RSKラジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
RSK山陽放送
RSK Sanyo Broadcasting Co., Ltd.
種別 AM
放送対象地域 岡山県
系列 JRNNRN
略称 RSK
愛称 RSKラジオ
コールサイン JOYR
開局日 1953年10月1日
運営会社 RSK山陽放送株式会社[1]
本社 〒700-8580[1]
岡山県岡山市北区丸の内
2丁目1番3号[1]
演奏所 本社と同じ
親局 / 出力 岡山 1494kHz / 10kW
主な中継局 中継局参照
公式サイト https://www.rsk.co.jp/radio/
特記事項:1997年9月まではJRNの単独ネット局であった。2019年3月31日までは山陽放送(現・RSKホールディングス)の運営だった。
テンプレートを表示

RSKラジオ(アールエスケーラジオ)は、RSK山陽放送放送の1つで、AMラジオ放送部門を指す。

RSK山陽放送の放送のうちテレビは岡山・香川両県放送対象地域とする県域局[2]であるが、ラジオの放送対象地域はかつてのテレビとは異なり、岡山県のみを放送対象地域とする県域局である。

RSK山陽放送の会社情報についてはRSK山陽放送を、テレビについてはRSKテレビをそれぞれ参照。

概要[編集]

ネットワークはJRNTBSラジオ)とNRN文化放送&ニッポン放送)のクロスネット

岡山本局のコールサインJOYR。全局1494kHzによる精密同一周波数・完全同期放送。

1997年9月までは、JRNの単独加盟であった。単一県域ラジオ局では数少ない地方民間放送共同制作協議会(火曜会)非加盟局である(JRN・NRNクロスネット局では単一県域ラジオ局唯一)。

周波数・出力[編集]

AM放送は全局、精密同一周波数・完全同期放送実施[3]

親局[編集]

AM放送
親局 コールサイン 周波数 出力 所在地 備考
岡山[4] JOYR 1494kHz 10kW 岡山市北区撫川
1576番2号
RSKバラ園
1992年10月5日 - 2011年3月27日AMステレオ放送を実施していた。

中継局[編集]

AM放送
中継局 コールサイン 周波数 出力 所在地 備考
津山 JOYO(廃止) 1494kHz 1kW 津山市林田
高梁 高梁市松原町松原 1992年10月5日に岡山局と同時にAMステレオ放送を開始し
(親局との精密同一周波数によるAMステレオ放送は世界初だった)、
2011年3月21日に終了した。
落合 真庭市杉山
備前 和気郡和気町田土
字北山2900番1号
新見 JOYE(廃止) 新見市新見
笠岡 JO5A
(実用化試験局時代)
100W 笠岡市神島外浦
字塚の丸山2729番地
1961年7月に全国初の親局完全同期・精密同一周波数のAMラジオ中継局
(1965年7月までは実用化試験局)として開局。
笠岡テレビ中継局と併設しているが、鉄塔はAMラジオ放送用
(ワイヤーで支えた円柱型)[5]と、
デジタルテレビ放送用(自立鉄塔型)で分かれている。
FM補完放送(ワイドFM)
中継局 周波数 出力 実効輻射電力 所在地 備考
RSK岡山FM 91.4MHz 700W 2.5kW[6] 岡山市南区
字甲の峰2515番地
金甲山
金甲山テレビ送信所に併設。
2017年12月26日予備免許交付[6]
2018年3月21日本放送開始。

ステレオ放送[編集]

AMステレオ放送[編集]

岡山本局と高梁局では1992年10月5日からAMステレオ放送が実施されていた。開始当時は日本国内で11局目の実施であった。

RSK山陽放送のラジオにおけるAMステレオ放送の特徴は、在京局・在版局などの同放送の様に全番組をステレオで放送するのではなく、一部の番組のみでステレオ放送を行うということであった。具体的には、ステレオで放送されるのは自社制作番組・JRN及びNRNからのテープネット番組と自社送り出しのCMで、JRN・NRNなどからのラインネット番組については原則としてモノラル放送となっていた(ラインネット回線がモノラルで配信されていたため)[7]

ただ、ステレオパイロット信号はステレオ・モノラルに関係なく放送中常に送信されていたので、AMステレオ対応ラジオのステレオインジゲータはモノラル放送でもステレオ放送状態であった(他の同放送実施局や民放FMラジオ・コミュニティ放送各局、2010年以降のNHK-FM放送も同じである)。

高梁局は2011年3月20日、岡山局は2011年3月27日をもって同放送が終了された[8]

AMステレオ放送廃止後、ステレオ放送を前提としているRadikoやワイドFM放送への対応から、JRN・NRNの回線がステレオ化された2019年12月からラインネット番組のステレオ放送が拡充されている[9]

radiko.jpにおけるサイマル配信[編集]

2014年12月1日より、インターネットIPサイマルラジオ「radiko.jp」および「radiko.jpプレミアム」に参加し、同日正午頃よりステレオ音声による同時配信が実施されている[10]。通常配信の対象地域は岡山県であり、他地域においては有料会員サービス「radiko.jpプレミアム」に加入することによりエリアフリー聴取が可能である。

FM補完放送 (ワイドFM)[編集]

2018年3月21日に本放送を開始したFM補完中継局RSK岡山FM」(周波数91.4MHz、出力700W)は、岡山市とその周辺地域における都市型難聴対策および地理的・地形的難聴対策を目的としたものであり、テレビ放送の親局である金甲山送信所に併設されている[6][11]。これにより、中国地方5県全てのAM放送局でFM補完放送が開始されたことになる[6]

現在放送中の番組[編集]

2020年9月時点。詳細は、公式サイトのラジオ番組表を参照。

自社制作番組は太字

平日[編集]

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
5 5:00 ラジオライブラリー「新・人間革命」(文化放送)
5:10 ドクターごとうの熱血訪問クリニック 5:10 市橋有里のやっぱり走って損はない!! 5:10 ひよこで踊るラジオ(ラジオ大阪) 5:10 三山ひろし演歌の夜明け 5:10 ドラマってムジカ
5:25 心のともしび
5:30 生島ヒロシのおはよう一直線(TBSラジオ)
6
6:30 アーティストBOX
6:40 今週の一曲
6:45 歌のない歌謡曲(JRN系企画ネット番組)
7 7:00 朝耳らじお55
▽7:30 ENEOSプレゼンツ あさナビ(ニッポン放送)
▽8:00 話題のアンテナ 日本全国8時です(TBSラジオ)
▽8:20 SUZUKIハッピーモーニング・羽田美智子のいってらっしゃい(ニッポン放送)
▽8:40 武田鉄矢・今朝の三枚おろし(文化放送)
▽10:00 県民のみなさんへ
▽10:07 氷川きよし節(文化放送)
▽10:17 河村通夫大自然まるかじりライフ
▽10:25 夏井いつきの一句一遊(南海放送)
▽11:30 ランチリクエスト(NRN系企画ネット番組)
8
9
10
11
12
12:30 今週の一曲
12:35 ひよこで踊るラジオ(ラジオ大阪) 12:35 イマドキショッピング! 12:35 まいどあり~。 12:35 元気のはじまり ひらめきテラス 12:35 まいどあり~。
12:50 全日本トラック協会presents ドライバーズ・リクエスト(TBSラジオ)
13 13:00 表町LIVE! あもーれ!マッタリーノ
14
15
16
16:35 アナログタロウ 痛快!アナログヒッパレ~ 16:35 旬!SHUN!ピックアップ 16:35 今旬!インフォメーション 16:35 今旬!いいもの百貨店 16:35 NEXCO西日本Drive.Escort(RCCラジオ)
16:40 みんなで守ろう黄色い道〜岡山発 マモちゃんラジオ
16:50 あなたにハッピー・メロディ(ニッポン放送)
17 17:00 ニュース・パレード(文化放送)
17:15 ミュージックスクランブル(ニッポン放送)
17:25 RSK交通情報
17:27 今週の一曲
17:30 ネットワークトゥデイ(TBSラジオ)
17:45 おかやまニュースの時間
18
18:30 ベストミュージックコレクション 18:30 アナログタロウ 痛快!アナログヒッパレ~ 18:30 ジャガーズの“ジャニー通” 18:30 山下くに子の「見酒、きき酒、語り酒」 18:30 純烈スーパー銭湯!!
18:45 ココロのオンガク 〜music for you〜(文化放送)
19 19:00 せとうち企業セレクション2020(再放送) 19:00 本田圭佑『NowVoice』(ニッポン放送) 19:00 前田裕二のゼロイチ(ニッポン放送) 19:00 ゲッターズ飯田 ラジオで占いまSHOW(ニッポン放送) 19:00 安東弘樹 Let’s Go Friday(ニッポン放送)
19:30 問わず語りの神田伯山(TBSラジオ)
20 20:00 演歌春秋 20:00 アフター6ジャンクション(TBSラジオ)
21 21:00 編集長 稲垣吾郎(文化放送) 21:00 吉田照美の森羅万SHOW〜斬り捨て御免〜 21:00 松永貴志のGOLDEN JAZZ RADIO 21:00 シェアミュージック
21:30 三浦翔平 It's 翔 time(NACK5) 21:30 鈴木雅之FUNKY・BROADWAY(NACK5) 21:30 かまいたちのヘイ!タクシー!(TBSラジオ)
22 22:00 オールナイトニッポン MUSIC10(ニッポン放送) 22:00 オールナイトニッポンGOLD(ニッポン放送)
23
0 0:00 レコメン!(文化放送) 0:00 嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス(文化放送)
0:30 Sky presents 藤原竜也のラジオ(ABCラジオ)
1 1:00 オールナイトニッポン(ニッポン放送)
2 菅田将暉のオールナイトニッポン 星野源のオールナイトニッポン 乃木坂46のオールナイトニッポン ナインティナインのオールナイトニッポン 三四郎のオールナイトニッポン
3 3:00 CITY CHILL CLUB(TBSラジオ)
4

週末[編集]

土曜日 日曜日
5 5:00 おはようミュージック 5:00 高橋洋子の あ〜ねっ!
5:10 ウィリアムス浩子のMy Favorite JAZZ
5:15 松原健之Bitter&Sweetの音茶メロらじお
5:25 心のともしび
5:30 たんぽぽの綿毛Time♪
5:35 由紀さおりのハッピーモーニング
5:45 ギュッと健康エッセンス 5:45 天理教の時間
6 6:00 土曜朝6時 木梨の会。(TBSラジオ) 6:00 今日は何の日!?
6:10 曹洞宗 今日のこころ私のこころ
6:15 1万年堂出版の時間
6:30 旬!SHUN!ピックアップ
6:45 西本願寺の時間
6:55 湯けむりの里
7 7:00 RSKラジオニュース
7:10 今週の一曲 7:10 痛快!バッチリラジオ(九州朝日放送)
7:15 メディカルストリングス 7:25 今週の一曲
7:30 今旬!インフォメーション
7:45 宮澤ミシェル・サッカー倶楽部 7:45 荻原次晴のニッポン応援団
8 8:00 話題のアンテナ 日本全国8時です(TBSラジオ) 8:00 せとうち企業セレクション2020
8:15 週刊 なるほど!ニッポン(ニッポン放送)
8:25 パックンマックンのワールドで行こう! 8:30 志の輔ラジオ 落語DEデート(文化放送)
8:55 RSKラジオニュース
9 9:00 国司と武田の土曜番長

(以下第2週のみ 12:00 - 14:55 別番組)
12:00 RSKラジオニュース
12:10 小倉IMALUの○○玉手箱
12:30 音楽の箱庭 ハジマルリズム
13:00 FROM 80's With You.
9:00 大島花子 しあわせの花
9:15 元気スイッチ
9:30 藤田恵美のかみつれ雑貨店
10 10:00 三宅裕司のサンデーヒットパラダイス(ニッポン放送)
11 11:00 村上信五くんと経済クン(文化放送)
12 12:00 RSKラジオニュース
12:10 今週の一曲
12:15 ダーリンハニーの旅列車 出発進行〜!!
12:45 まいどあり~。
13 13:00 爆笑問題の日曜サンデー(TBSラジオ)
13:55 音楽の箱庭 ハジマルリズム[12]
14
14:25 林家たい平 たいあん吉日♪おかしら付き(文化放送)
14:55 お出かけぴよタイム
15 15:00 GOGO競馬サタデー!(ラジオ関西) 15:00 さまぁ〜ず三村マサカズと小島瑠璃子の「みむこじラジオ!」(ニッポン放送)
15:30 ブラヴォー!!岡!フィル!!~もっとクラシック~
16 16:00 RSKラジオニュース
16:05 サンドウィッチマンの東北魂(ニッポン放送) 16:05 岡本真夜 明日ハレルヤ!
16:15 旬!SHUN!ピックアップ
16:30 三菱電機プレゼンツ 鈴木亮平 Going Up(ニッポン放送) 16:45 健康知恵袋
17 17:00 RSK交通情報 17:00 日曜日の音楽室
17:05 藤井ペイジ 小噺ツェッペリン
17:35 山本譲二の住まいるフレンド(東海ラジオ)
17:45 ウィークエンドネットワーク(TBSラジオ)
17:50 今週の一曲
17:55 夕焼けの向こう
18 18:00 LOVE RAINBOW TRAIN(TBSラジオ) 18:00 中四国ライブネット(中四国民放AM局持ち回り制作)
19 19:00 アットホームpresents 藤田ニコルのあしたはにちようび(TBSラジオ)
20 20:00 福山雅治と荘口彰久の「地底人ラジオ」(渋谷のラジオ) 20:00 OKAYAMA SOUND MAGAZINE
21 21:00 ANOKORO(山陰放送)
21:30 STU48のちりめんパーティー(中国放送) 21:50 八神純子 Music Town
22 22:00 TALK ABOUT(TBSラジオ) 22:00 サンスター 文化の泉 ラジオで語る昭和のはなし(TBSラジオ)
23 23:00 伊東歌詞太郎の僕だけのロックスター☆ラジオ 23:00 北方謙三 水滸伝(九州朝日放送)
23:30 SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル(ニッポン放送) 23:30 今晩は 吉永小百合です(TBSラジオ)
0 0:00 高見沢俊彦のロックばん(TBSラジオ)
0:30 カンナ総統のジミケン革命結社 ブラック★シャドウ
1 1:00 オードリーのオールナイトニッポン(ニッポン放送) (1:00 - 4:00 放送休止)
2
3 3:00 かが屋の鶴の間(中国放送)
3:30 空気階段の踊り場(TBSラジオ)
4 4:00 Fine music(TBSラジオ) 4:00 松山千春のON THE RADIO(NACK5)

随時放送[編集]

特別番組[編集]

過去に放送した番組[編集]

自社制作番組[編集]

FM岡山開局まで放送されていたJFNの番組[編集]

※記述がないのはTFM制作

JRN単独加盟局時代に放送されていたNRNの番組[編集]

◇の番組はNRN加盟後もしばらく放送(また、☆の番組は2020年7月現在も放送中)。

文化放送制作

ほか

ニッポン放送制作

ほか

アナウンサー・パーソナリティ[編集]

ラジオカー[編集]

当局では「ラジまる」という愛称のラジオカーがあり、朝から夕方までの情報番組枠の中継コーナーで活躍している。赤(三菱・エアトレック)と白(トヨタ・カローラフィールダー)の2台がある。ラジオカーは1971年に「ポピー」という愛称で、地方局のFMラジオカーとしては異例の6台が一挙に導入された。そのうち1台はトヨタ・マークIIであった。また、かつては県西部の鴨方町(現・浅口市)の遙照山にFMカーの中継波専用の中継局が設置されていた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 会社概要・沿革 - RSK山陽放送/岡山・香川
  2. ^ 放送対象地域が2県となってはいるが、このような局であっても正確には県域局である。準広域局と呼ばれることもあるが、あくまで俗語である。
  3. ^ ラジオ中継局一覧 - RSK山陽放送/岡山・香川
  4. ^ RSK山陽放送吉備ラジオ送信所・無線局免許状 - 総務省
  5. ^ かつては、アナログテレビ放送用のアンテナも設置されていた。
  6. ^ a b c d “岡山県内で初めてのFM補完中継局に予備免許 - FM放送によりAMラジオの難聴を解消 -” (HTML) (プレスリリース), 総務省中国総合通信局, (2017年12月26日), http://www.soumu.go.jp/soutsu/chugoku/hodo_2017/01sotsu08_01000798.html 2018年1月18日閲覧。 
  7. ^ 中国放送もラインネット番組は素材回線を使用した一部番組(『RCCカープナイター』など)を除いてラインネット回線を使用したモノラル放送としていた。
  8. ^ AMステレオ放送終了について
  9. ^ 2019年11月以前も一部の番組では別回線(素材回線)を使用してステレオ放送でネット受けする番組もあった(2019年10月改編時点では『オールナイトニッポン MUSIC10』・『オールナイトニッポンGOLD』がこれに該当)。過去にはプロ野球日本シリーズ実況中継などをステレオ放送したことがあった。
  10. ^ RSKラジオがスマホでもPCでも聴けるradiko.jp
  11. ^ RSKラジオがFMで聴ける! 『ワイドFM』91.4MHzが開局します! - RSK山陽放送、2018年2月8日閲覧。
  12. ^ 第2週のみ 12:30 - 13:00 に放送。
  13. ^ 放送期間は、1978年4月-1987年3月。放送開始時期から分かる通り、TBSテレビ製作の『ザ・ベストテン』に岡山県歌謡ランキングデータを送る目的で立ち上げられた。初代パーソナリティーの中尾俊直は同番組のRSK山陽放送のリポーター(追っかけマン)も務めていた。
  14. ^ 山陽放送ラジオでは、平日の15:40-15:50(1987年4月-1991年3月)→15:20-15:30(1991年4月-1996年9月)に放送していた
  15. ^ RSKラジオでは、平日の19:20-19:40に放送していた
  16. ^ 『今日の一大事』は1991年度のナイターオフ期に、『世の中そーさ線』は1992年度のナイターオフ期にそれぞれ放送
  17. ^ 『どうも気になる』は1994年度のナイターオフ期に、『気になりだしたら止まらない』は1995年度のナイターオフ期にそれぞれ放送
  18. ^ うえちゃんの日立おっかけトークKOASAくんの日立ほっとトークはNRN加盟後に放送
  19. ^ 志村けんがパーソナリティを担当

関連項目[編集]

外部リンク[編集]