マユリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マユリカ
MAYURIKA
メンバー 中谷祐太
阪本匠伍
結成年 2011年
事務所 吉本興業
出身 NSC大阪校33期
現在の活動状況 よしもと漫才劇場など
同期 コロコロチキチキペッパーズ
霜降り明星
ZAZY
今井らいぱち
ビスケットブラザーズなど
受賞歴
2017年 第2回上方漫才協会大賞 新人賞
テンプレートを表示

マユリカは、吉本興業(旧・よしもとクリエイティブ・エージェンシー)に所属する日本のお笑いコンビ2011年結成。よしもと漫才劇場に出演中。

メンバー[編集]

中谷 祐太(なかたに ゆうた、 (1989-10-23) 1989年10月23日(31歳) - )ツッコミ担当、立ち位置は向かって右。

  • 兵庫県神戸市出身。血液型A型。身長171cm、体重82kg。淳心学院高等学校卒業、神戸芸術工科大学中退[1]
  • 特技は絵を描くこと、口笛、バク転、バク宙、ブラインドタッチ。
  • 漫画家で、学生時代は「体操小僧」というハンドルネームでイラストサイトを運営し、漫画を掲載していた[2] 。22歳で小学館新人コミック大賞において佳作を受賞[3]
  • 中谷軍団を引き連れている。メンバーは中野周平(蛙亭)、まつさか(熱いお茶)、大国麗(爛々)、西垣大樹(リアル)[4]
  • 謹慎後、坊主になった様から「謹慎達磨」と呼ばれる。
  • 自身のラジオ『マユリカのうなされながら見た夢のあとで』内で、中谷の別人格"MCDUNBO"、"Mrs.ヒポポタマス"として毎月作曲する。
  • オレンジデイズが大好き。また、同作品で柴咲コウのファンとなり、柴咲のライブに参加したことがある。
  • 野村(令和喜多みな実)が主宰の劇団コケッコーに所属。

阪本 匠伍(さかもと しょうご、 (1990-01-07) 1990年1月7日(31歳) - )ボケ担当、立ち位置は向かって左。

概要[編集]

2人は3歳から幼馴染で阪本が大学1回生の時に中谷に声をかけてコンビを結成した[2]。コンビ名の由来は、阪本の妹の名前「まゆ」と中谷の妹の名前「ゆりか」を合わせたもの。

2018年のM-1グランプリで準決勝に初進出したが、2019年に中谷の度重なる遅刻が原因で謹慎処分となっていた[8]。2019年2月、謹慎処分は解かれたが中谷が喉を手術したため、声が出にくくなる[9]

芸歴10年目以下の若手漫才師によるコンテスト『ytv漫才新人賞決定戦』(読売テレビ)の予選を勝ち抜き、決勝進出予定だったが、新型コロナウイルス陽性者との濃厚接触の疑いで棄権。後日、保健所の判断で濃厚接触者には該当せず[10][11][12]

芸風は主にコント漫才。阪本が小走りでマイクの前まで来る。冒頭で設定を説明し、そのシチュエーションを再現する。阪本の低く暗いボケに対し、中谷がハイトーンボイスで激しくツッコむ。

出囃子はL'luvia スキスキマイガール」。

出演[編集]

ラジオ[編集]

  • WEST SIDE JUNK LAUGH(2019年4月2日‐2019年4月30日)
  • ずっとマユリカでいいのに!!!(2020年2月16日、ABCラジオ)
  • マユリカのうなされながら見た夢のあとで!(2020年4月25日 - 、ラジオ関西)- 毎月第4週土曜日

賞レース成績[編集]

  • 2013年 R-1ぐらんぷり 準決勝進出(中谷)
  • 2015年 M-1グランプリ 準々決勝進出
  • 2016年 M-1グランプリ 準々決勝進出
  • 2017年 第2回上方漫才協会大賞 新人賞[13]
  • 2017年 M-1グランプリ 準々決勝進出
  • 2018年 第7回 ytv漫才新人賞 決勝進出
  • 2018年 キングオブコント 準々決勝進出[14]
  • 2018年 M-1グランプリ 準決勝進出(予選25位、敗者復活戦16位)
  • 2019年 キングオブコント 準々決勝進出[15]
  • 2019年 M-1グランプリ 準々決勝進出
  • 2020年 第9回 ytv漫才新人賞 決勝進出(新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者の疑いにより棄権)[11][12]
  • 2020年 M-1グランプリ 準々決勝進出[16]
  • 2021年 第10回 ytv漫才新人賞 決勝進出(第3位)[12]

単独ライブ[編集]

  • 2014年
    • 3月7日 「マユリカの30分」(5upよしもと
    • 6月26日 「マユリカの30分」(5upよしもと)
    • 7月23日 「マユリカの30分」(5upよしもと)
    • 8月27日 「マユリカの30分」(5upよしもと)
    • 9月29日 「マユリカの30分」(5upよしもと)
    • 11月9日 「マユリカの30分」(5upよしもと)
  • 2015年
  • 2016年
  • 2018年
    • 2月4日 「ラッキー!マユリカ!!ちっちゃくって!!!」(よしもと漫才劇場)
  • 2019年
    • 6月21日「遅れやがって!マユリカ‼︎絶対に許さないっ!!!」(よしもと漫才劇場)
    • 12月10日「ダメよ!マユリカ!!まずはあいさつよ!!!」(ヨシモト∞ホール)- 東京初単独ライブ
  • 2020年
    • 4月26日「ごめんね!マユリカ!!それっぽい理由がほしいの!!!」(よしもと漫才劇場、休演)
    • 11月6日「いっちょあがり!マユリカ!!あの子のウソ泣き見破り完了!!!」(よしもと漫才劇場)

脚注[編集]

  1. ^ a b マユリカ プロフィール”. 2019年4月16日閲覧。
  2. ^ a b 幼なじみコンビ・マユリカ「無理しなくても一緒にいられる人が、近くに残っていくし長く付き合える」”. ch FILES (2018年2月20日). 2021年4月25日閲覧。
  3. ^ 第70回新人コミック大賞 受賞作”. 小学館 新人コミック大賞. 2017年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月11日閲覧。 “佳作『シャンプーハット』中谷祐太(大阪府・22歳)”
  4. ^ a b WEST SIDE JUNK LAUGH(2019年4月2日放送)https://twitter.com/wsj_laughrock
  5. ^ a b WEST SIDE JUNK LAUGH(2019年4月9日放送)https://twitter.com/wsj_laughrock
  6. ^ ジュースごくごく倶楽部 https://www.youtube.com/channel/UC1eGKorlFUdHMyLmmbihPIA
  7. ^ WEST SIDE JUNK LAUGH(2019年4月16日放送)https://twitter.com/wsj_laughrock
  8. ^ ミキ昴生注目芸人は「謹慎明けのマユリカ」、粗品はセリヌンティウス級の親友をオススメ”. お笑いナタリー (2019年2月21日). 2019年3月3日閲覧。
  9. ^ マユリカ、謹慎後もトラブルに巻き込まれていた!? 1年4ヶ月ぶりの単独ライブ開催!”. ライブドアニュース (2019年6月30日). 2020年1月22日閲覧。
  10. ^ 棄権、破局、ビンタ出血…2020年最もツイてなかったコンビ・マユリカの不運エピソードがつらすぎる!”. ラジオ関西 (2020年12月30日). 2021年4月25日閲覧。
  11. ^ a b 前回棄権のマユリカ「ytv漫才新人賞」予選1位通過、優勝できたらすべて丸く収まる”. ch FILES (2020年10月31日). 2021年4月25日閲覧。
  12. ^ a b c 昨年、当日棄権のマユリカがリベンジ誓うも出番トップに ytv漫才新人賞決定戦”. 週刊デイリー (2021年2月8日). 2021年4月25日閲覧。
  13. ^ “双子コンビ「吉田たち」に上方漫才協会大賞”. 日刊スポーツ. (2017年1月9日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1763094.html 2017年1月10日閲覧。 
  14. ^ ジェラードン、霜降り明星、かが屋、四千頭身ら「キングオブコント」準々決勝へ”. お笑いナタリー (2018年8月10日). 2019年12月20日閲覧。
  15. ^ トム・ブラウン、エンペラー、錦鯉、金乳銀乳、コントD51ら「KOC」準々決勝へ”. お笑いナタリー (2019年8月3日). 2019年12月20日閲覧。
  16. ^ マユリカ | コンビ情報” (日本語). M-1グランプリ 公式サイト. 2021年4月29日閲覧。

外部リンク[編集]