西田幸治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西田にしだ 幸治こうじ
ニックネーム 陶芸家[注 1]
ミスター座王、鬼[注 2]
生年月日 (1974-05-28) 1974年5月28日(48歳)
出身地 日本の旗 日本奈良県奈良市
血液型 A型
身長 170 cm
言語 日本語
方言 奈良弁
最終学歴 奈良女子大学文学部付属高等学校
(現・奈良女子大学附属中等教育学校)
出身 NSC大阪校15期中退
コンビ名 笑い飯
相方 哲夫
芸風 漫才
立ち位置
事務所 吉本興業
活動時期 1996年 -
同期 品川庄司
ラーメンズ
烏龍パークなど
現在の代表番組 千原ジュニアの座王
配偶者 既婚[1]
受賞歴
2006年 ダイナマイト関西優勝
2007年 BGO上方笑演芸大賞審査員特別賞
2009年 BGO上方笑演芸大賞最優秀名言賞
2020年 IPPONグランプリ 第24回優勝
テンプレートを表示

西田 幸治(にしだ こうじ、1974年〈昭和49年〉5月28日 - )は、日本お笑いタレント。お笑いコンビ・笑い飯のメンバー。相方は哲夫。立ち位置は向かって左。

人物[編集]

  • 奈良県奈良市出身。奈良女子大学文学部付属中学校・高等学校(現・奈良女子大学附属中等教育学校)卒業後[注 3]NSC大阪校15期中退。
  • 血液型A型。身長170cm、体重63kg。[2]
  • 高校卒業後、フリーターを経て1995年大阪NSCに入校するも、一身上の都合により自主退学する。
    • 高校卒業直後にもNSCを受験し不合格となっている。その理由について本人は、「当時は髭に長髪。黒ずくめの格好に黒のゴミ袋をカバン代わりに持っており、面接の際も控室でビーフジャーキーを食べるなど、明らかに『怪しい奴』だったから」と話している[3]
  • 中退後はインディーズ芸人として再起し「たちくらみ」というコンビを組むも即解散し、同じく解散して間もなく、同い年で芸歴もほぼ同じである哲夫と2000年に「笑い飯」としてコンビ結成。
  • 若手時代、あまりにも芸人に見えない格好でいたため、鉄道警察に尋問をうけたことがある。しまいには、コントで使う日本刀を所持していたため、過激派に間違われた。
  • ネタでは、話題を挙げて先にボケることが多い哲夫に対して、最後のオチを担当することが多い。哲夫のボケをフリにすることも多々ある。
  • 中学時代はバスケ部に所属していたが、運動神経が悪く、体力もない。
  • ルックスがドラマーBOBO(堀川裕之)に似ており、2012年12月に放送された「FNS歌謡祭」に雅-miyavi-のサポートでBOBOが出演した際にtwitterなどで話題となった。これを受けて、雅-miyavi-の楽曲『Ahead Of The Light』のプロモーションビデオでは、西田とBOBOが途中で入れ替わるというヴァージョンが制作され、共演も実現している[4]BRAHMANのドラマー、RONZIとも顔が似ているとされており、2022年4月21日、RONZIのソロ活動名義「好き好きロンちゃん」との対バンが実現し初共演した[5]
  • 大喜利での評価は高く、「ダイナマイト関西2006」では優勝、「ダイナマイト関西2008」では準優勝。2020年12月5日の第24回IPPONグランプリ優勝などの記録を持つ。
    • 特にそれが活かされる番組として「千原ジュニアの座王」がある。同番組では他を寄せ付けない圧倒的な強さを誇り、「ミスター座王」や「座王の鬼」と呼ばれており、2021年5月1日放送分では番組初の200勝を達成している。代表的な回答として大喜利のお題「落語『AV男優』のオチは?」に、「顔にぶっかけるはずが火事の火元に大量発射。ガンシャのつもりがカンシャされたという話です」(フリップより)がある。
  • 2013年4月25日、所属事務所より結婚を発表[1]。2019年6月1日、第1子誕生を報告[6]

エピソード[編集]

  • 学生時代はいわゆる文化系で「イケてないグループ」に属しており、中学校の文化祭では、家のビデオで録画したバック・トゥ・ザ・フューチャーの映画を流す教室の監視員をやっていたことがある。西田曰く「台詞覚えるほど見た」という。
  • 中学時代に、学校に侵入した泥棒に体操服を盗まれたことがある。西田曰く「女子大付属やのに僕の体操服だけ持っていかれたんです」。後日、犯人は捕まり、体操服は西田のもとへ返ってきたが、犯人は「あの学校インチキやんけ!」と言っていたという。
  • 夏場の暑い時期は、理科室の標本を保存しておく大きな冷蔵庫の中に入り昼食を食べていた。

出演[編集]

テレビバラエティ[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 幼獣マメシバ(2009年)
  • ハイザイ〜神様の言うとおり〜(2012年)

PV[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ アメトーーク!の「運動神経悪い芸人」より
  2. ^ 千原ジュニアの座王より
  3. ^ 幼稚園から高校まで一貫して在籍。

出典[編集]

  1. ^ a b “笑い飯・西田さんが結婚「嫁はノーマルです」 30歳の一般女性”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2013年4月25日). オリジナルの2013年4月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130425090733/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130425/ent13042513480006-n1.htm 2019年6月2日閲覧。 
  2. ^ 笑い飯 プロフィール|吉本興業株式会社”. profile.yoshimoto.co.jp. 2022年10月16日閲覧。
  3. ^ 2016年1月22日 日本テレビ『内村てらす[出典無効]
  4. ^ “雅-MIYAVI-×BOBO×笑い飯・西田がPVで奇跡の共演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年1月25日). https://natalie.mu/music/news/83747 2019年6月2日閲覧。 
  5. ^ 好き好きロンちゃん公式Twitterより
  6. ^ “笑い飯・西田、第1子男児誕生を報告「すごく安産でした!」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年6月1日). https://www.sanspo.com/article/20190601-26BKMTQLDBILFA4JPM5XULQABM/ 2019年6月2日閲覧。 
  7. ^ 西田幸治 - オリコンTV出演情報
  8. ^ 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」 [@asadora_bk_nhk] (2022年3月4日). "ノストラダムスの大予言、2代目の司会者は #笑い飯 ・ #西田幸治 さん" (ツイート). Twitterより2022年3月4日閲覧

外部リンク[編集]