仲川遥香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なかがわ はるか
仲川 遥香
Kaleidoskop Ini Talkshow 2016 - Keren! Ini Talkshow Sampai ke Negeri Sakura 2m20s.jpg
JKT48時代の仲川遥香(2016年)
プロフィール
愛称 はるごん、ごん、はるさん、はるか
生年月日 1992年2月10日
現年齢 25歳
出身地 日本の旗 日本東京都
血液型 O型
公称サイズ(2012年[1]時点)
身長 / 体重 160 cm / kg
活動
デビュー 2007年4月8日
活動期間 2007年4月8日 -
備考 JKT48 チームJ
(元AKB48 チームB→チームAメンバー)
(元JKT48 チームJメンバー→チームTキャプテン)
渡り廊下走り隊7
他の活動 女優(ジャカルタにて)
主な楽曲 Fortune Cookie Yang Mencinta
アイドル: テンプレート - カテゴリ

仲川 遥香(なかがわ はるか、1992年2月10日 - )は、日本出身のアイドルであり、女性アイドルグループJKT48およびAKB48の元メンバー。

東京都出身。2016年12月までプロダクション尾木所属だった。インドネシアで芸能活動中。

略歴[編集]

2006年

2007年

  • 4月8日、AKB48劇場でのチームB 1st Stage「青春ガールズ」初日公演において、旧チームBの一員としてデビュー。
  • 9月22日、チームBとして、中国北京で行われた「中日文化人懇談会2007〜オープンカレッジ in 北京〜」に秋元康とともに参加、中国芸術研究院でAKB48初の日本国外公演となるライブを行い、6曲を披露[3]

2008年

2009年

  • 1月26日、スタ☆ブロにて「渡り廊下走り隊」のブログを開設。
  • 1月28日、「渡り廊下走り隊」のシングル「初恋ダッシュ/青い未来」でメジャーデビュー[注 1]
  • 8月23日に開催された『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演において、同年10月よりチームAに異動することが発表され、2010年7月27日にチームAに異動した。

2010年

2011年

2012年

  • 2月2日、『AKB48 Now on Google+』において、個性的な投稿をするメンバーを集めた「ぐぐたす選抜7」入りを果たした。
  • 2月29日から声帯結節の手術のため入院[5]。3月7日に退院し活動を再開した[6]
  • 3月3日、Google+秋元康の投稿においてぐぐたす選抜が発表され、ぐぐたす選抜入りを果たす[7]
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル選抜総選挙』では44位で、ネクストガールズ入りを果たした[8]
  • 8月24日、『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、JKT48へ移籍することが発表された[9][10]
  • 9月28日、明治神宮野球場で開催された東京ヤクルトスワローズ阪神タイガース第23回戦始球式に登場[11][12]
  • 10月、インドネシア国内向けの大塚製薬ポカリスエットのテレビCMに起用される。
  • 11月1日、JKT48に移籍。
  • 12月26日、JKT48劇場デビュー[13]。TwitterとFacebookを開始。

2013年

2014年

  • 3月から4月にかけて実施された『JKT48 6thシングル選抜総選挙〜みんなが決める、16人選抜メンバー〜 大事なことはみんなで決めよう!』では3位となり、選抜メンバーに選出される[15]

2015年

  • JKT48の活動に専念するため、2015年以降の『AKB48 シングル選抜総選挙』には参加しない意向であることを表明した[16]
  • 3月から4月にかけて実施された『JKT48 10thシングル選抜総選挙』では2位となり、選抜メンバーに選出される[17]
  • 6月13日、JKT48の人事異動で、1月に結成されたチームTのキャプテンに任命された[18]

2016年

  • 2月27日開催の『JKT48リクエストアワーBEST30』にて、年内でJKT48およびAKB48グループを卒業することを発表[19]。卒業後も帰国せず、インドネシアに留まる。
  • 5月23日、ジャカルタからインドネシア第二の都市・スラバヤまで約800キロの道のりを12日間かけて自転車で走破するチャレンジ企画「仲川遥香 伝説をつくる supported by POCARI SWEAT」に出発[20]。6月3日、スラバヤの「88 Avenue」で開催されたJKT48のコンサートの公演中にゴールを果たした[21]
  • 11月10日、Brandwatch英語版社が選出する「Twitterで影響力がある世界の女性15人」で日本人ではただひとり、7位にランクインした[22][23]
  • 12月1日、チーム再編によりチームJに異動[24]
  • 12月17日、バンドン・Trans Luxury Convention Centerで開催された『JKT48 5th Anniversary Concert“B・E・L・I・E・V・E”』で卒業セレモニーを実施した[25]
  • 12月20日、初の自叙伝『ガパパ!〜AKB48でパッとしなかった私が海を渡りインドネシアでもっとも有名な日本人になるまで』を刊行[26]
  • 12月30日、JKT48劇場での卒業公演(旧チームT・新チームJの昼夜2回公演)において、JKT48としての活動を終了[27]
  • 12月31日、プロダクション尾木との契約を終了[28]

2017年

  • 9月11日、2018年日本インドネシア国交樹立60周年親善大使に任命されたことを発表[29]

人物[編集]

  • 5人兄弟姉妹の次女[30]
  • 幼少時、親が目を離した隙に、本物の包丁と食材でままごとをしていたため、その後自宅の冷蔵庫は施錠されるようになったという[31]
  • 女子サッカー韓国代表康裕美は中学時代の同級生。民団新聞で康は成人式を前に仲川と再会し、「お互い、世界をめざしてがんばろうね」とエール交換したとコメントしている[32]
  • 浅草三社祭には生まれてからずっと親戚一同総出で参加している。その際、祭り着着用で参加する[33]
  • 舞台で共演した保田圭は仲川を「いつもふわっとした空気の可愛らしいはるごん」と評している[34]
  • 木の実ナナとは音楽劇「ACT泉鏡花」で共演して以来親交を深めている[35]
  • プロレスラーの橋本大地は仲川推しであるが、『週刊プロレス』のインタビューで仲川遥香と倉持明日香みたいな子がタイプと答えており、Google+で倉持が喜びの投稿をしている[36]
  • 宝島社別冊宝島』では仲川について、「元FMW所属のプロレスラーGOEMONこと中川浩二が実父」という前提の記事が投稿された。
  • 2011年2月から実家を出て一人暮らしを開始したが、新居には冷蔵庫電子レンジ掃除機などの家電製品がない。当時同じチームAの高橋みなみから冷蔵庫と電子レンジをプレゼントされている [37]
  • 秋元康は「仲川の可愛いところ! 1.マイペース 2.ちょっとハスキーな声 3.かなりの美人さん 4.二十歳と思えない幼児性 5.人懐っこいところ 6.天真爛漫さ 7.イノセント 8.わかりやすさ 9.意外に傷つきやすいところ 10.マイペース←大事なことなので、二回書きました」とGoogle+で質問に答えている[38]
  • 2012年8月9日に叔母さんになる[39][40]
  • AKS広報担当西山恭子がGoogle+で行っている投稿で公演終了後に落ち込む研究生を抱きしめるように励ましていた仲川について投げかけた「大人っぽくなりたいと公言しているけど、仲川遥香の原点って、何だろう? 誰とでも仲良くなれるのは、なぜだと思う?」の問いに仲川は「気をつかわないから・明るいから」と答えている。また、西山は「誰にでもフランクで、面倒見がよくて、流されそうで、しっかりしていて…。愛されキャラ」と仲川を評している[41]

AKB48[編集]

  • 本人曰く「父のノリで」オーディションに応募。「歌と踊りが一番下手だったから」という逆説的な理由で合格したという[31]
  • 初日」の歌詞にある「一人だけ踊れずに、帰り道に泣いた」という一節は、仲川のエピソードを歌ったもの[42]
  • 元々歌にはあまり興味がなく、初めて買ったCDはオーディションの課題曲だった「桜の花びらたち[31]
  • 主な愛称として「はるごん」を用いていたが、2012年6月6日に行われた「AKB48 27thシングル選抜総選挙」の開票イベントにおいて、「はるごん」の愛称から卒業することを宣言[43]、新たな愛称をGoogle+上で公募[44]し「はるさん」に決めた[45]が、握手会でのファンからの意見により最終的に「はるか」にした[46]
  • 前田敦子・増田有華は高校の同級生[47]であり、前田と一緒に登校していた[48]
  • 前田敦子の卒業発表後特に一緒に行動することが多くなり、前田の家に泊まったり、手技道・MARIS表参道[49]ホットヨガ・ライヴ・夜カフェ・ジムなどへ一緒に行ったりしている。また高城亜樹を加えた3人で「ぼっち会」を結成している[50][51][52][53][54][55][56][57]
  • 旧チームB時代より菊地あやかと仲が良く、増田とも仲が良い。姉妹グループでは、SKE48矢神久美と仲が良く顔や雰囲気が似ていると言われ、互いに姉・妹と呼び合っている[58][59]
  • 清川あさみがプロデュースした「AKB48×美女採集」では「マリーゴールド」[60]に扮した。
  • 「AKB48 27thシングル選抜総選挙」によって選抜されたネクストガールズの雰囲気について中田ちさとは「はるごんが姉妹グループをまとめてくれている。最初からみんな仲良しです」と話している[61]
  • NMB48近藤里奈はAKB48の推しメンに仲川の名を挙げており[62]、互いのブログで握手会等で逢えることを非常に楽しみにしていると述べた。

JKT48[編集]

  • JKT48で仲の良いメンバーはステラ・コルネリア[63]

JKT48での参加楽曲[編集]

シングル選抜楽曲[編集]

JKT48名義

AKB48名義

アルバム選抜楽曲[編集]

JKT48名義

  • Heavy Rotation』に収録
    • Oogoe Diamond
    • Gomenne, Summer
  • 『Mahagita - Kamikyokutachi』に収録
    • Pesawat Kertas 365 Hari - 365 Nichi no Kamihikouki
    • Di Bawah Langit Berwarna Sakura - Sakurairo no Sora no Shita de
    • Laptime Masa Remaja - Seishun no Laptime

AKB48名義

劇場公演ユニット曲[編集]

チームJ 1st Stage「恋愛禁止条例」公演

  • Heart Gata Virus
  • Manatsu No Christmas Rose※
    ※ガイダ・ファリシャのユニットアンダー
  • Renai Kinshi Jourei※
    ※ベビー・カエサラ・アナディラ、高城亜樹のユニットアンダー

「パジャマドライブ」リバイバル公演2013

  • Junjou Shugi

チームKIII 1st Stage「僕の太陽」公演

  • Higurashi no Koi(2014年1月12日、サプライズ出演)

チームJ 2nd Stage「誰かのために」公演

  • Shinkirou
  • Seifuku ga Jama wo Suru

チームJ「パジャマドライブ」リバイバル公演2014

  • Junjou Shugi

「パジャマドライブ」リバイバル公演2014

  • Temedemo no Namida

チームJ「僕の太陽」公演

  • Higurashi no Koi

チームJ 3rd Stage「シアターの女神」公演

  • Candy

AKB48での参加楽曲[編集]

シングル選抜楽曲[編集]

アルバム選抜楽曲[編集]

  • 神曲たち』に収録
    • 君と虹と太陽と
  • ここにいたこと』に収録
    • Overtake - 「チームA」名義
    • ここにいたこと
  • 1830m』に収録
    • Hate - 「チームA」名義
    • 青空よ 寂しくないか?

劇場公演ユニット曲[編集]

チームB 1st Stage「青春ガールズ」公演

  • ふしだらな夏

チームB 2nd Stage「会いたかった」公演

  • ガラスのI LOVE YOU
  • 背中から抱きしめて
  • リオの革命
    ※全員参加曲ではあるが、「スカート、ひらり」ではフロントメンバー(スカひらセブン)で登場する。

チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」公演

  • パジャマドライブ

チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」公演

  • 天国野郎

THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演

チームA 6th Stage「目撃者」公演

  • サボテンとゴールドラッシュ
  • 炎上路線※
    指原莉乃のユニットアンダー

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

バラエティ[編集]

スポーツ関連番組[編集]

  • 世界卓球2010(2010年5月23日-30日、テレビ東京)
  • 世界卓球2011(2011年5月8日 - 5月15日、テレビ東京)

ラジオ[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

映画[編集]

ゲーム[編集]

ネット配信[編集]

イベント[編集]

書籍[編集]

著書[編集]

  • ガパパ!〜AKB48でパッとしなかった私が海を渡りインドネシアでもっとも有名な日本人になるまで(2016年12月20日、ミライカナイ ISBN 978-4-907333-14-0[70][26]

雑誌・新聞連載[編集]

カレンダー[編集]

  • 仲川遥香 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 卓上 仲川遥香 2013年カレンダー(2012年12月7日、ハゴロモ)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当時、AKB48のシングル楽曲の選抜メンバーに選出されたことがなかったため、「初恋ダッシュ/青い未来」がCDデビューとなった。

出典[編集]

  1. ^ [1] - JKT48公式プロフィール
  2. ^ AKB48 1st Anniversary LIVE! 勢ぞろいだぜ『A』『K』『B』! - Part3『チームB候補生』 - スクランブルエッグ (2006年12月15日)
  3. ^ 「日中文化人懇談会2007 〜オープンカレッジ in 北京〜」開催について 中國藝術研究院 日中文化人懇談会2007 実行委員会 プレスリリース 2007年9月12日付
  4. ^ 「AKB48 22ndシングル選抜総選挙結果」 - AKB48公式ブログ(2011年6月10日)
  5. ^ AKB48仲川遥香 声帯手術で休養「すぐに戻ってきますね」 スポーツニッポン 2012年2月29日閲覧
  6. ^ みなさーん!はるごんぶろぐ(^ 3^)/ Archived 2012年3月14日, at the Wayback Machine.(2012年3月7日付け、渡り廊下走り隊オフィシャルブログ)
  7. ^ 「Google+」 - 秋元康(2012年3月3日)
  8. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ 2012年6月6日
  9. ^ 組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ 2012年8月24日
  10. ^ 東京ドーム公演初日サプライズ!AKB、新チーム体制発表 - スポーツニッポン 2012年8月24日
  11. ^ a b プロ志望だったAKB仲川遥香が始球式 - デイリースポーツ 2012年9月28日
  12. ^ a b AKB仲川始球式“ABE”に指導受ける - 日刊スポーツ 2012年9月28日
  13. ^ 高城亜樹・仲川遥香 JKT48劇場デビューのお知らせ”. AKB48 Official Blog 〜1830mから~ Powered by Ameba. サイバーエージェント (2012年12月19日). 2017年9月12日閲覧。
  14. ^ 選抜総選挙!仲川遥香 渡り廊下走り隊7公式ブログ 2013年4月3日
  15. ^ JKT48 6th シングル CD 選抜総選挙 - JKT48公式サイト(2014年4月27日)
  16. ^ Google+(2015年3月25日投稿記事)
  17. ^ JKT48 10th シングル CD 選抜総選挙 - JKT48公式サイト
  18. ^ “JKT48、人事異動発令 仲川遥香がキャプテンに”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年6月14日). http://mdpr.jp/news/detail/1494315 2017年9月12日閲覧。 
  19. ^ “仲川遥香、年内でJKT48&AKBグループ卒業へ”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2016年2月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2067595/full/ 2016年2月28日閲覧。 
  20. ^ “JKT仲川遥香、自転車で800キロ走破へ 卒業前に「伝えたいこと…」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年5月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2072128/full/ 2016年5月23日閲覧。 
  21. ^ “JKT48仲川遥香、自転車で800キロ走破 期間限定スラバヤ劇場新設の発表も”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年6月6日). http://www.oricon.co.jp/news/2072904/full/ 2016年6月6日閲覧。 
  22. ^ 佐藤仁 (2016年11月12日). “「Twitterで影響力ある15人の女性」日本人では唯一JKT48の仲川遥香が7位にランクイン”. Yahoo!ニュース. ヤフー株式会社. 2016年12月25日閲覧。
  23. ^ Gemma Joyce (2016年11月10日). “React: The Most Influential Men and Women on Twitter”. Brandwatch. 2016年12月25日閲覧。
  24. ^ JKT48組閣発表メンバーについて”. JKT48公式サイト. JKT48 Operation Team (2016年9月11日). 2016年12月24日閲覧。
  25. ^ “JKT48仲川遥香が涙の卒業セレモニー「10年間諦めずにやってきてよかった」”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2016年12月18日). http://news.dwango.jp/2016/12/18/115976/idol/ 2016年12月18日閲覧。 
  26. ^ a b “JKT仲川遥香、目標は世界「もっと有名になりたい」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年12月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2083448/full/ 2016年12月23日閲覧。 
  27. ^ “【公式インタビュー】卒業直前!インドネシアで一番有名な日本人、JKT48仲川遥香が語る、今の伝えたいことは?”. gozzip. (2016年12月27日). http://gozzip.id/2723/ 2016年12月28日閲覧。 
  28. ^ “仲川遥香、JKT卒業と同時に事務所も契約解除へ”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年12月27日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1757569.html 2016年12月28日閲覧。 
  29. ^ “【エンタがビタミン♪】仲川遥香“日本インドネシア国交樹立60周年親善大使”に おばあちゃんの着物を着て発表”. techinsight (株式会社メディアプロダクツジャパン). (2017年9月12日). http://japan.techinsight.jp/2017/09/maki09121200.html 2017年9月12日閲覧。 
  30. ^ duet』2009年11月号より[要ページ番号]
  31. ^ a b c 音の素』(読売テレビ)2011年1月31日放送分
  32. ^ 民団新聞(2012年1月18日)
  33. ^ Google+ (2012年5月20日投稿記事)
  34. ^ 「☆仲川遥香ちゃん☆」 - 保田圭オフィシャルブログ(2010年4月28日)
  35. ^ 渡り廊下走り隊のオフィシャルブログ【ナナさんすきっー(。≧∇≦。)★はるごんブログ】(2010年10月3日)、「はるごんtwitter(^ε^)-☆Chu!!」(2010年10月8日)、【お揃いヽ(´▽`)/★はるごんブログ】(2010年10月10日)、「★自己紹介★はるごんぶろぐ(^ε^)-☆Chu!!」(2011年02月16日)、片山陽加オフィシャルブログ「あの○○さんとは…」(2011年2月22日)等より
  36. ^ 「Google+」 - 倉持明日香(2012年3月17日)
  37. ^ 週刊プレイボーイ増刊 AKB48×週刊プレイボーイ2011』(2011年11月15日号、集英社)「AKB48オンナたちの『ウワサの真相』」にて、仲川が発言。[要ページ番号]
  38. ^ 「Google+」 - 秋元康(2012年1月15日)
  39. ^ 「Google+」 - 仲川遥香(2012年8月9日)
  40. ^ 「Google+」 - 仲川遥香(2012年8月10日)
  41. ^ 「Google+」 - 西山恭子(2012年7月26日)
  42. ^ 『AKB48ヒストリー 研究生公式教本』(集英社)pp.65-66
  43. ^ 「選抜総選挙。仲川遥香(^з^)-☆」(2012年6月7日、渡り廊下走り隊オフィシャルブログ)
  44. ^ Google+ (2012年6月7日投稿記事)
  45. ^ Google+ (2012年6月8日投稿記事)
  46. ^ Google+ (2012年6月10日投稿記事)
  47. ^ あっちゃん、「孤高」からも卒業 - 日刊スポーツ 2012年3月27日
  48. ^ チームA 6th Stage「目撃者」』(2010年7月29日)より
  49. ^ 「newhair☆」 - MARIS公式ブログ(2012年7月22日)
  50. ^ 「今朝」 - 前田敦子オフィシャルブログ(2012年4月24日)
  51. ^ 「今朝2」 - 前田敦子オフィシャルブログ(2012年4月25日)
  52. ^ 「今朝3」 - 前田敦子オフィシャルブログ(2012年4月26日)
  53. ^ 「今朝4」 - 前田敦子オフィシャルブログ(2012年4月27日)
  54. ^ 「今朝5と6」 - 前田敦子オフィシャルブログ(2012年4月30日)
  55. ^ 「今朝7」 - 前田敦子オフィシャルブログ(2012年5月3日)
  56. ^ 「ぼっち会♪」 - 前田敦子オフィシャルブログ(2012年6月27日)
  57. ^ 「洋食♪♪」 - 前田敦子オフィシャルブログ(2012年7月5日)
  58. ^ 「☆はるごんさん、にゃはっぴー★」 - SKE48オフィシャルブログ(2011年2月10日)
  59. ^ 「☆お姉ちゃん★KUMI」 - SKE48オフィシャルブログ(2011年9月25日)
  60. ^ 「AKB48×美女採集」
  61. ^ 「AKBネクストガールズ、ラジオから成り上がる」 - SANSPO.COM(2012年7月22日)
  62. ^ 「Google+」 - 近藤里奈(2012年2月24日)
  63. ^ 渡り廊下をゆっくり歩きたい』DVD『仲川がジャカルタですごい事になっていると聞いたので行ってみた!』
  64. ^ JKT48・高城亜樹&仲川遥香、CMでメンバーと共演し「もっと仲良くなりたい」 - マイナビニュース(2012年11月2日)
  65. ^ 「仲川遥香 告知」 - 渡り廊下走り隊オフィシャルブログ(2012年2月10日)
  66. ^ JKT48 Dibubarkan di Trailer Perdana 'Viva JKT48'” (id). wowkeren (2014年5月7日). 2014年5月9日閲覧。
  67. ^ “あっちゃん号泣卒業発表から一夜、笑顔で香港ライブ”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2012年3月27日). オリジナル2012年3月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120327063237/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120327-OHT1T00038.htm 
  68. ^ “親友2人と…あっちゃん「卒業旅行」は秋元氏に直訴して実現”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年4月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/04/03/kiji/K20120403002968490.html 2017年9月12日閲覧。 
  69. ^ 2020年、日本のヒーローはアスリートだけじゃない!留学先進国宣言。日本は留学にやさしい国になります。 留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」第一弾、ロゴ&スローガン記者発表会10月29日(火曜日)開催 〜官民協働で留学促進広報を強化!〜”. 文部科学省 (2013年10月23日). 2013年10月29日閲覧。
  70. ^ “JKT48仲川遥香、移籍後の病歴告白「免疫力がすごい」”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年10月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2080045/full/ 2016年10月17日閲覧。 

外部リンク[編集]