ダイヤモンド (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダイヤモンド
DIAMOND
メンバー 野澤輸出
小野竜輔
結成年 2017年
事務所 吉本興業
活動時期 2017年 -
出身 NSC東京校15期(野澤)
NSC大阪校32期(小野)
旧コンビ名 エレーン(野澤)
アルドルフ、セクシーパクチー(小野)
現在の活動状況 ライブ・テレビなど
芸種 漫才コント
ネタ作成者 野澤輸出
同期 ニューヨーク
いぬ
大自然
辻(ニッポンの社長
忘れる。
おかずクラブなど
公式サイト プロフィール
受賞歴
2021年 おもしろ荘 優勝
テンプレートを表示

ダイヤモンドは、吉本興業東京本社に所属する日本のお笑いコンビ。主にヨシモト∞ホールにて出演中。

メンバー[編集]

野澤 輸出(のざわ ゆしゅつ、 (1986-12-24) 1986年12月24日(34歳) - )

小野 竜輔 (おの りゅうすけ、 (1990-08-13) 1990年8月13日(30歳) - )

略歴[編集]

野澤は東京NSC15期、小野は大阪NSC32期で東西の違いはあるが同期。小野が『アルドルフ』時代に上京し、野澤のコンビ『エレーン』と2組でライブを開くなど仲が良かった。小野がアルドルフ時代と正反対の芸風のコンビを組みたいと思っていたことから野澤を誘い[6]2017年7月21日結成[7]。かつてbaseよしもとにて活動していた同名のコンビとは無関係。

2019年8月16日、 YouTubeチャンネル「ダイヤモンドお笑いチャンネル」を開設。

M-1グランプリ2018、2019、2020にて準々決勝進出。

芸風[編集]

主に漫才。ボケ・ツッコミははっきりと固定されておらず、一つのネタの中でも入れ替わってゆくことがある。野澤だけが話し続け小野が一切喋らないネタや、野澤のボケを小野が復唱して野澤が再度ツッコミを入れていくネタなど変則的な構成を特徴とする[8]

賞レースなどの戦歴[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

ライブ[編集]

  • 「ダイヤモンドが60分【ラッキー〇〇】漫才をするライブ」 (2019年6月12日、ヨシモト∞ドーム ステージⅡ)
  • ダイヤモンド初単独ライブ「天才」(2019年8月4日、ヨシモト∞ホール)
  • ダイヤモンド第2回単独ライブ『竹お笑い』(2021年3月21日、ヨシモト∞ホール)

脚注[編集]

  1. ^ ダイヤモンド 野澤輸出 twitter 自己紹介(2021年3月14日閲覧)より。
  2. ^ エレーン - お笑い芸人 超☆簡略紳士録” (日本語). 2021年3月29日閲覧。
  3. ^ 1回死んだ、知らない人とルームシェア…納言・薄幸の2020年個人的ニュースベスト3”. QJWeb (2021年1月1日). 2021年7月3日閲覧。
  4. ^ シン・ノザワ | コンビ情報” (日本語). M-1グランプリ 公式サイト. 2021年1月12日閲覧。
  5. ^ ダイヤモンド 小野竜輔 [@onodora0813] (2021年3月13日). "山口県立宇部中央高等学校出身の2人です!" (ツイート). Twitterより2021年3月14日閲覧
  6. ^ 「本人よりも◯◯が愛される!」ダイヤモンドが語る本音とは
  7. ^ ダイヤモンド コンビ情報詳細|M-1グランプリ 公式サイト”. M-1グランプリ 公式サイト. 2019年3月11日閲覧。
  8. ^ 変則的な漫才でM-1予選を騒がせたダイヤモンド、初単独ライブ「天才」を開催” (日本語). ぴあ. 2021年1月2日閲覧。
  9. ^ ダイヤモンド | コンビ情報” (日本語). M-1グランプリ 公式サイト. 2021年1月12日閲覧。

外部リンク[編集]

野澤 輸出
小野 竜輔