中部日本放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中部日本放送株式会社
Chubu-Nippon Broadcasting Co., Ltd.
Chubu-Nippon Broadcasting logo 20150825.svg
CBC Hall of Chubu-Nippon Broadcasting.jpg
中部日本放送本社(CBC会館)
種類 株式会社
市場情報
名証1部 9402
略称 CBC、中日放送
本社所在地 460-8405
愛知県名古屋市中区新栄1-2-8
設立 1950年12月15日
業種 情報・通信業
事業内容 放送持株会社
代表者 代表取締役会長 大石幼一
代表取締役社長 杉浦正樹
資本金 13億2,000万円
発行済株式総数 2,640万株
売上高 連結:327億8,200万円
単独:292億4,200万円
(2012年3月期)
営業利益 連結:21億6,100万円
単独:19億100万円
(2012年3月期)
純利益 連結:13億8,200万円
単独:13億3,100万円
(2012年3月期)
純資産 連結:449億1,800万円
単独:410億3,500万円
(2012年3月期)
総資産 連結:598億9,800万円
単独:516億2,800万円
(2012年3月期)
従業員数 連結:722名 単体:341名
(2012年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 (株)中日新聞社 9.85%
竹田本社(株) 6.43% ほか
その他については資本構成の節を参照。
主要子会社 (株)CBCテレビ 100%
(株)CBCラジオ 100%
(株)CBCクリエイション 100%
(株)千代田会館 66.6% ほか
関係する人物 小嶋源作
外部リンク http://hicbc.com/whatscbc/
特記事項:1951年9月1日、日本で初めての民間放送ラジオ局として開局。
テンプレートを表示

中部日本放送株式会社(ちゅうぶにっぽんほうそう、英文表記:Chubu-Nippon Broadcasting Co., Ltd.)は、日本認定放送持株会社。本社所在地は愛知県名古屋市中区新栄

略称はCBCで、放送局の分社化後も傘下の特定地上基幹放送事業者とその略称を共用している。

概要[編集]

1950年昭和25年)12月15日、会社設立。1951年(昭和26年)9月1日に、日本で最初の民間ラジオ放送局[注 1]として開局。同時にこれまで日本放送協会(NHK)が独占的に放送を行ってきた時代に幕を閉じ、日本の民間放送の草分け的存在となった放送局である。1956年(昭和31年)12月1日テレビジョン放送を開始し、ラジオ・テレビ兼営局となった。

2013年(平成25年)4月1日、ラジオ部門がCBCラジオへ、2014年(平成26年)4月1日、テレビ部門がCBCテレビへ分社化され、認定放送持株会社となる。これは在京キー局以外(いわゆる地方局)では初の試みとされている[1]

系列新聞社中日新聞社で、社名も創立当時の中部日本新聞社に因んだといわれている。また、名古屋市に本社を置く民間放送事業者(放送持株会社を含む)では唯一、名証第1部に上場しており、名古屋証券取引所第一部単独上場銘柄のひとつである(証券コードは9402)。

沿革[編集]

創業当初の社屋
CBCラジオ長島送信所(三重県桑名市)
CBC放送センター(名古屋市中区)
  • 1998年
    • 2月2日 - 郵便番号7桁化に伴いCBC専用の郵便番号(大口事業所個別番号)として「〒460-8405」が割り当てられる[注 7]
    • 7月1日 - 川島ラジオ放送所開局 (639kHz, 500W)。中継局開局まで夜間の受信が不安定だった、尾張北部 - 岐阜西濃地区の受信状態が改善した。
    • 11月 - CBC放送センター完成。報道・スポーツ・制作・技術・ラジオ部門などを移転。テレビマスターは移転後、稼働された。なお、本社社屋とCBC放送センターの間には道路を挟んでいるため、1ヶ所の渡り廊下でつながっている。
  • 2002年3月1日 - 新城ラジオ中継局開局 (1557kHz, 100W)。
  • 2003年12月1日午前11時 - 地上デジタルテレビジョン放送を開始。当初から2010年7月4日までは、地上デジタル単独マスターで対応。アナログテレビ放送は、放送センター移転後から稼働中の既存のマスターを継続利用。
  • 2005年
  • 2007年3月31日 - アナログテレビ放送波を利用した独立文字放送を終了(字幕放送は継続)。
  • 2009年
  • 2010年7月5日 - 地上デジタルテレビジョン放送・アナログテレビジョン放送の送出を単独マスターから、アナログ・デジタル統合型マスターへ更新。それと同時に、日本放送協会 (NHK) と日本民間放送連盟の申し合わせにより、地上デジタル放送への完全移行を前提として地上アナログテレビジョン放送の全番組をレターボックス放送に統一(画角サイズ16:9。画角4:3サイズで制作されたCMは除く)。
  • 2011年
  • 2013年4月1日 - 免許を含めたラジオ放送事業の全てを株式会社CBCラジオに分割継承。これに伴い、同日午前0時をもってテレビ放送のコールサインも「JOAR-DTV」から「JOGX-DTV[注 11]」に変更[6]
  • 2014年4月1日 - CBCのグループ経営管理事業及び不動産賃貸事業を除く事業に関する権利義務の一部を完全子会社であるCBCテレビ分割準備株式会社(2013年5月10日設立)に吸収分割させ商号を「株式会社CBCテレビ」に変更、免許含むテレビ放送事業の分割継承を行い、認定放送持株会社体制に移行[注 12]。なお、認定放送持株会社に移行後も会社名は「中部日本放送株式会社」のまま維持されている[7]

開局当初の動き[編集]

  • 開局数日前、小嶋源作は全社員に『これから我々は、NHK島に敵前上陸を敢行する。NHKの牙城に迫る民放の第一陣として、その使命は重い。諸君はこの決意で邁進されたい。』と鼓舞激励した[8]
  • CBCは名古屋の放送局であるが、開局段階から放送番組に関しては東京との結び付きが不可欠とされていた。したがって、CBCでは東京のキー局を求めることとなったが、中日新聞と競合する朝日新聞毎日新聞の系列局では具合が悪かったため、当時名古屋に進出しておらずかつ中日と編集協定を結んでいた読売新聞と手を携えることとした[注 13]。こうして読売を母体に読売放送(略称・YBC)が設立され、開局を目指したが結局ペーパーカンパニーに終わり、一切はラジオ東京(JOKR。現在のTBSラジオ)に統合された。このためCBCもラジオ東京をキー局とする事となった。また、そのことがきっかけでザ・ビートルズの来日公演を読売新聞と共同主催することとなった。
  • 上記と矛盾するようではあるが、昭和30年代の一時期、『朝日新聞ニュース』『毎日新聞ニュース』の放送を行っていた(名古屋テレビ開局とともに終了)。これは#中日ドラゴンズとの関係の項目で触れた東海テレビ開局時の様々な問題がこじれたことによる副産物である。つまり、中日とはドラゴンズの独占中継権を得ていたのが東海テレビも割り込む形で中継権を得ることとなり、CBCと中日との関係が複雑になったためと、元々朝日・毎日の2社ニュースをメインとする予定であった東海テレビが結局中日ニュースをメインとして放送することに決めたので、両社は抗議の意味でCBCにニュース放送の申し入れを行ったところ、既述の通りCBCは中日との関係が複雑となっていたこともあってこれを了承したため。
  • 浜松放送局を開設しようとして、地元・静岡放送 (SBS) と競合した。
  • その他中部地区のラジオ・テレビ各局各局の開設に伴い、支援を行っている。
    • 信越放送 (SBC) は創業時出資状況が芳しくなく、地元・信濃毎日新聞の支援も期待できなかったことから代わりにCBCが支援の手を差し伸べることとなり、当時はCBC番組を直接受信し、そのまま中継しようと検討していた。
    • 北日本放送 (KNB) も先行きが不安であったことや、戦前から中日の母体である新愛知名古屋新聞が北陸に進出していた関係で、CBC首脳陣とKNB首脳陣にも交流があったためCBCがKNBに一部出資を行っていた。
    • 福井放送 (FBC) は開局直後に経営が悪化。地元・福井新聞とは無関係であったことから、CBCは中日新聞とともにFBCの支援に乗り出すこととなり契約締結まで漕ぎ着けたが、その後FBCの経営権を握った加藤ビルディング一派により契約は解除され、CBCと中日新聞は撤退。その代わりにFBCは福井新聞と関係を結んだ。
    • 三重県の県域局・ラジオ三重 (RMC) は経営難から中日新聞が支援に乗り出したが、中日はCBCに対しラジオ三重への支援を要請。CBCの電波料を増額し、増額分をラジオ三重へ付け回すように指示した。別エリアにあるネット局に対するのならともかく、同一エリア内の競合局に対するこの行為はスポンサーへの背信となるためCBCは拒絶。それでも中日への義理を果たすため、以降営業支援金が毎月一定額CBCからラジオ三重へ送金されていた。なお、このラジオ三重は近畿東海放送 (KTB) を経て、1959年に岐阜のラジオ東海 (RTC) と合併。現在の東海ラジオ放送 (JOSF) となっている。
    • チューリップテレビ (TUT) には、CBCが設立当初から出資を行っている。また、CBCは同局の3.00%の株を保有する主要株主でもある。
  • 鉄道無線を利用した鉄道放送を企画。長距離列車の乗客を対象として需要があると判断。当時の運輸省(現在の国土交通省)へ積極的に働きかけたが、実現には至らなかった。なお、鉄道無線を利用したラジオ放送は、ラジオ関東(JORF、現在のラジオ日本)が1958年12月から1964年までの朝夕のラッシュ時に東急東横線急行電車車内にて同社ニュース番組を放送する形で実現している。

CBC放送会館火事詳細[編集]

1969年5月5日、会館の空調設備の入れ替え工事が行われていた。

  • 午後2時頃 - テレビ主調整室から異臭が見られ、ダクトから白煙が出ていたことが分かる。この頃地下の空調室で溶接が行われていた中、埃に引火し火災が発生したものと見られている。
  • 午後2時45分頃 - テレビ主調整室から黒煙。本格的に炎上。
  • 午後2時50分頃 - 名古屋市消防本部から消防隊出動。
  • 午後3時10分頃 - 放水が始まるが、出火場所はまだ特定できなかった。
    • この間、テレビ放送が4時まで一時停止(画面は2時45分頃、音声は3時05分頃停止)。その後テレビ塔近くに中継車を出し、この近辺にテレビの特設放送会場を設置。
  • 午後4時過ぎ - テレビ放送再開。火災の詳細を伝え、「視聴者・市民にご迷惑をかけました」と謝罪。
  • 午後5時頃 - 地下を破壊しての放水活動を開始。
  • 午後5時30分頃 - 必要最低限の人員を除きその場を退去するよう命令。
  • 午後5時50分頃 - 全員退去命令が出たため、暫定的に1階のラジオ準備室に特設会場を設けて放送を続ける。
  • 午後8時前 - ラジオ放送を鳴海送信所に暫定移転するために一時中断し、フィラーとしてレコード音楽を放送。
  • 午後8時30分過ぎ - 鳴海送信所の特設スタジオでの放送開始。
  • 午後9時過ぎ - 出火場所が2階にあるテレビ調整室であったことが分かる。
  • 午後11時35分 - テレビの放送を臨時に打ち切り。5月6日6時55分から再開する旨をアナウンスする。
  • 午後11時50分過ぎ - 鎮火。
  • 5月6日 - 復旧工事が終り通常のスタジオからの放送を再開。

コールサインの遍歴[編集]

期間 ラジオ テレビ 変更理由
コールサイン 免許人 コールサイン 免許人
1951年
9月1日
1956年
11月30日
JOAR 中部日本放送 (未開局) ラジオ本放送開始
1956年
12月1日
2003年
11月30日
JOAR-TV 中部日本放送 テレビ本放送開始
2003年
12月1日
2011年
7月24日
JOAR-TV
JOAR-DTV
デジタルテレビ放送開始
2011年
7月25日
2013年
3月31日
JOAR-DTV アナログテレビ放送停波
2013年
4月1日
2014年
3月31日
CBCラジオ JOGX-DTV ラジオ分社化
2014年
4月1日
現在 CBCテレビ テレビ分社化

社史・記念誌[編集]

  • 東海の虹[注 14] 中部日本放送十年史 1960年12月発行、689ページ。
  • 二十五年の歩み 中部日本放送 1975年12月15日発行、119ページ
  • 三十年の歩み 中部日本放送 1980年発行、157ページ
  • 中部日本放送50年のあゆみ 2000年12月発行、459ページ。

本社[編集]

※アクセス:名古屋市営地下鉄東山線新栄町駅」より徒歩約5分。栄駅地下鉄)または栄町駅名鉄瀬戸線)及び栄バスターミナルオアシス21)からは徒歩約10分。

  • 2013年1月22日の年頭記者会見で本社地区の再開発を発表[9]、3期に分けて工事を進めている。これが完了することにより、「放送送出機能」と「編成営業機能および本社機能」の一体化、建物の維持費などの効率化、点在するグループ企業の社屋集約が図られることになる。
    • 第1期:放送センター南東部の隣接地に増築棟を建設、2013年3月に着工し、2015年8月に竣工、CBC会館と放送センターで別れていた部署を一ヶ所に集約して同年10月15日より業務を開始した。
    • 第2期:2015年よりCBC西別館を解体し新築工事を実施、2016年に完成した後はグループ企業を新ビルに集約する。
    • 第3期:経済情勢や本社地区の周辺を含めた活性化などを検討した上でCBC会館の解体・新築工事を実施する。

本社周辺環境(五十音順)[編集]


支社・支局[編集]

CBC東京総局(千代田会館7F)(東京都千代田区)

閉鎖した支局[編集]

  • ローマ支局(JNN海外支局の一員):1974年12月に開設、1990年に東欧情勢の変化によりウィーンに支局を開設したことに伴い閉鎖[10]
  • ウィーン支局(JNN海外支局の一員・中日新聞との共同運営):2010年9月に閉鎖[11]
  • 静岡支局:2005年3月31日をもって廃止。

関連企業[編集]

  • 株式会社CBCラジオ
  • 株式会社CBCテレビ
  • 株式会社CBCクリエイション
  • 株式会社千代田会館
  • 株式会社CBCビップス
  • 株式会社南山カントリークラブ
  • 株式会社シー・ウェーブ
  • 文化交通株式会社 - 完全子会社のタクシー会社。放送センター内に営業所がある。

資本構成[編集]

企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典:[12][13][14][15][16]

2012年9月30日[編集]

株主 比率
中日新聞社 9.85%
竹田本社 6.43%
三菱東京UFJ銀行 4.92%
JP MORGAN CHASE BANK 385093
※常任代理人 みずほコーポレート銀行
4.62%
三井住友信託銀行 4.42%
ナゴヤドーム 3.93%
中部電力 3.34%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 3.22%
名古屋銀行 3.12%
名古屋鉄道 3.11%

2003年3月31日[編集]

資本金 授権資本 1株 発行済株式総数 株主数
13億2000万円 40億円 50円 26,400,000株 3,103
株主 株式数 比率
The Chase Manhattan Bank, N.A. London 1,748,700株 6.62%
竹田本社 1,700,000株 6.43%
中日新聞社 1,601,000株 6.06%
UFJ銀行 1,317,850株 4.99%
住友信託銀行 0,967,000株 3.66%
中部日本ビルディング 0,930,000株 3.52%
中部電力 0,883,400株 3.34%
名古屋鉄道 0,786,390株 2.97%
日本電気 0,696,960株 2.64%
岐阜県 0,651,585株 2.46%

1992年3月31日[編集]

資本金 授権資本 1株 発行済株式総数 株主数
13億2000万円 40億円 50円 26,400,000株 2,943
株主 株式数 比率
竹田本社 1,700,000株 6.43%
中日新聞社 1,600,000株 6.06%
東海銀行 1,319,450株 4.99%
住友信託銀行 1,045,000株 3.95%
中部日本ビルディング 0,900,000株 3.40%
名古屋鉄道 0,786,390株 2.97%
日本電気 0,696,960株 2.64%
中部電力 0,653,400株 2.47%
岐阜県 0,651,585株 2.46%
名古屋銀行 0,625,000株 2.36%

1978年3月31日[編集]

資本金 授権資本 1株 発行済株式総数
12億円 40億円 50円 24,000,000株
株主 株式数 比率
東海銀行 1,199,500株 4.99%
中日新聞社 1,080,000株 4.50%
住友信託銀行 0,850,000株 3.54%
竹田和平 0,770,000株 3.20%
竹田製菓 0,770,000株 3.20%
名古屋鉄道 0,714,900株 2.97%
日本電気 0,633,600株 2.64%
中部電力 0,594,000株 2.47%
岐阜県 0,592,350株 2.46%
明治生命保険 0,550,000株 2.29%
名古屋相互銀行 0,540,000株 2.25%
小嶋源作 [注 16] 0,506,000株 2.10%

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、元毎日放送社長の斎藤守慶は、NHKの前身の3つの社団法人こそ民放第一号だという説を唱えている(出典:『放送新時代〜「星の時代」の挑戦〜』)。
  2. ^ この日は、日本初の民間放送のラジオ放送の予備免許が、全国の16局に対して、一斉に交付された。その内の1局である。
  3. ^ 予備免許は毎日放送の方が早いが、こちらの本放送は正午から
  4. ^ 小堀は当日7時から自身が担当する「小堀勝啓の新栄トークジャンボリー」があるが終了後駆けつけた。
  5. ^ 当時CBC社長を務めていた小嶋源作は、朝日放送が朝日新聞社からネットチェンジを迫られている今こそ、こちら(五社連盟)から朝日放送に対してテレビネットワークの打ち切りを通告すべきと考えていたという。(小嶋源作「CBCとともに」より)
  6. ^ 当時は三重県桑名郡長島町
  7. ^ 郵便番号が7桁化される前は大口事業所個別番号として「〒460-05」を使用していた。
  8. ^ 現在「CBC LOVEARTH」となっているスペースは、かつて「フロントスタジオ」というテレビ用オープンスタジオがあった場所で、『ぱろぱろエブリデイ』『ミックスパイください』等の番組がここから放送されていた。
  9. ^ エスカにはかつて『エスカスタジオ』というCBCラジオのサテライトスタジオがあり、平日16時台に公開リクエスト番組『ゴーゴージュークボックス』の生放送が行われていた。
  10. ^ 3月31日までは東北地方太平洋沖地震東日本大震災)に対応するため、radikoのエリア規制が解除され、先に本格サービスを開始した関東・関西の13局とともに全国で聴取可能である。
  11. ^ JOGXのコールサインは1958年に当局と同じJNN系列の西部毎日テレビジョンに割り当てられていたが、開局前にラジオ九州と合併しRKB毎日放送関門テレビジョン(コールサインはJOFO-TV)となったため、使用されていなかった。
  12. ^ テレビ朝日テレビ朝日ホールディングス)と同日に移行。
  13. ^ 読売新聞は1975年、中部読売新聞(現:読売新聞中部支社)として名古屋に進出した。また中日新聞は1956年、東京中日新聞(現:東京中日スポーツ)として東京に進出して、1963年には東京新聞の発行元である東京新聞社の経営に参加。1967年に東京新聞の編集・発行に関する一切の事業を中日新聞社に譲り受けた。
  14. ^ 『東海の虹』はCBCの社歌のタイトルでもある。かつて使用されていたラジオの『レインボースタジオ』の名称も『東海の虹』に由来している。ちなみにラジオカーの愛称も『レインボーカー』であるが、こちらは一般公募によって命名されたものである。
  15. ^ 土地はCBCの所有。会社案内 千代田会館
  16. ^ 当時の中部日本放送代表取締役会長

出典[編集]

  1. ^ 今日を超える明日を創るために(中部日本放送代表取締役社長・大石幼一あいさつ)
  2. ^ a b 『TBS50年史』各種資料(P54の記述・資料編掲載の年表・DVD-ROM『ハイブリッド検索編』ラジオ番組データベース収録『大相撲春場所実況』データカード)を参照。
  3. ^ 『東京放送のあゆみ』P500、『TBS50年史』(P54の記述・DVD-ROM『ハイブリッド検索編』ラジオ番組データベース収録『大相撲春場所実況』データカード内記述)を参照。
  4. ^ 岩波ジュニア新書『テレビは変わる』岡本黎明著による。
  5. ^ 『ラジコ、東海でも配信開始』「中日新聞」朝刊15面(芸能面)2011年2月21日より。
  6. ^ 中部日本放送株式会社所属放送局の識別信号(呼出符号)の変更”. 総務省東海総合通信局 (2013年3月29日). 2013年3月29日閲覧。
  7. ^ 認定放送持株会社体制への移行並びに吸収分割契約の締結及び子会社(分割準備会社)の設立に関するお知らせ (PDF)”. 中部日本放送 (2013年5月10日). 2013年5月11日閲覧。
  8. ^ 石井清司 1998, p. 198.
  9. ^ hicbc.com:What's CBC|中部日本放送 大石社長年頭記者会見
  10. ^ 中部日本放送 『中部日本放送50年のあゆみ』、2000年、185頁。 
  11. ^ what's CBC 沿革”. 中部日本放送. 2016年7月16日閲覧。
  12. ^ 2012年度(第87期)第2四半期報告書
  13. ^ 総務省 電波利用ホームページ”. 総務省. 2015年10月11日閲覧。
  14. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』 コーケン出版、2003年11月、337-338頁。
  15. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑'92』 コーケン出版、1992年11月、337頁。
  16. ^ 日本民間放送連盟 『日本放送年鑑'78』 洋文社、1978年12月、216頁。

参考文献[編集]

  • 岡村黎明 『テレビは変わる』 岩波書店〈岩波ジュニア新書〉、1979年(日本語)。
  • 石井清司 『日本の放送をつくった男 フランク馬場物語』 毎日新聞社1998年(原著1998年10月30日)、198頁。ISBN 4-620-31247-9

関連項目[編集]

外部リンク[編集]