かざあなダウンタウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
かざあなダウンタウン
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
プロデューサー 斉藤由雄
出演者 ダウンタウン
今田耕司
東野幸治
130R
木村祐一
山崎邦正
リットン調査団
関東ローカル火曜日時代
放送時間 火曜 25:40 - 26:40(60分)
放送期間 1995年5月9日 - 1995年9月26日
全国ネット土曜日時代
放送時間 土曜 23:55 - 24:40(45分)
放送期間 1995年10月7日 - 1996年3月30日
テンプレートを表示

かざあなダウンタウン』は、テレビ朝日系列局で放送されたバラエティ番組。司会はダウンタウン。放送期間は1995年5月9日 - 1996年3月30日

概要[編集]

メンバー同士のトークコーナー、および当時の若手お笑いタレントを中心としたチャレンジコーナーを中心に構成。

放送開始当初は関東ローカル及び一部の地域で火曜日深夜1時台からの放送であったが、1995年10月に番組改編のため放送枠がほぼ全国放送の土曜日深夜11時55分からに昇格した。このときから構成を大きく変え、スタジオでのゲームコーナーと屋外ロケーション企画「ダウンタウンとロケしましょう」の2本柱となった。後期においてはフリートークの時間も拡大された。後期の放送時間は、1992年から1993年に同系列の朝日放送ABCテレビ)で放送された関西ローカルの『摩訶不思議 ダウンタウンの…!?』と同じ枠であり、出演者、構成作家、ディレクターに共通の者がいたり、ゲーム企画の内容に類似した点があるなど、共通点が多く見られる番組であった。なお、名古屋テレビ放送では単発で放送したことがある。

放送当時、松本人志はこの番組にあまり乗り気ではなかったようで、あまり番組を休むことがない松本が何度か「お腹が痛い」という理由で休んだことがある。松本は番組内でも企画そのものを批判するような態度を見せることもあったが、その分今田耕司をはじめとした若手芸人たちが各コーナーで極限まで身体を張って番組を盛り上げた。

ダウンタウンの番組の常連メンバーを揃え、さらに全国区では無名だったリットン調査団も名を連ねた。リットンは最も年長のコンビでありながら最もイジられる役として十二分に存在感を示し、特にお色気企画の際に輝きを放ったことから、浜田雅功をして「こいつら(リットン)が活きるのはここやったんや」と言わしめた。

番組のオープニングテーマを当時ブレイク寸前だったGLAYが、番組が土曜0時台に昇格した時期に3ヶ月程担当していた。

出演者[編集]

主なコーナー[編集]

関東ローカル深夜25時台
  • おぼえましょう
  • ためしましょう
  • 企画会議
全国ネット深夜24時台
  • 少年力士と闘いましょう
  • 魚をさばきましょう
  • ゲーム
  • フィーリングカップル8vs8
  • ダウンタウンとロケしましょう
  • 大喜利対決
  • THE早滑りクイズ!!
  • パチプロになりましょう
  • ハガキトークコーナー
  • ほか

番組テーマ[編集]

オープニング

  • Be Happy/ボサノバカサノバ(1995年5月 - 7月)
  • 夏の日のJody/ボサノバカサノバ(1995年7月 - 10月)
  • 生きてく強さ/GLAY(1995年10月 - 12月)
  • Happy Days/ドキドキ・パニック(1996年1月 - 3月)

エンディング

ネット局[編集]

関東ローカル時代に放送された一部のネット局を紹介する。

スタッフ[編集]

テレビ朝日 火曜深夜25:40枠
前番組 番組名 次番組
不明
かざあなダウンタウン
(1995年5月9日 - 1995年9月26日)
不明
音楽ニュースHO
(25:40〜26:10)
テレビ朝日 土曜深夜0時枠
不明
GAHAHA王国
※24:30〜25:00
(1994年4月2日 - 1995年9月30日)
かざあなダウンタウン
(1995年10月7日 - 1996年3月30日)