ポッカコーヒー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ポッカコーヒーは、ポッカサッポロフード&ビバレッジから発売されている缶コーヒーである。

歴史[編集]

1972年に当時のポッカレモンより発売開始。既に上島珈琲などから缶コーヒーは発売されていたが、コーヒー飲料規格における「コーヒー」(100g中にコーヒー生豆成分5g以上含有)としては初の缶コーヒーであった。翌1973年に冷温兼用の自動販売機を三共電器(現サンデン)と共同開発し、商品自体も連続加温販売に耐えうるように改良された。初代のパッケージは、フロアで“ゴーゴー”に興じる若者を描いていた[1]

また、1976年ごろに820グラム入りの家庭用大型缶(フルーツ缶詰大)「ポッカアイスコーヒー」が発売された。当時のポッカ社の関係者によれば「お客様からもっと大きめの容量の入るものがほしいというニーズと、冷蔵庫の大型化で、大きな缶詰が入るようになったという時代がマッチした」と話している[2]

2013年9月にロング缶の「Mコーヒー」、沖縄限定品の「ブレンド沖縄」を除く缶製品をリニューアルした際、缶胴の厚さを薄肉化したことで缶重量を約10%軽量化し、缶の外側にフィルムを張るグラビアラミネート缶と比較してCO2排出量をさらに約3%削減できる「ECOビード缶」を導入した。

2014年3月には北海道日本ハムファイターズとのタイアップによる「ファイターズ缶」を北海道限定で発売。当初は「微糖」と「無糖ブラック」の2種類だったが、2015年3月に「ブレンド」を追加発売して3種類となった。

2015年6月には、「ポッカコーヒー オリジナル」の2014年都道府県別売り売上構成比が最も高かった千葉県に向け、後述する男性の顔ではなく、千葉ロッテマリーンズのマスコットキャラクターであるマーくんを中心とした球団ロゴに変更した「ポッカコーヒー オリジナル 千葉ロッテマリーンズ」を数量限定で発売。千葉県を中心に、関東地区限定で販売される[3]。2016年4月に球団の千葉移転25年目を記念したロゴを新たに配して「ポッカコーヒーオリジナル 16年千葉ロッテマリーンズ」としてリニューアル発売した[4]

[編集]

ポッカコーヒーオリジナルの缶に描かれている男性の顔は、ポッカコーヒーの代名詞ともいえる存在だが、缶の絵柄に男性に顔が登場したのは発売開始の翌年(1973年)である。ポッカによれば、この男性のモデルはいないとのこと。(『がっちりマンデー!!』2007年8月26日放送分より)

パッケージの顔自体も年々変化があり、時代の恰好に合わせ、長かったもみ上げをカットし、徐々にあっさりめの顔つきに。1990年代後半には芸能人イラスト缶も限定で存在した。 2006年のリニューアルで従来よりかなり小さいものになり、2009年にはパッケージのレイアウトも変更され、境界線が中央からかなり下になっている。

商品ラインナップ[編集]

(2016年3月現在) 現在発売されている製品は全て香料不使用である。

ポッカコーヒー オリジナル
原材料は牛乳砂糖コーヒー乳化剤の4つのみと非常にシンプルな組み合わせとしており、発売から40年を超えるロングセラーとなっている「ポッカコーヒー」の基幹製品。当初は単に「ポッカコーヒー」として発売し、後に「ポッカコーヒー ニューオリジナル」を経て現在の商品名となっており、現行品が13代目である。
ポッカコーヒー 厳選微糖
甘味料アセスルファムカリウムスクラロース)を使用することで砂糖の使用量を控えた微糖タイプ。なお、甘味料や砂糖以外の他の原材料は「オリジナル」に準じている。2015年3月にリニューアルした。
ポッカコーヒー Mコーヒー(コーヒー飲料)
乳成分に全粉乳脱脂粉乳を使用したシリーズ唯一となる250g入りのロング缶。2012年9月に2001年以来、実に11年ぶりとなるリニューアル[5]を実施したものの、基本レイアウトはほぼ変更されておらず、現在でも顔が下半分いっぱいに入っている。
ポッカコーヒー オリジナルマイルド
紙製容器カートカンに封入した製品。「オリジナル」をベースにしているが、トレハロースが追加されている。
ポッカコーヒー ファイターズ缶 微糖
北海道限定で販売されている製品。仕様は「厳選微糖」に相当するが、脂質炭水化物ナトリウム・糖質の数値が異なる。
ポッカコーヒー ファイターズ缶 無糖ブラック
北海道限定で販売されている製品。仕様は「ブラック」に相当するが、炭水化物とナトリウムの数値が異なる。
ポッカコーヒー ファイターズ缶 ブレンド
北海道限定で販売されている製品。仕様は以前発売されていた「テイスティーブレンド」に相当するが、内容量は185gへの減容化が進む近年の缶コーヒーでは珍しい190g入りである。
ポッカコーヒー ブレンド沖縄
子会社の沖縄ポッカコーポレーションから沖縄県限定で販売されている製品。パッケージ下半分は男性の顔ではなくシーサーがデザインされている。
ポッカアイスコーヒー沖縄
子会社の沖縄ポッカコーポレーションから沖縄県限定で発売されている製品。全国発売されている「アイスコーヒー クリーム入り」と異なり、コーヒーと砂糖のみでできた加糖ブラックタイプ。

販売終了商品[編集]

  • ポッカコーヒー ブラック - 無糖ブラックコーヒー。2014年9月に自動販売機限定で165g缶を追加発売していた。2016年3月発売の「深煎りブラック」へ継承し、独立ブランド化。2017年3月に「aromax」へ統合し、「aromax ブラック」として発売されている。
  • ポッカコーヒー プレミアム(1999年に155gで限定発売した後、2000年に190g缶で全国発売)
  • ポッカコーヒー「ガティ!」(1999年発売)
  • ポッカコーヒー セレクト(1992年頃に発売)
  • ポッカコーヒー デミタス(その後香ばし珈房デミタスに継承)
  • ポッカコーヒー ハイランドブレンド
  • ポッカコーヒー キリマンジャロブレンド微糖
  • ポッカコーヒー ドライバー - 現在は「ドライバー」に独立ブランド化しており、「シャキッと激ブラック」が高速道路サービスエリア内の自動販売機・売店で販売されているほか、沖縄県は子会社の沖縄ポッカコーポレーションから「深煎りブレンド」・「ほろにが微糖」・「ブラック」・「まろやかカフェオレ」の4種類を発売している。
    • ブラック 無糖
    • ほろ苦ブレンド
    • スーパーブラック - 「ブラック 無糖」の後継製品
  • ポッカコーヒー オネスティ
    • ブレンド
    • デミタス
  • ポッカコーヒー 復刻缶80's - 発売39周年を記念し、80年代当時のパッケージデザインや味わいを再現した数量限定品
  • ポッカコーヒー ダブルゼロ - 糖類ゼロ・脂質ゼロ設計の健康系缶コーヒー。
  • ポッカコーヒー 大人のブラック - 「ポッカコーヒー ブラック」からのリニューアル品だが、再リニューアルにより再び「ポッカコーヒー ブラック」に戻る。
  • ポッカコーヒー 午後のくつろぎカフェオレ(コーヒー飲料規格)
  • ポッカコーヒー 味わいカフェオレ(コーヒー飲料規格) - 2014年9月発売の「くつろぎカフェオレ」へ継承し、独立ブランド化。2017年3月に「aromax」へ統合し、「aromax カフェオレ」として発売されている。
  • ポッカコーヒー 珈琲通の粗挽きデミタス(170g缶)
  • ポッカコーヒー コクの贅沢微糖
  • ポッカコーヒー 朝の深煎りブレンド
  • ポッカコーヒー 贅沢焙煎
  • ポッカコーヒー 贅沢ブレンド - 2014年9月発売の「香りとコクのブレンド」へ継承し、独立ブランド化。2017年3月に「aromax」へ統合し、「aromax ブレンド」として発売されている。
  • ポッカコーヒー こだわり豆の贅沢ストレート - ミルク入り・砂糖不使用タイプ
  • ポッカコーヒー aromax - 現在は「aromax」に独立ブランド化している。
    • ブラック 無糖 - 幾度のリニューアルを経て、現在は「aromax プレミアムブラック」として発売している。
    • ブレンド - 幾度のリニューアルを経て、現在は「aromax プレミアムゴールド」として発売している。
    • エスプレッソ ブレンド
  • ポッカコーヒー 低糖 - 原材料は「オリジナル」に準じているが、糖類を35%低減した甘さ控えめタイプ。人工甘味料不使用。
  • ポッカコーヒー テイスティーブレンド - 「オリジナル」に準じた原材料を用いたレギュラータイプ。発売当初は185g缶だったが、2014年9月に自動販売機限定の170g缶としてリニューアルされていた。
  • ポッカコーヒー ミルクカフェ(250gロング缶入り、コーヒー飲料規格) - 後に「ミルクカフェ」に独立ブランド化する。
  • ポッカコーヒー カフェグラスコ(380mlボトル缶入り)
    • BLACK無糖
    • BLACK微糖
  • ポッカコーヒー アイスカフェオレ(280g缶入り、アイス用、コーヒー飲料規格)
  • ポッカコーヒー アイスコーヒー(280g缶入り、アイス用)
  • ポッカアイスコーヒー クリーム入り(280g缶入り、アイス用) - ポッカサッポロフード&ビバレッジに商号変更後、2013年4月のリニューアル再発売の際に「アイスコーヒー クリーム入り」に改名。
  • ポッカコーヒー クリスタルアイス(250gロング缶入りアイスコーヒー)
  • ポッカアイスコーヒー(820g缶入り 家庭用アイスコーヒー)

CM出演者[編集]

[編集]

関連項目[編集]

  • aromax - 広口ボトル缶を採用した缶コーヒーブランド。当初は「ポッカコーヒー」のサブブランドとして発売していたが、リニューアル時に独立ブランド化し、現在に至る。
  • 生粋 (缶コーヒー) - 旧・サッポロ飲料から販売されていた缶コーヒーブランド。合併時に「ポッカコーヒー」へ継承され終売された。

外部リンク[編集]