小栗有以

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おぐり ゆい
小栗 有以
どっぼーん1周年記念ライブ!にて
(2022年1月22日)
プロフィール
愛称 ゆいゆい
生年月日 2001年12月26日
現年齢 22歳
出身地 日本の旗 日本東京都
血液型 AB型
公称サイズ(2020年[1]時点)
身長 163 cm
活動
デビュー 2014年
所属グループ AKB48
活動期間 2014年 -
備考 元チーム8 / 元チームA兼任→元チームB兼任→元チームB
他の活動 ファッションモデル女優
事務所 ゼスト
主な出演作 テレビドラマ
マジムリ学園
恋に無駄口
アイドル: テンプレート - カテゴリ

小栗 有以(おぐり ゆい、2001年平成13年〉12月26日 - )は、日本アイドルファッションモデル女優であり、女性アイドルグループ・AKB48のメンバーである[2]。元チーム8 東京都代表。東京都出身[2]ゼスト所属。『LARME』のレギュラーモデル[3]。愛称は、ゆいゆい[2]。身長163 cm。血液型はAB型[4][5]

来歴[編集]

2014年の『AKB48 Team 8 全国一斉オーディション』に東京都代表として合格し、同年4月3日に発足したチーム8のメンバーとしてお披露目される[6]

2016年7月から8月にかけて行われた『れなっち総選挙』で1位を獲得し[7][8]、「レナッチーズ」として参加した楽曲「ハッピーエンド」ではセンターを務め[9]、れなっち総選挙選抜メンバーによる写真集『AKB48れなっち総選挙選抜写真集 16colors』も発売された[10]。11月16日発売のAKB48の46thシングル『ハイテンション』で初めてシングル表題曲の選抜メンバーに入った[11]。12月20日発売の『LOVE berry』vol.5より、同誌の専属モデル(ラブモ)に起用される[12]。また、2018年3月17日発売の33号より、女性ファッション誌『LARME』のレギュラーモデルに起用される[13][14]

2017年1月14日には、TOKYO DOME CITY HALLで自身初のソロコンサート『チーム8 小栗有以ソロコンサート「新春!チーム8祭り〜小栗有以の乱〜」』を行った[15][16]。同年に実施された『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』では51位(フューチャーガールズに選出)となり、初ランクインする[17]。12月8日に行われた『AKB48劇場12周年特別記念公演』で発表された組閣人事においてチームA兼任となった(新チーム体制への移行は2018年4月から)[18][19]

2018年6月12日の新チームA『目撃者』初日公演で前田敦子のポジションを担当した[20]。5月30日発売の52ndシングル『Teacher Teacher』でシングル表題曲において自身初のセンターに抜擢される[21][22]。同年に実施された『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』では25位(アンダーガールズに選出)となり、ランクアップする[23][24]。また、7月放送開始のテレビドラマ『マジムリ学園』では連続ドラマ初主演を務め[25]、10月19日から28日にかけて上演された舞台版『マジムリ学園』では、岡田奈々とのダブル主演となった[26][27]インドネシア国内のポカリスエットのCMキャラクターに抜擢され、9月テレビ放送開始の『POCARI7』のCMにより、初めて日本国外のテレビCMに出演する[28]。ウェブでの公開開始から1か月経たない10月に、CM動画のミュージックビデオ(MV)「Sweat For Your Dream」の再生回数が1000万回を突破した[29]

2019年12月31日の『第70回NHK紅白歌合戦』では、センターポジションを務めた[30][31]

2020年1月26日には、TOKYO DOME CITY HALLで自身2回目のソロコンサート『AKB48小栗有以ソロコンサート〜YUIYUI TOKYO〜』を開催した[32]。2月22日、渋谷ストリームで開催された『2020 AKB48新ユニット!新体感ライブ祭り♪』初日公演で美少女5人組ユニット「IxR」(アイル)のメンバーとしてパフォーマンスを披露[33]。同年3月、高等学校を卒業した[31]

2021年1月18日、SKE48の運営会社の「ゼスト」に所属することが発表された[34][35]。11月5日、1st写真集『君と出逢った日から』[36]が翌2022年1月18日に発売されることが公表された[37]。11月21日・22日に開催された『東京ネイルエキスポ ONLINE 2021』において「ネイルクイーン 2021」に選出された[38]

2021年12月8日に開催された『AKB48劇場16周年特別記念公演』において組閣発表が行われ、チームA兼任からチームB兼任に変更になることが発表された[39]

2022年1月10日、神田明神で開催されたAKB48の新成人メンバーによる成人式に出席した[40]

同年1月28日発表の「オリコン週間BOOKランキング」で1月18日発売の1st写真集『君と出逢った日から』が週間1万6000部を売り上げて2位となり、同ランキングのジャンル別「写真集」では1位となった[41]

2022年10月5日よりTBS『ラヴィット!』10 - 12月の「ラヴィット!ファミリー」水曜担当として出演[42]

2023年4月末でのチーム8の活動休止に伴い、5月1日よりチームB専任のメンバーとなった[43]

同年9月27日に発売される62ndシングル『アイドルなんかじゃなかったら』で、『Teacher Teacher』(2018年5月発売)以来、5年ぶり2度目のシングル表題曲のセンターを務める[44][45]

同年の『夢叶えるプロジェクト』で映画単独初主演[46]

人物[編集]

左利きである[47]

ブランコに乗るのが好きで、中学校1年生の時になくなってしまった近所の公園にいつも学校帰りに立ち寄って、ブランコに乗って友達と話をしていた[48]。中学生の頃まではサンタクロースの存在を信じていて、中学校2年生の時に母親がクリスマスプレゼントを用意していたことに気付き、それまで気を遣って6つ上の兄と3つ上の姉が自分たちも信じているふりをしてくれていたことにも気付いた[48]

「小さい頃からカントリーマアムが大好き」で、AKB48のチーム8のメンバーとして各都道府県に行って色々な味があることを知り、「各地のカントリーマアムを集めるのに、はまってしまいました」と2019年7月の「カントリーマアム35周年誕生祭」イベントで明かした[49][50]。カントリーマアムのほかに好きな食べ物は、寿司、肉、パンケーキ、果物[1]

趣味はカメラで写真を撮ること、食べ物の栄養を調べること[1]

新型コロナウイルスの感染拡大による2020年の自粛期間にウクレレを習得した[51]

出演ドラマに関するインタビューで、自分の夢を叶える秘訣についてという質問に、「自分のゴールを決めすぎずに何事にも挑戦すること」、「自分に自信がある人はすごくキラキラしているし素敵なオーラを感じるので、とにかく楽しんで目標があれば努力して自分に自信をつけることが大事だと思います」と答えている[52]。また、「たくさんの作品に出演して、いろんな役を演じることができる俳優が素敵で魅力的に感じる。ナチュラルな、自然な演技をできる人になりたい」と言い、憧れの女優としてAKB48の先輩の川栄李奈の名前を挙げている[53]

AKB48[編集]

キャッチフレーズは、「みーんなのハートを(とっちゃう、とっちゃう) 東京から来ました“ゆいゆい”こと小栗有以です」[22]。AKB48内で独自に動くチーム8では人気メンバーであり、「2万年に1人の美少女」の異名を持つ[54][55]

チーム8のオーディションを受けたきっかけは、AKB48を好きな友達に誘われたことだったが、実際に応募したのは小栗だけだった[56]

小学3年生の時に、友達の親が作ってくれた衣装を着て友達と「ヘビーローテーション」を歌うなど、地区会館でミニコンサートをやっていた[56]

2016年に入り、ソロ活動やAKB48選抜メンバーとしての活動も増えたが、「チーム8」を背負っていることを意識して撮影や収録に臨んでいるという[57]

2017年1月開催のソロコンサート「小栗有以の乱」については、シングル表題曲初選抜となった「ハイテンション」のMV撮影時に親しくなった指原莉乃から「何か困ったことがあったら相談して」と言われていたこともあり、不安になって指原に相談してセットリスト作りを助けてもらった[58]。また、指原に「どうすればそんなに煽りが上手くなれますか?」と聞いたら「“ゆいゆいらしく”が一番だよ」とアドバイスされ、「私は私らしくいよう!と、自分の言葉で気持ちを伝えることを意識するように」なったという[58]

目標、憧れている人は渡辺麻友である[1]。2017年10月31日に行われた渡辺麻友の卒業コンサートで、渡辺から王道アイドルの後継者に指名された[56][59][60]。アイドルでいる上で何が必要か渡辺に尋ねたことがあり、「自分を持つこと」「自分を守るのは自分しかいないから」「自分の信じた道を真っ直ぐ行くこと」だという答えが返ってきて、2018年は「自分の信じた道を真っ直ぐに行く」を意識していきたいと、雑誌のインタビューで語っている[56]

1st写真集出版の取材インタビューでは「ちょっと背伸びした大人っぽい私も見せたい。ファンの方にドキッとしてほしい」という思いが込められており、「お風呂のカットは本当にちょっとのぼせているのでぜひ見てほしいし、すっぴんはメンバーにも家族にもほとんど見せたことがないので貴重です(笑)」と述べている[61]。また、「王道とか、正統派アイドルとか言っていただけるのがうれしい。麻友さんようにAKB48として、アイドルとして、まっすぐ進んできたつもりなので」、「これからも麻友さんのように真面目にAKB48を愛して、しっかり守っていきたい」とも述べている[61]

小栗がAKB48に浸透してゆくきっかけとして、自らがプロデュースする「青春はまだ終わらない」公演のメンバーに選んでくれた岩本輝雄はもちろんだが、れなっち総選挙でセンターに選んでくれた加藤玲奈には、すごく感謝している[62]

2023年12月8日、AKB48劇場で行われた「18周年特別記念公演」において、2023年の1年間で最も活躍したメンバーらをメンバー間の投票で選ぶ「AKB48 Award Member of the Year」が開催され、小栗がMVPを受賞した[63]

AKB48での参加楽曲[編集]

シングル選抜楽曲[編集]

アルバム選抜楽曲[編集]

ここがロドスだ、ここで跳べ!』に収録

  • へなちょこサポート - 「Team 8」名義

0と1の間』に収録

  • 一生の間に何人と出逢えるのだろう - 「Team 8」名義

サムネイル』に収録

  • ランナーズハイ

僕たちは、あの日の夜明けを知っている』に収録

  • ごめんね、好きになっちゃって…

配信限定楽曲[編集]

  • 近いのに離れてる
  • 恋人いない選手権

劇場公演ユニット曲[編集]

チーム8「PARTYが始まるよ」公演

  • クラスメイト

チーム8「会いたかった」公演

  • 涙の湘南
  • 恋のPLAN
  • 背中から抱きしめて
  • リオの革命

岩本輝雄「青春はまだ終わらない」公演

岡部チームA「目撃者」公演

「僕の夏が始まる」公演

  • さっきまではアイスティー[65]

作品[編集]

映像作品[編集]

  • AKB48 Team 8 SOLO CONCERT 新春!チーム8祭り 小栗有以の乱/倉野尾成美の乱/坂口渚沙の乱(2017年8月8日、AKS、AKB-D2356/7)

コンサート[編集]

  • チーム8 小栗有以ソロコンサート「新春!チーム8祭り〜小栗有以の乱〜」(2017年1月14日、TOKYO DOME CITY HALL[15]
  • AKB48小栗有以ソロコンサート〜YUIYUI TOKYO〜(2020年1月26日、TOKYO DOME CITY HALL)[32][66]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

映画[編集]

  • 未成仏百物語〜AKB48 異界への灯火寺〜(2021年9月10日公開、キグー) [84]
  • ガールズドライブ(2023年11月10日公開、キグ―) - 主演・南小春 役[注 2][85]
  • 夢叶えるプロジェクト(2023年12月8日 - 10日) - 主演・清水加奈 役[46][86]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

インターネットテレビ[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

ファッションショー[編集]

CM[編集]

広告[編集]

  • dazzlin(2023年12月8日 - )- モデル[121][122]
  • コーセー 「メイク キープ ミスト EX」(2023年12月21日 - ) - PRムービー出演[123]

イベント[編集]

イメージキャラクター[編集]

書籍・新聞[編集]

写真集[編集]

雑誌連載[編集]

  • LOVE berry(2016年12月20日 - 、徳間書店) - 専属モデル(ラブモ)[注 5]
  • LARME(2018年3月17日 - 、徳間書店) - レギュラーモデル[136]

新聞連載[編集]

カレンダー[編集]

  • 小栗有似 2024.04-2025.03 カレンダー 壁掛け型・卓上型(2024年3月29日発売予定)[138]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 初冠番組、2時間特別番組。
  2. ^ 山内瑞葵倉野尾成美、山﨑空との4人で主演。
  3. ^ 当初は2022年7月上演予定だったが、公演関係者複数名の新型コロナウイルス感染症の陽性反応が確認されたことから全公演を中止[101]。2023年1月・2月に延期公演を実施[100]
  4. ^ ポカリスエットCMソング「キミの夢は、ボクの夢。」のインドネシア語バージョン。
  5. ^ 2016年12月20日発売のvol.5より専属であるが[12]、2015年12月25日発売のvol.1より出演している[135]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『AKB48 Team 8 6th Anniversary Book』光文社、2020年4月6日、80頁。ISBN 978-4-334-90255-1 
  2. ^ a b c 小栗 有以.メンバープロフィール、AKB48公式サイト
  3. ^ “AKB48新センター・小栗有以、レギュラーモデルとして『LARME』初登場”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年3月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2107712/full/ 2018年3月21日閲覧。 
  4. ^ 小栗有以[公式] [@yuiyui_maromaro] (2022年8月20日). "ついについに…!20歳になり初めて…血液型を調べてきました✨ "AB型"でした😶". X(旧Twitter)より2022年8月20日閲覧
  5. ^ “AKB48小栗有以、20歳で“初”血液型検査 結果報告に反響「アイドルの診断結果書見れるなんて貴重」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2022年8月22日). https://mdpr.jp/news/detail/3314591 2022年8月22日閲覧。 
  6. ^ “AKB、47都道府県選抜「チーム8」発足 平均年齢14歳・総選挙出馬OK”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年4月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2035962/full/ 2017年5月20日閲覧。 
  7. ^ 【SHOWROOM】加藤玲奈「れなっち総選挙」選抜メンバー結果発表! / AKB48[公式] - YouTube
  8. ^ “【注目の人物】AKB48グループ次世代168人の頂点・チーム8“小栗有以”って?ビジュアルエース加藤玲奈のお墨付きで注目”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年9月6日). https://mdpr.jp/news/detail/1612492 2016年12月4日閲覧。 
  9. ^ 小栗有以がセンターを務めるレナッチーズ『ハッピーエンド』のMV Short ver. 公開!”. AKB48 Team 8公式ホームページ (2016年10月31日). 2016年12月1日閲覧。
  10. ^ “AKB加藤玲奈が選んだ美女16人の写真集発売”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2017年1月31日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1772328.html 2017年2月2日閲覧。 
  11. ^ “AKB島崎遥香「恐れ多い」1年半ぶりセンター”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2016年9月15日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1710481.html 2016年12月1日閲覧。 
  12. ^ a b “AKB48チーム8の14歳・小栗有以、ラブベリーモデルに決定”. Deview (oricon ME). (2016年12月15日). https://deview.co.jp/News?am_article_id=2083052 2016年12月18日閲覧。 
  13. ^ “AKBチーム8小栗有以「憧れ」女性誌モデルに採用”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2018年2月15日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201802150000832.html 2018年2月15日閲覧。 
  14. ^ “新加入・AKB48小栗有以「LARME」初登場 新たな魅力を開花”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年3月17日). https://mdpr.jp/news/detail/1753504 2018年3月21日閲覧。 
  15. ^ a b “2万年に1人の美少女、AKB小栗有以が感激の涙”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2017年1月14日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1765142.html 2017年1月14日閲覧。 
  16. ^ “AKBチーム8小栗有以、初ソロライブで涙も 指原莉乃がアンコール発動”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年1月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2084557/full/ 2020年1月26日閲覧。 
  17. ^ 『第9回AKB48選抜総選挙』完全レポート『全80位メンバーコメント&会場フォト』”. ORICON NEWS. oricon ME (2017年6月17日). 2018年2月5日閲覧。
  18. ^ 「AKB48劇場 12周年特別記念公演」で3年ぶりの組閣を発表! チーム8メンバーは全員が兼任に!!”. AKB48 Team 8公式ホームページ (2017年12月11日). 2018年6月14日閲覧。
  19. ^ “13年目の試練なのかチャンスなのか、AKB48組閣で兼任解除や新キャプテン”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年12月8日). https://natalie.mu/music/news/260302 2018年6月14日閲覧。 
  20. ^ a b “AKB48新チームA公演開幕、小栗有以が前田敦子ポジションで難関セットリストに挑戦<「目撃者」公演レポ>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年6月12日). https://mdpr.jp/music/detail/1772446 2018年6月13日閲覧。 
  21. ^ “AKB48新曲は小栗有以が初センター 総選挙は「世界選抜」に”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年3月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2107817/full/ 2018年3月19日閲覧。 
  22. ^ a b AKB48新センター小栗有以の抜擢理由は? 渡辺麻友も後継者として期待<プロフィール>”. モデルプレス. ネットネイティブ (2018年3月19日). 2019年1月21日閲覧。
  23. ^ “小栗有以が51→25位に急上昇「先頭を走りたい」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2018年6月16日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201806160000938.html 2018年6月17日閲覧。 
  24. ^ ““王道アイドル”AKB48小栗有以、大幅ランクアップで堂々宣言<第10回AKB48世界選抜総選挙>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年6月16日). https://mdpr.jp/music/detail/1773465 2018年6月17日閲覧。 
  25. ^ a b AKB48小栗有以、「マジムリ学園」で連ドラ初主演 「アクションに注目して」”. TOKYO POP LINE (2018年6月1日). 2018年6月1日閲覧。
  26. ^ a b “AKB48小栗有以&岡田奈々W主演舞台『マジムリ学園』全キャスト発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年9月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2118923/full/ 2018年9月17日閲覧。 
  27. ^ a b “AKB48小栗有以、スカートの中の“百合”「見えるかも」 岡田奈々とアクションで激闘<舞台版「マジムリ学園」>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年10月19日). https://mdpr.jp/news/detail/1799721 2018年10月20日閲覧。 
  28. ^ a b “AKB48小栗有以、初の海外CMに抜擢 スラリ美脚が眩しい”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年9月4日). https://mdpr.jp/news/detail/1790580 2018年9月11日閲覧。 
  29. ^ 佐藤仁 (2018年10月21日). “AKB48チーム8小栗有以主演のインドネシアのポカリCM:MV1000万回突破!”. OKMusic. 2018年10月23日閲覧。
  30. ^ “AKB48向井地美音の“通訳”にウッチャン驚き 世界8都市エースと「恋チュン」<紅白本番>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年12月31日). https://mdpr.jp/music/detail/1925328 2020年5月17日閲覧。 
  31. ^ a b 『AKB48 Team 8 6th Anniversary Book』光文社、2020年4月6日、81頁。ISBN 978-4-334-90255-1 
  32. ^ a b “小栗有以「AKB48巻き返しのショーを」 現役高校生最後の制服姿も披露”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年1月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2153920/full/ 2020年1月26日閲覧。 
  33. ^ “AKB48小栗有以ら美少女5人組『IxR』が宣言「AKB48の新しい未来を切り開きます」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年2月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2156061/full/ 2020年5月17日閲覧。 
  34. ^ “AKB48小栗有以、SKE運営会社ゼストと所属契約締結「これからもAKB48として」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年1月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2182046/full/ 2021年1月18日閲覧。 
  35. ^ AKB48・小栗有以と所属契約を締結!!” (PDF). ゼスト公式サイト. ゼスト (2021年1月18日). 2021年1月19日閲覧。
  36. ^ a b “AAKB48小栗有以、1st写真集タイトル決定 キュートなカバー表紙&特典も解禁<君と出逢った日から>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2021年11月19日). https://mdpr.jp/news/detail/2872740 2021年11月19日閲覧。 
  37. ^ 【速報】AKB48小栗有以、待望の1st写真集が1月18日発売決定!”. 【公式】CanCam.jp (2021年11月5日). 2021年11月5日閲覧。
  38. ^ “AKB48小栗有以「ネイルクイーン2021」選出に喜び「体の隅から隅まで美しく」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2021年11月22日). https://mdpr.jp/news/detail/2878709 2021年11月22日閲覧。 
  39. ^ “AKB48、4年ぶり組閣 新キャプテンは向井地美音、田口愛佳、浅井七海、倉野尾成美”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年12月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2216863/full/ 2021年12月9日閲覧。 
  40. ^ “AKB48本田仁美、小栗有以ら12名が新成人に!“黄金のトライ世代”でグループを引っ張ると宣言”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2022年1月10日). https://natalie.mu/music/news/461055 2022年1月10日閲覧。 
  41. ^ “AKB48・小栗有以「写真集」1位 さまざまな“初めて”に挑戦した意欲作【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年1月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2222550/full/ 2022年1月28日閲覧。 
  42. ^ a b “AKB48小栗有以が「ラヴィット!」水曜メンバーの仲間に、明日から3カ月スタジオに登場”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2022年10月4日). https://natalie.mu/music/news/496165 2022年10月4日閲覧。 
  43. ^ “AKB48チーム8、来年4月で活動休止”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年10月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2252274/full/ 2023年5月13日閲覧。 
  44. ^ “AKB48 新曲センターは5年ぶり2回目の小栗有以 3年10ヶ月ぶり握手会復活へ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年7月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2288887/full/ 2023年7月28日閲覧。 
  45. ^ “AKB48、新曲は“恋するアイドル”テーマの切ないラブソング「アイドルなんかじゃなかったら」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2023年8月14日). https://natalie.mu/music/news/536866 2023年8月15日閲覧。 
  46. ^ a b “AKB48・小栗有以、映画単独初主演! 映画『夢叶えるプロジェクト』で漫画会社の社長に”. クランクイン! (ブロードメディア株式会社). (2023年8月24日). https://www.crank-in.net/news/132674/1 2023年8月24日閲覧。 
  47. ^ 集英社「週刊プレイボーイ」2017年50号192頁
  48. ^ a b 小栗有以(インタビュアー:篠本634)「AKB48の“未来”と呼ばれる小栗有以がピュアすぎる"! 「ブランコに乗って空を見てると飛べるような気がして」」『週プレNEWS』、集英社、2018年2月1日https://wpb.shueisha.co.jp/news/entertainment/2018/02/01/99058/2018年9月17日閲覧 
  49. ^ a b “AKB48小栗有以、大きなリボンがキュート! 世界に1つのドレスで魅了”. マイナビニュース (マイナビ). (2019年7月25日). https://news.mynavi.jp/article/20190725-865532/ 2019年7月25日閲覧。 
  50. ^ a b “小栗有以、CM出演をサプライズで知らされ「CMさんですよね?」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年7月25日). https://thetv.jp/news/detail/198883/ 2019年7月25日閲覧。 
  51. ^ “AKB48チーム8・小栗有以ウクレレ披露 くっきーとセッションに挑戦”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年11月17日). https://hochi.news/articles/20201116-OHT1T50270.html 2020年12月16日閲覧。 
  52. ^ a b 小栗有以(インタビュー)「AKB48小栗有以、令和版「パパとムスメの7日間」共演者との撮影秘話 女優業で感じる難しさ・ストイックな素顔…<モデルプレスインタビュー>」『モデルプレス』、2022年7月25日https://mdpr.jp/interview/detail/32696362022年7月25日閲覧 
  53. ^ “AKB48小栗有以、女優としての新境地 憧れ川栄李奈の道へ…令和版「パパムス」で「新しい私を見せる」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2022年7月25日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/07/25/kiji/20220725s00041000269000c.html 2022年7月25日閲覧。 
  54. ^ ““2万年に1人の美少女”小栗有以はプレッシャーをはね返せるか”. 東スポWeb (東京スポーツ). (2016年8月10日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/154923 2016年12月4日閲覧。 
  55. ^ (AKB48 夢のエントリーシート)小栗有以 「2万年ちゃんは努力の人」”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2016年2月24日). 2017年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月4日閲覧。
  56. ^ a b c d 小栗有以(インタビュアー:篠本634)「渡辺麻友が後継者として指名したAKB48の逸材・小栗有以「“8日にひとりの美少女”でお願いします!」」『週プレNEWS』、集英社、2018年2月2日https://wpb.shueisha.co.jp/news/entertainment/2018/02/02/99101/2018年9月17日閲覧 
  57. ^ 白夜書房刊『BUBKA』2017年1月号39頁
  58. ^ a b 小栗有以(インタビュアー:田口俊輔)「AKB48小栗有以「指原さんがいなかったら今の私はいない」」『月刊エンタメ』、徳間書店、2019年3月29日https://entamenext.com/articles/detail/21142019年4月5日閲覧 
  59. ^ 【まゆゆ卒コン】ポストまゆゆはチーム8・小栗有以!卒業後は「居酒屋でビールを飲みたい」”. 東スポWEB. 東京スポーツ (2017年11月1日). 2017年11月29日閲覧。
  60. ^ 小栗有以(インタビュアー:西中賢治)「AKB48屈指の美少女・小栗有以の告白「“2万年にひとりの美少女”って呼ばれるのがイヤで…」」『週プレNEWS』、集英社、2017年11月27日https://wpb.shueisha.co.jp/news/entertainment/2017/11/27/95594/2017年11月29日閲覧 
  61. ^ a b 小栗有以(インタビュアー:田中景子)「AKB48小栗有以、渡辺麻友さんからの“後継者”指名を糧に「アイドルとしてまっすぐ進んできたつもり」」『マイナビニュース』、マイナビ、2022年1月13日https://news.mynavi.jp/article/20220113-yuioguri/2022年1月13日閲覧 
  62. ^ 小栗有以(インタビュー)「AKB48小栗有以、理想の出会いを告白「"運命かも"と思ってしまうじゃないかな」」『ドワンゴジェイピーnews』、2022年4月23日https://web.archive.org/web/20220423013341/https://news.dwango.jp/tv/70010-22042022年4月23日閲覧 
  63. ^ “AKB48 劇場18周年公演 メンバーが選ぶ今年のMVPは小栗有以「私の名前を書いてくれた紙ください」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年12月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2305947/full/ 2023年12月8日閲覧。 
  64. ^ “AKB48「攻撃的」公演開幕 サプライズメンバーも<レポ・セットリスト>”. モデルプレス. (2015年9月18日). https://mdpr.jp/music/detail/1524636 2020年5月28日閲覧。 
  65. ^ “<AKB48「僕の夏が始まる」公演レポ>柏木由紀、後輩の言葉に感激 選曲新公演でレア曲発掘”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年6月30日). https://mdpr.jp/music/detail/1847690 2022年8月9日閲覧。 
  66. ^ 田口俊輔 (2020年1月28日). “『青い炎』AKB48小栗有以、表現者としての高まりを見事示した感動的な一夜”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). https://web.archive.org/web/20200127233215/https://news.dwango.jp/idol/45618-2001 2020年1月28日閲覧。 
  67. ^ “横山由依ら「AKB48」11名がヒロインに!『劇場霊』スピンオフドラマ放送決定”. cinemacafe.net (シネマカフェ). (2015年10月13日). https://www.cinemacafe.net/article/2015/10/13/34807.html 2021年3月27日閲覧。 
  68. ^ 劇場霊からの招待状”. 「劇場霊」製作委員会. 2016年12月1日閲覧。
  69. ^ “AKB48小栗有以、強い眼差しにノックアウト “平成のジャンヌダルク”に<マジムリ学園>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年7月7日). https://mdpr.jp/news/detail/1777980 2018年7月13日閲覧。 
  70. ^ “AKB48小栗有以、奥野壮主演「恋に無駄口」で連続ドラマ初ヒロイン決定”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2022年3月25日). https://mdpr.jp/news/detail/3071928 2022年3月25日閲覧。 
  71. ^ “AKB48小栗有以「恋に無駄口」計14回のNGテイク公開 体を張った演技に反響”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2022年4月18日). https://mdpr.jp/news/detail/3112327 2022年4月20日閲覧。 
  72. ^ “茅島みずき主演の学園サイコサスペンス「教祖のムスメ」、藤原大祐と豊嶋花が双子に”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年5月20日). https://natalie.mu/eiga/news/478232 2022年5月20日閲覧。 
  73. ^ 小栗有以(インタビュアー:大友陽平)「AKB48小栗有以「少しだけ抵抗あった」入浴シーン「AD・オグリの事件簿」主演「ほぐれるわぁ」」『nikkansports.com』、日刊スポーツNEWS、2022年6月24日https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/202206230000831.html2022年6月26日閲覧 
  74. ^ 小栗有以(インタビュアー:吉原知也)「AKB48小栗有以、“謎解き”ドラマ主演 趣味の人間観察を生かして熱演 草津温泉を満喫」『ENCOUNT』、Creative2、2022年6月25日https://encount.press/archives/324724/2022年6月26日閲覧 
  75. ^ ADオグリの事件簿〜草津温泉ミステリー〜”. テレビ東京公式サイト. 2022年6月27日閲覧。
  76. ^ AKB48 小栗有以&松本怜生、『パパとムスメの7日間』出演へ 飯沼愛&長尾謙杜の親友役に”. Real Sound. blueprint (2022年6月23日). 2022年6月23日閲覧。
  77. ^ AKB48小栗有以がメタバースの中で女子高校生に「斬新な切り口の作品に携われて楽しかった」”. WEBザテレビジョン. KADOKAWA (2023年3月13日). 2023年3月13日閲覧。
  78. ^ チーム8のあんた、ひとりロケ!先生教えて!小栗旅!”. テレ朝チャンネル. テレビ朝日. 2018年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月18日閲覧。
  79. ^ ““AKB48次世代エース”小栗有以、初冠番組で涙腺崩壊?「いろいろと勉強になりました」”. Webザテレビジョン (KADOKAWA). (2018年8月18日). https://thetv.jp/news/detail/158799/ 2018年8月18日閲覧。 
  80. ^ “AKB48・小栗有以、ナレーターに挑戦「私らしさを感じてもらえたら!」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年4月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2189479/full/ 2021年4月6日閲覧。 
  81. ^ “AKB48小栗有以「めざましテレビ」イマドキガールに決定 グループから初”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2021年3月26日). https://mdpr.jp/news/detail/2501712 2021年3月26日閲覧。 
  82. ^ 小栗有以[公式] [@yuiyui_maromaro] (2021年4月6日). "めざましテレビ⏰☀️ イマドキガールとして スタジオ出演させて頂きました!!…". X(旧Twitter)より2023年8月24日閲覧
  83. ^ 小栗有以がフジテレビ系「ミライ☆モンスター」にレギュラー出演決定!”. AKB48 Team 8公式サイト (2023年4月3日). 2023年4月3日閲覧。
  84. ^ “AKB48、結界を張る!オカルト映画「未成仏百物語」9月に公開決定&予告解禁”. 映画ナタリー. (2021年7月17日). https://natalie.mu/eiga/news/437221 2021年7月17日閲覧。 
  85. ^ “AKB48小栗有以、山内瑞葵、倉野尾成美、山崎空が映画「ガールズドライブ」で主演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年8月26日). https://natalie.mu/eiga/news/538407 2023年8月26日閲覧。 
  86. ^ “AKB48小栗有以、単独初主演映画『夢叶えるプロジェクト』予告編解禁 ロバート山本が父親役で共演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年12月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2305476/full/ 2023年12月6日閲覧。 
  87. ^ CBCラジオ「AKB48 Team 8 今夜は帰らない...」の"軍師"が小栗有以と倉野尾成美に!!”. AKB48 Team 8公式ホームページ. AKS (2019年4月13日). 2019年4月23日閲覧。
  88. ^ 小栗有以がMBSラジオ「アッパレやってまーす!」の火曜日レギュラーに決定!”. AKB48 Team 8ホームページ (2020年4月8日). 2020年4月27日閲覧。
  89. ^ a b NBC創立70周年記念特別企画 AKB48×NBCラジオ3時間スペシャル”. 長崎放送 (2022年6月14日). 2022年6月14日閲覧。
  90. ^ “AKB48チーム8が虫になる!?単独公演第3弾「Bee School」上演決定”. ステージナタリー (ナターシャ). (2019年6月24日). https://natalie.mu/stage/news/336937 2019年7月4日閲覧。 
  91. ^ AKB48 チーム8 単独公演「Bee School」”. ネルケプラニング (2019年). 2021年9月4日閲覧。
  92. ^ 【AKB48グループ 総集結!「仁義なき戦い〜彼女(おんな)たちの死闘篇〜」2019年11月上演”. AKB48公式サイト (2019年8月11日). 2021年8月21日閲覧。
  93. ^ “AKB48 チーム8の7周年記念として「マジムリ学園」の新作舞台が上演決定”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2021年2月26日). https://thetv.jp/news/detail/1022115/ 2021年2月27日閲覧。 
  94. ^ “AKB48小栗有以、華麗な回し蹴り再び 行天優莉奈がSEXYな先生に<マジムリ学園蕾-RAI->”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2021年3月26日). https://mdpr.jp/news/detail/2502815 2021年3月26日閲覧。 
  95. ^ Cast 12月15日(wed)14:00”. マーダーミステリーシアター「裏切りの晩餐」公式サイト (2021年). 2021年12月15日閲覧。
  96. ^ Cast”. 舞台「いわかける!」公式サイト (2022年). 2022年2月25日閲覧。
  97. ^ “AKB48小栗有以「私もどこかでアドリブを…うそになっちゃうかも(笑)」チーム8記念舞台が開幕”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2022年5月14日). https://thetv.jp/news/detail/1083816/ 2022年5月14日閲覧。 
  98. ^ “AKB小田えりな「みんなが主役のオムニバス」チーム8出演舞台「KISS 8」初日公演”. .nikkansports.com (日刊スポーツNEWS). (2022年5月13日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/202205130001137.html 2022年5月14日閲覧。 
  99. ^ “AKB48小栗有以、日向坂46濱岸ひより、≠ME鈴木瞳美、山口乃々華が舞台「オッドタクシー」出演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2022年5月3日). https://natalie.mu/music/news/476409 2022年5月3日閲覧。 
  100. ^ a b “ミステリーキッス結成までの前日譚描く、小栗有以ら出演の舞台「オッドタクシー」開幕”. ステージナタリー (ナターシャ). (2023年1月26日). https://natalie.mu/stage/news/510346 2023年1月26日閲覧。 
  101. ^ AKB48小栗有以・日向坂46濱岸ひよりら出演舞台「オッドタクシー」全公演中止を発表”. モデルプレス. ネットネイティブ (2022年7月9日). 2022年11月11日閲覧。
  102. ^ 小栗有以(インタビュー)「小栗有以「AKBの顔」決意 次期エース候補の筆頭直撃」『東スポWeb』、2018年10月5日https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/850122018年10月5日閲覧 
  103. ^ 5月1日(水・祝)10:00からスタートするDHCテレビの新番組に小栗有以が生出演!”. AKB48 Team 8公式ホームページ. AKS (2019年4月24日). 2019年5月19日閲覧。
  104. ^ 5月15日(水)、小栗有以が「DHC渋谷スタジオ製作委員会」に出演!”. AKB48 Team 8公式ホームページ. AKS (2019年5月13日). 2019年5月19日閲覧。
  105. ^ “東急ハンズ渋谷店に「DHC」スタジオ 若者に訴求、公開生放送も”. シブヤ経済新聞. (2019年7月25日). https://www.shibukei.com/headline/14312/ 2020年5月27日閲覧。 
  106. ^ 小栗有以 (AKB48)”. #渋谷オルガン坂生徒会. 出演者. DHCテレビジョン (2019年). 2020年5月27日閲覧。
  107. ^ “高岩成二の新バディは小栗有以!「グッドモーニング、眠れる獅子2」春に放送・配信”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年2月2日). https://natalie.mu/eiga/news/511247 2023年2月2日閲覧。 
  108. ^ "渡邉美穂、高岩成二主演『グッドモーニング、眠れる獅子2』続投 "売れないアイドル"から"新人女優"に成長". ORICON NEWS. oricon ME. 2023年3月7日. 2023年3月7日閲覧
  109. ^ 小栗有以出演「POCARI7」のMV『Sweat For Your Dream』完成!”. AKB48オフィシャルブログ (2018年9月25日). 2018年9月28日閲覧。
  110. ^ “AKB小栗有以出演のポカリCMが500万PV突破”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2018年10月8日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201810070001078.html 2018年10月9日閲覧。 
  111. ^ “AKB48小栗有以、大人色っぽランウェイ ミニ丈で絶対領域チラリ<GirlsAward 2018 A/W>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年9月16日). https://mdpr.jp/news/detail/1793101 2018年9月17日閲覧。 
  112. ^ “AKB48・小栗有以がハートのバックを掲げて小悪魔笑顔で魅了<GirlsAward>”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年5月18日). https://thetv.jp/news/detail/190398/ 2019年5月19日閲覧。 
  113. ^ “AKB48小栗有以、真っ赤なリボンゆれるキュートランウェイ<GirlsAward 2019 SPRING/SUMMER>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年5月18日). https://mdpr.jp/news/detail/1839346 2019年5月20日閲覧。 
  114. ^ “AKB48小栗有以、ノースリーブで透明素肌際立つ 爽やかな笑顔でランウェイ<GirlsAward 2022 S/S>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2022年5月14日). https://mdpr.jp/news/detail/3153832 2022年5月14日閲覧。 
  115. ^ “AKB48小栗有以、美デコルテ輝く花柄ピンクコーデ<GirlsAward 2023 S/S>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2023年5月4日). https://mdpr.jp/news/detail/3731278 2023年5月4日閲覧。 
  116. ^ “AKB48小栗有以、美デコルテ&美脚披露 天真爛漫な笑顔で魅了<GirlsAward 2023 A/W>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2023年9月30日). https://mdpr.jp/news/detail/3977587 2023年10月1日閲覧。 
  117. ^ “Creepy Nuts・yama・スカイピースら「関西コレクション2022S/S」ライブステージ出演決定”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2022年2月18日). https://mdpr.jp/music/detail/3016266 2022年3月5日閲覧。 
  118. ^ “AKB48小栗有以、個性的ルック着こなす堂々ランウェイ 先輩・高橋みなみも太鼓判<関コレ2022S/S>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2022年3月5日). https://mdpr.jp/news/detail/3041506 2022年3月6日閲覧。 
  119. ^ 佐藤仁 (2018年9月4日). “AKB48チーム8小栗有以、インドネシアで「ポカリスエットCM」に大抜擢!”. OKMusic (ジャパンミュージックネットワーク). https://okmusic.jp/news/290123 2018年9月4日閲覧。 
  120. ^ AKB48 チーム8小栗有以出演のポカリスエットキャンペーン TVCM 先行配信スタート!”. AKB48公式サイト (2018年9月10日). 2018年9月11日閲覧。
  121. ^ BEAMING.feat 小栗有以”. dazzzlin公式サイト (2023年12月8日). 2023年12月12日閲覧。
  122. ^ “AKB48・小栗有以 ファッションブランド「dazzlin」のモデルに起用!”. 東スポWEB (東京スポーツ新聞社). (2024年1月15日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/288990 2024年1月16日閲覧。 
  123. ^ “AKB48小栗有以のメイクは崩れない、コーセー「メイク キープ ミスト EX」をPR”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2023年12月22日). https://natalie.mu/music/news/550190 2023年12月22日閲覧。 
  124. ^ 東京都代表・小栗有以が一日警察署長として〈本所警察署交通安全キャンペーン〉に参加決定!”. AKB48チーム8. 2023年9月21日閲覧。
  125. ^ 小栗有以が〈中央警察署 交通安全キャンペーン〉に、一日警察署長として参加しました。”. AKB48 Team 8公式ホームページ (2016年9月23日). 2016年12月4日閲覧。
  126. ^ AKB48小栗有以“一日署長”が電動キックボード利用者に呼び掛け”. WEBザテレビジョン. KADOKAWA (2023年9月20日). 2023年9月20日閲覧。
  127. ^ カントリーマアム35th誕生祭”. 不二家 (2019年). 2019年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月26日閲覧。
  128. ^ “17LIVE発表会で峯岸みなみ、クロちゃん、AKB小栗&岡部、DJ KOOが大きくイメチェン”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2021年9月10日). https://natalie.mu/music/news/444626 2021年9月10日閲覧。 
  129. ^ “AKB48 小栗有以、『ミスいちごIDOL』で初審査員「いろいろと気付かされたことも多く貴重な機会に」”. OKMusic (GirlsNews) (JAPAN MUSIC NETWORK). (2021年10月20日). https://okmusic.jp/news/443181/ 2021年10月20日閲覧。 
  130. ^ 小栗有以がTOKYO MXの「モーニングCROSS 高校野球公式応援キャラクター」に就任!”. AKB48 Team 8公式ホームページ. AKS (2017年7月1日). 2016年12月18日閲覧。
  131. ^ “加藤玲奈Pも大満足!れなっち総選挙選抜が水着に!!”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年2月3日). https://thetv.jp/news/detail/99792/ 2017年2月4日閲覧。 
  132. ^ 加藤玲奈 (AKB48) ほか 著、LUCKMAN佐藤佑一 編『AKB48れなっち総選挙選抜写真集 16colors』徳間書店、2017年1月31日、1-176頁。ISBN 978-4-19-864289-1 
  133. ^ (インタビュアー:ポッター平井)「AKB48・小栗有以が水着姿やすっぴんを披露!彼女感たっぷりの写真集発売記念インタビュー」『ウォーカープラス』、KADOKAWA、2022年1月21日https://www.walkerplus.com/article/1067838/2022年1月21日閲覧 
  134. ^ 小栗有以 著、細居幸次郎 編『君と出逢った日から 小栗有以 1st写真集』小学館、2022年1月23日。ISBN 978-4-09-682372-9 
  135. ^ “向井地美音・なこみく・星野みなみら次世代アイドルたちを迎え人気ティーン誌が復活”. TOKYO POP LINE (添野企画). (2015年12月21日). https://tokyopopline.com/archives/54027/ 2016年12月1日閲覧。 
  136. ^ “白石麻衣「LARME」レギュラーモデルを次号で卒業 新加入AKB小栗有以が初登場”. TOKYO POP LINE (添野企画). (2018年3月17日). https://tokyopopline.com/archives/98780 2018年3月21日閲覧。 
  137. ^ 4月5日(金)発行の読売中高生新聞で、小栗有以のコラムがスタート!!”. AKB48 Team 8公式ホームページ. AKS (2019年4月3日). 2019年5月19日閲覧。
  138. ^ “AKB48小栗有以と一緒に過ごす1年「ちょっぴり大人になった私と」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2024年2月20日). https://natalie.mu/music/news/561750 2024年2月20日閲覧。 

外部リンク[編集]