松本人志のコントMHK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松本人志のコント MHK
ジャンル バラエティ番組
演出 坂井田啓太
出演者 松本人志ダウンタウン) ほか
製作
製作総指揮 松井修平(制作統括)
プロデューサー 竹本夏絵(吉本興業
制作 NHK
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 下記参照
放送時間 下記参照
放送分 45分
松本人志のコント MHK
テンプレートを表示

松本人志のコント MHK』(まつもとひとしのコント エム・エイチ・ケー)は、NHK2010年10月15日放送されていた日本コント番組2011年11月5日から5回に渡り毎月第1土曜日にも放送された。松本人志ダウンタウン)の冠番組

概要[編集]

パイロット版[編集]

2010年10月15日放送。ダウンタウン松本人志が企画・作・構成全てを手がけた、全作撮り下ろしのオリジナルコントを5本披露した。松本が民放を含めた地上波でコントを放送するのは2001年に放送されたフジテレビ系バラエティ番組ダウンタウンのものごっつええ感じスペシャル』、日本テレビ系のバラエティ番組『進ぬ!電波少年』から派生した『サスケ』以来、約9年ぶりである[1][2]。番組名の「MHK」は「MATSUMOTO HITOSHI NO KONTO」(コントの正しい表記は「Conte」)の頭文字から取り、松本自身が決定したものである[3]。「MHK」のロゴは「NHK」のそれをもじったというよりは「N」を「M」に変えただけのものとなっている。

情報誌『日経エンタテインメント!』の密着取材によると、撮影2010年9月某日、NHK放送センター101スタジオで行われた。前日16時からセットの建て込みが始まり、当日8時から技術セッティングが開始された。スタッフによるカメラリハーサルや段取り確認などが終わった13時に松本がスタジオ入り、撮影が開始された。1本のコントの撮影に丸1日が費やされた[3]

ビデオリサーチ調べによる本放送の視聴率は関東地区で6.2%。翌日放送された『仕事の流儀』は7.1%という視聴率であった。

レギュラー版[編集]

毎月第1土曜日の23:30より放送。第1回は2011年11月5日。全5回。放送枠は30分(実質29分)であった。

エンディングテーマ曲は竹原ピストルと水野雄介とホーミータイツの『ふうせんガム〜MHK 2011 ver.〜[4]

各回のゲスト出演者は#放送されたコント参照。

放送日時[編集]

パイロット版[編集]

放送 地域 日時 視聴率
本放送 全国 2010年平成22年)10月15日金曜22:00 - 22:45 6.2% 総合テレビ
再放送 関西 2010年(平成22年)11月10日水曜25:00 - 25:45[† 1] -
その他地域 同上 24:15 - 25:00
2011年(平成23年)11月4日金曜2:00 - 2:45
-

レギュラー版[編集]

回数 放送日時 視聴率 備考
第1回 2011年11月5日
土曜23:30 - 23:59
2.3% 浜田雅功がゲスト出演し、ダウンタウンのコンビとしてのコントは『ダウンタウンのものごっつええ感じスペシャル』以来10年ぶり。
第2回 2011年12月3日
土曜23:30 - 23:59
2.4 %
第3回 2012年1月7日
土曜23:30 - 23:59
2.2 %
第4回 2012年2月4日
土曜23:30 - 23:59
2.9 %
第5回 2012年3月3日
土曜23:30 - 23:59
 2.1%
ビデオリサーチ調べ・関東地区

放送されたコント[編集]

スタッフ[編集]

関連番組[編集]

プロフェッショナル 仕事の流儀 松本人志スペシャル
パイロット版の放送翌日となる2010年10月16日に放送。同年3月から松本に長期密着し、当番組のコント制作の舞台裏も取り扱った。
松本人志 大文化祭
NHK BSプレミアムで、レギュラー版第1回の放送当日の2011年(平成23年)11月5日に放送。15:00〜18:45・19:00〜23:30の8時間15分にわたり松本を特集した。過去の漫才やコント(ビデオ『ダウンタウンの流』『HITOSI MATUMOTO VISUALBUM』、『ダウンタウンのごっつええ感じ』等より)、初監督映画『大日本人』、宮本茂任天堂)との対談、スイス・ロカルノ映画祭に出席した様子を密着取材したドキュメンタリーなどを放送。

DVD[編集]

2015年2月25日DVD(2枚組)がよしもとアール・アンド・シーから発売された[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 関西では平城遷都1300年関連特別編成により『スポーツ大陸』が遅れ放送となったことによる別時間編成。

出典[編集]

  1. ^ a b c 視聴率は大惨敗 松本人志9年ぶりのコント『MHK』とは何だったのか” (日本語). 芸能. 日刊サイゾー (2010年10月19日). 2010年10月25日閲覧。
  2. ^ 松本人志が9年ぶりコント番組 NHKで1人コントに挑戦” (日本語). ニュース. オリコン (2010年9月11日). 2010年10月23日閲覧。
  3. ^ a b 麻生香太郎木村尚恵「独占ルポ 松本人志×NHK 9年ぶり地上波コントで見せた"変化"」『日経エンタテインメント!』第14巻第18号、日経BP社東京都港区、2010年11月、 pp.98-99、2010年10月22日閲覧。
  4. ^ “松本人志、注目の“才人”と再タッグ!”. サンケイスポーツ. (2011年11月5日). http://www.sanspo.com/geino/news/111105/gnf1111050508000-n1.htm 2011年11月6日閲覧。 
  5. ^ “『松本人志のコント MHK』DVD発売!初回限定版は豪華仕様!”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2015年1月25日). http://tower.jp/article/feature_item/2015/01/25/2501 2015年1月26日閲覧。 
NHK総合テレビ 土曜23:30枠(第1週)
前番組 番組名 次番組
金魚倶楽部
(2011.7.23 - 2011.10.1)
松本人志のコントMHK
(2011.11.5 - 2012.3.3)
東京カワイイ★TV
【30分繰り下げ・枠移動】