お笑い第三世代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

お笑い第三世代(おわらいだいさんせだい)は、漫才ブーム以降から1980年代後半に台頭した若手お笑いタレントを総称した俗称。

概要[編集]

とんねるずダウンタウン[1]ウッチャンナンチャンB21スペシャルらの台頭でお笑いブームとなり、フジテレビなどのマスコミが彼らを主とする年代のお笑いタレントを「お笑い第三世代」と呼んだ。他にもダチョウ倶楽部出川哲朗清水ミチコ野沢直子なども該当する。

この名称については、小劇場演劇における主に1980年代に登場した世代を第三世代 (演劇)と呼んだ名称に由来するという[2]

マスコミや雑誌が彼らを「お笑い第三世代」と呼んだことで、漫才ブームやひょうきん族で活躍したビートたけし、紳助・竜介、明石家さんまらが「第二世代」となり、第二世代の上の世代が「第一世代」と位置づけられた。

ライブシーンでは、『4時ですよーだ』の影響で大阪では吉本興業の心斎橋筋2丁目劇場NSC出身者で連日にぎわい、東京ではとんねるずらが開拓したショーパブでの活況、渡辺正行が1986年から「ラ・ママ新人コント大会」主催、1988年からはブッチャーブラザーズのぶっちゃあ主催の「東京バーボン寄席」などの事務所の垣根を越えた若手芸人のライブが始まり、ブームへの環境は整っていった。

とんねるず・ダウンタウン・ウッチャンナンチャンの3組は、『とんねるずのみなさんのおかげです』、『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』、『ダウンタウンのごっつええ感じ』、『ダウンタウンDX』、『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』、『ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャーこれができたら100万円!!』、『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』、『ウンナンの気分は上々。』など、それぞれ冠番組を多く持ち、長寿番組となった番組も多い。3組は、いわゆる「お笑い第四世代」以降の芸人に多大な影響を与えたとされる。

また、3組はそれぞれバラエティ番組がきっかけで、音楽グループとしても活動していた[3]

とんねるずは『TVジョッキー』などの素人参加番組、ダウンタウンは吉本総合芸能学院(NSC)、ウッチャンナンチャンは日本映画学校の出身で、これ以降の世代の芸人は旧来の師弟関係を持たずに世に出るようになった。

オールナイトフジ』、『夕やけニャンニャン』、『うたばん』(とんねるず)、『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』(ダウンタウン)、『8時だJ』(B21スペシャルのヒロミ)など、アイドルと共演したり、音楽番組MCを務める芸人も多かった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『昭和55年 写真生活』(2017年、ダイアプレス)p53
  2. ^ 戸部田 誠(てれびのスキマ) 『1989年のテレビっ子』(双葉社、2016年)
  3. ^ 野猿とんねるずのみなさんのおかげでした)、H Jungle with t(HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP)、ポケットビスケッツブラックビスケッツ(ウッチャンナンチャンのウリナリ!!)