おいでやす小田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おいでやす小田おだ
本名 小田 芳裕(おだ よしひろ)
生年月日 (1978-07-25) 1978年7月25日(42歳)
出身地 日本の旗 日本京都府京都市
血液型 A型
身長 173 cm
言語 日本語
方言 京都弁
最終学歴 京都府立北稜高等学校
出身 NSC大阪校23期
コンビ名 蛇腹(2001年 - 2002年)
スーパー土瓶(2003年 - 2008年)
おいでやすこが(2019年 - )
相方

西森洋一(蛇腹)
奥重敦史(スーパー土瓶)
こがけん(おいでやすこが)

ゆりやんレトリィバァ(おいでやすレトリィバァ)
芸風 一人コント
フリップ芸
キレ芸
事務所 吉本興業
活動時期 2000年 -
同期 友近
チーモンチョーチュウ
吉田裕 など
配偶者 既婚
公式サイト 吉本興業株式会社 芸人プロフィール おいでやす小田
受賞歴
2016年 R-1ぐらんぷり 決勝進出
2017年 R-1ぐらんぷり 決勝進出
2018年 R-1ぐらんぷり 決勝進出
2019年 R-1ぐらんぷり 決勝進出
2020年 R-1ぐらんぷり 決勝進出
2020年 M-1グランプリ 準優勝(おいでやすこがとして)
テンプレートを表示

おいでやす小田(おいでやすおだ、1978年7月25日[1] - )は、日本お笑い芸人吉本興業所属。本名は小田 芳裕(おだ よしひろ)。京都府文化観光大使に任命されている[2]NSC大阪校23期生[1]。既婚[3]

来歴[編集]

京都府京都市出身[1]東京都狛江市在住。京都府立北稜高等学校卒。他の主な卒業生として先輩のチュートリアル、後輩のミキなどがいる。

大学の昼休みに思い立って衝動的にNSCのパンフレットを取りに行き、両親の反対を押し切り芸人になることを決意。大学は中退する。

2001年から西森洋一(現・モンスターエンジン)と蛇腹というコンビを1年半組んでいたが解散し、2003年頃から奥重敦史とコンビを4年半組んでいたが解散した。それ以降はピンで活動。2018年5月をもって活動拠点を大阪から東京に移した。

M-1グランプリでは毎回他のピン芸人と即席コンビを組んで出場している。2017年はゆりやんレトリィバァとの「おいでやすレトリバァ」(3回戦進出)、吉本新喜劇奥重敦史との「スーパー土瓶」を組み直してWエントリーで出場し、準々決勝に進んだ。2019年はこがけんとの「おいでやすこが」で出場(3回戦進出)。2020年には決勝進出を果たした。ファーストラウンドは一位通過し、最終決戦では7票中2票を獲得し、準優勝となった。

人物[編集]

身長173cm、体重56kg[1]血液型はA型[1]

ネタは主に一人コントだが、漫談をすることも。キレ芸を持ち味とする。

特技として50音絶叫ツッコミがあり、フリップ芸を得意とする。

趣味はバスケットボールで、特に90年代のNBAの選手に詳しくスコッティピッペンレジー・ミラー等のバスケモノマネができる。

「おいでやす小田」の名付け親はスーパーマラドーナの武智。

俳優の斎藤工のお気に入り芸人に選ばれ、メディアで紹介されている。

ダイアンが担当するラジオ"よな木ファミリー"(現在は月曜日に変更)の一員である。[4]

シャンプーハットのこいでが主催する”なにわボケの会”に唯一のツッコミ芸人として所属している。

エピソード[編集]

  • 小田が以前住んでいた自宅のトイレに、野生のヌートリアが水を飲みにきていたエピソードをダイアンのラジオ内で紹介され、ダイアンのラジオではたびたびおいでやす小田の話題が上がる。また、ダイアンリスナーからは「ヌートリア=おいでやす小田」として認知されている。ヌートリアは約30日間小田の自宅にお菓子を食べて水を飲みに通った。
  • R-1ぐらんぷりでは2016年から連続で決勝進出を果たしているが裸芸人にトラウマがある。いずれもおいでやす小田の1つ前の順番でネタを披露したハリウッドザコシショウ(2016年優勝)、アキラ100%(2017年優勝)が2年連続頂点にたっているという過去がある。
  • 2018年R-1ぐらんぷりで披露したホテルマンに扮し失礼な客にツッコミまくる「ホテルのフロント」のモデルはおいでやす小田本人である。
  • ゲスト出演者が主宰者のおいでやす小田で大いに遊ぶ企画ライブ「おいでやす小田で遊ぼう!」を定期的に行なっている。毎回想定の倍、むちゃくちゃにされ、「シリーズ化しようと思っていたんですけど、一旦持ち帰ります。」と語るほど過酷なライブとなっている。[5]
  • 憧れの松本人志にNGKのトイレで初対面した際第一声で「おいでやすやんけ、お前オモロイな」と言われたエピソードや、たまたまTwitterを開いた際、松本人志が「R1のネタではおいでやす小田が1番」との発言をしたと知り嬉しさのあまり血が逆流したとの回想を松本家の休日で話す。
  • 前述の通りキレ芸が持ち味だが、怖い人と思われるのが嫌。おいでやすこがとして決勝進出したM-1グランプリでは「僕は怖い人ではない」と発言。おいでやすこがのYouTubeチャンネルでの生配信では「可愛いと思われたい」と発言している。
  • 2021年1月9日放送の関西テレビモモコのOH!ソレ!み〜よ!」で、ゲストの藤山直美がお気に入りのお笑い芸人をランキング形式で発表するという企画において、1位となった。
藤山はハワイから久しぶりに帰国するという友人から小田がおもしろいという情報を受けことをきっかけにYouTubeなどから小田のネタをすべて覚えるほど視聴し「おいでやすが一番好きや」と評するまでに至った。
番組の収録は2020年12月20日に開催されたM-1グランプリ2020決勝の6日前であり、さらに藤山は1年前に行われた番組打ち合わせの時点で、すでに小田のことを1位として評価していた。
番組は小田にゲストが誰か知らせないままスタジオに登場してもらうというドッキリを敢行。
別室に待機していた小田は、MCのハイヒールモモコに「どんな方があんたを気に入っていると思う?」と問われると、「奈良に1人だけファンの人がいるんですけど、その方ですか?」と返し、笑いを誘った。[6]

出演[編集]

テレビ[編集]

過去の出演[編集]

映画[編集]

ラジオ[編集]

ライブ[編集]

単独ライブ[編集]

  • 2011年8月5日 - おいでやす小田ソロライブ「どストレート」(大阪)
  • 2012年8月7日 - おいでやす小田単独公演「どストレートⅡ」(5upよしもと、大阪)
  • 2015年6月30日 - おいでやす小田単独ライブ「どストレート3」(道頓堀ZAZA POCKET’S、大阪)
  • 2016年
    • 4月20日 - おいでやす小田東京&大阪単独ライブツアー「九回裏のどストレート」(道頓堀ZAZA HOUSE、大阪)
    • 4月30日 - おいでやす小田東京&大阪単独ライブツアー「九回裏のどストレート」(新宿シアターモリエール、東京)
  • 2017年
    • 7月26日-おいでやす小田初のトークライブ「おしゃべりやす」(ロフトプラスワン、大阪)
    • 11月3日-おいでやす小田のおい!(HEP HALL、大阪)  
  • 2018年
    • 3月27日-小田さんと遊ぼう(ZAZAハウス、大阪)
    • 4月13日-おいでやす小田とはんなりな仲間たち(祇園花月、京都)
    • 7月6日-おいでやす小田で遊ぼう(ルミネtheよしもと、東京)
    • 8月31日-おいでやす小田単独LIVE 上京どストレート(ヨシモト∞ホール、東京)
    • 12月9日-おいでやす小田で遊ぼう(ルミネtheよしもと、東京)
  • 2019年
    • 5月16日-おいでやす小田で遊ぼう(ルミネtheよしもと、東京)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 吉本興業株式会社 芸人プロフィール おいでやす小田”. 吉本興業. 2017年3月9日閲覧。
  2. ^ “よしもとニュースセンター : よしもと芸人が京都の魅力をPR! 京都府文化観光大使委嘱式を京都府庁で開催‼︎”. よしもとニュースセンター. http://news.yoshimoto.co.jp/2017/09/entry75829.php 2018年4月14日閲覧。 
  3. ^ おいでやす小田 極貧アパート時代に夜な夜なヌートリアが|役者・芸人「貧乏物語」”. 日刊ゲンダイDIGITAL. 2020年12月23日閲覧。
  4. ^ Inc., Natasha,. “ダイアンの元によな木ファミリー集結!武将様もおさやんもヌートリアも、林は来ず(ライブレポート / 写真22枚) - お笑いナタリー” (日本語). お笑いナタリー. 2018年4月14日閲覧。
  5. ^ Inc., Natasha,. “【ライブレポート】俺をバカにするなー!おいでやす小田、和牛やコマンダンテに「想定の倍」遊ばれる(写真18枚) - お笑いナタリー” (日本語). お笑いナタリー. 2018年8月18日閲覧。
  6. ^ 藤山直美「一番好き」な芸人はあの人 1年前から評価も…本人は困惑「そんな人います?」”. スポーツニッポン (2021年1月9日). 2021年1月9日閲覧。
  7. ^ Inc, Natasha. “有吉MC「オールスター後夜祭'19春」あかつ、コウメ、ジョイマン、ザコシ集結” (日本語). お笑いナタリー. 2019年4月10日閲覧。

外部リンク[編集]