ロングコートダディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロングコートダディ
メンバー 堂前透
別名 ロコディ
結成年 2009年4月2013年1月
解散年 2012年9月
事務所 吉本興業大阪本社
活動時期 2009年4月 - 2012年9月
2013年1月 -
出身 大阪NSC31期
出会い NSC
旧コンビ名 カレー、ソテー
現在の活動状況 テレビ、ライブなど
芸種 コント漫才
ネタ作成者 堂前透
過去の代表番組 新しい波24
同期 セルライトスパインディアンス
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
第38回ABCお笑いグランプリ第3位
テンプレートを表示

ロングコートダディは、吉本興業所属のお笑いコンビ大阪NSC31期生。

メンバー[編集]

  • 堂前透(どうまえ とおる、 (1990-01-16) 1990年1月16日(29歳) - )
    • 身長177cm、体重50kg。血液型A型。ボケツッコミ担当。
    • 福井県おおい町出身。
    • ピン活動時の芸名は堂前タオル。
    • 大喜利を得意としている。
    • イラストを描くことを趣味・特技としており、単独ライブや自身の主催ライブのフライヤーデザインなどを製作する。
    • チャームポイントは「猫背」、コンプレックスは「ゆがんでしまったアゴ」。[1]
    • 香川照之を尊敬している。
    • 受験勉強がしたくなくて、NSCに入学した。
    • NSC卒業後、「面白いとかじゃなくて楽そう」と思い、兎を誘い、コンビを結成した。[2]
    • 兎について「誰にも出せない空気感を出せる時がある。ちょっと手放しにくい逸材」と評している。[2]
  • (うさぎ、 (1988-08-19) 1988年8月19日(31歳) -)
    • 本名は高橋翔太(たかはししょうた)
    • 身長175cm、体重75kg。血液型O型。ボケツッコミ担当。
    • 岡山県岡山市出身。
    • 「本名がダサい」という理由で、芸名を「兎」と改名した。「舞台で一番はねるように」という願いが込められている。なお、「兎」と最後まで迷った候補は「桃太郎」。
    • かなりの天然ボケであり、随所でその様子を見ることができる。コントに関してもその雰囲気を生かしたネタが多い。
    • 芸人になった理由は「中学時代が楽しすぎた」から。[1]
    • 美容師専門学校に通っていたことがあるが、入学して一ヶ月ほどでケガをして入院してしまい、復帰したらハサミのセットが盗まれていたため、辞めてしまった。その後姉からのアドバイスによりNSCに入学した。
    • 堂前について、「相方すごいなって思い始めた」「誰でも堂前の面白さはわかる」と評している。[2]
    • 上空からの視点で空間を把握できる「イーグルアイ」という能力があると言い張っている。[3]

芸風[編集]

  • 独特のゆるい雰囲気が持ち味のコント兼漫才師。
  • ネタによってボケツッコミが変わる。
  • 2017年6月10日放送の『マヨなか笑人』の「漫才師の本音を語れ!他のコンビ気になんねんサミット」に、銀シャリ橋本のオススメ芸人として出演した際、「漫才が柔らかい感じで新しい、見ると優しい気持ちにもなれる」と評価された。
  • キャッチコピーは「笑いの常識脱ぎ捨てる!脱力系漫才」(ytv漫才新人賞選考会)、「見るものを和ませる ゆったり系コントワールド」(デリ芸)など。

略歴[編集]

  • 2009年結成。当初は「カレー」というコンビ名だったが、東京にも同じ名前のコンビがいた為「ソテー」に改名。さらにそこから現在のコンビ名に改名した。「ロングコートダディ」は、兎がロングコートを着たおじさんを見て思いついた。[4]
  • 2012年9月に一度解散しているが、2013年1月に再結成した。解散も再結成も兎からの持ちかけであり、解散期間中堂前はピンで活動していた。[5]
  • 2017年3月3日にニコニコ生放送にて『ロングコートダディのゲームやるっす!おっす!』というタイトルでゲーム実況を生配信、以降不定期で配信を続けている。2018年1月13日の配信からはYouTube Liveのよしもと大阪芸人チャンネルでの配信に切り替わっている。
  • 2017年放送『新しい波24』(フジテレビ)のメンバーに選ばれる。

賞レースでの戦績[編集]

主な出演[編集]

出囃子[編集]

  • Paradise Lunch「Gun’s&Roses」

単独ライブ[編集]

  • 2014年10月16日 - 「魚博士」(5upよしもと)
  • 2015年9月17日 - 「まじで俺はモンスター」(道頓堀ZAZA HOUSE)
  • 2016年5月22日 - 「アーチャーの記憶」(道頓堀ZAZA HOUSE)
  • 2017年1月20日 - 「10代の筋肉」(よしもと漫才劇場)
  • 2017年7月22日 - 「美しいまち」(よしもと漫才劇場)
  • 2018年3月21日 - 「ピンクタイムトリップ」(よしもと漫才劇場)
  • 2018年11月23日 - 「とけるミッドナイト」(よしもと漫才劇場)
  • 2019年7月5日・6日 - 「おはようゴールデン」(よしもと漫才劇場)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この優勝により『週刊ヤングフライデー』(MBSラジオ)内のコーナー「超!若手寄席」のMCを担当している。

出典[編集]

  1. ^ a b 新しい波24 - プロフィール”. フジテレビ. 2018年4月21日閲覧。
  2. ^ a b c 山田夢留 (2017年9月2日). “笑いのない人生なんて - ロングコートダディ 職人×天然が生む空気感”. 毎日新聞. 2017-09-02. https://mainichi.jp/articles/20170902/ddf/012/200/014000c 
  3. ^ 『新しい波24』2017年5月3日
  4. ^ 火曜日のオンスト BLOG - 2015/1/20 O.A”. YES-fm. 2018年4月21日閲覧。
  5. ^ 『いくよくるよの春のどやさSpecial 2018 ~ワイド de どやさ~』2018年3月25日

外部リンク[編集]