TBSアクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社TBSアクト
TBS ACT, INC.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 TACT
本社所在地 日本の旗 日本
107-0052
東京都港区赤坂五丁目3番6号
設立 2020年6月22日
(株式会社TBSアート&テクノロジーとして)
業種 サービス業
事業内容 テレビ番組技術・美術・CG関連業務
代表者 代表取締役社長 國分幹雄
資本金 5000万円
主要株主 株式会社TBSホールディングス 100%
外部リンク https://www.tbsact.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社TBSアクト(ティービーエスアクト、TBS ACT, INC.)は、2021年4月1日に事業を開始する予定のTBSホールディングスの100%子会社。

設立の経緯[編集]

これまでTBSグループでは、策定したグループ中期経営計画2020の中の「グループの構造を見直し、グループの力を結集」を目的に、コンテンツ制作の子会社を『TBSスパークル』に、興行と催事、それにテレビの通信販売の子会社を『TBSグロウディア』に集約・再編をしてきた[1][2]

2019年11月7日付をもって、「技術関連及び美術・CG 関連の業務を担う」ため、再編を目的に新しい会社を設立することを明らかにした[1]。その後、2020年5月14日付で、2020年6月22日に『TBSアート&テクノロジー』(仮称、以下同)を設立することを明らかにした[2]。2020年11月5日にこれまであった12の子会社をTBSアート&テクノロジーに吸収合併する方式で再編を行うことを明らかにした[3]

そして、2021年1月15日をもって、これまでの『TBSアート&テクノロジー』という社名を『TBSアクト』に改めることを明らかにした。この『TBSアクト』という社名には、「Art, Communication & Technology」、あるいは「Art Coupling Technology」という意味が込められているという[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b 子会社再編による新会社設立に関するお知らせ (PDF)”. 東京放送ホールディングス (2019年11月7日). 2021年1月22日閲覧。
  2. ^ a b 子会社再編による新会社設立に関するお知らせ (PDF)”. 東京放送ホールディングス (2020年5月14日). 2021年1月22日閲覧。
  3. ^ グループ再編に伴う子会社間の合併に関するお知らせ (PDF)”. TBSホールディングス (2020年11月5日). 2021年1月22日閲覧。
  4. ^ 子会社の商号変更に関するお知らせ (PDF)”. TBSホールディングス (2021年1月15日). 2021年1月22日閲覧。