allnightnippon SUPER!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

allnightnippon SUPER!(オールナイトニッポンスーパー!)は、ニッポン放送LF+Rをキーステーションに、1999年3月29日から2003年3月28日まで全国ネットで放送されていたラジオ番組。前番組は「ゲルゲットショッキングセンター」。

概要[編集]

同番組は、ニッポン放送が深夜の時間帯(日本時間で原則21時 - 翌日4時30分)を「LF+R」という番組編成にリニューアルした際、1999年3月までオールナイトニッポン1部を担当していたパーソナリティ4組を同番組に移行させ、新パーソナリティを含む5組でスタートした。

長年この枠の放送時間は、月 - 木22:00 - 25:00だったが、伊集院光のOh!デカナイト以来、5年ぶりに週5日放送になり、さらに、この番組以降、終了時間が、月曜 - 木曜は、ゲルゲットショッキングセンター以来3年4ヶ月ぶりに、金曜は、大入りダイヤルまだ宵の口以来、17年5ヶ月ぶりに、24:00となって24:00 - 25:00は別の番組となっている(2002年10月 - 2003年3月の最後の半年間、金曜日はニッポン放送のみ25:00まで堀内健とビビる大木のallnightnippon SUPER FRIDAY!として延長された)。

ただ番組開始当時はネット局がなく、ニッポン放送のみの放送であったため[1]、地方のリスナーから抗議が殺到した(当時は地方のリスナーを配慮し、インターネットによる同時放送も行っていたものの、常時接続の環境はほとんど普及してない状態であった。また、著作権の関係からインターネット放送では楽曲やコマーシャルが一切カットされ放送内のトークのみ配信されていた。)。開始前からそのことに気付き放送内で不平を述べていた木曜パーソナリティのナインティナインは、半年で「@llnightnippon.com」に放送枠を戻している[2]。またネット局での放送も半年後の1999年10月から開始(ネット開始当初10局ネット)。その後もネット局も拡大し、番組終了時には27局まで増えたが、この動きが皮肉にも結果的にTBSラジオの裏番組「BATTLE TALK RADIO アクセス」と合わせて地方局製作のローカルワイド番組を全国的に壊滅させてしまう事態に陥った。

全国ネットになってからは、オープニングとエンディングにネット局の読み上げもしていた。その際、西川貴教がパーソナリティの時は通常は長崎放送としてカウントされるNBCラジオ佐賀(長崎放送佐賀放送局)も入っていた(紹介時は「NBC佐賀」)。またロンドンブーツ1号2号のallnightnippon SUPER!では、2000年11月のネット打ち切り以降も信越放送の名が読み上げられていた。全国ネット開始前や全国ネット開始後のCM前にニッポン放送では25時台の@llnightnippon.comや現在のオールナイトニッポン同様、提供スポンサーのクレジットも読み上げていた。

地方局のほとんどが自主制作番組または番組販売のラジオ番組を放送していたが、最終的には不況による経営難や地デジ化による制作費削減[3]に伴う経費削減のため、この番組にネットを移行した。また一部のネット局でプロ野球ナイター中継の最大時間延長が22:00(JST)までだったので、ニッポン放送より早く番組を聴ける場合もあった。

キー局のニッポン放送はCMを流す関係で22時台の最後にはいつも音楽をかけており、CMを放送しない地方局に配慮してその曲が23:00まで放送されるか曲が終了した後にフィラー音楽を流していたが、その時間帯を利用してニュース天気予報を放送した放送局もあった(青森放送東海ラジオ西日本放送南海放送他)。これはSUPER以降の平日22時台の番組でも同様。

2003年3月の「LF+R」廃止に伴い終了。後番組は「オールナイトニッポンいいネ!」。

パーソナリティ一覧[編集]

その他[編集]

このほかにも不定期でスペシャルパーソナリティが担当する番組も放送していた(宇多田ヒカル倉木麻衣など)。

移動[編集]

パーソナリティの変遷[編集]

「allnightnippon SUPER!」パーソナリティの変遷
期間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1999.03 1999.09 ロンドンブーツ
1号2号
西川貴教 ゆず ナインティナイン ネプチューン
1999.10 2000.03 SILVA
2000.04 2000.10 中澤裕子
2000.11 2000.12 週替わり
2001.01 2001.04 ポルノグラフィティ
2001.04 2002.09 矢口真里
2002.10 2003.03 堀内健
ビビる大木
  • 1部(com枠)から移動
  • 終了時点のパーソナリティ
  • 1部(com枠)へ移動
  • その他へ移動

ネット局[編集]

一覧[編集]

カッコの中はネット放送開始時期。※は番組販売によるネット(NRN非加盟局)

青森放送では2002年4月から22:00に東奥日報ニュースを放送し、22:05から「飛び乗り」で放送していたが、数週間後に22:00開始となった(2001年4月~9月は22:57~23:00に放送。それ以外のナイターオフシーズンは21時台に放送していた。)。
IBC岩手放送では金曜日のみ、23:00 - 24:00の放送だった。
信越放送では2000年11月から番組終了まで、当時長野県知事だった田中康夫が月曜レギュラーで出演していたTBSラジオBATTLE TALK RADIO アクセスをネットしていたため、月曜日のみ未ネットだった。
22:58からニュース・気象情報を放送。これは22:55にRNCニュースを放送していたためその代替枠でもあった。
南海放送では、ネット開始当初の半年間は、23:30で飛び降りていたが(23:30 - 24:00にローカル枠を置いていた関係による)、その後、EDまで同時ネットした。

脚注[編集]

  1. ^ ただし、夜間帯での放送であったので地方であってもニッポン放送を聴取出来るところは存在していた。
  2. ^ これはパーソナリティ側からの強い要請があったものと言われている
  3. ^ 地方のラテ兼営局では、地デジ化費用を捻出する目的もあり、当番組などのキー局からのネット番組に切り替える局が多かった。
  4. ^ 田村淳はその後、月曜いいネ!⇒金曜1部を担当。
  5. ^ その後、月曜1部に移動・復帰
  6. ^ 後にゆずのオールナイトニッポンGOLD(火曜22:00 - 23:50 → 火曜22:00 - 23:45 → 火曜22:00 - 23:50 → 火曜22:00 - 24:00 → 木曜22:00 - 23:56頃)を担当した。
  7. ^ 現在はナインティナインのオールナイトニッポン(木曜25:00 - 27:00)を担当。
  8. ^ 1999年4月 - 1999年9月までは金曜comを担当。
  9. ^ 2000年4月 - 2001年3月は、allnightnippon Sunday Special “Luv mode”を担当
  10. ^ 終了後は、allnightnippon Sunday Special⇒allnightnippon Sunday SUPER!(2001年4月 - 2003年3月 日曜日)を担当。
  11. ^ 終了後は、あなたがいるから、矢口真里(2003年4月 - 2005年3月 日曜日)を担当。
  12. ^ この二人が担当する金曜日はニッポン放送のみ25:00までの放送だった。

関連項目[編集]

ニッポン放送 22時台
前番組 番組名 次番組
allnightnippon SUPER!