笑って年越したい!!笑う大晦日シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
笑って年越したい!!笑う大晦日
シリーズ
ジャンル 特別番組バラエティ番組 / 年越し番組
企画 髙橋利之
構成 桜井慎一、橋本大介 / 高須光聖
演出 髙橋利之(総合演出)
柳沢英俊
ナレーター 立木文彦
服部伴蔵門
花江夏樹
オープニング 組曲『アルルの女』第1組曲・第4曲「ファランドール」(作曲:ジョルジュ・ビゼー
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本の旗日本語
製作
チーフ・
プロデューサー
遠藤正累
プロデューサー 合田伊知郎、杉山直樹、服部完英、劉雅莎、大友有一、沢田健介
吉無田剛(統轄P)
製作 日本テレビ
放送
放送チャンネル日本テレビ系列
映像形式リアルタイム字幕放送
連動データ放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2021年12月31日 -
回数2回
笑って年越したい!笑う大晦日
笑って年越したい!!笑う大晦日
(2021年/2022年)
司会者ナインティナイン
岡村隆史矢部浩之
バナナマン
設楽統日村勇紀
千鳥
大悟ノブ
後藤輝基
フットボールアワー
川島明麒麟
渡辺直美
山内健司かまいたち
放送期間2021年12月31日 - 2022年1月1日
放送時間金曜18:30 - 土曜0:30
放送分360分
回数1回
笑って年越し!世代対決
昭和芸人vs平成・令和芸人
(2022年/2023年)
司会者東野幸治
ナインティナイン
(岡村隆史・矢部浩之)
出川哲朗
後藤輝基
(フットボールアワー)
かまいたち(山内健司・濱家隆一
放送期間2022年12月31日 - 2023年1月1日
放送時間土曜17:00 - 日曜0:30
放送分450分
回数1回
番組年表
前作笑ってはいけないシリーズ2006年/2007年 - 2020年/2021年

特記事項:
2021年/2022年は、17:30 - 18:30に『「笑って年越したい!笑う大晦日」直前から笑って過ごそうSP!』を別途放送。
テンプレートを表示

笑って年越したい!!笑う大晦日シリーズ』(わらってとしこしたい!!わらうおおみそかシリーズ)は、2021年令和3年)12月31日から日本テレビ系列で放送されている年越し特別番組である。

概要[編集]

日本テレビ系列の年越し番組はこれまで、2006年平成18年)から2020年(令和2年)までは『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(『ガキの使い』)の「笑ってはいけないシリーズ」を放送していた。ところが、2021年も新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により同シリーズの休止が発表され[1]、2021年の大みそか特番として『笑って年越したい!!笑う大晦日』が放送された。司会陣はナインティナインをはじめ、バナナマン後藤輝基フットボールアワー)、川島明麒麟)、千鳥山内健司かまいたち渡辺直美のピンチヒッター)、高畑充希となった。

全編収録だった「笑ってはいけないシリーズ」とは全く異なり、一部企画を除いて生放送が行われた。なお、日本テレビ系列の大晦日の特別番組の生放送は2001年(平成13年)から2005年(平成17年)まで放送されていた『ナイナイの夢と笑いが丸い地球を救うのだ!!岡村カウントダウンで炎の大玉を受け止めよ!!』以来で、実に16年ぶりとなった。

内容はコントや漫才・ドラマやゲーム企画等複数の企画で構成されており、スタッフやテロップは『ガキの使い』と一部共通している。

オープニングテーマは、ジョルジュ・ビゼーの作曲による組曲『アルルの女』第2組曲・第1曲「ファランドール」が流れた。

2022年の大みそかは『笑って年越し!世代対決 昭和芸人vs平成・令和芸人』として放送時間を1時間30分前倒し・拡大して放送された。司会陣はナイナイ、後藤、山内が続投し、東野幸治出川哲朗濱家隆一が新たに加わったが、生放送中にも関わらずにNON STYLEが漫才をしている最中に2023年の年が明けたため、2年振りにカウントダウンはなかった[2]

視聴率[編集]

2021年/2022年[編集]

世帯での視聴率関東地区ビデオリサーチ調べ)は第1部が7.2%、第2部が5.6%と苦戦を強いられた[3]。これにより、2009年から11年連続で大晦日のゴールデン・プライムタイム帯で獲得していた民放1位の座を裏番組の『ザワつく!金曜日』の大晦日特別版でもある『ザワつく!大晦日〜一茂良純ちさ子&徹子&羽鳥玉川&新庄BIGBOSSの会〜』を放送していたテレビ朝日に譲る形となってしまった[4]

一方で、個人視聴率は第1部が民放トップの6.2%、第2部が民放2位の4.2%だった[5]

2022年/2023年[編集]

世帯視聴率は第1部が7.0%、第2部が5.1%。個人視聴率は第1部が4.7%、第2部が3.3%だった(共に関東地区、ビデオリサーチ調べ)[6]。これにより、個人視聴率における民放1位の座についても裏番組の『ザワつく!大晦日 一茂良純ちさ子の会』を放送していたテレビ朝日に譲る形となった[7]

なお、コア視聴率[注釈 1]は第1部が5.1%、第2部が3.7%であり、いずれも民放1位だった[7]

司会者[編集]

2021年/2022年[編集]

年末放送の日本テレビ系番組で順次発表する形を取った。

MC[編集]

カウントダウンMC[編集]

スペシャルサポーター[編集]

2022年/2023年[編集]

出典[10]

メインMC[編集]

  • 東野幸治
  • ナインティナイン(岡村隆史・矢部浩之)

昭和チームキャプテン[編集]

平成・令和チームキャプテン[編集]

進行[編集]

主な企画・ゲスト[編集]

2021年/2022年[編集]

芸人が選ぶ!「今この人のネタが見たい」

芸人たちが「今、ガチで見たい!」と推薦した最強芸人が、生放送中にネタを披露する。

出演芸人

50音順。括弧内は、これまで出場したお笑い賞レースの主な受賞歴・結果である。

豪華俳優&人気芸人による一夜限りのコラボ

俳優やタレントが芸人と一夜限りの夢のタッグを組み、ネタやコントを披露する。

出演芸人・ゲスト

豪華俳優&モノマネ芸人総出演の学園ドラマ

モノマネ芸人46人とゲストがなりきる学園ドラマ。都内のある学園「なりきり学園」で起きる不可解な事件を解決する。

出演芸人・ゲスト

絶対祓いたい!国民投票厄払い

生放送の縦軸企画。芸人6人が「厄払い芸人」に選ばれ、国民に代わって体を張った「厄払い」に挑戦する。生放送中に視聴者からの番組公式Twitterとデータ放送で投票実施し、投票数に応じて3つの厄払いをする。

進行・厄払い芸人

お年玉争奪!ぬるぬる福男レース

2022年/2023年[編集]

審査員※入れ替え制

ネタ対決企画

昭和芸人チーム対平成・令和チームに分かれて漫才・コントなどを披露する。

出演芸人

対戦別順。括弧内は、これまで出場したお笑い賞レースの主な受賞歴・結果である。

<因縁の頭頂部訳アリ対決>

<THE W 女王対決>

  • 吉住(女芸人No.1決定戦 THE W 2020 優勝)/岡野(第9回お笑いハーベスト大賞 ・R-1ぐらんぷり2019 決勝)

<最強漫才師対決>

<スペシャルコラボコント対決>

<お笑い事務所 先輩後輩対決>

  • サンドウィッチマン
  • ランジャタイ(K-PROライブアワード2019・新春グレープカンパニーNo.1決定戦2020 優勝)

※なんばグランド花月から中継

  • 笑い飯
  • ミルクボーイ

<実力派トリオコント対決>

  • 東京03(第4回お笑いホープ大賞 大賞・キングオブコント2009 優勝)
  • ハナコ

<実力派コンビ対決>

  • ダイアン(第3回笑わん会 最優秀賞・第35回上方お笑い大賞・第44回上方漫才大賞 新人賞・第49回上方漫才大賞 奨励賞・第53回上方漫才大賞 大賞)
  • さらば青春の光

<最強コント師対決>

  • バイきんぐ
  • ジャルジャル
  • どぶろっく(キングオブコント2018 優勝)
  • ビスケットブラザーズ(第5回上方漫才協会大賞 文芸部門賞・第9回ytv漫才新人賞 優勝・第56回NHK上方漫才コンテスト・キングオブコント2022 優勝)

<漫才協会対決>

<毒舌ピン芸人対決>

<豪華俳優とコラボコント対決>

  • バイきんぐ&ゲスト
  • チョコレートプラネット(キングオブコント2014 準優勝・平成27年度NHK新人お笑い大賞 大賞)&ゲスト
  • どぶろっく&ゲスト
  • ハナコ&高杉真宙

<特別企画 同世代ライバル対決>

  • ニューヨーク
  • 見取り図

<スペシャル指名対決>

<昭和大物vs令和新スター大トリ対決>

人気番組コラボ企画

同局の人気バラエティーの人気企画とコラボするコーナー。

第1弾「有吉ゼミ 生チャレンジグルメ名場面集」

「有吉ゼミ」の人気企画、チャレンジグルメを特別編。生放送内でデカ盛りグルメチャレンジに挑戦。

進行・参加芸人

第2弾「ダーツの旅特別編 (福島県会津坂下町)」

1億人の大質問!?笑ってコラえて」の企画、ダーツの旅の大晦日特別篇。事前に所ジョージが投げたダーツの矢が刺さった場所にあえて同じ町を別々に訪れる。

第3弾「イッテQ! QTube」

世界の果てまでイッテQ!」の企画「QTube」世界中の面白動画を身体を張って再現する人気企画。

参加芸人

  • ロッチ中岡 「バスタオルチャレンジ」
  • チョコレートプラネット 「シンバルチャレンジ」
  • アンタッチャブル「水中タマゴ」
  • ザ・マミィ「パンストマシュマロ」

中継企画「昭和レジェンドと生ガチ対決」

  • 吉村崇(平成ノブシコブシ)
  • 高橋名人
  • マヂカルラブリー野田&㊙ゲスト軍団

SP企画「リアルガチゲーム対決」

番組の随所で様々なゲームに挑戦。

コーナーMC・参加芸人

コーナーMC・進行・参加芸人

  • 矢部浩之
  • 忽滑谷こころ(日本テレビアナウンサー)
  • 岡村隆史
  • 出川哲朗
  • かまいたち

ネット局[編集]

2021年
放送対象地域 放送局 系列 放送日 ネット状況
関東広域圏 日本テレビ(NTV) 日本テレビ系列 2021年12月31日 18:30 - 翌0:30 【制作局】
北海道 札幌テレビ(STV) 同時ネット
青森県 青森放送(RAB)
岩手県 テレビ岩手(TVI)
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
秋田県 秋田放送(ABS)
山形県 山形放送(YBC)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
山梨県 山梨放送(YBS)
新潟県 テレビ新潟(TeNY)
長野県 テレビ信州(TSB)
静岡県 静岡第一テレビ(SDT)
富山県 北日本放送(KNB)
石川県 テレビ金沢(KTK)
福井県 福井放送(FBC)[注釈 10]
中京広域圏 中京テレビ(CTV)
近畿広域圏 読売テレビ(ytv)
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT)
広島県 広島テレビ(HTV)
山口県 山口放送(KRY)
徳島県 四国放送(JRT)
香川県・岡山県 西日本放送(RNC)
愛媛県 南海放送(RNB)
高知県 高知放送(RKC)
福岡県 福岡放送(FBS)
長崎県 長崎国際テレビ(NIB)
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT)
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) 日本テレビ系列
  • フジテレビ系列とのクロスネット局であるテレビ大分では、当該時間帯はフジテレビの番組を同時ネットで放送したため[注釈 11]、今回の放送は見送られたほか、日本テレビ系列局が無い沖縄県においても、放送は見送られた[注釈 12]
  • ただし、日テレ系ライブ配信(民放公式無料番組配信サービス・TVerで実施)での同時配信が行われた[11]ため、実質上は非ネットだった大分県[注釈 13]や日本テレビ系列局が無い沖縄県でも本番組が視聴できたほか、翌年1月1日の夜21:30から7日の夕方18:30までTVerでの見逃し配信[12]も行われており、Hulu(日本テレビ運営)では舞台裏と未公開シーンを含めた特別版を番組終了後から配信している[13]
2022年
放送対象地域 放送局 系列 放送日 ネット状況
関東広域圏 日本テレビ(NTV) 日本テレビ系列 2022年12月31日 17:00 - 翌0:30 【制作局】
北海道 札幌テレビ(STV) 同時ネット
青森県 青森放送(RAB)
岩手県 テレビ岩手(TVI)
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
秋田県 秋田放送(ABS)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
山梨県 山梨放送(YBS)
新潟県 テレビ新潟(TeNY)
長野県 テレビ信州(TSB)
静岡県 静岡第一テレビ(SDT)
石川県 テレビ金沢(KTK)
福井県 福井放送(FBC)[注釈 10]
中京広域圏 中京テレビ(CTV)
鳥取県・島根県 日本海テレビ(NKT)
広島県 広島テレビ(HTV)
山口県 山口放送(KRY)
愛媛県 南海放送(RNB)
福岡県 福岡放送(FBS)
長崎県 長崎国際テレビ(NIB)
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) 日本テレビ系列
山形県 山形放送(YBC) 2022年12月31日 18:00 - 翌0:30
富山県 北日本放送(KNB)
近畿広域圏 読売テレビ(ytv)
徳島県 四国放送(JRT)
香川県・岡山県 西日本放送(RNC)
高知県 高知放送(RKC)
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT)
  • テレビ大分は、前年(2021年)12月31日(大晦日)が金曜日ゆえにプライムタイムの編成がフジテレビ系列の同時ネットだったために非ネットだったが、2022年12月31日(大晦日)は土曜日ゆえにプライムタイムの編成が日本テレビ系列の同時ネットになったため[注釈 11]ネットされた一方、前年度はネットしていたテレビ宮崎は土曜日のプライムタイムの編成がフジテレビ系列の同時ネットとなったため、今回の放送は見送られた。

スタッフ[編集]

2021年/2022年[編集]

  • 構成:高須光聖/塩野智章、八代丈寛、松本真一、深田憲作、白武ときお、成瀬正人、飯塚大悟、中川久嘉、佐々木貴博、はしもとこうじ/桜井慎一
  • ナレーター:木村昴
  • 技術:木村博靖、鈴木昭博、鎌倉和由、荻野高康、村松明、米田博之、福田伸一郎、西阪康史、滝口祐造、寺田恭子、笈川太、古手川大、水梨潤、高木亮、弓削聡、椀台秀之、髙橋一徳、林洋介、岩倉康宏、坂口裕一、池見憲一、三村将之、中濱央友、海野亮、植松一哉
  • 美術:髙野泰人、大川明子、葛西剛太、熊崎真知子、大住啓介、山本莉子、高木智恵子、佐藤裕乃、矢口幸二、瀬川拓実、武井俊幸、山田俊広、米田尚弘、池田大介、市川元信、大久保俊彦、内山栄一、加川潤、今恵子、栗田佐智子、上田薫、岩上詩菜、小島梨花、星野沙紀
  • 照明:小笠原雅登、村上洋平、池長正宏、井口弘一郎、大矢晃、大前英樹
  • モニター:吉邑光司
  • タイトルロゴ・CG:ドラゴンプー
  • CG:ヌーベルバーグ、マウンテンスタジオ
  • バーチャル:FIRE WORKS、Asche Studio
  • ECG:馬屋原彩咲、吉本江里菜、宮前芳恵
  • テロップ保守:佐久間丈貴
  • 音効:今野直秀、冨田昌一、松本凌、鈴木信行、斉藤秋里、高村幸一、古川市郎、中村由紀
  • イラスト:安居院一展
  • 技術協力:NiTRO、ヌーベルバーグ、NTVIC、読売テレビ静岡第一テレビNexTryよしもとブロードエンタテインメントジャパンテレビ共立ライティングスタジオヴェルト
  • 美術協力:日テレアート、中央宣伝企画、俳優座劇場、コマデン、テレフィット、東京衣裳、松竹衣裳、京阪商会奥松かつら
  • ロケ協力:タカハシレーシング、大平特殊効果、オフィスワイルド、秋山メカステージ、NKL、アイホン、日本メガケア、タック販売、サラヤエア・ウォーター防災、第一照明、明工社フランスベッド、みはし、華飾スタジオ、Zeppan UEMATSU、DAM第一興商、火薬効果 シャイニング、三菱地所鴻池組JAE、コムニコ、ペペ、アガサス、アプローズ
  • 編成:明石広人
  • 宣伝:橋本典子
  • 営業推進:滝澤真一郎
  • 配信:岩長真理、大東徹也
  • WEB:岩鼻優、井上統暉、井上直也
  • データ放送:浅井千明、七海泰之
  • TK:田中彩、桜井えみこ、山際慎子、山岸由佳、奈良里美
  • FD:川島啓史
  • V出し:大久保健
  • フードコーディネーター:あまこようこ
  • 車両:長谷川博和
  • 編集:長谷川健(賢)太、都築嵩史
  • MA:大竹誠司、丸山輝幸
  • デスク:木村りえ
  • PR演出:那須太輔
  • PRプロデューサー:高橋正子・伊藤康一(SION)
  • PRディレクター:岩本雅直・酒井普哉(SION)、渡辺学(てっぱん)、加藤杏(SION)、村上和光、河内山祐輝
  • 生放送オペレーション演出:山下聖司
  • 生放送オペレーションディレクター:井上将司、小倉寛太、表修平、中川ゆりや、小林瑶一朗、鶴岡陽太、藁科啓、本間雄二郎、栗原海柚、淺沼丈生
  • ディレクター:川口順也・小山貴広・飛田一充・重富英夫・本河隆志(THE WORKS)、武田聡志(ノンプロダクション)、志賀裕史、小林亘・熊田周平(ZION)、渡邉祐太、唐沢宏一(ZION)、岩津正洋・岩﨑陽介(吉本興業)、新沢学・折茂健一(U-FIELD)、松浦直人、鈴木守(オンリー・ワン)、中井康二、田中雄大(テレバイダー)、前川善郎(全力カンパニー)、干場備前(えすと)、石川由佳、渡辺剛、岡田純一(オイコーポレーション)、井上融、益田洋平、大阿久知浩/辻川稜、櫻井麻結、河合真歩、千葉裕美、板場優、西口奈津美、渡辺七菜、白水央人、太宰里美、中尾煕子、中村桜、榛葉崇太、山本雅美、脇山美乃里、竹嶋和樹、堀江亮志、羽鳥朝美、眞鍋遊、清野翔太郎、内田有咲、大浦瑠偉、長谷川貴彦(ホリプロ)、堺啓太
  • 制作進行:浜田和宏(オフィスぼくら
  • 演出:福田龍、大輪和孝(THE WORKS)、諏訪一三(ZION)、安彦和弘、高橋敬治(オフィスぼくら)、田中竜登(charlie's ZORO)
  • プロデューサー:合田伊知郎、吉無田剛、藤森真実、大友有一、上田崇博、服部完英、神夏磯秀・大谷重雄・嶋和也(吉本興業)、金沢紀子、山口敦司・徳武真人・小黒都(THE WORKS)、石原由季子・竜円徹(ZION)、鈴木麻美(U-FIELD)、柳岡秀一(charlie's ZORO)、渡辺紘子(テレバイダー)、佐々木誠(ホリックス)、光岡裕子(AGASUS)/邵東方・坂井直樹(吉本興業)、内海阿や、小澤亜都沙(セプテンバー)、熊谷芳子(ZION)、横山琢磨、姫野慈子、鈴木康裕
  • 統轄プロデューサー:新井秀和
  • 監修:三浦伸介
  • チーフプロデューサー:倉田忠明、土屋拓
  • 制作協力:吉本興業、charlie's ZORO、THE WORKSZIONホリプロU-FIELDテレバイダーSION
  • 製作著作:日本テレビ

2022年/2023年[編集]

  • 企画・総合演出:髙橋利之
  • ナレーター:立木文彦服部伴蔵門花江夏樹
  • 構成:桜井慎一、橋本大介/成瀬正人、塩野智章、山﨑恵輔、大桶純一、八代丈寛、はしもとこうじ、大谷裕一、白武ときお/高須光聖
  • 技術:木村博靖、鈴木昭博、松嶋賢一、米田博之、荻野高康、村松明、矢作陽一、大庭茂嗣、西阪康史、宮内貞、寺田恭子、中野裕介、飯島友美、笈川太、三崎美貴
  • 美術:髙野泰人、稲本浩、熊崎真知子、山本莉子、佐藤香穂里、矢口幸二、山田俊広、増井志眞、大久保俊彦、下地邦弥、原口まどか、松本健、原京子、岩上詩菜、川上紗也加、内山栄一
  • 照明:小笠原雅登、池長正宏、村上洋平
  • モニター:吉邑光司、一曲雄太
  • ECG:宮前芳恵、吉本江里菜
  • スローOP:伊藤貴史、菅谷恵子、椎名孝治
  • 音効:岡田淳一、古川市郎、藤原大介
  • テロップ保守:佐久間丈貴
  • タイトルロゴ・CG:森三平
  • 技術協力:NiTRO、スタジオヴェルト
  • 美術協力:日テレアート、奥松かつら
  • 協力:よしもとブロードエンタテインメント、コムニコ、アガサス、アプローズ、イメージマート、大本山増上寺コンテンツリーグ、ハナコOfficial YouTubeチャンネル「ハナチャン」
  • 編成:濱崎泰彦、大井秀一
  • 宣伝:矢澤真
  • 営業推進:笹木哲
  • 配信:中村圭吾
  • WEB:井上直也、鮫島朋晃
  • データ放送:松村優衣、菅野智美
  • リサーチ:フォーミュレーション、クラフトラボ
  • TK:石島加奈子、田中彩、山際慎子
  • DSS:山岸由佳、奈良里美
  • FD:川島啓史、松本慎太朗、下谷陽一、小林大将
  • V出し:大久保健
  • 編集:森田智之、髙橋毅
  • MA:佐渡吉志広
  • 運営:光岡裕子、脇阪真琴
  • PR演出:本田拓也
  • PRプロデューサー:河野安治/内海阿や
  • PRディレクター:新目美菜海、田中美帆、井門理沙/大石みさと、上谷夏野、藤井小雪
  • 生放送オペレーション演出:井上将司、前田大輔、廣瀬隆太郎、小林瑤一朗
  • 生放送オペレーションディレクター:本間雄二郎、淺沼丈生、落合聖仁、西出凌太朗、原皓史
  • ディレクター:高橋慎那、照井有、武木田一馬、松田真奈、長谷川智也、藤原優太、千田野々香、井上恭輔、岩津正洋、岩﨑陽介、榛葉崇太、渡辺剛、田中雄大、益田洋平、清水智博、西田法明、田口力、名嘉鎮士、小倉徹也、石川陽平、吉岡愛海、田中友洋、馬目雅寿、石神颯太、松本凌、永井ひとみ、高木梨奈、大矢啓太/辻川稜、東紗矢香、石川菜々子、立川春樹、尾頭慶哉、石井柚奈、太田寛子、高塚雅也、渡辺一行、宮脇拓平、佐久間夢乃、横尾翼、西口奈津美、中原冴彩、増子千咲、畠山実希、三浦瑛梨花、桐生健太、赤嶺隼世、小林夏樹、細井侑志、吉村涼桂、若月栞那、佐藤安圭理、樋口真由、奥川斐葵、小林早希、北野莉帆
  • ダーツの旅:小澤龍太郎
  • QTube:古立善之
  • チャレンジグルメ:橋本和明
  • 協力プロデューサー:渡邊政次、武末大作、安彦真利江、久道恵
  • 制作進行:吉村真人、佐藤理恵、佐々木麻理菜
  • デスク:木村りえ
  • 演出:柳沢英俊
  • ブロック演出:大輪和孝、飯塚翔、蒲龍太郎、福田龍、高橋敬治、春山正宏、諏訪一三、宮原健
  • プロデューサー:合田伊知郎、杉山直樹、服部完英、劉雅莎、大友有一、沢田健介、神夏磯秀、大谷重雄、嶋和也、邵東方、角田英次郎、金沢紀子、江尻直孝、山口敦司、向山典子、松井美樹、渡辺紘子、影山幸子、稲葉芳士、石原由季子、加藤大樹、山下浩一、伊藤真和、市川舞子、石川絵里、円城寺剛/儀万由佳、奥山知美、姫野慈子、真鍋香里、大平千晶、貝瀬芳和、上田沙栄/河野直樹、柳岡秀一、吉田一浩
  • 統轄プロデューサー:吉無田剛
  • チーフプロデューサー:遠藤正累
  • 制作協力:吉本興業、THE WORKS、いまじん、テレバイダー、モスキート、ZION、BEE OURS、charlie's ZORO、AX-ON日企極東電視台
  • 製作著作:日テレ

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 個人視聴率から一般的に行動的で商品消費意欲も盛んとされている13~49歳の世代を抽出した数字のことを指す。
  2. ^ 2021年12月19日放送の『行列のできる相談所』内にて発表。後続番組のぐるナイ おもしろ荘(24:30 - 26:00、事前収録)も担当。[8]
  3. ^ 2021年12月17日放送の『クイズ!あなたは小学5年生より賢いの? 2時間SP』内にて発表。
  4. ^ 2021年12月16日放送の『ぐるぐるナインティナイン』内にて発表。
  5. ^ 2021年12月13日放送の『女芸人No.1決定戦 THE W』内にて発表。
  6. ^ 2021年12月14日放送の『ヒューマングルメンタリー オモウマい店 3時間SP』(中京テレビ制作)内にて発表。
  7. ^ 2021年12月15日放送の『今夜くらべてみました』内にて発表。当初は日本での出演を予定していたが、新型コロナウイルスに罹患した事もありアメリカニューヨークから中継で出演となった。
  8. ^ 前述の渡辺直美のピンチヒッターとして登場。
  9. ^ 登坂の古巣では裏番組のNHK紅白歌合戦を放送。
  10. ^ a b テレビ朝日系列(サブ)とのクロスネット局でもあるが、テレビ朝日系列の一般番組供給部門には非加盟で、日本テレビの公式ウェブサイト上でも単独ネット扱い。
  11. ^ a b そもそもテレビ大分のプライムタイムの編成は、日・月・水・土曜のプライムタイムは日本テレビの番組を同時ネットする一方で、火・木・金曜のプライムタイムはフジテレビの番組を同時ネットする編成を取っている。
  12. ^ これまでの『笑ってはいけないシリーズ』では、琉球放送が毎年2月から3月頃に2週にわたって遅れネットで放送していた。
  13. ^ なお、大分県では直接受信・ケーブルテレビ局を通じて、隣接する福岡放送・山口放送・南海放送・高知放送・くまもと県民テレビでリアルタイムでの視聴が可能だった。

出典[編集]

  1. ^ 日テレ、今年は『笑ってはいけない』休止 15年で区切り「ゆっくりお尻を休めて」”. マイナビニュース. マイナビ. 2021年9月20日閲覧。
  2. ^ 【笑って年越し】ノンスタ漫才中に年越し アナウンスなく『ガキ使』イズム踏襲”. ORICON NEWS (2023年1月1日). 2023年1月12日閲覧。
  3. ^ 日本テレビ、大みそか「笑う大晦日」第1部視聴率7・2%…20年から10ポイント超減”. スポーツ報知 (2022年1月2日). 2022年1月2日閲覧。
  4. ^ 大みそか視聴率 日テレ「笑ってはいけない」休止で民放トップ陥落 テレ朝系「ザワつく!」が首位に”. デイリースポーツ (2022年1月3日). 2022年1月3日閲覧。
  5. ^ 『ガキ使』ロスでも日テレが大晦日番組「継続検討」の意外な事情”. FRIDAY (2022年1月12日). 2022年1月13日閲覧。
  6. ^ 日テレ「笑って年越し」は7・0% 長友佑都が番組前半で審査員、妻の平愛梨に途中交代”. 日刊スポーツ (2023年1月4日). 2023年1月12日閲覧。
  7. ^ a b 高堀冬彦 (2023年1月11日). “年末年始番組「コア視聴率」ベスト10。テレビ業界の現状が浮き彫りに”. 日刊SPA!. pp. 1,3. 2023年1月12日閲覧。
  8. ^ 年末年始のお笑い芸人出演番組情報(全国ネット&関東版) - お笑いナタリー
  9. ^ 「笑って年越したい!笑う大晦日」スペシャルサポーター 高畑充希の出演が決定!【コメントあり】”. 笑って年越したい!笑う大晦日. 日本テレビ放送網 (2021年12月27日). 2021年12月30日閲覧。
  10. ^ 日テレ、大みそかは7時間半のお笑い特番生放送 “昭和芸人”と“平成・令和芸人”がネタバトル”. livedoor NEWS. 日刊スポーツ (2022年11月14日). 2021年11月14日閲覧。
  11. ^ ntv_streamの2021年12月31日のツイート- Twitter
  12. ^ wwwwwwwww_ntvの2022年1月1日のツイート- Twitter
  13. ^ wwwwwwwww_ntvの2022年1月1日のツイート- Twitter

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

笑って年越したい!笑う大晦日

笑って年越し!世代対決 昭和芸人vs平成・令和芸人

日本テレビ系列 大晦日年越し番組
前番組 番組名 次番組
笑ってはいけないシリーズ
(2006年/2007年 - 2020年/2021年)
「笑って年越したい!笑う大晦日」
直前から笑って過ごそうSP!
※17:30 - 18:30 
笑って年越したい!!笑う大晦日
※18:30 - 0:30 
 (2021年/2022年)

笑って年越し!世代対決
昭和芸人vs平成・令和芸人
※17:00 - 0:30
(2022年/2023年)
-