マユリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マユリカ
メンバー 中谷祐太
阪本匠伍
結成年 2011年
事務所 吉本興業
出身 大阪NSC33期
現在の活動状況 よしもと漫才劇場
同期 コロコロチキチキペッパーズ
ヒガシ逢ウサカ
霜降り明星
ZAZYなど
受賞歴
2017年 第2回上方漫才協会大賞 新人賞
テンプレートを表示

マユリカは、吉本興業(旧:よしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属のお笑いコンビ。2011年に結成。よしもと漫才劇場に出演中。

メンバー[編集]

  • 中谷祐太 (1989-10-23) 1989年10月23日(30歳) - ) ツッコミ担当、立ち位置は右。
    • 兵庫県神戸市出身。血液型A型。身長:171cm。体重:82kg。
    • 淳心学院高等学校卒業、神戸芸術工科大学中退。
    • 2010年 NSC大阪校 33期生[1]
    • 特技は、絵を描くこと、口笛、バク転、バク宙、ブラインドタッチ。
    • 学生時代は「体操小僧」というハンドルネームでイラストサイトを運営していたり、漫画を載せていた。
    • 漫画家。22歳のときに小学館新人コミック大賞で佳作を受賞している[2]
    • 中谷軍団を引き連れている。メンバーは中野周平(蛙亭)、まつさか(熱いお茶)、大国麗(爛々)、西垣大樹(リアル)。[3]
    • 謹慎後、坊主になった様から「謹慎達磨」と呼ばれることが多い。
  • 阪本匠伍 (1990-01-07) 1990年1月7日(30歳) - ) ボケ担当、立ち位置は左。
    • 兵庫県神戸市出身。血液型A型。身長:175cm。体重:60kg。
    • 2010年 NSC大阪校 33期生[1]
    • セキセイインコのモノマネができる。
    • 若い女のエピソードが大好物。
    • Wikipediaへ投稿されている情報が薄すぎて自身のラジオにて載せる項目を集めている。[3]
    • 岡下雅典(THIS IS パン)の鎖骨を折ってしまい、いっぱいすみませんといった過去がある。[3]
    • メイド喫茶が好き。メイドさんとは緊張してあまり話せない。しゃくれているメイドさんは嫌い。[4]
    • 達筆。[4]
    • モーニング娘。の大ファン。杉本青空(からし蓮根)とコンサートにも行ったことがある。[5]

概略[編集]

2人は3歳から幼なじみで阪本が大学1回生のときに中谷に声をかけたことがコンビ結成のきっかけである。阪本の妹の名前の「まゆ」と、中谷の妹の名前の「ゆりか」を合わせて、コンビ名を「マユリカ」とした。
2018年のM-1グランプリで初めて準決勝に進出し、知名度を上げるも、2019年に中谷の度重なる遅刻が原因で謹慎処分となっていた[6]。2019年2月に謹慎処分は解かれたものの、謹慎解除後、中谷の喉の調子が悪くなり手術したため声が出にくくなるというトラブルに見舞われる[7]

芸風[編集]

主にコント漫才。冒頭で設定を説明し、そのシチュエーションを再現するタイプをとることが多い。阪本の低く暗いボケに対し、中谷がハイトーンボイスで激しくツッコむことが多い。中谷が女性役を演じることが多いのも特徴。

賞レース成績[編集]

  • 2013年 R-1ぐらんぷり 準決勝進出(中谷)
  • 2015年 M-1グランプリ 準々決勝進出
  • 2016年 M-1グランプリ 準々決勝進出
  • 2017年 第2回上方漫才協会大賞 新人賞[8]
  • 2017年 M-1グランプリ 準々決勝進出
  • 2018年 第7回 ytv漫才新人賞 決勝進出
  • 2018年 キングオブコント 準々決勝進出[9]
  • 2018年 M-1グランプリ 準決勝進出(予選25位、敗者復活戦16位)
  • 2019年 キングオブコント 準々決勝進出
  • 2019年 M-1グランプリ 準々決勝進出[10]
  • 2020年 第9回 ytv漫才新人賞 決勝進出

出囃子[編集]

単独ライブ[編集]

  • 2014年
    • 3月7日 「マユリカの30分」(5upよしもと)
    • 6月26日 「マユリカの30分」(5upよしもと)
    • 7月23日 「マユリカの30分」(5upよしもと)
    • 8月27日 「マユリカの30分」(5upよしもと)
    • 9月29日 「マユリカの30分」(5upよしもと)
    • 11月9日 「マユリカの30分」(5upよしもと)
  • 2015年
  • 2016年
  • 2018年
    • 2月4日 「ラッキー!マユリカ!!ちっちゃくって!!!」(よしもと漫才劇場)
  • 2019年
    • 6月21日「遅れやがって!マユリカ‼︎絶対に許さないっ!!!」(よしもと漫才劇場)
    • 12月10日「ダメよ!マユリカ!!まずはあいさつよ!!!」(ヨシモト∞ホール)- 東京初単独ライブ
  • 2020年
    • 4月26日「ごめんね!マユリカ!!それっぽい理由がほしいの!!!」(よしもと漫才劇場)

脚注[編集]

  1. ^ a b マユリカ プロフィール|吉本興業株式会社”. 2019年4月16日閲覧。
  2. ^ 第70回新人コミック大賞 発表
  3. ^ a b c WEST SIDE JUNK LAUGH(2019年4月2日放送)https://twitter.com/wsj_laughrock
  4. ^ a b WEST SIDE JUNK LAUGH(2019年4月9日放送)https://twitter.com/wsj_laughrock
  5. ^ WEST SIDE JUNK LAUGH(2019年4月16日放送)https://twitter.com/wsj_laughrock
  6. ^ ミキ昴生注目芸人は「謹慎明けのマユリカ」、粗品はセリヌンティウス級の親友をオススメ”. お笑いナタリー (2019年2月21日). 2019年3月3日閲覧。
  7. ^ マユリカ、謹慎後もトラブルに巻き込まれていた!? 1年4ヶ月ぶりの単独ライブ開催!”. ライブドアニュース (2019年6月30日). 2020年1月22日閲覧。
  8. ^ “双子コンビ「吉田たち」に上方漫才協会大賞”. 日刊スポーツ. (2017年1月9日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1763094.html 2017年1月10日閲覧。 
  9. ^ ジェラードン、霜降り明星、かが屋、四千頭身ら「キングオブコント」準々決勝へ”. お笑いナタリー (2018年8月10日). 2019年12月20日閲覧。
  10. ^ トム・ブラウン、エンペラー、錦鯉、金乳銀乳、コントD51ら「KOC」準々決勝へ”. お笑いナタリー (2019年8月3日). 2019年12月20日閲覧。

外部リンク[編集]