人志松本のすべらない話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
人志松本のすべらない話
ジャンル トーク番組 / バラエティ番組 / 特別番組
企画 松本人志
出演者 松本人志ダウンタウン
千原ジュニア千原兄弟
宮川大輔
ほか
ナレーター 若本規夫
オープニング カウント・ベイシー楽団『Dinner with Friends』
製作
プロデューサー 松本祐紀
中嶋優一CP
制作 フジテレビ
放送
音声形式 ステレオ放送[注 1]
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2004年12月28日 - 現在
放送時間 放送リストを参照
回数 35
人志松本のすべらない話
テンプレートを表示

人志松本のすべらない話』(ひとしまつもとのすべらないはなし)は、2004年12月28日からフジテレビ系列特別番組として不定期放送されているトークバラエティ番組松本人志ダウンタウン)の冠番組。略称は『すべらない話』。

概要[編集]

誰でも“すべらない話”を持っている。それは、誰が何度聞いても面白い。」というコンセプトのもと、松本人志ダウンタウン)をはじめとしたお笑い芸人などが多数出演し、「すべらない話」をひたすら披露していくトーク番組

千原ジュニア千原兄弟)や宮川大輔小籔千豊など、当時まだ知名度が少なかった芸人たちがメディア露出を増やす契機となったり[1]田村裕麒麟)が第8弾(2006年12月29日放送)で貧乏時代の話をしたことで出版社から声がかかり[2]、自叙伝『ホームレス中学生』を上梓し225万部の売り上げを記録した[3][4] 過去もあるため、若手芸人の登竜門的ポジションも兼ねている。

特にその回で最もすべらなかった話とその話し手に贈られる「MVS(Most Valuable すべらない話)」が設けられた『ザ・ゴールデン』(2007年6月2日放送)からは賞レース的な要素も加わった。

己の話術のみで勝負するというシステムのため収録は毎回ただならぬ緊張感に包まれており、松本の「僕やっぱり緊張しているようです。さっき何年かぶりに髪をかき上げてしまいました[5]」、GACKTの「あまりプレッシャーを感じるタイプではないのですが、本当に胃が痛い。あまりの緊張に我慢できなくて少しお酒を飲んでしまいました[6][7]」といった発言からもそれを伺うことができる。

収録前は、松本含む出演者全員が共通の大部屋の楽屋に通されるのも特徴のひとつ[8][9][10]

番組の発端[編集]

後輩芸人たちとの飲みの席で彼らの面白い話を聞いた松本が、「売れてない芸人のなかにも面白い話を持ってる子らがいっぱいいて、これが一つの形にならないか」と番組初代プロデューサー清水宏泰佐々木将に相談を持ちかけたことがきっかけ。このとき、清水には「それは番組にならないんじゃないですか」と言われたが佐々木が「いいですね」と快諾したことで番組がスタートした[1][11]

番組タイトルについて松本は、「“すべらない話”というタイトルはかなり悩んだ記憶があり、“鉄板”という案も挙がっていた。」と語っている。“人志松本”の部分が姓名あべこべになっていることに関しては「ふざけて言ったことがそのまま採用されただけ」とのこと[11]

ルール[編集]

カジノポーカーテーブルを模したセットのカメラ正面奥の位置に松本が座り、その両サイドにほかのプレーヤー(話し手)が着席する。出演者・スタッフはともにスーツ姿。松本の背後には笑っている松本の肖像画が飾られている。

  • 松本がプレーヤーの名前が書かれた黒いサイコロを振り、出目に当たったプレーヤーがすべらない話を披露。
    • そのため同じプレーヤーが連続で当たる場合もある[注 2]
  • 同じ話を何度話してもよい。
    • ただしこれまで一度の放送で同じ話を披露したのは第1弾(2004年12月28日放送)の河本のみ。
    • 第6弾(2006年6月26日放送)では「同じ話をしてもすべらないのか」を検証するため、今までの放送の中で一度話した話を再披露する特別ルールで行われた。
  • サイコロの性質上メンバーが割り振られない面には「★」が刻印されており、それが出ると立候補もしくはリクエストというシステムを採っている。
  • すべらない話が書いてあるカンニングペーパーの持込みも可能(話す前にちらと見る程度)[注 3]
  • 補足情報としてフリップによる写真の提示も可[注 4]

また、話される話はすべて実話とされている。

当初は収録後に出演者たちがその回のMVPを決めていたが[注 5]、第10弾『ザ・ゴールデン』(2007年6月2日放送)からは番組内で松本が「MVS」を選出し、賞金とトロフィーを授与している。

演出[編集]

初回放送からなぞりテロップなどの演出はせず、画面左下に出演者とその話のタイトルを記したスーパーが表示されるのみ[注 6]。話し終わると画面上にブタCGキャラクター「ハンコウ」が現れ、「すべらない話 認定」のをそのスーパー上に押印して去っていく。また全シリーズ通してバラエティ番組としては珍しくスタッフロールはなく、「製作著作 フジテレビ」と表示されるのみ[注 7]

プレーヤーは長らく芸人のみを貫いていたが、第27弾(2015年1月10日放送)の稲垣吾郎香取慎吾、第28弾(2015年7月11日)の板東英二、第29弾(2016年1月9日放送)の中居正広、第30弾(2016年7月9日放送)の古舘伊知郎、第32弾(2018年1月20日)の宮根誠司、第35弾(2020年1月11日放送)のGACKT・ファーストサマーウイカなど異業種の出演も増えており、それについて松本は「芸人以外の人たちもお喋りが達者な人がいっぱいおられますから、そういう人にも出てもらいたい」と語っている[1]

現在フジテレビオンデマンドNetflixAmazonプライム・ビデオにて、過去放送の一部を配信している。

出演者[編集]

レギュラー出演
松本人志ダウンタウン
MCとディーラー(サイコロを振る役)を兼務。初回放送時、話終わりに発した「すべらんなぁ」というフレーズが定番となり、以降毎回発している。
2015年3月時点で語ったすべらない話は98話。
千原ジュニア千原兄弟
座り位置は画面向かって松本のすぐ左側。初参戦者の紹介やルール説明などの進行も担う。
MVP(MVS)は「ピュア」、「寿司屋にて…」、「亀のクラッシュ」で3回受賞している。2015年3月時点で語ったすべらない話は120話。
宮川大輔
座り位置は画面向かって左手前の松本から最も離れた位置。セットとカメラの間に空いたスペースを生かし、立ち上がったうえで大きなジェスチャーと独特な擬音を駆使した話を披露することが多い。
MVP(MVS)は「コンパでの出来事」「痛いの痛いの飛んで行け」で2回受賞している。2015年3月時点で語ったすべらない話は126話。

放送リスト[編集]

以下、放送日時はJST、関東地区のもの。地域によってはフジテレビ系列局クロスネット局で遅れ放送されたことがある。また後述するとおり、年末拡大スペシャルとザ・ゴールデンについてはフジテレビ系で全国同時放送された。

第1弾〜第7弾、第9弾は火曜日深夜、第8弾は金曜23時台、第10弾は土曜プレミアム枠でゴールデンタイムプライムタイム(JST)での放送となり、以降はゴールデン帯と深夜帯で交互に放送されていたが、第14弾以降は毎回土曜プレミアム枠での放送となっている。

なお、芸名やお笑いユニット名は放送当時のものを表記している。

番組内で話された話については「すべらない話一覧」を参照。

総集編[編集]

オーディション特番[編集]

スピンオフ企画[編集]

松本以外のメンバーのすべらない話シリーズ
千原ジュニアや宮川大輔らがMCとなったすべらない話のシリーズ。
人志松本のゆるせない話シリーズ
納得のいかない話や許せない怒りのエピソードを展開していく派生企画の特番。
“怒”という字のオブジェが置かれたセットで、出演者の背後に掲示された100個の「ゆるせない話のタイトル」が書かれたボードから松本が1つを選択し、そのタイトルの怒りエピソードを持っている者が話す。話し終えるとその者が次のタイトルボードを選択、以降リレー形式で繋いでいく[37]
この企画はのちにスタートしたスピンオフ番組『人志松本の○○な話』に引き継がれた。
兵動・小籔のおしゃべり一本勝負 〜すべらない話MVSの2人〜
2009年1月時点で唯一2度MVSを受賞した経験を持つ兵動大樹(矢野・兵動)と小籔千豊によるトーク番組。
2009年1月31日にCS・フジテレビTWOにてパイロット版を放送したのち月1回のレギュラー化[38]。同年10月21日にはDVD化された[39]
開催されたトークライブについては下記を参照。
人志松本のすべらない話 特別編「男と女にまつわるゆるせない話
2013年8月3日から4日にかけて放送された『FNS27時間テレビ 女子力全開2013 乙女の笑顔が明日をつくる!!』内の1コーナー。
『すべらない話』のセットのもと出演者が男芸人チームと女芸人チームに分かれ、それぞれ異性のゆるせない話を披露するという趣旨。

ライブイベント[編集]

放送開始10周年目を迎えた2014年、「すべらないYEAR」と銘打ち全国7ヶ所でのライブ公演が行われた。

初回の尼崎公演のみ松本ら出演者のほかオーディションで選抜された若手芸人も客席におり、サイコロで「★」の目が出た際に彼らの出番になるというルールが設けられた。

公演はのちにDVD化している(「DVD」を参照)。

DVD[編集]

第5弾の放送で番組のDVD化が決定したことを発表。のちに50万枚を超える大ヒットとなり、フジテレビの単巻記録を塗り替えるとともに番組の認知度を格段に上げた[52]

2007年6月27日には第3弾「人志松本のすべらない話 其之参」が発売され、その初回出荷の時点でシリーズ累計出荷本数が100万本を突破した[52]

2008年9月24日発売の『人志松本のすべらない話 ザ・ゴールデン』は7.2万枚を売り上げシリーズ5作連続で総合DVDランキング首位となる大ヒットを記録[53]

2010年6月23日発売の『人志松本のすべらない話 ザ・ゴールデン4』は発売初週で2.1万枚を売上げ、オリコン週間DVDランキングで『ザ・ゴールデン』から1年9カ月ぶりとなる通算6作目の総合第1位となっている[54]。バラエティー・お笑い部門でもシリーズ全て首位を記録しザ・ゴールデン4で通算9作目、5年連続首位記録となる[54]

2009年11月7日放送の『人志松本のすべらない話 ザ・大傑作選』ではシリーズ合わせて260万枚の売り上げを記録したことが発表された。

他番組でのパロディ[編集]

スタッフ[編集]

  • 企画:松本人志
  • 構成:小杉四駆郎石舘光太郎、小笠原英樹
  • ナレーター
    若本規夫(番組スタート当初から『すべらない話』のメインナレーションを担当、『ゆるせない話』と『○○な話』以外のスピンオフ番組でもメインナレーションを担当している)
    レニー・ハート(年末拡大スペシャル及びザ・ゴールデンの入場コールを中心に担当)
  • スタイリスト:高堂のりこ(松本人志担当)
  • AP:秦野晃子、竹内承
  • ディレクター:篠崎友和、黒田源治、福山晋司、中川大輔
  • 演出:竹内誠(2012年12月29日 - 2013年12月がCP)、佐藤正樹
  • プロデューサー:松本祐紀
  • チーフプロデューサー:中嶋優一
  • 技術協力:ニユーテレスfmt(旧 FLT)、IMAGICA3×7
  • テーマ曲:カウント・ベイシー楽団『Dinner With Friends』
  • スタッフ協力:THE WORKSエスエスシステム
  • 制作協力:吉本興業
  • 制作:フジテレビバラエティ制作センター
  • 制作著作:フジテレビ
  • 著作権表記:(C)フジテレビ/吉本興業
過去のスタッフ

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2014年1月11日放送分から。それまでモノラル放送(モノステレオ放送)を実施。
  2. ^ 過去には第1弾(2004年12月28日放送)の河本準一次長課長)、第17弾(2009年12月26日放送)の田村裕麒麟)、第28回(2015年7月11日放送)の春日俊彰(オードリー)などが3回連続で当たっている。
  3. ^ 過去に第4弾(2005年12月27日放送)で有田哲平くりぃむしちゅー)、第12弾(2007年12月29日放送)で藤井隆、第18弾(2010年6月26日放送)で宮川大輔が使用している。
  4. ^ 第20弾(2011年6月25日放送)で川原豪介ブルーリバー)が「小学生の頃」の話で、第32弾(2018年1月20日放送)で千原ジュニアが「はとバスツアー」の話で使用している。
  5. ^ 第17弾 『人志松本のすべらない話 5周年記念 夢のオールスター戦 歴代MVP全員集合スペシャル』(2009年12月26日放送)でのやり取りにて。MVS以前のMVP受賞者およびその話もこの回で明かされた。
  6. ^ トーク開始時は“●●××の (お笑いユニット名) すべらない話”(●●××はプレーヤー名)という形式で表示されるが、ある程度トークが進むと“●●××の すべらない話 「話のタイトル」”という表示形式に変わる。「すべらない話 認定」印は後者のスーパーの右側に押印される。補足情報として話に登場する人物などの写真は、そのスーパーの部分にワイプで映し出される。
  7. ^ 番組制作スタッフの名前はDVD盤に同封されているカードに書かれている。
  8. ^ 第1弾・第2弾では改名前の「千原浩史」名義で参戦。ただし、これらの回が収録されたDVDのジャケットには改名後の「千原ジュニア」として紹介されている。
  9. ^ 親父の話の3つ目はカットされてでの初のMVSを獲得。

出典[編集]

  1. ^ a b c 『人志松本のすべらない話 ザ・ベスト』(2020年5月30日放送)での松本の発言より
  2. ^ 印税2億で人生が一変。12年前、“ホームレスバブル”の渦中にいた麒麟・田村の胸中|OCEANS オーシャンズウェブ” (日本語). OCEANS オーシャンズウェブ|37.5歳からのファッション&ライフスタイルマガジン. 2020年6月4日閲覧。
  3. ^ 麒麟田村 印税尽き、生活苦でアルバイト生活も - お笑い : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年6月4日閲覧。
  4. ^ 『人志松本のすべらない話 ザ・大傑作選』(2009年11月7日放送) 、第17弾『人志松本のすべらない話 5周年記念 夢のオールスター戦 歴代MVP全員集合スペシャル』(2009年12月26日放送)より
  5. ^ 第10弾『人志松本のすべらない話 ザ・ゴールデン』(2007年6月2日放送)にて
  6. ^ GACKT『すべらない話』初出場 緊張のあまり本番前に「少しお酒を飲んでしまいました」”. ORICON NEWS. 2020年6月2日閲覧。
  7. ^ GACKTが「人志松本のすべらない話」初参戦 あまりの緊張に「少しお酒を飲んでしまいました(笑)」(ザテレビジョン)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年6月2日閲覧。
  8. ^ NHKプロフェッショナル 仕事の流儀』第143回 松本人志スペシャル 笑いに魂を売った男(2010年10月16日放送)より
  9. ^ 三四郎・小宮「すべらない話」に初参戦! 大緊張の収録舞台裏を明かす”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. 2020年6月2日閲覧。
  10. ^ 四千頭身・後藤、史上最年少『すべらない話』出演を振り返る「松っちゃんすごいっすよ」 (2020年4月23日)” (日本語). エキサイトニュース. 2020年6月2日閲覧。
  11. ^ a b 松本人志が語る『すべらない話』誕生秘話”. ORICON NEWS. 2020年5月31日閲覧。
  12. ^ 第43回(2005年度)” (日本語). NPO法人 放送批評懇談会. 2020年5月31日閲覧。
  13. ^ DVDシリーズ累計200万枚に向け『すべらない話』初のゴールデン特番がDVD化”. ORICON STYLE. オリコン株式会社 (2008年8月12日). 2015年10月8日閲覧。
  14. ^ 人志松本のすべらない話 : 人志松本のすべらない話 ~5周年突破記念 夢のオールスター戦 歴代MVP全員集合スペシャル~ - フジテレビ”. www.fujitv.co.jp. 2020年6月2日閲覧。
  15. ^ 人志松本のすべらない話”. www.fujitv.co.jp. 2020年6月2日閲覧。
  16. ^ 人志松本のすべらない話”. www.fujitv.co.jp. 2020年6月2日閲覧。
  17. ^ 人志松本のすべらない話 : 人志松本のすべらない話 ザ・大傑作選 - フジテレビ”. www.fujitv.co.jp. 2020年6月2日閲覧。
  18. ^ 価格.com - 「土曜プレミアム ~緊急特別企画!人志松本のすべらない話 ザ・大傑作選!!~」2011年4月2日(土)放送内容 | テレビ紹介情報”. kakaku.com. 2020年6月2日閲覧。
  19. ^ Twitter - 佐藤正樹(TV director) @ikasamotas”. 2020年6月2日閲覧。
  20. ^ Inc, Natasha. “松本人志、ジュニア、大輔ら「すべらない話」のその後を語る10周年SP” (日本語). お笑いナタリー. 2020年6月2日閲覧。
  21. ^ Inc, Natasha. “「人志松本のすべらない話」約15年半の歴史で生まれたすべらない話のベスト版” (日本語). お笑いナタリー. 2020年6月2日閲覧。
  22. ^ 「人志松本のすべらない話」に元SMAP5人が共演し反響 冒頭「大人の事情」と説明|ニフティニュース” (日本語). ニフティニュース. 2020年6月2日閲覧。
  23. ^ Inc, Natasha. “「すべらない話」飲み会オーディションで本戦出演芸人決定” (日本語). お笑いナタリー. 2020年6月6日閲覧。
  24. ^ Inc, Natasha. “小峠、浜谷、キンタロー。、アントニーが初「すべらない話」” (日本語). お笑いナタリー. 2020年6月6日閲覧。
  25. ^ ブリキカラス・小林メロディ、400名越えオーディション突破で「人志松本のすべらない話」出演” (日本語). スポーツ報知 (2019年7月26日). 2020年6月6日閲覧。
  26. ^ 人志松本のすべらない話 : ジュニア千原のすべらない話 - フジテレビ”. www.fujitv.co.jp. 2020年6月2日閲覧。
  27. ^ 人志松本のすべらない話 : 大輔宮川のすべらない話 - フジテレビ”. www.fujitv.co.jp. 2020年6月3日閲覧。
  28. ^ 人志松本のすべらない話 : ジュニア千原のすべらない話2 - フジテレビ”. www.fujitv.co.jp. 2020年6月2日閲覧。
  29. ^ 人志松本のすべらない話 : 。ほっしゃんのすべらない話 - フジテレビ”. www.fujitv.co.jp. 2020年6月2日閲覧。
  30. ^ 人志松本のすべらない話 : 大輔宮川のすべらない話2 - フジテレビ”. www.fujitv.co.jp. 2020年6月2日閲覧。
  31. ^ 人志松本のすべらない話 : 準一河本のすべらない話 - フジテレビ”. www.fujitv.co.jp. 2020年6月2日閲覧。
  32. ^ 人志松本のすべらない話 : コバヤシケンドーのすべらない話 - フジテレビ”. www.fujitv.co.jp. 2020年6月2日閲覧。
  33. ^ 人志松本のすべらない話 : ジュニア千原と大輔宮川のすべらない話 - フジテレビ”. www.fujitv.co.jp. 2020年6月2日閲覧。
  34. ^ 大輔宮川と準一河本のすべらない話<DO!深夜>” (日本語). フジテレビ. 2020年6月2日閲覧。
  35. ^ 大輔宮川と千豊小籔のすべらない話<ゴールデンブレイク>” (日本語). フジテレビ. 2020年6月2日閲覧。
  36. ^ 千豊小籔のすべらない話<フジバラナイト FRI>(再)” (日本語). フジテレビ. 2020年6月21日閲覧。
  37. ^ 人志松本のゆるせない話”. www.fujitv.co.jp. 2020年6月4日閲覧。
  38. ^ 兵動・小籔のおしゃべり一本勝負~すべらない話MVSの2人~” (日本語). フジテレビ ONE TWO NEXT(ワンツーネクスト). 2020年6月6日閲覧。
  39. ^ Inc, Natasha. “兵動・小籔の“すべらない”トークバトル番組がDVD化” (日本語). お笑いナタリー. 2020年6月6日閲覧。
  40. ^ Inc, Natasha. “関西のおしゃべりをお台場で聞けるライブ開催” (日本語). お笑いナタリー. 2020年6月6日閲覧。
  41. ^ Inc, Natasha. “兵動・小籔のDVD第2弾発売、トークイベントも” (日本語). お笑いナタリー. 2020年6月6日閲覧。
  42. ^ Inc, Natasha. “「兵動・小籔のおしゃべり1本勝負」来年名古屋初開催” (日本語). お笑いナタリー. 2020年6月6日閲覧。
  43. ^ Inc, Natasha. “兵動&小籔のトークライブ「おしゃべり1本勝負」がDVD化” (日本語). お笑いナタリー. 2020年6月6日閲覧。
  44. ^ Inc, Natasha. “やることはしゃべるだけ、兵動&小籔「おしゃべり1本勝負」がシンガポールで” (日本語). お笑いナタリー. 2020年6月6日閲覧。
  45. ^ よしもとニュースセンター : 『すべらない話』プレミアムライブが尼崎で開幕!松本人志、千原ジュニアらが“生”すべらない話を大放出”. よしもとニュースセンター. 2020年5月31日閲覧。
  46. ^ Inc, Natasha. “「すべらない話」ライブ仙台公演詳細発表” (日本語). お笑いナタリー. 2020年5月31日閲覧。
  47. ^ Inc, Natasha. “サイコロ直さな!松本が元ほっしゃん。を叱咤” (日本語). お笑いナタリー. 2020年5月31日閲覧。
  48. ^ Inc, Natasha. “祝・松本人志51歳、すべらない話仙台公演” (日本語). お笑いナタリー. 2020年5月31日閲覧。
  49. ^ Inc, Natasha. “「すべらない話」ライブ大阪公演に中川家礼二、てつじの出演決定” (日本語). お笑いナタリー. 2020年5月31日閲覧。
  50. ^ Inc, Natasha. “「人志松本のすべらない話プレミアムライブ」ファイナルは3月沖縄で” (日本語). お笑いナタリー. 2020年5月31日閲覧。
  51. ^ Inc, Natasha. “すべらない話ライブ全日程終幕!ジュニア「今日できっちりなくなった」” (日本語). お笑いナタリー. 2020年5月31日閲覧。
  52. ^ a b 人志松本のすべらない話”. www.fujitv.co.jp. 2020年5月31日閲覧。
  53. ^ 『人志松本のすべらない話』シリーズ5作連続でDVDランキング首位獲得”. ORICON NEWS. 2020年5月31日閲覧。
  54. ^ a b オリコンDVDランク、『人志松本のすべらない話』が総合首位に”. サーチナ(Searchina). モーニングスター株式会社 (2010年6月30日). 2015年10月8日閲覧。
  55. ^ Inc, Natasha. “「人志松本のすべらない話」日替わり動画視聴がスタート” (日本語). お笑いナタリー. 2020年6月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]