全員出席!笑うんだってば

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
全員出席!笑うんだってば
ジャンル バラエティ番組
演出 梅原幹
武田幹治
舟沢謙二
ほか
出演者 ダウンタウン
B21スペシャル
ピンクの電話
SET隊
ほか
ナレーター デーモン小暮
オープニングJOKER 〜非力河童人間〜
エンディングBAD AGAIN 〜美しき反逆〜
製作
プロデューサー 園田広美
勝田哲夫
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1989年10月28日 - 1989年12月23日
放送時間 土曜 19:00 - 19:54
放送分 54分
テンプレートを表示

全員出席!笑うんだってば』(ぜんいんしゅっせき わらうんだってば)は、1989年10月28日から同年12月23日まで日本テレビ系列局ほかで放送されていた日本テレビ製作の公開バラエティ番組である。放送時間は毎週土曜 19:00 - 20:00 (日本標準時)。

東京に進出したばかりのダウンタウンが初めてゴールデンタイムで司会を務めた番組である。

出演者[編集]

主なコーナー[編集]

地球戦士フリルマン
番組前半のヒーローものコント。詳細は当該項目を参照。
人間クレーンゲーム
参加者一家の父親がクレーンのアームとなって商品を取りに行くゲーム。幼少の頃のえなりかずきも一家で出場したことがある。
黄金の七人
「地球戦士フリルマン」の後継となるコント。ダウンタウン、B21スペシャル、ピンクの電話が扮する七人の盗賊団が主役で、SET隊が守るお宝を手に入れるためセットに組まれた罠をクリアしていくゲーム要素があった。毎回、七人の衣装が変わるのも特徴。

オープニング[編集]

オープニングでは聖飢魔IIの「JOKER 〜非力河童人間〜」(エンディングテーマ「BAD AGAIN 〜美しき反逆〜」のc/w曲)が掛かる中、吉田戦車のイラストを用いたアニメーションが流れていた。オープニングアニメの終了後にはスタジオからの映像となり、ダウンタウンの紹介で出演者たちが1組1人ずつ登場。その際に出演者たちは、オープニングアニメに登場した吉田戦車デザインのキャラクターのぬいぐるみを持ちながら踊っていた。

このオープニングアニメは、番組終了前の時期には廃止されていた。

エンディング[編集]

エンディングでは聖飢魔IIの「BAD AGAIN 〜美しき反逆〜」が掛かる中、デーモン小暮が流れる星をバックにその回の内容を解説していた。

スタッフ[編集]

  • 音楽:聖飢魔II
  • キャラクター:吉田戦車
  • アニメーション:木下蓮三
  • 構成:すずまさ、伊藤雅司、成田はじめ、下等ひろき、三谷幸喜河崎健男、武田康一郎、阿部一也、赤松裕介、早川健一、中野俊成、橋本尚子、大工富明、鈴木勝秀、伊藤正宏豊田俊一、長谷川勝士
  • 殺陣:村上潤
  • ステージング:ラッキィ池田
  • 制作進行:影沼沢聖紀、増田君儀、鈴木隆之、伊藤真介、橋本麻美
  • ディレクター:鈴木幸也、山口晃弘、川端基浩、小澤太郎
  • 演出:梅原幹、武田幹治、舟沢謙二、中嶋勉、須沼望
  • プロデューサー:園田広美、勝田哲夫
  • 制作:高橋進、高橋靖二
  • 制作協力:THE WORKS
  • 制作著作:日本テレビ

エピソード[編集]

  • 初回収録中、浜田が体調不良により倒れ、後日再収録が行われた。
  • 生クリームを使ったスタジオコントの収録中、足を滑らせたミスターちんが頭を切ってしまうアクシデントがあったが、ヒロミとデビット伊東のアドリブにより、血を見せずに無事収録を終えた。
  • 当時SET隊のメンバーだった岸谷五朗や寺脇康文は「フリルマン」のコントで「サルマタ星人」(全身タイツ&サルマタ姿の宇宙人)を演じていた。
  • 脚本家の三谷幸喜が番組構成に参加していた。
  • ラサール石井が著書で「番組一回目で打ち切りが決定された。」と書いている。
日本テレビ系列 土曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
土曜スーパースペシャル(第1期)
(1988年4月2日 - 1989年9月30日)
※19:00 - 20:54
全員出席!笑うんだってば
(1989年10月28日 - 1989年12月23日)
大追跡(第1期)
(1990年1月 - 1990年3月)