小笠原茉由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おがさわら まゆ
小笠原 茉由
プロフィール
愛称 まーちゅん
生年月日 1994年4月11日
現年齢 27歳
出身地 日本の旗 日本大阪府枚方市
血液型 A型
公称サイズ(2015年[1]時点)
身長 151 cm
活動
デビュー 2010年10月9日
活動期間 2010年 - 2018年
備考AKB48チームB→チームA
NMB48チームN
事務所 Showtitle
主な楽曲何度も狙え!
アイドル: テンプレート - カテゴリ

小笠原 茉由(おがさわら まゆ、1994年平成6年〉4月11日 - )は、日本の元タレント、元アイドルであり、女性アイドルグループ・NMB48チームNおよびAKB48チームAの元メンバーである。大阪府枚方市[2]出身。KYORAKU吉本.ホールディングスを経て、芸能活動終了時点でShowtitle所属。

略歴

2010年

2011年

2012年

  • 1月13日、R-1ぐらんぷり2012に「小笠原茉由」名義で出場し、2月22日開催の3回戦まで進んで敗退する(NMB48の他のメンバーでは岸野里香が2回戦敗退)[4]。ともに3回戦敗退だったたむらけんじからは「ソロデビューせい」と評価される[5]
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル 選抜総選挙』では60位で、フューチャーガールズに選出される[6]。AKB48名義シングルでは初選抜となる。

2013年

2014年

  • 2月24日、Zepp DiverCityで開催された「AKB48グループ大組閣祭り」にて、AKB48チームBへの移籍が発表される[10]
  • 4月22日、この日をもってNMB48としての活動を終了。
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 37thシングル 選抜総選挙』では76位で、アップカミングガールズに選出される[11]

2015年

  • 3月26日、さいたまスーパーアリーナで行われた『AKB48 春の単独コンサート〜ジキソー未だ修行中!〜』においてチームAへ異動することが発表された[12]

2016年

  • 10月14日、AKB48劇場で行われたチームA公演において年内でグループを卒業することが発表され[13]、12月22日にAKB48劇場で卒業公演を実施し、12月24日にAKB48としての活動を終了[14]

2018年

  • 8月26日、大阪・ルフールなんば道頓堀店にて開催された自身のファンミーティングにおいて、2018年内をもって芸能界から引退することを発表[15][16]。その後最初で最後の写真集を出版し(後述)、同年末をもって芸能活動を終了した。

2021年

  • 10月23日、一般男性と結婚したことが明らかになった[17]

人物

  • 姉が1人と妹が1人の3姉妹の次女である[18]
  • 自身をマイペースだと分析している[19]
  • 自己分析による長所は、いつまでも少女の心を持っているところ[20]
  • 好きなアニメは『プリキュア』で、シリーズの中では『Yes!プリキュア5GoGo!』、キャラクターはキュアレモネードが大好きである[21]。2012年放送の『スマイルプリキュア!』にも熱中しており、自分のファンに「実況」を依頼することがあったほど[22]。エンディングテーマのダンスも「完璧」に覚えている模様[23]。他には『クレヨンしんちゃん』も好きである[24]
  • アニメソングで一番好きなのは、『Yes!プリキュア5』のオープニング「プリキュア5、スマイル go go!」である[25]。『クレヨンしんちゃん』の「オラはにんきもの」も好きで、ときどき頭の中で曲が流れてしまうことがある[25]
  • 好きなサイリュームの色は黄色、オレンジである[24]
  • リボンが好きである。リボンの小物が多く、洋服もリボンつきのものを多数所持している[26]
  • 祖父母の影響で演歌が好き[27]
  • 虫が大の苦手で、夏は虫除けスプレーが必需品である[26]
  • NMB48のオーディション当時からアルパカのぬいぐるみである「アルパ子」と一緒にいる[28]
  • 将来の夢は、声優、アニメ作家、アイドルプロデューサー、女優[20]だった。
  • 目標とするタレントは石原さとみ[29]だった。
  • 初めて自分で買ったCDは平野綾の「スピード☆スター」である[30]
  • 手話を勉強しており、握手会でファンと手話で会話したこともある[31]
  • ブログで「(-゜3 ゜)ノ」の顔文字をよく使っていた。他にも「〜します」を「〜しまーちゅん」と書き、「可愛い」の意がある「きゃまちぃ」という独自の言葉を使っていた[32]
  • サザエさん』の穴子高橋みなみ渡辺麻友などのものまねが得意である。しかし、『クレヨンしんちゃん』の野原しんのすけのものまねは木下春奈から不評であった[25]
  • 結婚後は三上悠亜とのつながりから伊藤舞雪を知り、ラジオへの投稿を経て繋がり伊藤とは友人関係となっている[33]

NMB48・AKB48

  • キャッチフレーズは「なんば発、小笠原特急 みなさんを夢の世界へお連れしまーちゅん」である[24]
  • NMB48のオーディションに応募したのは、AKB48のイベントに参加したときに、彼女達がファンに元気を与えている姿を観て、それに憧れたから[19]
  • 憧れの人物はAKB48の渡辺麻友である[19]
  • NMB48について、「今まで知らなかった自分を知ることができる場所」であると語った[26]
  • 劇場公演曲で一番好きなのは、公演のタイトルでもある「誰かのために」[21]。初日の公演では、この曲中に、ようやくスタート地点に立てたという思いや、他にも色々な気持ちが頭の中をめぐり、号泣した[34]
  • メンバーによるアンケートで、「一番歌が上手いと思うメンバー」として第3位に選ばれた。声が可愛いことが理由の一つとして挙げられている[35]
  • メンバーによる投票で、「一番オタクっぽいで賞」、17票を獲得して第1位に選ばれた。理由はアニメの話をよくしたり、台詞の真似をするから。しかし、本人はこの結果を意外だと思っている[26]。また、チームMの木下百花を部長にして、アニメ好きのメンバーが集まった「キモヲタレンジャー」に「妄想イエロー」として参加している[36]
  • NMB48のどのメンバーとも仲が良い。中でも特に仲の良いメンバーは山本彩で、「さや姉」と呼んで追い掛け回すほど慕っている[18]。また小谷里歩とも仲が良く、「ちゅぽぽ」というコンビを組んでいる[37][38]
  • メンバーのことは誰でも大好きだが、特に可愛いと思っているのは近藤里奈で、彼女を選ぶとしたら上西恵[39]。ちなみに、近藤を甘やかして可愛がる「りぃちゃんあまやかし隊」を小谷と一緒に組んでいる[36]
  • 他のメンバーと比べて汗っかき。チームMの谷川愛梨も汗っかきであるため、2人で「汗っかき同盟」を結成している[29]
  • Google+における、AKB48グループの部活動では軽音部に所属している。担当はトランペットを希望[40]。トランペットは、「GIVE ME FIVE!」NMB48 ver.の担当楽器でもある[41]

AKB48・NMB48での参加楽曲

シングル選抜楽曲

AKB48名義

NMB48名義

アルバム選抜楽曲

AKB48名義

NMB48名義

その他の参加楽曲

  • シングル「逆さ坂」(「じゃんけん民」名義)に収録
    • 奇跡のドア - 「AKB48」名義

劇場公演ユニット曲

AKB48名義

チームB 6th Stage「パジャマドライブ」公演

  • 鏡の中のジャンヌダルク

春風亭小朝「イヴはアダムの肋骨」公演

  • 『南京玉簾』

チームA 7th Stage「M.T.に捧ぐ」公演

  • 負け男

NMB48名義

チームN 1st Stage「誰かのために」公演

  • Bird(山本彩のアンダー)
  • 蜃気楼
  • 制服が邪魔をする

チームN 2nd Stage「青春ガールズ」公演

  • Blue rose
  • ふしだらな夏

チームN 3rd Stage「ここにだって天使はいる」公演

  • 何度も狙え!
  • 初めての星
  • 100年先でも

出演

テレビ

テレビドラマ

ラジオ

ネット配信

  • 小笠原茉由のまーちゅんチャンネル(2014年7月14日 - 、ニコニコチャンネル
    • まーちゅんチャンネル(2014年7月14日 - 、ニコニコ生放送
    • 生主まーちゅん(2014年7月14日 - 、ニコニコ生放送)
    • おかまーちゅんチャンネル(2016年4月14日 - 、ニコニコ生放送)[注 4]

映画

CM

書籍

雑誌・新聞連載

  • 月刊ENTAME(2012年3月30日 - 2013年3月30日、徳間書店) - 「浪花女のお笑い修行道」を岸野里香と共同連載。

写真集

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 2014年2月24日の「AKB48グループ大組閣祭り」でAKB48移籍が発表されたが、「NMB48 げいにん!THE MOVIE リターンズ 卒業!お笑い青春ガールズ!!新たなる旅立ち」の映画企画のみ参加。
  2. ^ ニコニコ生放送と同時生放送。
  3. ^ 2015年3月28日までは『ABCタイム』、2015年4月4日からは『FANTASY RADIO』の内包番組として放送。
  4. ^ Kawaiian TVと同時生放送。

出典

  1. ^ 講談社 MOOK『AKB48総選挙公式ガイドブック2015』より(P.098)。
  2. ^ [1]
  3. ^ まゆゆ、亜美菜も残った!! AKBアニメ声優選抜 1次オーディション通過30名が発表 - リアルライブ(2011年12月10日)
  4. ^ 「3回戦東京 ルミネtheよしもと」[リンク切れ] - 東洋水産R-1ぐらんぷりスタッフブログ(2012年2月24日)
  5. ^ 『NMB小笠原、「Rー1」3回戦で負けちゃった』 - SANSPO.COM(2012年2月23日)
  6. ^ 「AKB48 27thシングル選抜総選挙結果」 - AKB48オフィシャルブログ(2012年6月6日)
  7. ^ “南海電鉄・NMB48共同ツアー 「小笠原特急 みなさんを夢の世界へおつれしま〜ちゅん」 特急「ラピート」を「小笠原特急」として運行します” (PDF) (プレスリリース), 南海電気鉄道, (2013年3月14日), http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/130314_2.pdf 2013年5月1日閲覧。 
  8. ^ “NMB「小笠原特急」ホンマに発車しま〜ちゅん”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2013年4月12日). オリジナルの2013年4月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130417205409/http://www.sanspo.com/geino/news/20130412/akb13041211100000-n1.html 2013年5月1日閲覧。 
  9. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2013年6月8日)
  10. ^ AKB48グループ 大組閣祭り 組閣後 AKB48 AKB48オフィシャルサイト
  11. ^ 「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2014年6月7日)
  12. ^ “AKB春の衝撃人事一覧――川栄卒業、北原NGT移籍、生駒留学解除”. ORICON STYLE. (2015年3月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2050670/full/ 2015年11月10日閲覧。 
  13. ^ “AKB小笠原茉由、年内卒業を発表「新しい環境で改めて頑張りたい」”. ORICON STYLE. (2016年10月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2080015/full/ 2016年10月15日閲覧。 
  14. ^ 小笠原茉由の卒業公演日程と握手会イベント最終参加につきまして”. AKB48オフィシャルブログ (2016年12月9日). 2016年12月24日閲覧。
  15. ^ 元NMB48小笠原茉由、芸能界引退を発表”. モデルプレス (2018年8月26日). 2019年12月6日閲覧。
  16. ^ “元NMB48小笠原茉由が芸能界引退へ「最後まで楽しい想い出を一緒に」”. ORICON NEWS. (2018年8月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2118296/full/ 2018年8月26日閲覧。 
  17. ^ “元NMB小笠原茉由さんが一般男性と結婚 渡辺美優紀からの祝福に感謝”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年10月24日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202110240000400.html 2021年10月24日閲覧。 
  18. ^ a b 「お答え(-゜3゜)ノちゅん」 Archived 2011年2月2日, at the Wayback Machine. - NMB48オフィシャルブログ(2011年1月28日)
  19. ^ a b c B.L.T. NMB48 vol.1』(東京ニュース通信社)2011年2月1日発売より。
  20. ^ a b 小笠原茉由 NMB48名鑑 ― スポニチ Sponichi Annex - スポーツニッポン
  21. ^ a b 「お返事(-゜3 ゜)ノちゅん」 Archived 2013年8月22日, at the Wayback Machine. - NMB48オフィシャルブログ(2011年1月7日)
  22. ^ 小笠原茉由 - Google+(2012年3月4日)
  23. ^ 小笠原茉由 - Google+(2012年3月4日)
  24. ^ a b c 「大切(-゜3 ゜)ノちゅん」 Archived 2013年8月22日, at the Wayback Machine. - NMB48オフィシャルブログ(2011年1月11日)
  25. ^ a b c NMB48 presents 「NUMBER SHOT」第四回ランキングテーマ『アニメソング』2011年3月7日更新分より
  26. ^ a b c d BOMB 1月号』(学研パブリッシング)2010年12月9日発売より。
  27. ^ 「こぶし!(-゜3゜)ノちゅん」 - NMB48オフィシャルブログ(2011年11月1日)
  28. ^ 「酸素(-゜3゜)ノちゅん」 - NMB48オフィシャルブログ(2011年2月25日)
  29. ^ a b 『NMB48 COMPLETE BOOK 2012』(光文社)本人談
  30. ^ 小笠原茉由- Google+(2012年10月26日)
  31. ^ 「念願のあの服(-゜3゜)ノちゅん」 - NMB48オフィシャルブログ(2012年4月7日)
  32. ^ 「きゃまちぃ(-゜3゜)ノちゅん」 Archived 2014年8月5日, at the Wayback Machine. - NMB48オフィシャルブログ(2011年1月24日)
  33. ^ セクシー女優と元アイドルの意外な共通点「最初の縛りがあるからこそ、その後好きなことも出来るなって。」<伊藤舞雪と小笠原茉由の女子会インタビュー前編> - fempass(フェムパス)” (日本語). fempass(フェムパス) (2021年10月9日). 2021年10月27日閲覧。
  34. ^ 週刊プレイボーイ No.11』(集英社)2011年2月28日発売より。
  35. ^ テレビ東京スター姫さがし太郎』2010年11月6日の放送より。
  36. ^ a b 『NMB48 COMPLETE BOOK 2012』(光文社
  37. ^ 「事件だよ。りぽぽ」 - NMB48オフィシャルブログ 小谷里歩(2011年7月28日)
  38. ^ 「ななななんと(-゜3゜)ノ!!ちゅん」 - NMB48オフィシャルブログ(2011年7月30日)
  39. ^ 『NMB48のオールナイトニッポンR』2011年10月21日放送分
  40. ^ 横山由依 - Google+(2012年4月11日)
  41. ^ 『NMB48劇場 サラリーマン支配人 金子より』 - NMB48オフィシャルブログ(2012年4月20日)
  42. ^ 小笠原茉由 (2016年4月13日). AKB48 小笠原茉由インタビュー 指原莉乃から教えてもらいたいことは?. (インタビュー). リアルライブ.. http://npn.co.jp/article/detail/60922110/ 2016年7月16日閲覧。 
  43. ^ 小笠原茉由、芸能界引退前に完全プロデュース写真集出版「今がピーク!」”. ORICON NEWS (2018年11月13日). 2018年11月14日閲覧。

外部リンク