B21スペシャルの活躍金曜日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
B21スペシャルの
活躍金曜日
ジャンル バラエティ番組
放送期間 1990年4月6日 - 1991年2月22日
放送時間 金曜日22:30 - 25:00
放送局 ニッポン放送
制作 ニッポン放送
ネットワーク 無し
パーソナリティ B21スペシャル
ヒロミデビット伊東ミスターちん
出演 西田ひかる(初代アシスタント)
かとうれいこ(2代目アシスタント)
テンプレートを表示

B21スペシャルの活躍金曜日(ビーにじゅういちスペシャルのかつやくきんようび)は、1990年4月6日から1991年2月22日まで、ニッポン放送金曜日の夜の時間帯で放送されていたラジオ番組

放送時間は毎週金曜日22:30 - 25:00。通称「活金」(かつきん)。

概要[編集]

ニッポン放送平日の夜ワイド番組が『三宅裕司ヤングパラダイス』から『内海ゆたおの夜はドッカーン!』(夜ドカ)に替わったのと同時期に、金曜の夜も『TOKYOベストヒット』に替わって当番組がスタート。メインパーソナリティのB21スペシャルは、1990年3月まで『腹よじれAGOHAZUSHI連盟』の金曜日パーソナリティを務めていたが、そこから当番組に抜擢され、引き続きニッポン放送の金曜の夜に出演することとなった。『B21スペシャルのおいしいラジオ ももかぼちゃ』(1989年4月~1989年9月)→腹よじれAGOHAZUSHI連盟に続く、ニッポン放送でのB21スペシャルの番組第3弾である。

リスナーに、生放送のスタジオに集まって一発芸などのネタを披露してもらい、これをCM前のジングルにして流していたことがある[1]

当番組のコーナーのうち、『恐怖なぞなぞ』コーナーが書籍化された。

夜ドカに替わって1991年3月からスタートした『伊集院光のOh!デカナイト』のパーソナリティ・伊集院光が、金曜日の『フライデースペシャル』にも出演することになったため、当番組は夜ドカと同時に終了することになった。しかし、ニッポン放送側の不手際で夜ドカより一週間早く最終回を迎えている(『Oh!デカ』の項も参照)。

出演[編集]

コーナー[編集]

1990年4月当時のタイムテーブル[2]
  • 22:30 - 23:00
    • 娯楽の殿堂少年カジノ
  • 23:00 - 23:30
    • 活金VS落金
    • 活金GO MUSIC ベスト10
  • 23:30 - 24:00
    • 対決バカクイズ合戦
      • (通常のクイズとは逆で、不正解数の多い方が勝ち抜けとなった[1]。)
    • KATSUKINハンドボール
  • 24:00 - 24:30
    • 活金スーパーアイドルカフェ
  • 24:30 - 25:00
    • フライデーミステリーゾーン
    • 今週の活金
    • 芸能ガードマン
上記以外のコーナー[3]
  • 恐怖なぞなぞ
  • やれる曲ベスト5
  • 今週のフセイン
    • (リスナーから寄せられた「嫌われ者」を特集したコーナー)
  • いとしのロクさん
  • あの人の初体験
  • 秋山眞人の超能力コーナー

ゲスト[編集]

[3]

番組本[編集]

  • 恐怖なぞなぞ―大脳爆発死ぬまで悩め(ニッポン放送出版)1990年12月1日 ISBN 4594006809
    第1章「獄問簾」、第2章「苦答簾」、第3章「悶問簾」、第4章「呪問簾」、第5章「惨業会社簾」で構成。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b ラジオパラダイス 1990年7月号「春の新番組チェック!」(p.54)
  2. ^ ラジオ新番組速報版三才ブックス)1990年春号 p.106 - 107(ニッポン放送のページ)
  3. ^ a b 各新聞の1990年4月6日 - 1991年2月22日の間の金曜日のラジオ欄より。
ニッポン放送 金曜22:30 - 25:00
前番組 番組名 次番組
B21スペシャルの活躍金曜日
伊集院光のOh!デカナイト
フライデースペシャル