フロート番組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フロート番組(フロートばんぐみ)は、主に生放送ワイド番組ブロックワイドとも。後述)の途中に挿入される内包番組。ただし、生放送ワイド番組以外に対して使うこともある。主に、ラジオ番組について言う。

概要[編集]

単に録音を流すだけではなく、番組としての体裁が整ったもののみについて言うが、「録音されたコーナー」との違いは時に曖昧である。番組と番組の間の隙間番組とは区別されるが、ワイド番組の最後に流されるフロート番組など、いっけん隙間番組に見えるものもある。

放送時間は、番組表に記載されていることもあるが、開始時刻は生放送部分の進行具合に左右される。ただし、定められた開始時刻ちょうどに始まるものもある。逆に、ワイド番組全体のうちどのあたりかさえも一定しないものもある。

番組時間は5分~30分程度で、通常は一定である。番組表上の時間より短い傾向があるが、その理由の少なくとも一部は、中CMが少なく後CMが多いためであり、番組開始から生放送再開までの時間は正確に番組表どおりだということもある。

通常、生放送部分とはパーソナリティが異なる。スポンサーが異なるものもある。

希に、ネット局で1週分の総集など通常の箱番組として放送されるものもある。

また、当項にて説明されているフロート番組を多く内包したワイド番組をブロックワイドとも呼ぶ。詳細は当該項目を参照のこと。

放送中フロート番組がある番組[編集]

フロート記事の例は一部のみ。詳しくは各ワイド番組およびインサート番組つなぎ番組#サンドイッチ形式によるつなぎ番組の記事を参照。

テレビ[編集]

日本テレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

TBSテレビ[編集]

フジテレビ[編集]

山形放送・静岡第一テレビ・山口放送・四国放送[編集]

IBC岩手放送・熊本放送[編集]

CBCテレビ[編集]

ラジオ[編集]

NHKラジオ[編集]

(「第3部」という位置づけで日曜23時台<23:10-24:00>に放送。2013年度は同番組からは外れ、単独放送として土曜日20時台<20:05頃-20:55>に移動)
(元々から7時の定時ニュースは番組内で内包されていたが、2014年4月からこの定時ニュースにも正式な題名が制定された。FMでも単独番組の扱いで同時放送)
(「第1部」という位置づけで日曜20時台<20:05 - 20:55>に放送。)

STVラジオ[編集]

TBSラジオ[編集]

文化放送[編集]

ニッポン放送[編集]

ラジオ日本[編集]

CBCラジオ[編集]

東海ラジオ[編集]

ABCラジオ[編集]

MBSラジオ[編集]

  • 北原里英 いまきたラジオやってまーす!

ラジオ大阪[編集]

四国放送[編集]

九州朝日放送[編集]

エフエム東京[編集]

(JFNC制作番組を含む)

FM Port[編集]

FM NACK5[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 但し、北海道放送やIBC岩手放送などでは、『ひるおび!午前』と『JNNニュース』の間に『キユーピー3分クッキング(CBC版)』を挿む。
  2. ^ 北海道放送IBC岩手放送東北放送(2015年8月以降)・新潟放送北陸放送静岡放送(2016年10月以降)・大分放送宮崎放送(2016年10月以降)も同様。
  3. ^ 上戸が産前産後休業に伴い一時降板のため、2015年9月28日放送回より増田みのり(ニッポン放送アナウンサー)が代理パーソナリティを担当。
  4. ^ 放送がない金曜はローカルワイドで対応。

関連項目[編集]