後、2000年に190g缶で全国発売)
  • ポッカコーヒー「ガティ!」(1999年発売)
  • ポッカコーヒー セレクト(1992年頃に発売)
  • ポッカコーヒー デミタス(その後香ばし珈房デミタスに継承)
  • ポッカコーヒー ハイランドブレンド
  • ポッカコーヒー キリマンジャロブレンド微糖
  • ポッカコーヒー ドライバー - 現在は「ドライバー」に独立ブランド化しており、「シャキッと激ブラック」が高速道路サービスエリア内の自動販売機・売店で販売されているほか、沖縄県は子会社の沖縄ポッカコーポレーションから「深煎りブレンド」・「ほろにが微糖」・「ブラック」・「まろやかカフェオレ」の4種類を発売している。
    • ブラック 無糖
    • ほろ苦ブレンド
    • スーパーブラック - 「ブラック 無糖」の後継製品
  • ポッカコーヒー オネスティ
    • ブレンド
    • デミタス
  • ポッカコーヒー 復刻缶80's - 発売39周年を記念し、80年代当時のパッケージデザインや味わいを再現した数量限定品
  • ポッカコーヒー ダブルゼロ - 糖類ゼロ・脂質ゼロ設計の健康系缶コーヒー。
  • ポッカコーヒー 大人のブラック - 「ポッカコーヒー ブラック」からのリニューアル品だが、再リニューアルにより再び「ポッカコーヒー ブラック」に戻る。
  • ポッカコーヒー 午後のくつろぎカフェオレ(コーヒー飲料規格)
  • ポッカコーヒー 味わいカフェオレ(コーヒー飲料規格) - 2014年9月発売の「くつろぎカフェオレ」へ継承し、独立ブランド化。2017年3月に「aromax」へ統合し、「aromax カフェオレ」として発売されている。
  • ポッカコーヒー 珈琲通の粗挽きデミタス(170g缶)
  • ポッカコーヒー コクの贅沢微糖
  • ポッカコーヒー 朝の深煎りブレンド
  • ポッカコーヒー 贅沢焙煎
  • ポッカコーヒー 贅沢ブレンド - 2014年9月発売の「香りとコクのブレンド」へ継承し、独立ブランド化。2017年3月に「aromax」へ統合し、「aromax ブレンド」として発売されている。
  • ポッカコーヒー こだわり豆の贅沢ストレート - ミルク入り・砂糖不使用タイプ
  • ポッカコーヒー aromax - 現在は「aromax」に独立ブランド化している。
    • ブラック 無糖 - 幾度のリニューアルを経て、現在は「aromax プレミアムブラック」として発売している。
    • ブレンド - 幾度のリニューアルを経て、現在は「aromax プレミアムゴールド」として発売している。
    • エスプレッソ ブレンド
  • ポッカコーヒー 低糖 - 原材料は「オリジナル」に準じているが、糖類を35%低減した甘さ控えめタイプ。人工甘味料不使用。
  • ポッカコーヒー テイスティーブレンド - 「オリジナル」に準じた原材料を用いたレギュラータイプ。発売当初は185g缶だったが、2014年9月に自動販売機限定の170g缶としてリニューアルされていた。
  • ポッカコーヒー ファイターズ缶 ブレンド - 北海道限定で販売されていた製品。仕様は以前発売されていた「テイスティーブレンド」に相当するが、内容量は185gへの減容化が進む近年の缶コーヒーでは珍しい190g入りであった。
  • ポッカコーヒー ミルクカフェ(250gロング缶入り、コーヒー飲料規格) - 後に「ミルクカフェ」に独立ブランド化する。
  • ポッカコーヒー Mコーヒー(250gロング缶入り、コーヒー飲料) - 乳成分に全粉乳脱脂粉乳を使用した製品。2012年9月に2001年以来、実に11年ぶりとなるリニューアル[7]が行われたものの、基本レイアウトはほぼ変更されておらず、製造終了まで顔が下半分いっぱいに入っていた。
  • ポッカコーヒー オリジナルマイルド - 紙製容器カートカンに封入した製品。「オリジナル」をベースにしているが、トレハロースが追加されている。
  • ポッカコーヒー ブレンド沖縄 - 子会社の沖縄ポッカコーポレーションから沖縄県限定で発売されていた製品。パッケージ下半分は男性の顔ではなくシーサーがデザインされていた。
  • ポッカアイスコーヒー沖縄 - 子会社の沖縄ポッカコーポレーションから沖縄県限定で発売されていた製品。現在も春夏期の期間限定で全国発売されている「アイスコーヒー クリーム入り」と異なり、コーヒーと砂糖のみでできた加糖ブラックタイプ。
  • ポッカコーヒー カフェグラスコ(380mlボトル缶入り)
    • BLACK無糖
    • BLACK微糖
  • ポッカコーヒー アイスカフェオレ(280g缶入り、アイス用、コーヒー飲料規格)
  • ポッカコーヒー アイスコーヒー(280g缶入り、アイス用)
  • ポッカアイスコーヒー クリーム入り(280g缶入り、アイス用) - ポッカサッポロフード&ビバレッジに商号変更後、2013年4月のリニューアル再発売の際に「アイスコーヒー クリーム入り」に改名。
  • ポッカコーヒー クリスタルアイス(250gロング缶入りアイスコーヒー)
  • ポッカアイスコーヒー(820g缶入り 家庭用アイスコーヒー)

CM出演者[編集]

[編集]

  1. ^ 【ポッカコーヒー】シンボルのあの男は正体とは!?(男の浪漫伝説 Vol.5) | ドリームメール
  2. ^ まぼろしチャンネル・「まぼろし食料品店第23回・アイスコーヒーって誰が発明したの?の巻」(串間務)
  3. ^ “~日頃のご愛顧に感謝!オリジナルデザインの「顔缶」が数量限定で登場!~ポッカコーヒーオリジナル 千葉ロッテマリーンズ 190g缶 2015年6月29日(月)より数量限定・販売エリア限定で新発売” (プレスリリース), ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社, (2015年6月22日), http://www.pokkasapporo-fb.jp/company/news/release/150622_02.html 2015年6月30日閲覧。 
  4. ^ “~“千葉ロッテマリーンズ”千葉移転25周年を記念した、オリジナルデザインの「顔缶」~『ポッカコーヒーオリジナル 16年千葉ロッテマリーンズ190g缶』 2016年4月11日(月)より数量限定・販売エリア限定で新発売” (プレスリリース), ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社, (2016年4月8日), http://www.pokkasapporo-fb.jp/company/news/release/160408_02.html 2016年4月11日閲覧。 
  5. ^ a b “ロングセラー缶コーヒー“顔缶”が、新時代に求められる味わいへと進化「ポッカコーヒー オリジナル」「ポッカコーヒー 厳選微糖」2019年3月4日(月)より新発売” (プレスリリース), ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社, (2019年2月20日), https://www.pokkasapporo-fb.jp/company/news/release/190220_01.html 2019年3月4日閲覧。 
  6. ^ ““缶コーヒー"から千葉県コラボ“県コーヒー"へ!恩返しとして売上の一部を千葉県の観光振興に寄付「ポッカコーヒーオリジナル千葉県缶」2019年6月3日(月)より新発売” (プレスリリース), ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社, (2019年5月22日), https://www.pokkasapporo-fb.jp/company/news/release/190522_02.html 2019年6月8日閲覧。 
  7. ^ ただし、社名変更に伴って、2013年1月の出荷分からはレイアウト下のブランドロゴが「POKKA」ロゴから「pokka sapporo」ロゴに変更された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]