沖繁義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おき しげよし
沖 繁義
プロフィール
愛称 オッキー
出身地 日本の旗 日本 広島市安佐北区
生年月日 (1974-09-11) 1974年9月11日(43歳)
最終学歴 立教大学経済学部
勤務局 九州朝日放送
部署 編成局アナウンス部
職歴 RCC中国放送アナウンサー(1998 - 2003)
KBC九州朝日放送(2004 - )
活動期間 1998年 -
ジャンル スポーツ・情報系
公式サイト 沖 繁義 Shigeyoshi Oki - KBC九州朝日放送
出演番組・活動
現在 スポーツ実況(福岡ソフトバンクホークス公式戦全国高等学校野球選手権大会
アサデス。KBC
おっきーのラジドラ学園
過去 ラジON・ファンキーモンキーオッキー
気ままにLB

沖 繁義(おき しげよし、1974年9月11日 - )はKBC九州朝日放送編成局アナウンス部所属アナウンサー広島市安佐北区出身。「オッキー」の愛称で親しまれている。

略歴[編集]

広島県立向原高等学校立教大学経済学部卒業。大学在学中に放送研究会に所属。一学年先輩にはNHK松山放送局アナウンサー伊林毅暁・同期にテレビ西日本アナウンサーの大谷真宏がいて3名ともスポーツ実況を主に活動していた。

大学卒業後の1998年に、アナウンサーとして中国放送(RCC)に入局。同期入社のアナウンサーに、和佐由紀子がいた。

RCCではバラエティ系アナウンサーとして活躍。2000年に『ラジON・ファンキーモンキーオッキー』で日本民間放送連盟賞のラジオ生ワイド部門・最優秀賞を授与されている。ラジONのメインターゲット10代の良き兄貴的なパーソナリティーだった。2000年12月にはCDデビュー。高校野球のリポーターを務めた。

RCCでは2003年12月26日放送分の『ごじテレ。』の高校野球総集編まで出演していたが、2004年2月1日付で九州朝日放送に移籍。ラジオやテレビのニュース読みのほかKBCでも高校野球リポーターを務めている。2004年9月には初のプロ野球実況を担当、翌2005年からはKBCホークスナイター実況アナの一人となる。『アサデス。KBC』(KBCテレビ平日早朝の情報番組)のレポーター高岡葉月2006年結婚2007年にKBCラジオ制作の「サンデー競馬中継」で小倉競馬場を中心としたレース実況デビューを果たす。2011年には、プロ野球 日本シリーズ ソフトバンク対中日戦。2015年には、ソフトバンク リーグ優勝実況他、日本シリーズ ソフトバンク対東京ヤクルト戦等を実況。2017年 ソフトバンク優勝実況。ゴルフ中継では、青木功が解説を務めるKBCオーガスタゴルフトーナメントのテレビ中継でメイン実況のほか、スカイAゴルフシリーズ 女子ゴルフステップアップツアー、男子シニアツアー KBCシニアオープンなど、男子、女子、シニアの実況を担当。テレビ・ラジオを問わず、さまざまな種目のスポーツ中継で実況を担当している。

高校野球については、KBC移籍後の2005年、『第4回 ANNアナウンサー賞』の高校野球実況部門で奨励賞を、2009年には、『第8回ANNアナウンサー賞』の高校野球実況部門で優秀賞(大賞)を獲得。2012年2013年2015年には、KBCの系列局・朝日放送(ABC)が制作する全国高等学校野球選手権大会の全国大会中継で、朝日放送への派遣アナウンサーとして実況およびインタビュアーを務めた。ちなみに、沖が派遣された期間には、テレビ朝日からもスポーツアナウンサーを若干名派遣。KBCがラテ兼営局であることから、テレビ朝日からの派遣アナウンサーが担当しないラジオ中継でも「KBCの沖繁義」名義で実況している。

2013年1月からは、妻の高岡がかつて出演していた『アサデス。KBC』で、主にスポーツキャスターを担当。プロ野球セ・パ交流戦期間中に実施される『おはよう朝日です』(ABCテレビ)との相互乗り入れ生中継企画「虎鷹大決戦 おはよう朝日ですVSアサデス。KBC」では、ホークスのレプリカユニフォームに鉢巻き姿で、『アサデス。KBC』のスタジオから『おはよう朝日です』にも登場している。

2015年には、6月にサッカーJ2第17節・アビスパ福岡徳島ヴォルティス戦のテレビ中継(解説:中山雅史[1]11月にJ2第41節・アビスパ福岡対愛媛FC戦のテレビ中継(解説:宮澤ミシェル山下芳輝)で実況を担当した。2016年以降も、KBCサッカー中継、テレビ、ラジオ中継いずれも実況担当している。

スポーツアナとして活躍するかたわら、『おっきーのラジドラ学園』、『HKT48ラジオ聴かナイト』、『らぶチャンネル』などラジオパーソナリティとしての担当番組も多い。スポーツのみならず多岐にわたり活躍中である。

人物[編集]

  • 小中高校時代は野球部に所属。小中高においてキャプテンを務める。ポジションは二塁手。
  • 歴史好き。「一番好きな武将は黒田官兵衛・真田幸村」と発言している。司馬遼太郎など歴史小説好きである。ラジオでも度々、好きな歴史武将や、城についてのトークがある。
  • ガンダムにも造詣が深く、2013年11月のKBCテレビ『サワダで〜す』において、アムロレイのコスチュームでガンダム展の会場から中継をしている。
  • 趣味のゴルフをこよなく愛する。
  • HKT48 ラジオ聴かナイト!』ではリスナーからの恋愛相談に熱く回答している。キャッチフレーズは「ここは砂浜、いや〜っ? 『おっきー!!』 We love? 『おっきー!!』 KBC沖繁義です!」である[2]

現在の出演番組[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

過去の担当番組[編集]

中国放送時代[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

  • モテモテ6(2000年4月〜2001年9月)
    • 最新ヒット曲をレシピ内容の替え歌にして、さらにダンス付き(PVパロディ)で料理を作っていく『ダンス&クッキング』を担当。この番組の企画でCD発売した事がある(後述)。但し、放送末期はカラオケ番組になっていた。共演者は地元タレントの松本裕見子と高校生のユミコ。
  • ひろしま!知れば知るほど(2001年4月〜2002年3月?) - 広島市の広報番組で、放送終了まで担当した。共演者は地元タレントの山本裕子。
  • サロン・ド・マンデー(2000年4月〜2000年9月) - 広島のカリスマ美容師が対決する番組で、放送終了まで担当。番組内ではシャンプー係と称していた。前任者は青山高治アナ。
  • サロン・ド・マンデーX(2000年10月〜2001年4月?) - 前番組をリニューアル、男女3人ずつのフィーリングカップル形式になった。放送終了まで担当。

KBC移籍以降[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CD[編集]

  • キッチンと恋しよう(2000年12月)
    • 前述の『モテモテ6』の企画で発売された。作詞は地元パーソナリティの一文字弥太郎、作曲はSMAPの編曲も担当した事もあるCHOKKAKU。500枚限定で製作され、売上金は地元施設の洗濯機購入資金に充てられた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ J2リーグの中継は全国的にも録画放送などの例があるが、テレビ地上波実況生中継は異例かつ、KBCでのアビスパ戦の生中継は15年ぶりということもあり注目度の高い一戦だった。
  2. ^ 放送開始から2014年5月まで共演の中西智代梨(現AKB48)が考案。
  3. ^ 夏の甲子園 行ってきま~す! - 沖 繁義『オキてやぶり』日誌 2015/08/04

外部リンク[編集]