漫才

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ボケ (漫才)から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

漫才(まんざい)は、古来の萬歳を元にし愛知県の尾張万歳の影響を受け、日本近畿地方で独自に発達したとされる、2人の会話の滑稽な掛け合いの妙などで笑わせる演芸話芸大正末期、映画弁士によって始められた漫談にちなみ、1933年(昭和8年)頃に吉本興業宣伝部によって漫才と名付けられた。漫才を行う者は一般的に「漫才師」と呼ばれるが、所得税法では「漫才家」の表記が使われている[1]。近畿圏の漫才を特に上方漫才(かみがたまんざい)という。現代では漫才というと一般的に横山エンタツ花菱アチャコが創始した「しゃべくり漫才」を指すことが多い。

歴史[編集]

正月の祝賀会で漫才を披露する2人組を描いた19世紀日本画(作者不明)。前方がツッコミ、後方がボケを担当。

漫才の発祥と言われる萬歳(まんざい)は、平安時代から始まった芸能で、新年を言祝ぐ(ことほぐ)歌舞である。2人一組で家々を訪れ、新年を祝う口上を述べた後に、1人片方が打つ鼓に合わせてもう1人が舞う。江戸時代には、全国各地でその地名を冠した尾張万歳三河万歳、その後、大和万歳などが興り、歌舞のみでなく言葉の掛け合い噺や謎かけ問答を芸に加えて滑稽味を増し発展していった。しかし、第二次世界大戦後にはほとんど行われなくなっていき今では保存会などの復興・継承がされている。

明治時代から行われた大阪の寄席演芸である万才(まんざい)は、この萬歳のうち三曲萬歳をベースにしたとされる。三曲萬歳は胡弓三味線で囃したてる賑やかな萬歳で、初期の万才もこれに倣って楽器伴奏を伴っていた。初期の万才の芸人には、万才という分野を切り開いたパイオニアである玉子屋円辰市川順若や、砂川捨丸・中村春代のコンビなどがある。現在の上方漫才は、玉子屋円辰や砂川捨丸ら、大阪の江州音頭取り芸人たちが、巡業先で訪れた当時の万歳の本場であった尾張の万歳師からこの音曲万歳を習ったのが始まりであり、尾張万歳から派生したものとされている。また彼らの門流が活躍、秋田實の論文によれば、玉子屋円辰が曽我物語を歌った時の、代役の太鼓敲きとのやり取りがボケとツッコミの始まりで、ここから今日の近代漫才が始まった。ただし当時の寄席演芸は落語が中心であり、万才は添え物的な立場に置かれていた。

その後、や、俄から転化し2人で落語を演じる形式の軽口噺浪曲の要素が混ざり合い、大正末期には吉本興業の芸人である横山エンタツ花菱アチャコのコンビが画期的な「しゃべくり漫才」で絶大な人気を博した。彼らの漫才は従来の和服太鼓の萬歳・万才とは全く異なりスーツ姿で会話のみという、一線を画す形式だった。このスタイルが以後の漫才に踏襲されていき、日本古来の太鼓で唄う萬歳・万才は廃れていった。

「しゃべくり漫才」は、アメリカの話芸ダブルアクト英語版にも影響を受けているとされる。ビートたけしは漫才の直接的なルーツはアメリカにあるとしている。アメリカのほか、ドイツ韓国中国などの国々にも似たような2人組の話芸があって、日本の漫才のように空気を読んだボケ、ツッコミも見られる。

昭和初期までは基本的に「萬才」「萬歳」の表記が使われることが多かったが、吉本興業は一般公募で呼び方を募集。「滑稽コント」「ユーモア万歳」「モダン万歳」「ニコニコ問答」などの公募があったが橋本鐵彦(後の同社社長)が納得するのがなく自ら「漫才」と漢字表記だけを変えた[2]1933年(昭和8年)1月に吉本興業内に宣伝部が創設され、この宣伝部が発行した「吉本演藝通信」の中で「漫才」と表記を改称することが宣言されたことから、現在では当時同社の宣伝部門を統括していた橋本を「漫才」の名付け親とするのが通説となっている。しかしこの前年の1932年(昭和7年)3月に吉本興業が「吉本興業合名会社」として改組された際に、営業品目の一つとして「漫才」の表記が既に使われていること(なお、橋本の吉本興業入社は合名会社への改組後である)などから、「漫才」の名付け親は橋本ではなく、当時同社の総支配人だった林正之助であるとする説もある[3]。正之助は橋本が勇退してからは「わしが考案した」「わしが橋本に提案した」など自慢していたという[注 1]。長らく吉本新喜劇・文芸部所属でエンタツ・アチャコと接してきた竹本浩三は正之助の名付け親説を否定している。小島貞二は橋本説をとりつつ、「漫才」の表記が広まり、定着したきっかけを、1934年(昭和9年)4月25日から3日間、東京・新橋演舞場で開催された「特選漫才大会」の宣伝物や紹介記事としている。当時東京吉本の責任者だった林弘高が小島に語ったところによると、弘高が演芸愛好家である作家の長谷川伸の相談をあおぎ、同興行の開催をきっかけに表記の本格的な統一を決めたとしている[5]。当初、「漫才」の表記には花月亭九里丸など芸人の間で批判があった[2]

エンタツ・アチャコ以降、漫才は急速に普及して他のスター漫才師を生みだし、秋田實などの漫才作家も活躍した。東京ではエンタツ・アチャコと懇意にしていた柳家金語楼が触発されて、一門の梧楼と緑朗に高座で掛け合いを演じさせ、これが今日の東京漫才の祖とされるリーガル千太・万吉に繋がった。一方、砂川捨丸・中村春代や東京の松鶴家千代若・千代菊など、お囃子を取り入れた古典的なスタイルを崩さなかった漫才師もいた。

太平洋戦争の中で、漫才師たちは、相方の戦死・病死・消息不明などに見舞われる。吉本興業は映画会社へ転身を図り、ほとんどの専属芸人を解雇した。また、同社と専属契約していなかった漫才師たちは大阪に結集し、仕事の受注やマネージメントをする団之助芸能社を立ち上げた。松鶴家団之助が交通の便などがよかったために西成区山王で芸人を集めたため、山王は『芸人横丁』と呼ばれ地元の人に親しまれた。その後、交通機関の発達で山王を離れての活動が容易になり、多くの芸人は千土地興行新生プロダクション、上方芸能(いずれも後の松竹芸能)、そして演芸興行を再開した吉本興業と契約するようになった。

1950 - 1960年代、上方では中田ダイマル・ラケットミヤコ蝶々南都雄二かしまし娘夢路いとし・喜味こいし海原お浜・小浜暁伸・ミスハワイタイヘイトリオ鳳啓助京唄子人生幸朗・生恵幸子漫画トリオなどが、東京では前述の千太・万吉のほか、コロムビア・トップ・ライト大空ヒット・三空ますみ宮田洋容・布地由起江都上英二・東喜美江内海桂子・好江獅子てんや・瀬戸わんやWけんじなどがラジオ・テレビで活躍した。

1970年代、上方では中田カウス・ボタンコメディNo.1レツゴー三匹海原千里・万里、などが台頭して新たな笑いを築いた。東京はコントに笑いの主流が移っていく中で青空球児・好児昭和のいる・こいる星セント・ルイス、などが賞レースを賑わせた。

1980年には、関西テレビの番組『花王名人劇場』や、フジテレビの番組『THE MANZAI』から漫才ブームが起こり、横山やすし・西川きよしB&B今いくよ・くるよザ・ぼんちツービート太平サブロー・シロー島田紳助・松本竜介西川のりお・上方よしおオール阪神・巨人などの中堅や若手漫才師が人気を集めた。彼らの中には現在でも芸能文化活動の第一線で活躍している者が多い。

2001年に漫才のコンテスト『M-1グランプリ』が島田紳助の発案によって創設された。初代優勝者の中川家を筆頭に、ますだおかだフットボールアワーブラックマヨネーズチュートリアルサンドウィッチマンNON STYLEトレンディエンジェルなどが優勝した。南海キャンディーズオードリーメイプル超合金など、本大会をきっかけにブレイクしたコンビも多い。

『M-1グランプリ』の登場は漫才を大きく変えたとされ、M-1のネタ時間に合わせてネタを作る若手芸人も増えた。NON STYLEの石田明は「僕らの時代は、10分用のネタをM-1用に半分以上に削っていた。もしくは、まったく別につくっていました。でも今の若手は10分の出番だったら5分のネタを2本やるのが当たり前になっています。『もうええわ』って1本目を締めて、『そんなことよりな』って2本目のネタに入る。5分ネタなら無駄を削って4分にするのは簡単ですから。これは完全にM-1の影響だと思います」と語っている[6]

ボケとツッコミ[編集]

漫才やコントのコンビは基本的に、ボケツッコミと呼ばれる二つの役割に分けることができる。萬歳の太夫と才蔵にあたる。

ボケは、話題の中で面白い事を言うことが期待される役割である。話題の中に明らかな間違いや勘違いなどを織り込んで笑いを誘う所作を行ったり、冗談などを主に言う。

ツッコミは、ボケの間違いを要所で指摘し、笑いどころを提示する役割を担う。この時、口頭での指摘の他に、ボケの頭や肩や胸の当たりを、平手や手の甲や小道具で叩いたり、腰や太腿、尻などを蹴る場合がある。

もともとボケは、そのとぼける行為によって笑いを誘うことが多かったことからとぼけ役と呼称されていた。芸席において紹介のつど「つっこみ(役)・とぼけ(役)」と称されていたことが、後に音だけで「つっこみ(役)とぼけ(役)」→「つっこみ(役)と、ぼけ(役)」のように転じたことから、現在のように「つっこみ(役)・ぼけ(役)」と称されている。

大辞泉』によれば、ツッコミは「漫才で、ぼけに対して、主に話の筋を進める役」とされているが、ボケが話の進行役を担当するコンビも少なくない。またその役割分担も必ずしも固定的ではなく、流れによって自然にボケとツッコミが入れ替わる展開も用いられる。そのため、ボケとツッコミは厳密には固定化された役割とは限らず、やり取りの様を概念化したものと考えるのが妥当である。

ツッコミが進行するコンビは爆笑問題中川家昭和のいる・こいる夢路いとし・喜味こいしNON STYLEオードリー等がいる。ボケが進行するコンビとして宮川大助・花子大木こだま・ひびきナイツフットボールアワーアンタッチャブルブラックマヨネーズ霜降り明星ミキミルクボーイ等がいる。役割分担が固定的ではない漫才師には、中田ダイマル・ラケット横山やすし・西川きよし中田カウス・ボタンオール阪神・巨人トミーズおかけんた・ゆうた三四郎和牛などが該当する。また笑い飯ジャルジャル囲碁将棋のように双方ボケ・ツッコミのコンビもいる。またハライチのようにボケが振った冗談にツッコミが乗って体現しながらボケを繰り返しツッコミを入れず、ネタの最後にツッコミを入れてオチを付ける芸風もある。

トリオ漫才においては、ボケ2人に対してツッコミ1人のパターンが多い。ネタの役割分担によって大きいボケをする者を大ボケ、小さいボケを小ボケと区別することもある。

表現の様式[編集]

漫才は主に2名で演じられるが、3名以上のグループが演じる漫才もある。BGMなどを使用する場合や、演者が楽器を演奏する場合もある。

衣装は、男性の場合、伝統的にはペアあるいはそれに類するスーツ着用が主流で、原色のラメなどで派手に彩られるものが多かった。しかし、1980年代の漫才ブーム以降は、カジュアルなストリートファッションで演じられることが多くなっていった(最初にジーパンで行ったのは中田カウス・ボタン)。キャラ作りや自らのトレードマークの誇示のために片方、もしくは双方が特徴的な衣装や髪型をすることもある(片方はタカタカアンドトシ)、石田明NON STYLE)、山本しろう(エルシャラカーニ)、多田健二COWCOW)、春日俊彰オードリー)など。双方は髭男爵や若手時代のジャルジャルゆにばーすコウテイなど)。また銀シャリミキのように、一種の「記号」としてあえてスーツを着用するケースもある。近年ではオードリーぺこぱEXITなど、舞台上でキャラを演じる「キャラ漫才」も多くみられる。

小道具は用いないか、用いたとしても点数はごく僅かである。衣装・小道具に関しての制約は少ない。音楽や照明の効果には頼らないことが多いが、アルコ&ピース真空ジェシカなどの一部の漫才師は使用する。なお必須ではないがスタンドマイク(ソニーのC-38B(通称「サンパチ」)がよく使われる)が置かれることが多く、舞台の中央に置かれることから「センターマイク」と呼ばれる。近年はより効率よく音を拾えるピンマイクもつけて演じることが多いが、通電していないスタンドマイクをシンボル的に置くことがテレビ番組や舞台ではよく行われている。

主な漫才の種類[編集]

前田勇は自著において、漫才を、以下の4類10種に分類した[7]。漫才師の芸およびネタは、これら10種の要素を、どれかひとつ特化させているか、または組み合わせている。

本格的舞踊を滑稽にくずして見せるもの。

しゃべくり漫才、コント漫才について[編集]

現在では、主に次の2つが「漫才」の一般的な形として認識されている。

しゃべくり漫才
楽器、歌唱を用いず、しゃべくり(=会話)のみで展開する漫才。現代において最もオーソドックスな形態であり、歴史の浅いコント漫才と比較して、正統派漫才と言われる。平成以降においては、中川家ますだおかだブラックマヨネーズチュートリアルスピードワゴンタカアンドトシナイツ銀シャリかまいたちミキミルクボーイなどが該当する。
コント漫才
ボケ、ツッコミ共に、衣装や立ち位置もそのままで設定した役になりきり、ボケとツッコミの応酬をする漫才を、コント漫才と呼ぶ。しゃべくり漫才のネタをコント漫才として流用する場合や、コントのネタをコント漫才として演じる場合もある。コントと違い、数多くのボケ、あるいはコント用のセットがないことを逆手に取ったボケを入れられるのが特徴である。平成以降においては、アンタッチャブルフットボールアワートータルテンボスパンクブーブーサンドウィッチマン麒麟ダイアン千鳥和牛などがよく行う。霜降り明星スーパーマラドーナなど片方のみが役になりきる場合や、おぎやはぎキングコングNON STYLEなど同じシチュエーションを繰り返す場合も多くみられる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 澤田隆治は、別の著作で「林正之助さんぐらい思いっきり長生きすると、まわりに反論する人が誰もいないから、なんでも自分がやったことになる。」とも述べている。林の没後、「漫才」の名付け親の真相について橋本に尋ねたところ、「あの方がそういわれるのだったら、そうでしょう」と回答され、「歴史は権力者のものなのだということを知らされた思いがした」と述懐している[4]

出典[編集]

  1. ^ 法令集の散策 - 参議院法制局
  2. ^ a b 『わらわし隊の記録』(早坂隆著、中公文庫2010年(平成22年))pp.90 - 91
  3. ^ 『上方芸能・笑いの放送史』(澤田隆治著、日本放送出版協会1994年(平成6年))pp.30 - 33
  4. ^ 『決定版上方芸能列伝』(澤田隆治著、筑摩書房2007年(平成19年))p.235
  5. ^ 小島貞二『漫才世相史 改訂新版』 毎日新聞社、1978年 pp.112-114「『漫才』に統一」
  6. ^ ノンスタ石田が語る漫才と競技化(1)「M-1の影響でネタ作りが変わった」
  7. ^ 前田勇『上方まんざい八百年史』杉本書店、1975年

関連項目[編集]