ランジャタイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ランジャタイ
メンバー 伊藤幸司
国崎和也
結成年 2007年
事務所 オフィス北野
活動時期 2007年 -
出身 NSC東京校12期生
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 漫才
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

ランジャタイは、日本のお笑いコンビ。所属事務所はオフィス北野

メンバー[編集]

  • 国崎和也(くにさき かずや、 (1987-09-03) 1987年9月3日(30歳) - )
    • 富山県出身。ボケ担当。立ち位置は向かって右。
    • 公称サイズ:身長170cm、体重60kg。血液型A型。
    • 趣味はゲーム。漫画は伊藤と同じく『グラップラー刃牙』のファン[1]
    • 特技は腕相撲との会話[1]
    • 危険物取扱者乙4種免許を所持[1]
    • かつてジュニアアイドルとして活動していたこともある[3]
    • アルバイトで貯めた40万円を持って“家出同然”で上京し、NSC東京校に入学[2]

来歴[編集]

二人は共にNSC東京校12期生(2006年入学)同士で、同校在学中に知り合う。伊藤が「お前、面白いんか~?」などと同期生みんなに絡み続け、これにただ一人「面白いよ~」と答えたのが国崎だった[2]。しかし伊藤は授業中に叫ぶなどの奇行が元でわずか2か月でNSC退学を言い渡され、国崎も伊藤の後に付いてNSCを自主退学[2]。後にこの二人で2007年結成[3]

2009年当時は、SMA NEET Projectに所属していたことがあったが[4]、それ以外はフリーの状態が長く続く。

2015年、第14回漫才新人大賞にて決勝進出[3]。同年の5月からオフィス北野主催のライブ『フライデーナイトライブ』に出演し始め、同ライブのこの回から「チャレンジコーナー」にて3回連続で優勝[5][6][7]。同年11月13日の同ライブ「所属公開審査会」において、観客の8割以上の承認を得たことで、荒ぶる神々と一緒にオフィス北野所属が決定する[8]

2017年4月19日にポニーキャニオンからベストネタ収録のDVD「ランジャタイのキャハハのハ!」を発売。

芸風[編集]

ネタは主に漫才で、「何だかわからないが…」とも[2]、「インパクトが強烈」「変幻自在のイリュージョン漫才」[3]、「全く先が読めない」[5]、「ナンセンスな笑いで、不思議な魅力がある。発想力で勝負している」[9]とも評され、国崎は狂気染みた挙動を繰り出すこともある[8]

サッカーPK[5][8]カラスの被害」[6]超能力の持ち主と言われる親戚」[2]等々のネタを持つ。

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

Web配信[編集]

  • ランジャタイのぽんぽこラジオ(Youtube配信)

ライブ[編集]

  • ランジャタイのやるなら今しかねえ

外部リンク[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f #外部リンク掲載の「公式プロフィール」参照
  2. ^ a b c d e f 東京新聞 2015年9月9日付掲載「笑う神拾う神」
  3. ^ a b c d e ぴあお笑いライブ読本(ぴあMOOK、2015年9月30日)p.32
  4. ^ 第30回SMAイディオットライブ(笑)結果発表!”. SMA NEET Project (2009年6月28日). 2013年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月2日閲覧。
  5. ^ a b c 5・8ライブ終了&新所属芸人決定!!”. オフィス北野 (2015年5月8日). 2016年12月2日閲覧。
  6. ^ a b 7・10ライブ終了!!”. オフィス北野 (2015年7月10日). 2016年12月2日閲覧。
  7. ^ 9・11ライブ終了!!”. オフィス北野 (2015年9月11日). 2016年12月2日閲覧。
  8. ^ a b c 11・13ライブ終了&新所属芸人決定!!”. オフィス北野 (2015年11月13日). 2016年12月2日閲覧。
  9. ^ 2016年ブレイク芸人 メイプル超合金、鬼越トマホークらを予測(2/2)”. NEWSポストセブン (2016年1月1日). 2016年12月2日閲覧。
  10. ^ 4月22日(土)深夜3時からは「ランジャタイのオールナイトニッポンR」【生放送!】”. ニッポン放送 (2017年4月22日). 2017年10月1日閲覧。