GOBU-GOBU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
GOBU-GOBU
ダウンタウンEP
リリース
ジャンル J-POP
レーベル CBS・ソニー
ダウンタウン アルバム 年表
GOBU-GOBU
1988年
万力の国
1991年
テンプレートを表示

GOBU-GOBU』(ごぶ・ごぶ)は、1988年10月21日に発売されたダウンタウンのミニアルバムである。浜田雅功が毎日放送でやっている同名番組とは無関係である。

概要[編集]

  • ダウンタウン初のアルバムで、初回限定盤は特製パスケース付である。
  • また宣材ポスターとして、CDジャケットの写真(青いトーンを背景に2人が抱き合いながら、共に虚ろな目をして写っている写真と、黄色のトーンで2人がキスをしている写真。黄色バージョンもあった)のポスターが話題になった[1]
  • 収録曲「17才はBreeze」は、朝日放送の『夕焼けの松ちゃん浜ちゃん』のオープニング曲に起用された。
  • 発売直後に7万枚を売り上げるヒットとなった。
  • このミニアルバムはダウンタウンがまだ心斎橋の2丁目劇場を拠点に活動していた頃にリリースされたものだが、その後ダウンタウンの東京進出ならびに全国的なダウンタウンの人気沸騰ぶりにより、SMEにより、1995年頃に再発されている。
  • 発売時、当時千里にあった毎日放送ミリカホールでイベントが行われ、参加者には宣材ポスターがプレゼントされた。

収録曲[編集]

  1. Welcome DownTown
    作詞・作曲・編曲:島武実、ダウンタウン、小野沢篤
  2. Friends
    作詞:島武実、作曲:井上ヨシマサ、編曲:小野沢篤
  3. 風のデビューはTomorrow Night
    作詞:島武実、作曲:宇崎竜童、編曲:小野沢篤
  4. 17才はBreeze
    作詞:島武実、作曲:所ジョージ、編曲:小野沢篤
  5. Destiny
    作詞:島武実、作曲:宇崎竜童、編曲:小野沢篤

脚注[編集]

  1. ^ 当時の宣材ポスターに書かれたコピーは「その筋じゃ、知れた顔。」(松本と浜田が抱き合っている写真)と、「その道じゃ、売れる顔。」(松本と浜田がキスをしている写真)で、当時2人が関西限定ながら、熱狂的な人気を誇っていたこともあり、レコード店の店頭に貼られていたものが、勝手にはがされて、持ち帰られるというケースも多く見られた。