永六輔の誰かとどこかで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
永六輔の誰かとどこかで
ジャンル トーク番組
放送方式 録音
放送期間 1967年1月2日 - 2013年9月27日(特番を含む場合は2016年9月18日
放送時間 平日 11:38 - 11:47(9分)
放送回数 全12,638回[注 1]
放送局 TBSラジオ
ネットワーク JRN
パーソナリティ 永六輔
遠藤泰子
提供 桃屋
特記事項:
放送時間は制作局のTBSラジオのもの。
番組開始から1969年昭和44年)10月4日までは『どこか遠くへ』のタイトルで放送。
テンプレートを表示

永六輔の誰かとどこかで』(えいろくすけのだれかとどこかで)とは、TBSラジオをキーステーションに、全国JRN系列で放送したラジオ番組である。

出演者[編集]

概要[編集]

永六輔が世相批評などを交えながら日々の雑感を語っていたほか、聴取者からの投書などによるやり取りも活発に行っていた。

提供スポンサーは当初呉羽化学工業(現:クレハ)だった[1]が、その後鐘淵化学(現:カネカ[2]を経て1972年ごろより桃屋に変更[3]され、以後は一部のネット局を除き桃屋の一社提供で定着した。 しかし2013年4月以降は桃屋の提供がTBSラジオのみとなることに伴い、同年3月29日をもってネットワークセールス枠から外され、一部のネット局が相次いで放送を打ち切った。

TBSラジオが制作し、録音してから全国にネットするテープネット番組であるが、TBSラジオで報道特別番組が編成されるなど放送できなくなった場合は、裏送り扱いとなった。

当初は土曜日にも放送しており、TBSラジオでは1974年4月12日まで月曜 - 金曜・土曜日ともに独立番組だったが、同年4月13日から土曜のみ『永六輔の土曜ワイドラジオTokyo』に内包された(永は1975年3月29日午前中の放送で一旦土曜ワイドから降板するが、ワイド内包コーナーは継続していた)。

1981年1月31日をもって土曜日の放送が終了すると、同年2月2日から月曜 - 金曜の独立帯番組となり、1985年4月5日まで続いた。

その後月曜 - 金曜の放送も、1985年4月8日放送開始の『スーパーワイドぴいぷる』(1986年4月4日まで、1985年10月3日までは、木曜日のみ『村野武憲のいきなりラジオ』)からワイド番組に内包するようになった。

永が1995年平成7年)3月CBCラジオつボイノリオの聞けば聞くほど』へゲスト出演した際、つボイとの話の最中に『誰かとどこかで』の時間になり、つボイが話を一旦終わらせようとすると、永が「(『誰かとどこかで』は)流さなくていいです。桃屋には僕から言っておきますから」とそのまま話を続け、『誰かとどこかで』を放送しなかったことがあった。桃屋からクレームが入ることはなかったが、CBCの編成や営業部門では大きな問題となり、これ以降は必ず放送していた[4]

沿革[編集]

  • 1967年
    • 1月2日 - 『どこか遠くへ』(どこかとおくへ)のタイトルで放送開始。初代アシスタントは佐藤ユキが担当したが、途中で降板したため遠藤泰子(当時TBSアナウンサー)が後を継ぎ、終了まで担当。
  • 1969年
    • 10月6日 - 現在の番組タイトルに変更。
  • 2003年
    • 9月1日 - 放送回数が10,000回に到達。
  • 2007年
    • 1月2日 - 放送開始から40周年。
    • 7月2日 - 放送回数が11,000回に到達。
  • 2011年
    • 5月2日 - 放送回数が12,000回に到達。
  • 2013年
    • 3月29日 - スポンサーの桃屋がTBSラジオ以外の一部地方局での提供を終了。
    • 8月29日 - 放送を9月27日で終了すると発表。理由はスポンサーの桃屋が降板する意向を伝えられたことに加え、永自身も医師から「体に無理がかかっているので、休むように」と助言を受けたこと[5]、さらにパーキンソン病の影響から滑舌が悪くなることが増え、聴取者からも「痛々しいから休んでほしい」という声が多く寄せられたことをあげている[6]。TBSラジオも終了について「永さんの体調を含め総合的に考えた結果」としている[7][8]
    • 9月27日 - この日の放送をもってレギュラー放送を終了。総放送回数は12,629回にのぼり、放送期間も約46年9か月にわたった。同一人物によるラジオ番組としては、同じくTBSラジオなどで放送された「秋山ちえ子の談話室」の12,512回を上回り、TBS制作のラジオ番組としては最長寿番組となった[5][9]。永自身は放送を「やめる」とはせず「休む」とし、終了後も番組宛のメールボックスが残され、はがきや封書での投書は引き続き可能。TBSラジオでも、今後同名の特別番組を放送することを検討している[7]
  • 2014年
    • 1月1日 - レギュラー放送終了後初の特別番組として「永六輔の誰かとどこかで 2014年初場所」を放送(放送日はTBSラジオのもの、後述)。
  • 2016年
    • 7月7日 - メインパーソナリティの永六輔本人が逝去。
    • 9月18日 - レギュラー放送終了後の最終シリーズ『永六輔の誰かとどこかで 千秋楽』をもって、番組が完結。

主なコーナー[編集]

七円の唄
毎週金曜日に放送。
リスナーから投稿された日常の風景を紹介する。タイトルは、はがき1枚の送料が1967年当時7円だったことから。
長らく永と遠藤の2人でハガキを読む形式だったが、2008年10月3日以降は遠藤がハガキを読み、その内容に永がひと言付け加える形式に変更された。
1981年1月までは土曜日に放送していたが、同年2月から金曜日に移行した。
BGMはタレガの「アルハンブラの思い出」が使われていた。
五十円の小言
2008年以降、主に木曜日に放送(2010年4月以降は不定期)。タイトルは、2008年当時の郵便料金(はがき)が50円だったことに由来。
主にリスナーが感じた苦言や小言に関する投稿を読み、永が感想などを加えていた。

上記以外は、永六輔が自分の思ったことや感じたこと、旅をした各地のことなどを述べるコラムが中心となっていた。

そのほか、「七円の旅」「五十円の感謝状」といった投稿企画もあった。

番組の構成[編集]

本編は冒頭で遠藤が放送月日・曜日をアナウンスして始まるが、月曜日のみ放送月日・曜日に加え放送回数もアナウンスするのが通例となっていた(ただし、最終週は毎日放送回数まで読み上げていた)。

オープニングやエンディング時は、桃屋提供となっている局とそれ以外で一部異なっていた。以下は一例。

  • 桃屋提供ありの場合
    • オープニングは「遠くへ行きたい」がフルで流れる。この曲をBGMに、﨑南海子作の「○月の唄(桃屋を織り込んだ詩)」が遠藤によって朗読される。この中で「窓辺、(または空の下、)桃屋の空き瓶に・・・・」というくだりが日替わりで変更される。
    • 遠藤によるスポンサー紹介ナレーションは、番組開始時は「この番組は味を大切にする桃屋がお送りします」、終了時は「この番組は何はなくとも江戸むらさき・花らっきょうでおなじみの桃屋がお送りしました」となっていたが、番組末期の終了時は「この番組は味を大切にする桃屋がお送りしました」に変更された。
    • 本編のトーク後に、遠藤が桃屋製品の紹介をする(プレゼントの紹介・案内をする時もある)。
    • 終了時は、遠藤が提供アナウンスのあとに「誰かとどこかで、ではまた明日(来週)です」と締めていた[注 2][注 3]が、このときのBGMはワイド番組内包局と独立番組局で若干長さが異なる(前者は後者より早く、フェイド・アウトしている)。
  • 桃屋提供なしの場合
    • オープニングは「遠くへ行きたい」のBGMと共に、遠藤アナウンスのタイトルが放送される。その後、各局の提供 → CMになる。CMが無い局は、本編に入るまでテーマ曲が流れ続ける。
    • 桃屋提供より、本編のトークが若干長くなっている。
    • 「誰かとどこかで、おしゃべりは永六輔、遠藤泰子でした」と締めたあと、BGMが時間まで流れ続ける。局によってCMや提供アナウンスを挿入するところもある。
    • <例>山梨放送の場合(2007年12月現在の内容)
      • 提供なし版タイトル後、一旦、音楽が下がってから「ローカル提供」 → ローカルCM → 再び音楽が上がって、本編へ → 挨拶後、音楽が下がって、ローカルCM → ローカル提供 → 再び音楽が上がって、11:49に音楽が下がって、番組が終わる。

ネット局一覧[編集]

北から順に掲載。

凡例
放送局名が太字:終了まで桃屋提供
放送局名が細字:桃屋以外の複数社提供、またはスポンサーなし
☆印:2013年3月までは桃屋提供

終了時までネットした局[編集]

終了時点でワイド番組に内包していた場合は、その番組名を記載する。

放送終了以前にネットを打ち切った局[編集]

2013年3月29日でネットを打ち切った局
2013年3月以前にネットを打ち切った局

レギュラー放送終了後の特別番組[編集]

  • 2016年7月7日に永が亡くなったため、「千秋楽」をもって完全終了となる。
永六輔の誰かとどこかで 2014年初場所
TBSラジオ(制作局)での放送時間:2014年1月1日 18:00 - 19:00[11]
同時ネット:中国放送
先行ネット:山梨放送・信越放送・RKB毎日放送
遅れネット:北海道放送・東北放送・北日本放送・福井放送・CBCラジオ・大分放送・長崎放送・琉球放送
永六輔の誰かとどこかで 2014年春場所
TBSラジオ(制作局)での放送時間:2014年4月29日 21:00 - 22:00[12]
同時ネット:IBC岩手放送
先行ネット:長崎放送・CBCラジオ・福井放送・山口放送
遅れネット:東北放送・山梨放送・信越放送・北日本放送・琉球放送
永六輔の誰かとどこかで 2014年秋場所
TBSラジオ(制作局)での放送時間:2014年9月21日 20:00 - 21:00[13]
同時ネット:IBC岩手放送・長崎放送
遅れネット:北日本放送・東北放送・信越放送・CBCラジオ
永六輔の誰かとどこかで 2015年初場所
TBSラジオ(制作局)での放送時間:2015年1月11日 19:00 - 20:00
同時ネット:CBCラジオ
遅れネット:琉球放送・北日本放送・長崎放送・東北放送・山梨放送・IBC岩手放送・信越放送
永六輔の誰かとどこかで 2015年春場所
TBSラジオ(制作局)での放送時間:2015年5月10日 20:00 - 20:55
同時ネット:IBC岩手放送
先行ネット:CBCラジオ
遅れネット:山梨放送・北日本放送・琉球放送・東北放送・信越放送
永六輔の誰かとどこかで 2015年夏場所
TBSラジオ(制作局)での放送時間:2015年8月9日 20:00 - 20:55
同時ネット:IBC岩手放送
遅れネット:信越放送・北日本放送・CBCラジオ
永六輔の誰かとどこかで 2015年秋場所
TBSラジオ(制作局)での放送時間:2015年11月1日 19:00 - 20:00
遅れネット:IBC岩手放送・東北放送・信越放送・CBCラジオ・北日本放送
永六輔の誰かとどこかで 2016年初場所
TBSラジオ(制作局)での放送時間:2016年1月10日 19:00 - 20:00
同時ネット:CBCラジオ
遅れネット:IBC岩手放送・山梨放送・信越放送・北日本放送
永六輔の誰かとどこかで 千秋楽
TBSラジオ(制作局)での放送時間:2016年9月18日 19:00 - 20:00
同時ネット:CBCラジオ・IBC岩手放送・南日本放送・琉球放送
遅れネット:北海道放送・北日本放送・信越放送・北陸放送・山陽放送・宮崎放送

番組関連書籍[編集]

  • 永六輔・崎南海子・遠藤泰子編『七円の唄 誰かとどこかで』シリーズ(『・・・』1〜3、『・・・生きているということは』、『・・・ことづて』、『・・・めぐりあい』、『永六輔の「誰かとどこかで」北から、南から』)朝日出版社

関連番組[編集]

  • 六輔七転八倒(ろくすけしちてんばっとう)
    • 1976年度から1983年度にかけて、『誰かとどこかで』の増刊号的な姉妹番組としてプロ野球オフシーズンの毎週水曜20:00 - 20:55(JST、『ゴールデン・ワイド』枠)に放送されていた(提供は桃屋、アメリカ屋靴店など)。こちらは全編生放送で、永・遠藤に加え両者と親交のある中村八大もレギュラー出演。ディレクターは、放送当時TBSのアナウンサーだった大沢悠里が担当していた。[14]トークの合間に中村がピアノ演奏していた。同番組は近畿広域圏朝日放送(ABC)がネットしていたが、11月下旬の水曜に『速報!日本レコード大賞』(レコ大ノミネート歌手発表番組。TBSテレビとの同時放送)が放送された場合テレビネットワークの関係上毎日放送(MBS)にネットされるため、本来休止となる『七転八倒』は、ABCのみ裏送りネットで生放送された。ABCには親交のあったアナウンサー道上洋三がいるが、『誰かとどこかで』は編成の都合で放送していない。
  • 土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界
  • 六輔七転八倒九十分
    • 前述の「六輔七転八倒」のタイトルは、永がメインパーソナリティーを担当した『土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界』(2015年9月26日終了)の体裁を引き継いで、同年9月28日より2016年6月27日まで月曜18:00 - 19:30(JST)に放送された『六輔七転八倒九十分』で再活用された。

脚注[編集]

  1. ^ レギュラー終了後の特番(全9回)も含めた回数
  2. ^ 2013年3月29日の放送では、この日で放送を打ち切る局が多数あったためCMのあと提供アナウンスだけで締められたほか、最終回は「46年間、本当にありがとうございました」とアナウンスした。
  3. ^ 2013年9月27日の放送では、レギュラー放送最終回であり、遠藤が提供アナウンスのあとに「誰かとどこかで、本当に長い間ありがとうございました」とアナウンスして、46年9か月の歴史に幕をおろした。

出典[編集]

TBSラジオ 平日10:50 - 11:00枠
前番組 番組名 次番組
奥方ちょっと失礼
(10:45 - 10:55)
※5分繰り上げ
切り抜きジャーナル
(10:55 - 11:00)
どこか遠くへ
TBSラジオ 平日11:05 - 11:15枠
昼の話題
永六輔の誰かとどこかで
すてきな奥様
TBSラジオ 平日11:50 - 12:00→11:45 - 11:55枠
ラブレター讃歌
(11:45 - 11:55)
旅アラカルト
(11:55 - 12:00)
永六輔の誰かとどこかで
交通情報
(11:45 - 11:52)
TBSニュース
(11:52 - 12:00)
TBSラジオ 平日11:35 - 11:45→11:38 - 11:47枠(「大沢悠里のゆうゆうワイド」内)
浜美枝のいい人みつけた
(11:30 - 11:40)
ニチレイ伝言大賞
(11:40 - 11:45)
永六輔の誰かとどこかで
-