モラージュ菖蒲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モラージュ菖蒲
mallage SHOBU
外観(2010年4月)
外観(2010年4月)
店舗概要
所在地 346-0106
埼玉県久喜市菖蒲町菖蒲6005番地1[1]
座標 北緯36度4分31秒 東経139度36分40.9秒 / 北緯36.07528度 東経139.611361度 / 36.07528; 139.611361座標: 北緯36度4分31秒 東経139度36分40.9秒 / 北緯36.07528度 東経139.611361度 / 36.07528; 139.611361
開業日 2008年(平成20年)11月28日[3][4]
施設所有者 マンゴスチン特定目的会社[5]
施設管理者 双日商業開発株式会社[6]
敷地面積 143,000 m²
延床面積 140,000 m²
商業施設面積 90,000[3]
中核店舗 ヨークマート フードセントラル[4]
店舗数 240[2]
営業時間 店舗により異なる
公式サイト「営業時間のご案内」を参照
駐車台数 5,000台台
商圏人口 1,285,000人[2]
最寄駅 久喜駅桶川駅[7]
最寄IC 白岡菖蒲IC[7]
外部リンク 公式サイト

モラージュ菖蒲(モラージュしょうぶ)は、埼玉県久喜市菖蒲町菖蒲国道122号騎西菖蒲バイパス沿いに立地する大型ショッピングモールである。2008年平成20年)11月28日開業[3] [4][8]

概要[編集]

双日新都市開発[9][10]が各地で運営するショッピングモール「モラージュ」の最大規模の店舗である。ヨークマートを核店舗とし、埼玉県初出店の109シネマズなど、約250店舗を擁する。開業当時のキャッチフレーズは「三ツ星マークの毎日でいこう」。

店舗面積9万m2テナント数250店で、当時の埼玉県内で2番目に規模の大きいショッピングセンターとしてオープンした。郊外で駅から遠いなどの立地の悪さや、リーマンショックの影響でテナント集めに苦労したが[11]、2008年度 ほぼ計画通りの250店でのオープンになった[12]。また久喜市内と近隣には複合商業施設が多数立地することや[13][14][15]、前述する公共交通の便が悪いことから、週末のイベントを増やしたり[2]、最寄り駅からの交通アクセスを改善するなど企業努力が続いている。2013年4月12日、敷地東側に別棟が完成し[16]、大手衣料品専門店がオープンすることになった[17]2013年5月10日さらなる資産の効率性向上を目指し、マンゴスチン特定目的会社に譲渡された[5]。なおSC運営は引き続き双日新都市開発がプロパティマネジメント会社として運営を継続していくことが決まっている[5]

なお、2014年に双日新都市開発が関連会社の双日商業開発へショッピングセンター事業を承継したことに伴い、施設管理者は双日商業開発となった[6]

主なテナント[編集]

核店舗はヨークマートフードセントラルである[4]。1階の南側ヨークマート周辺は惣菜や高級輸入食材などの嗜好品関連のテナント、ドラッグストアーなど健康関連のテナントが集結している。また1階の北側の7番街周辺は子育て支援にふさわしいテナントが集約されている。安心して買い物が出来るよう、 屋内遊園地、子供服専門店、玩具専門店などが立地している[18]。また3階の4番街に託児所がある[19]。2階はファミリー向け、紳士向け、婦人向けの衣料品専門店とスポーツショップ、個性的な専門店として農産物直売所がある。サービス関係のショップは1階と2階に整体屋が、2階に携帯電話ショップと家電量販店が、3階に旅行代理店と医療機関が、エンターティーメントでは3階に書店、音楽・映像ソフト販売ショップ、 開店当時としては大型ショッピングセンターへ初出店となるアニメショップなどが集結する[20]。また埼玉県利根地域[21]の商業施設では唯一のラジコンコースが3階に存在する。

出店テナントの全店の一覧・詳細情報は公式サイト「ショップリスト」を、施設内のサービスや営業時間の詳細は公式サイト「施設案内」を参照。

閉店したテナント[編集]

  • HMV(2010年11月30日で閉店。3階303区画)[22]
  • アイメガネ(2011年8月31日で閉店。3階356区画)[23]

隣接地[編集]

久喜市がバスターミナルを設置し、2017年10月19日より、成田国際空港行きの空港連絡バスが運行を開始した。

店舗周辺の菖蒲北部地区は国道122号沿いのため、物流施設や工場などの開発が進んでいる[24]。川越栗橋線の反対側には フォレオ菖蒲などの商業施設が[25]、122号線の反対側には中央物産久喜ロジスティクスセンター、トランコム久喜ロジスティクスセンターなどの物流施設や 日本瓦斯関東中央支店などの工場などが立地している[26]。また敷地から1km離れた菖蒲町三箇地内にはNHK菖蒲久喜ラジオ放送所が立地している[27]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 埼玉県告示第千七百六十七号 (PDF)
  2. ^ a b c 運営実績(双日商業開発)
  3. ^ a b c 小島健輔 『低コストSCと二軍級チェーンの時代が来た』 月刊販売革新 2009年4月号 (商業界)
  4. ^ a b c d “ヨークマート、SC対応の新型店開発 100店体制へ弾みに”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2008年11月19日)
  5. ^ a b c 子会社資産の譲渡に関するお知らせ(モラージュ菖蒲)双日株式会社
  6. ^ a b 2014年04月01日 会社分割についてのお知らせ (PDF)
  7. ^ a b モラージュ菖蒲アクセス
  8. ^ 双日株式会社ニュースリリース2008年
  9. ^ 双日商業開発トピックス
  10. ^ 2010年3月31日までは双日商業開発
  11. ^ リーマンショックの影響で非常に厳しい船出(ショッピングセンター事業 双日株式会社)
  12. ^ ^ 双日株式会社ニュースリリース2008年
  13. ^ 2月定例会-02月24日-05号、久喜市議会
  14. ^ 加須市議会会議録 平成19年第2回定例会(6月)-06月15日-03号
  15. ^ 平成24年3月定例会-03月16日-11号(春日部市議会)
  16. ^ 埼玉県告示第九百四十一号 (PDF)
  17. ^ ニューショップのご案内 モラージュ菖蒲 2013年2月23日閲覧
  18. ^ こどモラージュ
  19. ^ 託児所(ラビキッズワールド)
  20. ^ 大型ショッピングモールに初の出店アニメイト菖蒲
  21. ^ 利根地域振興センター
  22. ^ HMV店舗リスト 2011年9月6日閲覧
  23. ^ アイメガネ店舗紹介 2011年9月21日閲覧
  24. ^ 菖蒲北部 UR都市機構ホームページ
  25. ^ 埼玉県久喜市菖蒲町菖蒲-goo 地図
  26. ^ 埼玉県久喜市菖蒲町菖蒲-goo 地図
  27. ^ 埼玉県久喜市菖蒲町三箇-goo 地図

関連項目[編集]

外部リンク[編集]