映っちゃった映像GP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
映っちゃった映像GP
Wangan Studio.jpg
ジャンル バラエティ番組 / 特別番組
出演者 ヒロミ
松本伊代(除:第8弾・第9弾)
ほか
ナレーター 戸松遥
若本規夫
ほか
製作
制作 フジテレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2015年1月27日 - 現在
放送時間 不定期放送
回数 9
映っちゃった映像GP
第1弾
放送期間 2015年1月27日
放送時間 火曜日 19:00 - 20:54
放送枠 カスペ!
各話の長さ 114分
回数 1
第2弾
放送期間 2015年6月16日
放送時間 火曜日 19:00 - 20:54
各話の長さ 114分
回数 1
第3弾
放送期間 2015年11月1日
放送時間 日曜日 19:00 - 21:54
放送枠 日曜ファミリア
各話の長さ 174分
回数 1
第4弾・第5弾
放送期間 2016年4月9日10月1日
放送時間 土曜日 18:30 - 20:54
各話の長さ 144分
回数 2
第6弾・第8弾
放送期間 2017年4月21日11月10日
放送時間 金曜日 19:57 - 21:49
放送枠 金曜プレミアム
各話の長さ 112分
回数 2
第7弾
放送期間 2017年8月12日
放送時間 土曜日 19:00 - 20:54
各話の長さ 114分
回数 1

映っちゃった映像GP』(うつっちゃったえいぞうグランプリ)とは、フジテレビ系列2015年から不定期放送されているバラエティ番組である。

概要[編集]

当番組は、世界中から集めた「心霊」「UFO」「UMA(未確認生物)」「都市伝説」など、様々なジャンルのとにかく怪しい不可思議映像の数々をお届けする映像バラエティである。MCヒロミ松本伊代夫妻が務めている(ただし、第8弾・第9弾は松本伊代は出演しなかった)[1]

番組構成では主に、番組前半は世界中から集めた怪しい映像(例:考えられない場所に人影が映っている など)を、戸松遥ケータ君(『妖怪ウォッチ』)風のナレーションや、若本規夫のナレーションで紹介されている(ただし、第7弾では戸松は担当せず、若本と杉本るみが担当した)。番組後半は心霊スポットを芸能人がリポートする企画を放送されている。

また、当番組と類似した企画として、2016年4月17日(『日曜ファミリア』枠)以降、同年9月まで複数回放送された『やっちまったtv』がある。こちらもヒロミ・松本伊代夫妻が出演し、戸松のケータ君風のナレーションなどで世界中から集めた「やっちまった」失敗談を紹介しており、スタッフも共通している。

出演者[編集]

MC[編集]

伊代星人[編集]

放送日・ゲスト一覧[編集]

回数 放送日 放送時間(JST ゲスト 備考
第1弾 2015年1月27日火曜日 19:00 - 20:54 伊集院光小木博明おぎやはぎ)、おのののか倉本康子
柴田理恵谷花音布川敏和森泉
カスペ!』枠で放送。
第2弾 2015年6月16日(火曜日) 伊集院光、SHELLY、柴田理恵、
豊嶋花吉村崇平成ノブシコブシ
第3弾 2015年11月1日日曜日 19:00 - 21:54 伊集院光、おのののか、柴田理恵、寺田心
三戸なつめ、森泉、矢口真里、吉村崇(平成ノブシコブシ)
日曜ファミリア』枠で放送。
第4弾 2016年4月9日土曜日 18:30 - 20:54 板野友美金子理江鈴木梨央関根勤
中川翔子松下由樹、吉村崇(平成ノブシコブシ)
第5弾 2016年10月1日(土曜日) 井森美幸エヴァ柴田英嗣アンタッチャブル)、
中川翔子、中丸雄一KAT-TUN
第6弾 2017年4月21日金曜日 19:57 - 21:49 新井美羽石川恋岡田結実陣内智則北斗晶 金曜プレミアム』枠で放送。
第7弾 2017年8月12日(土曜日) 19:00 - 20:54 赤崎月香、アンミカ井戸田潤スピードワゴン)、
中川翔子、峯岸みなみAKB48)、西澤形一
第8弾 2017年11月10日(金曜日) 19:57 - 21:49 紅蘭広瀬アリス、ユースケ(超特急)、中川翔子 『金曜プレミアム』枠で放送。
松本伊代は欠席。
第9弾 2018年6月30日(土曜日) 19:00 - 21:00[注 1] 井森美幸、藤田ニコル遼河はるひ 松本伊代は欠席。

ネット局と放送時間[編集]

スタッフ[編集]

第3弾(2015年11月1日放送)
  • 編成企画:情野誠人(フジテレビ)
  • ナレーター:若本規夫杉本るみ戸松遥
  • 構成:たむらようこ酒井健作、八代丈寛、渡邉賢史
  • TP:菊池守
  • TD:中村純
  • CAM:山田洋和、杉山紀行
  • VE:徳永一馬
  • VTR:小出秀久
  • 音声:塙秀彦
  • CA:佐藤丈浩
  • 美術プロデューサー:本田邦宏
  • デザイン:邨山直也(フジテレビ)
  • 美術進行:林政之
  • 大道具制作:大川原祐也
  • 大道具操作:佐藤隆弘
  • 衣裳:山本和弘
  • メイク:坂本淳子、近藤美香
  • アクリル装飾:谷口航平
  • 電飾:後藤佑介
  • モニター:野崎裕康
  • 音効:矢部公英、飯塚優也
  • リサーチ:石井千鶴、平井裕子、ロベルト浩二、永福怜美()、志田・広瀬直樹(共にスコープ)
  • 編集:鈴木裕司
  • MA:小田嶋広貴
  • CG:佐藤芙美
  • 広報:片山正康(フジテレビ)
  • 美術協力:フジアール
  • 技術協力:池田屋、阿呍、交音社、麻布プラザ
  • TK:福田美由紀
  • AD:久保田凌、原田卓弥、藤田豊平、二宮啓、江川賢祐、平山泰生、田原さらい
  • AP:由茅奈保美、斉藤恵美
  • ディレクター:久佐賀浩之、亀山剛志、山口貴由、小泉美華、藤代賢二、渡辺恭三、本間和美、佐藤裕司、
  • 演出:藤本創
  • プロデューサー:纐纈勇人、平出さとし、辻村たろう
  • 制作協力:演陣、NET WEB
  • 企画制作:フジテレビ
  • 制作著作:ドラゴンエンタテインメント

事実誤認問題[編集]

第6弾で放送された、鳥取城跡を心霊スポットとして取り上げた際、いくつかの事実誤認があり、鳥取県に謝罪した[2]豊臣秀吉の兵糧攻めで多数の死者が出たということ自体は史実に基づいているが、そこから拡大解釈して、供養塔として紹介されたものは実は供養塔ではなかった等、事実に基づかない内容であった。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 一部地域のみ20:54で飛び降り。

出典[編集]

  1. ^ 有名洞窟城で映っちゃった!?UFOも!?”. とれたてフジテレビ (2017年11月6日). 2018年6月30日閲覧。
  2. ^ “フジテレビ「事実誤認」県に謝罪 鳥取城跡問題”. 日本海新聞. (2017年6月24日). http://www.nnn.co.jp/news/170624/20170624039.html 2017年8月13日閲覧。 

関連番組[編集]

外部リンク[編集]