真空ジェシカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
真空ジェシカ
SHINKU JESSICA
メンバー 川北茂澄
ガク
結成年 2011年
事務所 プロダクション人力舎
活動時期 2011年1月15日[1][2] -
出会い 大学のお笑いサークル
旧コンビ名 川北コンビ[3][4]
現在の活動状況 ライブ中心
芸種 漫才コント
ネタ作成者 川北茂澄
現在の代表番組 真空ジェシカのラジオ父ちゃん
同期 永田敬介マロンフェスタオズワルド など
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2011年 学生HEROES! 第1回 漫才を愛する学生芸人No.1決定戦 決勝進出
2019年 マイナビ Laughter Night 第5回チャンピオン大会 優勝
テンプレートを表示

真空ジェシカ(しんくうジェシカ)は、プロダクション人力舎所属のお笑いコンビスクールJCA20期と同期扱い。

メンバー[編集]

川北 茂澄(かわきた しげと)、 (1989-05-23) 1989年5月23日(31歳) - )ボケ・ネタ作り担当

  • 埼玉県出身。慶應義塾大学総合政策学部卒業。身長:172cm、体重:55kg、血液型:B型。
  • 日本習字八段・剣道三段。
  • ピンでネタを行う時は変装する事が多い。
  • 作家の悪口を言うライブを行う、歯医者で「痛かったら手を上げてください」と言われても絶対に上げない、など尖ったエピソードが多い。そのため、ゴッドタンテレビ東京)の企画「この若手知ってんのか」において、ヤバい芸人部門に2度ランクインしている。(第2回〈2015年〉-4位、第4回〈2017年〉-3位)
  • ゲームの「ぷよぷよ」が大好き。「芸人で一番強い」と自称している。
  • 合唱曲が大好きで、「song is my soul」を聴くと絶対泣く。
  • 家族の仲が良く、スターウォーズは家族全員で観に行く。
  • 中学生時代は指揮者をやったり、応援団長をやったりとイケイケの存在であった。
  • 2020年「大久保佳代子杯!人力舎若手芸人大喜利No.1決定戦」優勝。
  • ママタルト、中田(さすらいラビー)、高木(ストレッチーズ)と共にぷよぷよをプレイする生配信を毎週金曜日夜25時または不定期で真空ジェシカのYouTubeチャンネルにて「M-1グランプリ」と称して開催している。

ガク(本名:川俣 岳 (かわまた たける)、 (1990-12-03) 1990年12月3日(29歳) - ツッコミ・嘆き担当

  • 神奈川県出身。青山学院大学経営学部卒業。身長:172cm、体重:49kg、血液型:B型。
  • 以前は、初瀬悠太(ななまがり)と同じマンションに住んでいた。そのころは高木貫太(ストレッチーズ)、宇野(さすらいラビー)とルームシェアをしていたが、現在は高木と二人で住んでいる。
  • 小学生の時は中学受験のため、慶応対策コースに通っていた[5]
  • 5万円するメガネをしている。また、事務所に入る前はメガネをかけているという理由で、メガネ屋へ就職しようとしていた[6]
  • マヂカルラブリーに憧れてお笑いを始めた。
  • 2020年4月現在、家族の仲が悪い訳ではないが反抗期から戻るタイミングを失い、「はい」「いいえ」の返答でしか会話をしていない。
  • 大学生の時、満員電車で痴漢にお尻を触られたことがある[7]
  • 好きな体位は正常位[8]
  • 中学生時代、ゲームサイトのアカウントを乗っ取られるというサイバーいじめを受けていた[9]
  • 運転免許を持っていたことがある。
  • エロマンガ好きが高じて、大仰天の木場事変主催のトークライブ「エロマンガ好きの集い」に出演している。
  • COMIC快楽天」2020年6月号よりコラム「脳まで亀頭にならないように」の連載が開始した。
  • 「エモくならないところがいい」と川北に認められている。
  • 2020年8月8日、現在の名前に改名。それ以前は「ガク カワマタ」という名義で活動していた。

略歴・概要[編集]

2011年1月15日、大学在学中にコンビ結成。以前はそれぞれ別々で活動していたが、川北の前コンビの相方がプロになろうとしなかった為に少しでもプロへ行く可能性がある人と組もうと思い、同じく前コンビを解散していたカワマタとコンビを組む[10]

当初のコンビ名は「川北コンビ」だった[11]が、川北の好きなAV女優である希崎ジェシカの「ジェシカ」を取り、それにガクが語感の良さから「真空」を付け加える形で現在の名前となった[12][13][14][15]

同年3月、学生才能発掘バラエティ 学生HEROES!「第1回漫才を愛する学生芸人No.1決定戦」で決勝進出[16]。その際にプロダクション人力舎から声をかけられ、スパナペンチと共に2012年からスカウトという形で所属[17]。その為に事務所が運営する養成所スクールJCAには通っていないが、20期生と同期扱いとされている。

スピードワゴン小沢は、TV番組で何度も真空ジェシカを絶賛している。

芸風[編集]

以前はコントを中心にしていたが、現在は主に漫才を行う。漫才ではメタフィクション的な要素を入れることが多い。またそれぞれがピンネタを行うこともある。

不定期でYouTube[18]Xvideosにネタの動画をアップしている。またYouTubeに週1で真空ジェシカのギガラジオを配信中。

賞レース成績[編集]

  • 2011年 学生HEROES!漫才を愛する学生芸人No.1決定戦 決勝進出
  • 2012年 キングオブコント 2回戦進出
  • 2013年 R-1ぐらんぷり 準決勝進出(川北)
  • 2013年 キングオブコント 準々決勝進出
  • 2014年 R-1ぐらんぷり 3回戦進出(川北)
  • 2014年 キングオブコント 準々決勝進出
  • 2015年 R-1ぐらんぷり 2回戦進出(川北)
  • 2015年 キングオブコント 1回戦進出
  • 2017年 M-1グランプリ 準々決勝進出
  • 2018年 M-1グランプリ 3回戦進出
  • 2019年 M-1グランプリ 準々決勝進出
  • 2019年 マイナビ Laughter Night 第5回チャンピオン大会 優勝
  • 2020年 R-1ぐらんぷり 3回戦進出(ガク)

出演[編集]

ライブ[編集]

  • バカ爆走!(事務所ライブ、新宿Fu-)
  • Spark!(事務所ライブ)
  • でかぷっしゅ!!
  • 第1回単独ライブ「犬の整形の立ち会い」2018年6月29日・30日
  • プロダクション人力舎ライブ・どっきん!【2部】「漫ノ者」 2019年4月19日
  • プロダクション人力舎ライブ・どっきん!【3部】「ドクターベーション」 2019年7月14日
  • プロダクション人力舎ライブ・どっきん!【2部】「モンキー・M・マンザイ」 2020年2月21日

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 真空ジェシカ 卒業生プロフィール 笑いのゼミナール”. Wonder Notes. 2020年4月28日閲覧。
  2. ^ ホームページ上では「20011年1月15日結成」と書かれているが「20011年」は誤植である。
  3. ^ 真空ジェシカのギガラジオ4  NHK生放送出演決定とか
  4. ^ 真空ジェシカのギガメール ゲスト:オズワルド伊藤
  5. ^ 真空ジェシカのギガトーク 2019/1/31
  6. ^ 真空ジェシカのギガメール ゲスト:オズワルド伊藤
  7. ^ 真空ジェシカのギガメール 2018/12/20
  8. ^ 真空ジェシカのギガメール 2018/8/3
  9. ^ 真空ジェシカのギガメール 2018/5/31
  10. ^ ”トガり芸人”真空ジェシカ ラフターナイト優勝で「胸張ってスベるようになった」!?
  11. ^ 真空ジェシカのギガメール ゲスト:オズワルド伊藤
  12. ^ ガクカワマタ(真空ジェシカ) - twitter
  13. ^ ポケモンを題材にした漫才やXVideosにネタ投稿など実験的な試みを続けるラフターナイト王者・真空ジェシカ
  14. ^ 真空ジェシカのギガラジオ7 NHK生放送お疲れ様でした
  15. ^ 真空ジェシカのギガメール30 ゲスト:キズナ武田 2018/1/25
  16. ^ 真空ジェシカ プロフィール”. Wonder Notes. 2020年4月28日閲覧。
  17. ^ 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(164)】高学歴で鋭ったコンビ、真空ジェシカ
  18. ^ 真空ジェシカ YouTubeチャンネル
  19. ^ 2017年01月28日放送”. TBSラジオ. 2020年6月4日閲覧。
  20. ^ 2017年08月25日放送”. TBSラジオ. 2020年6月4日閲覧。
  21. ^ 2018年06月08日放送”. TBSラジオ. 2020年6月4日閲覧。
  22. ^ 2019年04月05日(金)放送”. TBSラジオ. 2020年6月4日閲覧。
  23. ^ 2019年06月14日(金)放送”. TBSラジオ. 2020年6月4日閲覧。
  24. ^ 2019年10月18日(金)放送”. TBSラジオ. 2020年6月4日閲覧。
  25. ^ 冠特番「真空ジェシカのラジオ父ちゃん」 12月15日(日)深夜1時〜放送決定!”. TBSラジオ (2019年12月10日). 2019年12月11日閲覧。
  26. ^ “真空ジェシカ『ラフターナイト』優勝記念特番 未知数の2時間生放送に意気込み「安心・健全を目指して…」”. (2019年12月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2150709/ 2019年12月11日閲覧。 
  27. ^ 真空ジェシカの冠特番「ラジオ父ちゃん」2時間生放送「安心・健全を目指して」”. お笑いナタリー (2019年12月10日). 2019年12月11日閲覧。
  28. ^ “「空気階段の踊り場」番組独立、後任は真空ジェシカが担当!”. https://www.tbsradio.jp/466978 
  29. ^ 真空ジェシカのラジオ父ちゃん”. TBSラジオ. 2020年4月11日閲覧。
  30. ^ 「真空ジェシカのラジオ父ちゃん」スタート、「空気階段の踊り場」は土曜深夜に”. お笑いナタリー (2020年3月23日). 2020年5月12日閲覧。

外部リンク[編集]