BooBo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BooBo
対象
分類 放送局のマスコットキャラクター
モチーフ ブタ
デザイン 佐野研二郎
指定日 2002年
指定者 株式会社東京放送ホールディングス
性別
備考 TBSテレビのキャラクター
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

BooBo(ブーブ)は、黒豚をモチーフとしたTBSテレビ[1]マスコットキャラクター[2]2002年から起用されている。キャラクターデザイン佐野研二郎

概要[編集]

日光江戸村ニャンまげや、KDDIauブランド)のLISMOグラフィックデザインを手がけた博報堂アートディレクターの佐野研二郎が黒豚をモチーフにしてデザインした。TBSの「B」をキャラクターの顔にして「TブーS!」というサインでお茶の間へアピールしていた。

登場しばらくはテレビの中のキャラクターロゴであった。のちにぬいぐるみ文具などのグッズなどが作られ、TBSストアなどのグッズショップで販売されている。また、全国各地でコラボレーションした根付などがお土産店で販売されている。

TBSのキャラクターでありJNN系列内他局への登場はあまりないが、『はなまるマーケット』『全日本実業団女子駅伝』など、積極的に用いている番組もある。

TBSが2011年までオーナー企業を務めていた横浜ベイスターズの主催試合で、ベイスターズのマスコット「ホッシー」たちと共演し、踊ったりもしていた。さらには『TBSラジオ エキサイトベースボール』のマスコットキャラクター「エキベ〜」も彼らと共演していた。

2004年よりフジテレビとの共同制作で放送されている『バレーボール世界最終予選』では、フジテレビのバレーボールマスコットキャラクター「バボちゃん」と共演。2006年バレーボール世界選手権に別バージョンとしてバレブー(ValleyBoo)が、2007年世界陸上大阪大会ではアスリートブー(AthleteBoo)が登場した。青いサッカーユニフォームを着た「サッカーBooBo」もいる。

実はBooBoはブタでなく架空の生き物であると、『世界バリバリ★バリュー』(毎日放送制作)の番組内で佐野が語っていた。

TBSの公式グッズ(玩具・文具・DVDなど)には、BooBoが描かれた証紙が貼り付けられている。携帯サイト「TBSゲームパーク」にあるゲームにも多数使用されている。

2005年の「TBS平日ワイド大改編」のCMでは、声優お笑いタレント劇団ひとりが担当した。

2013年3月末の春のキャンペーンより、ピンク色の肌の女の子「Boona(ブーナ)」が登場した。デザインはBooBo同様、佐野研二郎が担当。

現在はインターネットブラウザタブのロゴにも反映される[2]。データ放送の右上のロゴはBがBooBoが横になってBに見えるようなロゴを用いている(2016年現在TBSテレビのロゴはFrom TBSと3つ併用状態)。

出演番組[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2009年3月31日までは東京放送(現・東京放送ホールディングス
  2. ^ a b BooChannel プロフィール
  3. ^ 「月曜はフレンドパークの日」といったものがほとんどだが、帯番組も対象だったため、「月~日はニュースの森の日」というものもあった。
[ヘルプ]

外部リンク[編集]