近藤鉄太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
こんどう てつたろう
近藤 鉄太郎
プロフィール
愛称 近鉄(こんてつ、コンテツ、コンテリ)
出身地 日本の旗 日本 長崎県小値賀町
生年月日 (1972-12-23) 1972年12月23日(45歳)
最終学歴 福岡大学法学部卒
勤務局 九州朝日放送
職歴 テレビ愛媛アナウンサー(1995年 - 1999年)
活動期間 1995年 -
ジャンル スポーツ・情報番組系
出演番組・活動
現在 スポーツ中継
過去Super-Jチャンネル 九州・沖縄
KBCニュースピア
めざましテレビ』(中継)
とにかく愛媛
アサデス。
備考
2007年 - 2012年には、報道部に所属しニュースキャスターを務めた。

近藤 鉄太郎(こんどう てつたろう、1972年12月23日[1][2] - )は九州朝日放送(KBC)のアナウンサー。報道部に所属していたニュースキャスター。愛称は「近鉄[3](こんてつ[3]、コンテツ[2]、コンテリ)。フリーアナウンサー・木原友香は元妻。

経歴[編集]

福岡県福岡市東区香椎で生まれ育ち5歳時に長崎県北松浦郡小値賀町に転居して「長崎県北松浦郡小値賀町出身[2]」としている。

長崎県立北松西高等学校から福岡大学法学部法律学科へ進学[4]。高校時代には野球部に所属[5]

大学卒業後の1995年に、アナウンサーとして愛媛放送株式会社(テレビ愛媛)へ入社[6]。フジテレビ系列アナウンサー同期は、伊藤利尋森昭一郎菊間千乃2007年退社)、高木広子(2011年退社)。

めざましテレビ』(フジテレビ系列全国ネット番組)の中継[3]などを担当していた。

2000年1月1日付で、アナウンサーとしてKBCへ移籍[7]KBCテレビ平日早朝の情報番組『アサデス。』のメインキャスターを務める一方で、スポーツアナウンサーとしての活動を開始した[7]。同年5月には、初のプロ野球中継実況を担当[7]。また、地元球団・福岡ダイエーホークスの出場する日本シリーズ中継で実況を担当した。自己紹介で「名前は近鉄ですが、心はダイエーホークスです!」と言っていた時期もある[8]

競馬が趣味で、KBCに移籍してからはラジオで念願の競馬実況を担当している。また、競馬実況のベテランアナウンサーである杉本清をテレビ愛媛在籍時代から信奉しており、当時関西テレビフジテレビ系列で放送されていた『とんねるずのハンマープライス』の番組内で「杉本清の競馬実況を横に座って聞ける権利」を落札したことがある[9]

2006年12月には、『アサデス。』のメインキャスターを降板。『Super-Jチャンネル 九州・沖縄』と『KBCニュースピア(KBCニュースピア630)』のキャスターを、草柳悟堂から引き継いだ。

2007年1月にアナウンス部から報道部へ異動したが、2012年12月末で『Super-Jチャンネル 九州・沖縄』と『KBCニュースピア』のキャスターを降板。これを機に、アナウンス部へ復帰した。2013年からは、2000年の日本シリーズ以来13年振りに、プロ野球中継の実況・ベンチリポーターを担当[1][10]2014年には、KBCの系列局・朝日放送が制作する全国高校野球選手権大会中継に、テレビ・ラジオ中継の実況アナウンサー(沖繁義の後任)として派遣された[5]

2017年11月15日、中島浩二の代打でKBCラジオ「夕方じゃんじゃん」でパーソナリティを務めた際、同番組パーソナリティのコガ☆アキの企画により、本人のDJネームを募集したところ、「DJクロスワードです〜」に確定した。

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

テレビ愛媛[編集]

九州朝日放送[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『プロ野球コンプリート選手名鑑2013』P271に掲載の名鑑プロフィールを参照。
  2. ^ a b c 外部リンク(KBC公式サイト内のプロフィールおよびブログなど)を参照。
  3. ^ a b c テレビ愛媛在職当時の同局公式サイト内『めざましテレビ』情報ページ - インターネットアーカイブ1999年2月19日付保存キャッシュ。「リポーターの“近鉄(こんてつ)”こと、近藤鉄太郎です。」という記述あり。
  4. ^ 出身校については、外部リンク(KBC公式サイト内プロフィール)を参照。
  5. ^ a b 朝日放送「第96回全国高等学校野球選手権大会」実況アナウンサー・近藤鉄太郎
  6. ^ 福岡大学卒業後、愛媛放送へ入社したことは、外部リンク(教育・生活情報雑誌V-netクロス)につづられている。
  7. ^ a b c 外部リンク(教育・生活情報雑誌V-netクロス)につづられている。
  8. ^ 参考リンク: 2001年7月当時、KBC公式サイト内に掲載されたプロフィール - インターネットアーカイブ2001年7月8日付保存キャッシュ。 2004年2月当時、KBC公式サイト内に掲載されたプロフィール - インターネットアーカイブ2004年2月2日付保存キャッシュ。
  9. ^ [1]
  10. ^ 『12球団全選手カラー百科名鑑2013』P281に掲載された九州朝日放送のプロ野球アナウンサーリストにも明記。

参考資料[編集]

  • プロ野球コンプリート選手名鑑2013(2013年2月23日発売・3月1日発行、三才ブックスISBN 4861995752
  • 12球団全選手カラー百科名鑑2013(2013年2月25日発売・発行、廣済堂出版)ISBN 4331802213
  • 各種外部リンク

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

インターネットアーカイブの保存キャッシュも含む。