GOGO競馬サンデー!ダイナミックジョッキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
GOGO競馬サンデー!
ダイナミックジョッキー
ジャンル スポーツ中継番組
放送方式 生放送
放送時間 日曜日15時台
放送局 KBCラジオ
パーソナリティ 三浦幸太郎、工藤采佳
出演 KBCラジオアナウンサー
特記事項:
サンデーおすぎ内包。自社製作は小倉競馬場第3場開催時のみ。通常はMBSラジオ製作の関西主場の競走を中継。福岡ソフトバンクホークスのデーゲーム開催日はレース中継のみの放送となる場合あり。
テンプレートを表示

GOGO競馬サンデー!ダイナミックジョッキー(ゴー・ゴー・けいば・サンデー・ダイナミック・ジョッキー)は、KBCラジオ九州朝日放送)の番組の一つ。

概要[編集]

KBCラジオは通常、小倉競馬場が西日本のメイン場となる7月下旬から9月上旬[注 1]を含め、MBSラジオ制作の「GOGO競馬サンデー!」をネットしているが、小倉競馬場が第3場として開催するとき[注 2]、は「GOGO競馬サンデー!ダイナミックジョッキー」のタイトルで自社制作を行う。

KBCの中央競馬実況中継は1976年4月より「KBC中央競馬実況中継」のタイトルで放送を開始。開始当初の関西の中継は当時競馬中継を行っていた朝日放送ABC)の競馬中継(関東地区開催のメインレースはTBSラジオが制作)をネット受けしていた[1][2]

また、2013年冬開催までの自社制作は「サンデー競馬中継 ダイナミックジョッキー」(サンデーけいばちゅうけいダイナミックジョッキー)のタイトルであったが、MBSラジオ制作の中継が「サンデー競馬中継 みんなの競馬」から「GOGO競馬サンデー!」にタイトル変更されたのに合わせて、2014年冬開催より現行の「GOGO競馬サンデー!ダイナミックジョッキー」にタイトル変更された。

小倉競馬場の他、東西の主場で行われるメインレースは関東がニッポン放送(但しMBSが自社制作を行う場合を除く)、関西がMBSの実況がネット受けされる他、裏開催の重賞レースの実況はMBSとRFラジオ日本にネットする。なお、九州地区では他に長崎放送NBCラジオ佐賀)と熊本放送でも競馬中継があるが、こちらは夏季以外の小倉開催時の差し替えは行わない。(NBCは日経ラジオ社大阪支社、RKKはMBS制作のものをネット)

放送は日曜日の生ワイド番組(現・サンデーおすぎ)内の内包コーナー(フロート番組)扱いで、日曜15時から16時である。また、当日KBCダイナミックホークス実況中継(デーゲーム)がある場合も、競馬中継の時間帯は一旦野球放送を中断して、この番組を送る(GI競走開催日は15時台全編、それ以外はレース実況のみネット 但し2010年まではホークス主管試合はインターネット配信されており、15時台は野球が進行中であってもそれを中断して競馬を優先していた)。なお2017年のセ・パ交流戦期間中は土曜・日曜とも当該時刻にデーゲームが行われる場合はプロ野球を優先し、競馬中継は雨天中止や早く終了した場合などに限定されるほか、交流戦終了後もGI開催でない週(小倉主場となる夏季開催も例外ではない)に同様の措置を採るケースがあり、秋のGI開催も該当レース実況のみネットとなることがある。

土曜日の中継

土曜日は通常、(小倉夏季開催を含め)ラジオ関西から「GOGO競馬サタデー!」をネットしているが小倉競馬場が第3場として開催するときは自社制作で放送する。但し日曜とは異なりレースのみの実況となる。

通常は西日本主場の準メイン・メインレースの中継をネットするが、東日本主場のレースが重賞の場合はそのレースもネットされる(東日本主場のレースはRFラジオ日本の実況を、ラジオ関西を経由してネットされる)。但しその場合西日本主場の準メインレースは中継されない。小倉競馬場が第3場開催時は準メインとメインレースのみの中継で、他場のレースは重賞であっても中継は行われない。

2019年の動向

日本中央競馬会が2018年12月に発表した「参加者の有無を確認するため公募手続きに係る参加意思表明書の提出を求める公示」では、福岡県における競馬中継のネット局が九州朝日放送KBCラジオ)からRKB毎日放送RKBラジオ)およびラブエフエム国際放送(LOVE FM)に移行する旨が記述され、2018年12月23日に放送された『GOGO競馬サンデー!』では2019年1月6日からRKBへの移行が告知された。RKBはプロ野球シーズンオフの10月~翌年3月、LOVE FMはプロ野球シーズン中の4月~9月に中継体制を分担するが[3]、小倉競馬場第3場開催時については独自番組を制作せず、通常通りMBSからのネット受けとした上で同局から小倉に実況アナウンサーを派遣してメインレースのみ実況を行う形をとる。このため、番組タイトルは『GOGO競馬サンデー!』のままである[4]

出演者[編集]

司会
  • 松本みつる(2004年より担当)
    • 晩期は実況担当アナウンサーが週代わりで行っていた。
アシスタント
解説
実況

本番組の主な扱い[編集]

  • 小倉競馬第3場開催時は、準メインの発走時刻が15時より前の場合土曜日は番組内で生中継されるが、日曜日は中継枠内で録音となる。
  • 日曜日の正確な放送終了時刻は15時58分、以前は自社制作時15時52分、MBSネット時15時53分と異なっていた。
  • 例年1月に行われる『天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会』開催時、MBSをはじめとした競馬中継ネット局では、同駅伝の中継(RCC幹事によるJRNネット)が優先されるため、競馬中継の放送開始が繰り下げられるが、福岡地区での駅伝中継は競合局のRKBラジオ経由での放送となるため、KBCラジオのみは競馬中継を通常通り放送していた。小倉競馬第3場開催日に該当しない場合、駅伝終了までの間はMBSからの裏送りとなっていたが、この裏送りの措置もKBCでの競馬中継終了により、2018年限りで終了した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この期間はMBSのスタッフがそのまま小倉に乗り込んで中継する。
  2. ^ 平年冬季の1-2月だが、2011年はこれに加えて中京競馬改修と中山競馬震災被災の代替処置として3-4月、中京競馬改修の代替による12月開催もあった。

出典[編集]

  1. ^ 九州朝日放送 編 『九州朝日放送30年史』、1983年、375頁。 
  2. ^ 日本民間放送連盟(編) 『日本放送年鑑'77』 洋文社、1977年、70頁。 
  3. ^ 北九州・福岡地区 競馬ラジオ中継の放送局が変わります”. 日本中央競馬会 (2019年1月4日). 2019年1月4日閲覧。
  4. ^ RKBラジオ週間番組表”. 2019年2月2日閲覧。