ハイテンション (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハイテンション
AKB48シングル
初出アルバム『サムネイル
B面 抑えきれない衝動
ハッピーエンド
Better
星空を君に
思春期のアドレナリン
清純タイアド
また あなたのことを考えてた
リリース
規格 マキシシングル音楽配信
ジャンル J-POP
時間
レーベル You, Be Cool!/KING RECORDS
作詞・作曲 秋元康(作詞)
シライシ紗トリ(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールドディスク
ミリオン(日本レコード協会[1]
チャート最高順位
AKB48 シングル 年表
LOVE TRIP/しあわせを分けなさい
(2016年)
ハイテンション
(2016年)
シュートサイン
(2017年)
ミュージックビデオ
ハイテンション
テンプレートを表示

ハイテンション」(High Tension)は、日本の女性アイドルグループ・AKB48の楽曲。作詞は秋元康、作曲はシライシ紗トリが担当した。2016年11月16日にAKB48のメジャー46作目のシングルとしてキングレコードから発売された[注 1]。楽曲のセンターポジションは島崎遥香が務めた[11]

背景とリリース[編集]

前作「LOVE TRIP/しあわせを分けなさい」から約3か月ぶりで2016年第4弾のシングル。

選抜メンバーは2016年9月15日に横浜アリーナおよび神奈川県民ホールで開催された『AKB48グループ同時開催コンサートin横浜』において発表された[11]。選抜メンバーは前作から6名増の22名で、小栗有以込山榛香中井りか(NGT48)、松岡はな(HKT48)が初選抜[11]入山杏奈加藤玲奈川本紗矢木﨑ゆりあ小嶋真子は「翼はいらない」以来約5か月(2作)ぶりの選抜復帰となった。前作との比較では、北原里英須田亜香里[12]武藤十夢[13]が今作では選抜から外れた。

2016年12月31日にAKB48から卒業した島崎が、「僕たちは戦わない」以来1年半(6作)ぶりにセンターを務めた[11][14]。今作が島崎にとってのラストシングルとなった[15]。Type Bには、島崎の卒業ソングとして同期メンバーであるAKB48 9期生が歌唱する「Better」が収録された[16]

2016年10月10日に開催された『AKB48グループ ユニットシングル争奪じゃんけん大会in神戸ワールド記念ホール』で初披露された[14]。2016年10月31日放送の『ハロウィン音楽祭2016』(TBS)が地上波音楽番組での初披露となった[17]

楽曲のテーマおよびキャッチコピーは、「ノレよ、日本。」[14]。センターを務める島崎の「塩対応」などといったパブリックイメージとは正反対ともいえる、テンションの高いものになっている[15][18]

Type Aに収録された「ハッピーエンド」は、加藤が主催する『れなっち総選挙』(第2回)の上位16名に加藤を加えた「レナッチーズ」による楽曲で、れなっち総選挙で1位に選ばれたチーム8の小栗有以がセンターを務めている[19][20]

アートワーク[編集]

ジャケット写真のメンバー[21]
初回限定盤 Type A 「ハイテンション」選抜メンバー22名
通常盤 Type A 島崎遥香
Type B 指原莉乃、高橋朱里、中井りか、松岡はな、山本彩
Type C 柏木由紀、木﨑ゆりあ、兒玉遥、込山榛香、渡辺麻友
Type D 岡田奈々、川本紗矢、小嶋陽菜、松井珠理奈、横山由依
Type E 入山杏奈、小栗有以、加藤玲奈、小嶋真子、宮脇咲良、向井地美音
劇場盤 島崎遥香

通常盤のジャケット写真をType AからEまで横に並べると1枚の絵柄になる[22]

ミュージック・ビデオ[編集]

ハイテンション
ミュージック・ビデオ (MV) のテーマは「ぱるるマジック」[23]。ある日、島崎遥香が新曲デモを聴きながら何気なく指を鳴らすと、ライトが突然点灯したり[15]、ミラーボールが動き出したりし[24]、「合図一つで周囲をハイテンションにしてしまう不思議な力」を持っていることに気づいた島崎が「日本総ハイテンション計画」を企てるストーリーになっている[23][25]。島崎の「指パッチン」を合図にメンバーやエキストラなどが踊りまくる[18]歌舞伎町のロボットレストランや商店街[注 2]、結婚式場、船上パーティー会場などで撮影が行われた[25]。MVには、ジャーナリスト・田原総一朗、俳優・遠藤憲一イチローのものまね芸人・ニッチロー'、ヒューマノイドロボット・Pepperも登場している[25]。エキストラは学校や企業などから募った約1,400人が出演している[15]。監督は松山茂雄が担当した[27]。振付はCRE8BOYが担当した[28]
ハッピーエンド
ミュージック・ビデオのテーマは「缶蹴り」。撮影は2016年10月12日に群馬県沼田市の「星の降る森」で行われた。サビの振り付けには小栗有以の「撮っちゃう撮っちゃう」ポーズが入っている。

メディアでの使用[編集]

ハイテンション
日本テレビ連続ドラマ『キャバすか学園』の主題歌[29]
スカパーJSAT スカパー!『第6回 AKB48 紅白対抗歌合戦 独占完全放送』のCMソング。
STU48運営事務局 STU48第1期生オーディション告知「呼びかけ篇」「思い篇」のCMソング。
キングレコード「AKB48全国握手会開催告知」CMソング。
思春期のアドレナリン
Kawaiian TVAKB48チーム8のKANSAI白書 こっそりナンバーワン宣言やで!』のテーマ曲。

シングル収録トラック[編集]

Type A[編集]

初回限定盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

CD[30]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「ハイテンション」秋元康シライシ紗トリ佐々木裕
2.「抑えきれない衝動」(ウェイティングサークル)秋元康aokadoaokado
3.「ハッピーエンド」(レナッチーズ)秋元康外山大輔野中“まさ”雄一
4.「ハイテンション(off vocal ver.)」 シライシ紗トリ佐々木裕
5.「抑えきれない衝動(off vocal ver.)」 aokadoaokado
6.「ハッピーエンド(off vocal ver.)」 外山大輔野中“まさ”雄一
合計時間:
DVD[30]
#タイトル作詞作曲・編曲監督時間
1.「ハイテンション Music Video」  松山茂雄
2.「抑えきれない衝動 Music Video」  土屋隆俊
3.「ハッピーエンド Music Video」  大野敏嗣
合計時間:

Type B[編集]

初回限定盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

CD[31]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「ハイテンション」秋元康シライシ紗トリ佐々木裕
2.「抑えきれない衝動」(ウェイティングサークル)秋元康aokadoaokado
3.「Better」(島崎遥香卒業ソング)秋元康外山大輔外山大輔
4.「ハイテンション(off vocal ver.)」 シライシ紗トリ佐々木裕
5.「抑えきれない衝動(off vocal ver.)」 aokadoaokado
6.「Better(off vocal ver.)」 外山大輔外山大輔
合計時間:
DVD[31]
#タイトル作詞作曲・編曲監督時間
1.「ハイテンション Music Video」  松山茂雄
2.「抑えきれない衝動 Music Video」  土屋隆俊
3.「Better Music Video」  三石直和
合計時間:

Type C[編集]

初回限定盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

CD[32]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「ハイテンション」秋元康シライシ紗トリ佐々木裕
2.「抑えきれない衝動」(ウェイティングサークル)秋元康aokadoaokado
3.「星空を君に」(Team 8 EAST)秋元康井上ヨシマサ井上ヨシマサ
4.「ハイテンション(off vocal ver.)」 シライシ紗トリ佐々木裕
5.「抑えきれない衝動(off vocal ver.)」 aokadoaokado
6.「星空を君に(off vocal ver.)」 井上ヨシマサ井上ヨシマサ
合計時間:
DVD[32]
#タイトル作詞作曲・編曲監督時間
1.「ハイテンション Music Video」  松山茂雄
2.「抑えきれない衝動 Music Video」  土屋隆俊
3.「星空を君に Music Video」  ZUMI
合計時間:

Type D[編集]

初回限定盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

CD[33]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「ハイテンション」秋元康シライシ紗トリ佐々木裕
2.「抑えきれない衝動」(ウェイティングサークル)秋元康aokadoaokado
3.「思春期のアドレナリン」(Team 8 WEST)秋元康chalaza野中“まさ”雄一
4.「ハイテンション(off vocal ver.)」 シライシ紗トリ佐々木裕
5.「抑えきれない衝動(off vocal ver.)」 aokadoaokado
6.「思春期のアドレナリン(off vocal ver.)」 chalaza野中“まさ”雄一
合計時間:
DVD[33]
#タイトル作詞作曲・編曲監督時間
1.「ハイテンション Music Video」  松山茂雄
2.「抑えきれない衝動 Music Video」  土屋隆俊
3.「思春期のアドレナリン Music Video」  中村太洸
合計時間:

Type E[編集]

初回限定盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

CD[34]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「ハイテンション」秋元康シライシ紗トリ佐々木裕
2.「抑えきれない衝動」(ウェイティングサークル)秋元康aokadoaokado
3.「清純タイアド」(てんとうむChu !)秋元康アイルトン瀬名APAZZI
4.「ハイテンション(off vocal ver.)」 シライシ紗トリ佐々木裕
5.「抑えきれない衝動(off vocal ver.)」 aokadoaokado
6.「清純タイアド(off vocal ver.)」 アイルトン瀬名APAZZI
合計時間:
DVD[34]
#タイトル作詞作曲・編曲監督時間
1.「ハイテンション Music Video」  松山茂雄
2.「抑えきれない衝動 Music Video」  土屋隆俊
3.「清純タイアド Music Video」  新宮良平
合計時間:

劇場盤[編集]

CD[35]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「ハイテンション」秋元康シライシ紗トリ佐々木裕
2.「抑えきれない衝動」(ウェイティングサークル)秋元康aokadoaokado
3.「また あなたのことを考えてた」(チームボーカル)秋元康山本加津彦若田部誠
4.「ハイテンション(off vocal ver.)」 シライシ紗トリ佐々木裕
5.「抑えきれない衝動(off vocal ver.)」 aokadoaokado
6.「また あなたのことを考えてた(off vocal ver.)」 山本加津彦若田部誠
合計時間:

選抜メンバー[編集]

JKT48によるカバー[編集]

High Tension
JKT48シングル
B面 Musim yang Selanjutnya - Tsugi no Season
After Rain
Kesucian Hati Hingga Umur 19 Tahun - Junjou U-19
Kenyataan yang Ternoda - Kagereteiru Shinjitsu
リリース
規格 MUSIC DOWNLOAD CARD
音楽配信
CDシングル
レーベル Hits Records
作詞・作曲 秋元康(作詞)
シライシ紗トリ(作曲)
プロデュース 秋元康
JKT48 シングル 年表
Everyday, Kachuusha/UZA
(2018年)
High Tension
(2019年)
テンプレートを表示

AKB48の姉妹グループであるJKT48が本楽曲を「High Tension」のタイトルでカバーし、グループの20作目のシングルとして2019年に発売された。

歌詞はインドネシア語に翻訳したものである。楽曲の選抜メンバーは、先般開催された『JKT48 20th シングル選抜総選挙』の上位16名であり、センターポジションは選抜総選挙1位のシンディ・ユフィアが務める[36]

カップリングでは他に「次のSeason」(AKB48)、「After rain」(AKB48)、「純情U-19」(NMB48)、「汚れている真実」(AKB48)のカバーが収録されている。

シングル収録トラック (JKT48)[編集]

REGULAR/CD-DVD VERSION[編集]

CD/配信
#タイトル作詞作曲編曲
1.「High Tension」 シライシ紗トリ佐々木裕
2.Musim yang Selanjutnya - Tsugi no Season 藤田昌伸生田真心
3.After Rain Sungho野中“まさ”雄一
4.Kesucian Hati Hingga Umur 19 Tahun - Junjou U-19 つじたかひろ武藤星児
5.Kenyataan yang Ternoda - Kagereteiru Shinjitsu 大貫和紀、河原レオ、高木龍一大貫和紀
DVD
#タイトル作詞作曲・編曲監督
1.「High Tension Music Video」   
2.「Musim yang Selanjutnya Music Video」   
3.「High Tension Behind the Scenes」   

MUSIC DOWNLOAD CARD[編集]

MUSIC DOWNLOAD CARD
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「Everyday, Kachuusha」  
2.「Musim yang Selanjutnya - Tsugi no Season」  

選抜メンバー (JKT48)[編集]

かっこ内は『JKT48 20thシングル選抜総選挙』における順位[37]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 配信限定シングル「Baby! Baby! Baby!」を含む。インディーズシングルを含めると通算48作目。いずれの数字も、配信限定の「誰かのために -What can I do for someone?-」と「掌が語ること」はシングルとしての配信ではないため含んでいない。
  2. ^ 浅草・浅草西参道商店街[26]
  3. ^ 姉妹グループ・NGT48を兼任。
  4. ^ a b 姉妹グループ・HKT48から選抜。AKB48を兼任。
  5. ^ 姉妹グループ・HKT48から選抜。HKT48劇場支配人を兼務。
  6. ^ 姉妹グループ・NGT48から選抜。
  7. ^ 姉妹グループ・SKE48から選抜。
  8. ^ 姉妹グループ・HKT48から選抜。
  9. ^ 姉妹グループ・NMB48から選抜。

出典[編集]

  1. ^ “レコ協 11月ゴールドディスク認定作品発表、AKB48「ハイテンション」&乃木坂46「サヨナラの意味」がミリオン認定”. Musicman-NET (エフ・ビー・コミュニケーションズ,マグネット). (2016年12月9日). http://www.musicman-net.com/business/63736.html 2016年12月10日閲覧。 
  2. ^ J-POP最強カウントダウン50 2016/11/20(日) オンエア”. MUSIC ON! TV. エムオン・エンタテインメント (2016年11月20日). 2016年11月20日閲覧。
  3. ^ “【ビルボード】AKB48「ハイテンション」143.8万枚を売り上げ、JAPAN HOT100総合首位獲得”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2016年11月23日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/44604/2 2016年11月30日閲覧。 
  4. ^ “【ビルボード】AKB48『ハイテンション』が1,438,469枚売り上げ、GENERATIONSを抑えシングル・セールス1位”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2016年11月21日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/44508/2 2016年11月22日閲覧。 
  5. ^ “【オリコン】AKB48、28作目ミリオン&33作目首位 センターぱるる有終美”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年11月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2081819/full/ 2016年11月22日閲覧。 
  6. ^ SUPER HITS PERFECT RANKING 50 ON AIR: 2016/12/04”. SPACE SHOWER TV. スペースシャワーネットワーク (2016年12月4日). 2016年12月10日閲覧。
  7. ^ オリコン 月間 CDシングルランキング 2016年11月度”. ORICON STYLE. oricon ME (2016年12月). 2016年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月24日閲覧。
  8. ^ “【ビルボード年間Hot100】大きく潮目の変わった2016年、AKB48「翼はいらない」が「前前前世」「恋」を抑え、辛くも首位獲得、AKB48からコメント到着”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2016年12月8日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/45080/2 2016年12月10日閲覧。 
  9. ^ “【ビルボード年間シングルセールス】女性アイドル強し、AKB48が上位4位を占めるほか乃木坂46もトップ10内に3曲チャートイン”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2016年12月8日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/45065/2 2016年12月10日閲覧。 
  10. ^ “【オリコン年間】AKB48、シングルV7達成 6年連続でTOP4独占”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年12月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2083531/full/ 2016年12月24日閲覧。 
  11. ^ a b c d “AKB島崎遥香「恐れ多い」1年半ぶりセンター”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2016年9月15日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1710481.html 2016年9月15日閲覧。 
  12. ^ “SKE48の須田亜香里 AKB48選抜落ちに「SKEに2人目の座席を残せなかったことが悔しい」”. リアルライブ (フェイツ). (2016年9月16日). http://npn.co.jp/article/detail/89390267/ 2016年9月16日閲覧。 
  13. ^ “AKB武藤十夢 選抜外れショック「気持ちを切り替えて、というのは難しい」”. 東スポWeb (東京スポーツ). (2016年9月16日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/594194/ 2016年9月16日閲覧。 
  14. ^ a b c “AKB48:卒業発表のぱるるセンター、新曲「ハイテンション」初披露”. MANTANWEB (MANTAN). (2016年10月10日). http://mantan-web.jp/2016/10/10/20161010dog00m200018000c.html 2016年10月10日閲覧。 
  15. ^ a b c d “「AKB48」島崎遥香ラストシングルは意外にもアゲアゲソング!!”. Japan芸能カルチャー研究所 (IMW). (2016年10月25日). http://japan-culture-labo.com/4508 2016年10月25日閲覧。 
  16. ^ “AKB48島崎遥香、横山由依らデビュー7周年 “大場チーム4”懐かしむ声も”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年11月14日). https://mdpr.jp/news/detail/1635040 2016年11月30日閲覧。 
  17. ^ ハロウィン音楽祭2016 (2016年10月31日). “まもなくAKB48の皆さんで、話題の最新曲を地上波初披露!”. Twitter. 2016年10月31日閲覧。
  18. ^ a b “AKB48・島崎遥香の卒業曲「ハイテンション」MV完成!意外なゲストにぱるるもビックリ”. TV LIFE (学研プラス). (2016年10月25日). http://www.tvlife.jp/entame/84831 2016年10月25日閲覧。 
  19. ^ “AKB48『れなっち総選挙』1位にチーム8の小栗有以 秋元プロデューサーは「れなっち選抜楽曲を作ろう」とサプライズ”. Deview (oricon ME). (2016年8月29日). https://deview.co.jp/News?am_article_id=2077570 2016年11月30日閲覧。 
  20. ^ 小栗有以がセンターを務めるレナッチーズ『ハッピーエンド』のMV Short ver.公開!”. AKB48 Team 8公式ホームページ. AKS (2016年10月31日). 2016年11月30日閲覧。
  21. ^ AKB48 2016aAKB48 2016bAKB48 2016cAKB48 2016dAKB48 2016eAKB48 2016f
  22. ^ “AKB48、ぱるる卒業曲アートワーク公開 通常盤5種で1枚の絵柄に”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年10月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2080467/full/ 2016年10月25日閲覧。 
  23. ^ a b “AKB新曲MV、映像テーマは「ぱるるマジック」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2016年10月25日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1728937.html 2016年10月25日閲覧。 
  24. ^ 【MV full】ハイテンション / AKB48[公式] - YouTube
  25. ^ a b c “ぱるるAKB卒業曲MVでエンケン踊る「何より驚いた」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年10月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2080457/full/ 2016年10月25日閲覧。 
  26. ^ AKB48 46thシングル『ハイテンション』に!!”. 浅草 花月堂 (2016年11月). 2016年11月22日閲覧。
  27. ^ “ぱるる卒業曲「ハイテンション」MV公開「こんなにノリノリなAKB48は初めて」”. Tokyo Girlsʼ Scheduler (オールブルー). (2016年10月25日). http://idolscheduler.jp/news/detail/?p=68065 2016年10月30日閲覧。 
  28. ^ 振付師 CRE8BOY on Twitter (2016/10/26-11:25)
  29. ^ 【10/21UP!!】AKB48 46thシングル「ハイテンション」タイアップ決定のお知らせ”. キングレコード (2016年10月21日). 2016年10月21日閲覧。
  30. ^ a b AKB48 2016a
  31. ^ a b AKB48 2016b
  32. ^ a b AKB48 2016c
  33. ^ a b AKB48 2016d
  34. ^ a b AKB48 2016e
  35. ^ AKB48 2016f
  36. ^ “Jadi Member Terbaik, Ini Pesona yang Dimiliki Cindy Yuvia JKT48” (インドネシア語). Grid.ID. (2019年1月30日). https://www.grid.id/read/041621058/jadi-member-terbaik-ini-pesona-yang-dimiliki-cindy-yuvia-jkt48?page=all 2019年4月7日閲覧。 
  37. ^ PEMILIHAN MEMBER SINGLE KE20 JKT48”. JKT48. JKT48 Operation Team. 2019年4月7日閲覧。

参考文献[編集]

  • AKB48『ハイテンション』Type A、キングレコード、2016年11月16日。KIZM-90455/6。ASIN B01LTHLBR8
  • AKB48『ハイテンション』Type B、キングレコード、2016年11月16日。KIZM-90457/8。ASIN B01LTHLBSC
  • AKB48『ハイテンション』Type C、キングレコード、2016年11月16日。KIZM-90459/60。ASIN B01LTHLBS2
  • AKB48『ハイテンション』Type D、キングレコード、2016年11月16日。KIZM-90461/2。ASIN B01LTHLBRI
  • AKB48『ハイテンション』Type E、キングレコード、2016年11月16日。KIZM-90463/4。ASIN B01LTHLBRS
  • AKB48『ハイテンション』劇場盤、キングレコード、2016年11月16日。NMAX-1254。ASIN B01MQIPZPN

外部リンク[編集]