アル・プラザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アル・プラザ彦根
アル・プラザ亀岡
アル・プラザ高槻
アル・プラザ茨木
アル・プラザつかしん
アル・プラザあまがさき(あまがさきキューズモール)
アル・プラザ香里園

アル・プラザアルファベット表記:AL.PLAZA)は、平和堂が展開する大型スーパーマーケットブランド。愛称としてアルプラが一般的に使用される[1]

店舗[編集]

滋賀県[編集]

京都府[編集]

大阪府[編集]

兵庫県[編集]

福井県[編集]

石川県[編集]

富山県[編集]

岐阜県[編集]

  • アル・プラザ鶴見大垣市
    • 旧鶴見店は2006年1月まで旧タマコシ鶴見SC〔ショッピングセンター〕(通称ツルタマ)の建物を使って営業していたが、2006年11月に建て替えてオープン。隣接のヤナゲンストアー(スーパーバリューハッピー)鶴見店はアルプラザ開店と同時に閉店(建物は解体されて現在は大垣中日ハウジングセンター)。

閉店した店舗[編集]

  • アル・プラザ大津(滋賀県大津市
    • かつてJR大津駅前に所在していた。1974年の開店当初は平和堂大津店[3](第10号店)だったが、1986年にファッション品を主力とした「ESTA(エスタ)」に改称。1994年には食料品も強化して県下5番目のアル・プラザに再改称[3]。駅前にあるスーパーとして長年市民に親しまれたが、店舗建物の老朽化や郊外型ショッピングモールの競争激化などで2013年、売場を地階から2階までの営業に縮小、2016年6月20日にすべての営業を終了・閉店[4]。跡地は大和ハウス工業オリックス不動産南海電気鉄道南海不動産の4者に売却し解体。2017年に大和ハウス工業が主体となってタワーマンションを建設[5]、平和堂はマンションの1階部分に「フレンドマート」の店舗ブランド名で再出店することを計画している[3][4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “金沢らしい伝統と新しい日常を創造する空間 「アルプラ フーズマーケット大河端」 石川県内で平和堂初のスーパーマーケット7月17日(金)オープン” (プレスリリース), 平和堂, (2015年7月14日), http://www.heiwado.jp/release/2015/0714_ap_open.html 2019年1月23日閲覧。 
  2. ^ 彦根市役所本庁舎耐震化整備事業”. 彦根市総務部公有財産管理課 (2018年12月17日). 2019年1月23日閲覧。
  3. ^ a b c “分譲マンション「プレミスト大津 ステーションレジデンス」着工” (プレスリリース), 大和ハウス工業, (2017年3月21日), https://kyodonewsprwire.jp/release/201703210072 2019年1月23日閲覧。 
  4. ^ a b 平和堂アルプラザ大津、6月20日閉店-跡地のマンション内に再出店検討”. 都市商業研究所 (2016年6月16日). 2019年1月23日閲覧。
  5. ^ アル・プラザ大津跡地、「駅前の顔」マンションに 1階にスーパー”. 産経ニュース (2017年3月22日). 2019年1月23日閲覧。
  6. ^ 三河屋が出店へ 小牧再開発ビル「ラピオ」(愛知県小牧市)”. 中日住宅ナビ(中日新聞) (2017年10月17日). 2019年1月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]