FNSラフ&ミュージック〜歌と笑いの祭典〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FNSラフ&ミュージック
〜歌と笑いの祭典〜
Fuji TV headquarters and Aqua City Odaiba - 2006-05-03-2009-25-01.jpg
「第1夜」「第2夜」の会場となる
番組生放送が行われた
フジテレビ本社「FCGビル
ジャンル 音楽番組
お笑い番組
長時間特別番組
企画 佐々木将
演出 萬匠祐基(総合演出)
山田賢太郎
司会者 小山内鈴奈フジテレビアナウンサー
小室瑛莉子(フジテレビアナウンサー)
竹俣紅(フジテレビアナウンサー)
出演者 松本人志ダウンタウン
中居正広
ナインティナイン
岡村隆史矢部浩之
千鳥
大悟ノブ
アンタッチャブル
山崎弘也柴田英嗣
ナレーター 伊藤利尋(フジテレビアナウンサー)
服部潤(「クセスゴ歌謡祭」)
オープニングAnother Day Of Sun
エンディング 同上(第1夜)
明日があるさ」(第2夜)
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
チーフ・
プロデューサー
中嶋優一
プロデューサー 三浦淳、北口富紀子
宮崎鉄平、江本薫
戸渡和孝太田一平(GP)
制作 フジテレビ
放送
放送チャンネルフジテレビ系列
映像形式リアルタイム字幕放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2021年8月28日8月29日
放送時間土曜日 18:30 - 23:10(280分)[注 1]
日曜日 18:59 - 23:09(250分)[注 2]
放送分合計530分 / 8時間50分
番組公式サイト
松本・中居・ナイナイのラフ&ミュージック朝
出演者松本人志
中居正広
ナインティナイン
映像形式ステレオ放送
音声形式リアルタイム字幕放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2021年8月29日
放送時間日曜日 10:00 - 11:15
回数1回
番組年表
関連番組FNSの日
FNS歌謡祭
HEY!HEY!NEO!
THE MANZAI
ENGEIグランドスラム

特記事項:
第1夜・第2夜共に番組終盤6分の飛び降り点は設けられず、全局同時ネット(全編フルバージョン)での放送となった[1][2]テレビ大分は両夜共に非ネット、テレビ宮崎は第2夜のみ当日深夜(月曜未明)に遅れネットの為、何れもこの特記事項に該当しない)。
テンプレートを表示

FNSラフ&ミュージック〜歌と笑いの祭典〜』(エフエヌエス ラフ アンド ミュージック うたとわらいのさいてん)は、フジテレビ系列2021年8月28日 18:30 - 23:10(JST)・8月29日 18:59 - 23:09(JST)に生放送された大型特別番組

概要[編集]

番組テーマは「歌と笑いの融合[3]

FNS歌謡祭』や『ENGEIグランドスラム』などを放送する同局が、“音楽”と“お笑い”を融合して新たに制作した長時間生放送特別番組[3][4][5][6][7][8]

番組の構想が持ち上がったのは2020年末で、「コロナ禍の中で、ずっと家にいらっしゃる方が楽しみに待っているものが、“歌”と“笑い”だというのが明らかだったので、これが融合したお祭りであれば皆さんに楽しんでいただけるのではないか」というの考えのもとで方向性が決まり、2020年より新型コロナウイルス感染症拡大の影響で2年連続で放送休止中の『FNS27時間テレビ』の代替番組として放送された[9][10]

2日間およそ9時間に渡り、さまざまなアーティストお笑い芸人を迎えて、スペシャルコラボ企画など、趣向を凝らした一大エンターテインメントショーを繰り広げた[11]。なお、お笑いネタの出囃子と下げ囃子はDJ松永が担当した[12]

総合司会にはフジテレビに2021年4月に入社した小山内鈴奈小室瑛莉子竹俣紅の新人女性アナウンサー3人が抜擢されたが[注 3]、入社5か月目にゴールデンタイムで新人アナウンサーが総合司会を務めるのは史上初である[13]。新人アナウンサーによる総合司会に加え、2日間の通し出演者として松本人志ダウンタウン)、中居正広ナインティナイン千鳥アンタッチャブルの8人が出演。総合司会の3人と通し出演者の8人を合わせた11人が『最強MCイレブン』として番組を進行した[11][5][6]。なお、松本人志とナインティナインが共演するのは『笑っていいとも! グランドフィナーレ 感謝の超特大号』(2014年3月31日放送・フジテレビ)以来約7年5ヶ月ぶり[注 4]で、MCとして3人が共演するのはこれが初めてであり、中居正広とナインティンナインが共演するのは『めちゃ2イケてるッ!』最終回(2018年3月31日放送・フジテレビ)以来約3年5ヶ月ぶり[注 5]と、MCの顔合わせの珍しさが話題となった[16]

また、2日目(8月29日)の午前中には『松本・中居・ナイナイのラフ&ミュージック朝』も放送された[6](詳細は後述)。

世帯平均視聴率は第1夜(8月28日)が6.8%(18:30 - 19:00)→8.7%(19:00 - 23:10)、第2夜(8月29日)が9.2%であり[17][18]、個人平均視聴率は第1夜が4.1%(18:30 - 19:00)→5.8%(19:00 - 23:10)、第2夜が6.0%であった(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区[注 6]。なお、第1夜の個人平均視聴率では横並びでトップだった[10]

出演者[編集]

最強MCイレブン[編集]

出演者出典:[11][5][6]

総合司会

キャプテン

サポーター

アシスタントサポーター

天の声[編集]

第1夜[編集]

アーティスト[注 9]

お笑い芸人

コラボ

クセスゴ歌謡祭

TORIMAKI

  • 秋山竜次(ロバート)
  • 齋藤飛鳥(乃木坂46)
  • 中島美嘉
  • リポーター:山本賢太(フジテレビアナウンサー)

浜崎あゆみさんが愛してやまない 天才・奇才系芸人 神4

第2夜[編集]

アーティスト

お笑い芸人

コラボ

悪い顔ニュース

  • 秋元真夏(乃木坂46)
  • Kis-My-Ft2
  • 中居正広
  • 西川貴教
  • ハリウッドザコシショウ
  • 松本人志(ダウンタウン)
  • キャスター:山本賢太(フジテレビアナウンサー)

リクエスト歌謡祭

企画・コーナー[編集]

第1夜[編集]

TORIMAKI[6]
生中継による第1夜の通し企画。全世界で配信されている秋山竜次(ロバート)の大人気コンテンツ『クリエイターズ・ファイルGOLD』のテレビスペシャルバージョン。秋山扮する日本で唯一の“取り巻き”のプロ・白木善次郎が、生放送中のフジテレビ内で、スタジオ入りするゲストアーティストを和ませたり、本番前の控室の雰囲気を盛り上げたりと、“取り巻き”の奥義を披露した。
直電!生ブッキング 明日来てくれませんか?
アンタッチャブルがコーナーMCを担当。ノブ(本田翼)、岡村(山田孝之)、矢部(蛍原徹[注 10])、中居(笑福亭鶴瓶)、松本(内村光良)がアポなしでそれぞれ自前のスマートフォンで芸能界の知人にいきなり生電話をしていき、第2夜の出演交渉を行った[21]※括弧内は生電話をした相手、太字は実際に第2夜に出演した者。
クセスゴ歌謡祭[11][6]
千鳥がコーナーMCを担当。『千鳥のクセがスゴいネタGP』で好評を博している同名企画のスペシャルバージョン[11]。おなじみの“クセスゴシンガー”が次々にVTRで登場し、自慢の歌ネタを披露。千鳥、松本や中居、ナインティナインらが、生放送のスタジオでVTRを見ながらネタを品評した[6]。松本が最後にグランプリを発表し、日谷ヒロノリの『CHANGE』が受賞した。
第2夜オープニングアクト視聴者投票
アンタッチャブルがコーナーMCを担当。第1夜の放送中に『バイきんぐ西村の生テント立て』『サンドウィッチマン伊達の生初一輪車』『ハイヒールの厚底靴生50メートル走』『松本人志&中居正広の生「YOUNG MAN」』の4候補で視聴者投票を行い、エンディングで決定したオープニングアクトを発表した[22]

第2夜[編集]

松本人志&中居正広の生「YOUNG MAN」[22]
第2夜のオープニングアクト。松本と中居が西城秀樹の「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」を生披露した。中居は2016年末のSMAP解散後、初の歌唱パフォーマンス披露となった[23]
悪い顔ニュース[6]
チョコレートプラネットのYouTube企画「悪い顔選手権」のスペシャルバージョン。松本、中居らMC陣のほか、ゲストのアーティストやお笑い芸人が、それぞれ渾身の“悪い顔”で参戦。そのクオリティーを審査していく。
前日ブッキングゲスト
第1夜の「直電!生ブッキング 明日来てくれませんか?」にて生電話で出演交渉をした者のうち、笑福亭鶴瓶、山田孝之、本田翼、内村光良[注 11]がそれぞれ出演。鶴瓶、山田、内村はそれぞれ1人ずつ登場しMC陣とトークコーナーを展開した。本田は個別のトークコーナーが設置されない形での出演となった。
リクエスト歌謡祭[11][6]
アンタッチャブルがコーナーMCを担当。アーティストが番組からのリクエストを受けて、一夜限りの夢のパフォーマンスを披露する。本格派のヴォーカリストが登場し、CMソングやアニメ主題歌などを歌い上げる「名曲カバー」や、人気アーティストが他のグループの大ヒットダンスナンバーを“口パク”でパフォーマンスする「名曲リップシンク」などを放送した。
グランドフィナーレ
番組のラストは松本、中居をセンターにして「最強MCイレブン」全員で「コロナ禍の状況で、メッセージ性がある歌なので、“歌と笑いの融合”を目指した番組のエンディングにふさわしい曲」である「明日があるさ」を歌唱して、2日間に及ぶ放送に幕を閉じた[10]

セットリスト[編集]

本項目ではお笑いネタを、曲パフォーマンスをで表記する。

第1夜[編集]

  • サプライズ企画として、ロッチのネタ「試着室」に中岡創一が憧れていた森高千里がサプライズで登場を果たした。司会陣と2組でトークを繰り広げた後、中岡は森高の「気分爽快」のパフォーマンスに応援としてステージ横で参加した[25][26]
  • ミルクボーイは浜崎あゆみについての漫才を披露。その後、浜崎あゆみは新曲「23rd Monster」をテレビ初披露し[27]、トークセッションでは松本人志とは『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』最終回(2012年12月17日放送・フジテレビ)以来約8年8ヶ月ぶり、中居正広とは『SMAP×SMAP』の名物コーナー「BISTRO SMAP」(2013年4月8日放送・フジテレビ)以来約8年4ヶ月ぶりの共演となった[28]
  • コラボネタ企画として、どぶろっくと山崎育三郎、尾上松也、城田優による演劇ユニット「IMY」が『キングオブコント2019』の優勝ネタ「大きなイチモツをください」、マヂカルラブリーとGENERATIONS from EXILE TRIBEが『M-1グランプリ2020』の優勝ネタ「つり革」をそれぞれ披露した[29][30]
  • 番組内では、松本人志が「直電!生ブッキング 明日来てくれませんか?」にて内村光良(電話出演)、番組最後のトークにて爆笑問題と、それぞれ『笑っていいとも! グランドフィナーレ 感謝の超特大号』(2014年3月31日放送・フジテレビ)以来約7年5ヶ月ぶりの共演を果たし、大きな話題となった[31][32][33][34]
順番 アーティスト/芸人 楽曲/お笑いネタ
1 千鳥 和食屋
2 霜降り明星 ソロキャンプ
3 乃木坂46 君に叱られた
4 ミキ 親が離婚したら
トーク1 トークゲスト:霜降り明星、乃木坂46[注 12]、ミキ
TORIMAKI①(ゲスト:中島美嘉)
5 ハライチ デート
6 ロッチ × 森高千里 試着室
トーク2 トークゲスト:ハライチ、ロッチ、森高千里
TORIMAKI②(ゲスト:齋藤飛鳥)
7 森高千里 気分爽快
8 川崎鷹也 魔法の絨毯
9 かまいたち 友達
10 見取り図 ミュージシャン
11 どぶろっく × IMY 大きなイチモツをください
トーク3 トークゲスト:川崎鷹也、かまいたち、見取り図
TORIMAKI③
12 ミルクボーイ あゆ
13 浜崎あゆみ 23rd Monster
トーク4 トークゲスト:浜崎あゆみ、ミルクボーイ、くっきー!、粗品、山内健司、ハリウッドザコシショウ
直電!生ブッキング 明日来てくれませんか?
クセスゴ歌謡祭(スタジオゲスト:堀内健、狩野英孝)
セットリスト
順番 アーティスト タイトル
1 EIKO ドラえもんのうた
2 友近 タテトティの歌〜三日月〜 (絢香)
3 加藤礼愛 × 久保田かずのぶ (とろサーモン) うっせぇわ
4 天山広吉 & 本間朋晃 青いイナズマ
5 トレンディエンジェル セニョール斎藤 モノマネSHOW
6 リュージ 植物
7 レイザーラモンRG & かみちぃ (ジェラードン) Dynamite/BTSに乗せて松本人志あるある
8 大村朋宏 (トータルテンボス) × 息子・晴空 切実 (covering「白日King Gnu)
9 堀内健 (ネプチューン) リーゼントポリスの防犯キャンペーン
10 日谷ヒロノリ CHANGE
14 マヂカルラブリー × GENERATIONS from EXILE TRIBE つり革
15 GENERATIONS from EXILE TRIBE Make Me Better
16 ナイツ それが大事
17 Awesome City Club 勿忘
トーク4 トークゲスト:GENERATIONS from EXILE TRIBE、マヂカルラブリー
トーク5 トークゲスト:Awesome City Club、ナイツ
第2夜 オープニングアクト 視聴者投票
18 フットボールアワー
19 中島美嘉 ORION
20 爆笑問題
トーク6 トークゲスト:フットボールアワー、中島美嘉、爆笑問題
第2夜 オープニングアクト 視聴者投票 結果発表

第2夜[編集]

  • コラボネタ企画として、AMEMIYAと西川貴教はAMEMIYAの代表曲「冷やし中華はじめました」の替え歌でダウンタウンへの思いを叫んだ「人生180度変わりました」、美炎 -BIEN-とToshlは美炎 -BIEN-の代表曲「鼻吹雪」をそれぞれ披露した[35]。また、美炎 -BIEN-がネタを披露している『有吉の壁』(日本テレビ)の公式Twitterも番組のハッシュタグとともに「壁には壁はありません」と他局の番組ながら番組でのパフォーマンスに反応した[36]
  • EXITは好きなジブリ映画をEXILEが所属するLDHの事柄に変換していく漫才を披露。その後、EXILEはEXITからのリクエスト曲として2005年にリリースした「EXIT」と新曲「One Nation」を披露した[37]
  • 番組後半には、前日の第1夜で松本人志が生電話で出演交渉をした内村光良が出演し、『笑っていいとも! グランドフィナーレ 感謝の超特大号』以来、約7年5ヶ月ぶりに松本と内村が顔を合わせた[注 13][24][38][39]。また、『夢で逢えたら』(松本・内村)、『夢がMORI MORI』(中居)、『めちゃ×2モテたいッ!』(ナインティナイン)と、1990年代にフジテレビの土曜23時台後半枠の番組を担当してきた出演者が顔を合わせた場ともなった[40]
順番 アーティスト/芸人 楽曲/お笑いネタ
OPアクト 松本人志 & 中居正広 YOUNG MAN (Y.M.C.A.)[注 14]
1 アンタッチャブル 同窓会
2 チョコレートプラネット カレー店
3 日向坂46 君しか勝たん
トーク1 トークゲスト:チョコレートプラネット、日向坂46[注 15]
悪い顔ニュース①(ゲスト:Kis-My-Ft2、秋元真夏)
4 ゆりやんレトリィバァ 落ち着かせる女
5 Kis-My-Ft2 A10TION
トーク2 トークゲスト:Kis-My-Ft2、ゆりやんレトリィバァ
6 AMEMIYA × 西川貴教 人生180度 変わりました
前日ブッキングゲスト 笑福亭鶴瓶
7 EXIT ジブリ映画
8 EXILE EXIT
One Nation
トーク3 トークゲスト:EXILE、EXIT
前日ブッキングゲスト 山田孝之
9 サンドウィッチマン 救急車
10 バイきんぐ 写真
11 Toshl × 美炎 -BIEN- 鼻吹雪
トーク4 トークゲスト:バイきんぐ、サンドウィッチマン、Toshl、美炎 -BIEN-
悪い顔ニュース②(ゲスト:西川貴教、中居正広)
前日ブッキングゲスト 本田翼
トーク5 トークゲスト:さだまさし、サンドウィッチマン、Toshl、北山宏光
12 さだまさし 道化師のソネット
リクエスト歌謡祭
セットリスト
順番 アーティスト リクエスト曲
1 日向坂46[注 16] Butter
2 JO1 おどるポンポコリン
3 稲田直樹 × 清塚信也 ドライフラワー
4 DA PUMP サザエさん
13 東京03 セカンドプロポーズ
14 JO1 REAL
トーク6 トークゲスト:東京03、JO1、竹原ピストル
15 竹原ピストル 今宵もかろうじて歌い切る
前日ブッキングゲスト 内村光良
悪い顔ニュース③ (ゲスト:ハリウッドザコシショウ、松本人志)
16 DA PUMP 紡-TSUMUGI-
17 西川貴教 HIGH PRESSURE
18 ハイヒール
トーク7 トークゲスト:西川貴教、DA PUMP、ハイヒール
フィナーレ 最強MCイレブン 明日があるさ

松本・中居・ナイナイのラフ&ミュージック朝[編集]

当番組の2日目の午前中に当たる、2021年8月29日(日曜日)10:00 - 11:15(JST)には、『松本・中居・ナイナイのラフ&ミュージック朝』を放送した[6]。第1夜の生放送終了後に松本・中居・ナイナイが集結して、第1夜の名場面をトークで振り返ったり、4人の印象に残ったパフォーマンスをVTRでプレイバックし、本番の舞台裏も放送された。また、同日の夜に放送される第2夜の見どころも紹介された。第1夜の事後番組と第2夜の事前番組が合併した特別番組となった。ローカルセールス枠での放送のため、通常松本が同時間帯に出演の『ワイドナショー』のネット局より、テレビ大分(本編両日とも非ネットのため)・沖縄テレビは非ネット。世帯平均視聴率は4.8%、個人平均視聴率は2.5%であった[17]

また、放送直前の事前番組として『松本・中居・ナイナイの今週末はラフ&ミュージック』も同年8月24日・8月25日・8月26日・8月27日 0:30 - 0:40、8月28日 1:00 - 1:10に5日間にわたって深夜帯にフジテレビ他一部系列局にて放送された。

スタッフ[編集]

  • 企画:佐々木将
  • 構成:町田裕章、樅野太紀、中藤洋、水野守啓、安齋友朗
  • 技術協力:fmt共テレニューテレス、サンフォニックス、田中電設工業、明光セレクト、IMAGICA、デジデリック、MULTI BACKS、4-Legs、Roppongi-Lab
  • 協力:FCCSPINGLASS
  • 編成:春名剛生、長嶋大介、前田泰成、加藤愛理
  • 広報:高橋慶哉、飯泉英一郎
  • 営業推進部:佐藤三保子、安部花恵
  • TK:槇加奈子、海老澤廉子、平野美紀子、水越理恵
  • 制作協力:吉本興業
  • デスク:藤田冴子、鈴木桂子、富張明子、市川亜希、後藤沙都実、山崎尚美
  • FD:井上美由、木村浩輝、松舘ちひろ、井上拓也
  • 制作P:相場優衣子、倉科知美、橋本宛香
  • ディレクター:北山拓、島田和正、石川隼、冨田直伸、浜崎綾、高橋正尚、登内翼斗、大村昂平、川上惇、玉置遼、間島陸、城山海周、岡耕平/城間康男、津野若菜、大野悟、黒岩栄治、樋川優美、渡辺由貴
  • GP:戸渡和孝太田一平
  • プロデューサー:三浦淳、北口富紀子、宮崎鉄平、江本薫、中村峰子/神夏磯秀、武井大樹、内藤豊、服部有紀子/土田芳美、後藤夏美、石川敬大、金佐智絵、安部公代、岡村恭子、千葉洋美、青木広美、竹岡直弘
  • 演出:山田賢太郎
  • 総合演出:萬匠祐基
  • チーフプロデューサー:中嶋優一
  • 制作:フジテレビ編成制作局制作センター第二制作室
  • 制作著作:フジテレビ

クセスゴ歌謡祭[編集]

  • 企画:狩野雄太
  • ナレーター:服部潤
  • 音源提供:JOYSOUND
  • ディレクター:扇山篤司、高瀬康宏、水口健司、伊藤雄太、津宏典、泉貴晶
  • プロデューサー:肥後篤人
  • 総合演出:名城ラリータ
  • チーフプロデューサー:加藤大

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 21:00 - 23:10は『土曜プレミアム』枠だが、当番組は『土曜プレミアム』枠外で放送。
  2. ^ 当日の『サザエさん』(18:30 - 19:00)は1分短縮。20:00 - 21:54は『日バラ8』枠だが、当番組は『日バラ8』枠外で放送。
  3. ^ 同期入社である新人男性アナウンサーの山本賢太は第1夜の「TORIMAKI」でリポーター、第2夜の「悪い顔ニュース」でキャスターを務めた。
  4. ^ 松本人志と矢部浩之は『人志松本の酒のツマミになる話』(2021年4月2日放送・フジテレビ)以来、約5ヶ月ぶりの共演[14]
  5. ^ 中居正広と岡村隆史は『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(2020年1月31日放送・TBS)以来、約1年7ヶ月ぶりの共演[15]
  6. ^ 13~49歳の視聴者を計測するコア視聴率は第1夜が7.0%、第2夜が7.5%であった[19]
  7. ^ 第1夜の終盤〜ED開始までノブが裏番組出演の為、2人揃って退席した。第2夜も同じく裏番組出演の為一時退席。
  8. ^ ナレーターも兼務している。生放送部分は基本CM入り前のみ発言しており、進行状況によってはサポートに回ることもある。
  9. ^ Snow Manも出演予定だったが、メンバーの阿部亮平新型コロナウイルス感染症に罹患したため放送当日に全員出演見合わせ(辞退)[20]
  10. ^ 蛍原は第2夜の当日の日中にゴルフ中継のサポーターを務めていたため、スタジオに来ることは出来なかった。
  11. ^ 内村は裏番組出演後であればOKという日本テレビの承諾の上で出演した[24]
  12. ^ 齋藤飛鳥秋元真夏与田祐希新内眞衣山下美月高山一実の6名が出演。
  13. ^ 中居・矢部も『笑っていいとも! グランドフィナーレ 感謝の超特大号』以来、岡村は『第71回NHK紅白歌合戦』(2020年12月31日・NHK)以来8ヶ月ぶりに内村と共演を果たした。
  14. ^ ステージ脇には日向坂46の一部メンバーとKis-My-Ft2がそれぞれ出演した。
  15. ^ 佐々木美玲齊藤京子加藤史帆佐々木久美渡邉美穂金村美玖河田陽菜丹生明里の8名が出演した。
  16. ^ 加藤史帆、金村美玖、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、富田鈴花東村芽依が参加した。

出典[編集]

  1. ^ あっちょーさんはTwitterを使っています FNSラフ&ミュージック第1夜は全局一律で18:30〜23:10。”. Twitter. 2021年8月28日閲覧。
  2. ^ あっちょーさんはTwitterを使っています CX「FNSラフ&ミュージック ~歌と笑いの祭典~ 第2夜」(8月29日 18:59~23:09)”. Twitter. 2021年8月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h “歌と笑いの融合”がテーマのフジテレビ大型特番に松本人志、中居正広、ナイナイら出演,音楽ナタリー,2021年6月22日
  4. ^ 松本人志がキャプテン、ナインティナインと中居正広がサポートする歌と笑いの生特番,お笑いナタリー,2021年6月22日
  5. ^ a b c MC初共演の千鳥&アンタッチャブルが参戦!コーナー司会に加え、松本人志・中居正広・ナイナイらと“最強MCイレブン”結成!!,とれたてフジテレビ,2021年7月19日
  6. ^ a b c d e f g h i j 超豪華!出演アーティスト&芸人が続々決定!!第1夜名場面&第2夜見どころガイドの特番『ラフ&ミュージック朝』も放送!,とれたてフジテレビ,2021年8月18日
  7. ^ フジテレビ“歌と笑いの祭典”にSnow Man、浜崎あゆみ、EXILE、キスマイら登場,音楽ナタリー,2021年8月18日
  8. ^ どぶろっくはIMY、マヂラブはGENERATIONSとコラボ、フジ生特番出演者発表,お笑いナタリー,2021年8月18日
  9. ^ 千鳥&アンタッチャブル、フジ2夜連続大型生特番参戦「新たなお祭りになれば」,マイナビニュース,2021年7月19日
  10. ^ a b c “フジ大型生特番『FNSラフ&ミュージック』CP&総合演出が明かす“歌と笑いの融合”実現の舞台裏”. マイナビニュース (マイナビ). (2021年9月3日). https://news.mynavi.jp/article/20210903-laugh_and_music/ 2021年9月6日閲覧。 
  11. ^ a b c d e f g h 千鳥&アンタも参戦!松本・中居・ナイナイらと最強MCイレブン結成「松本さんに怒られないように気をつけます」(ノブ),フジテレビュー!!,2021年7月19日
  12. ^ DJ松永 [@djmatsunaga] (2021年8月28日). "出囃子と下げ囃子を作らせて頂きました〜!!いかがでしたでしょうか、、、!!! #ラフアンドミュージック" (ツイート). Twitterより2021年8月31日閲覧
  13. ^ 小山内鈴奈&小室瑛莉子&竹俣紅のフジ新人女子アナ3人が8月2夜連続生特番の総合司会に異例抜てき,報知新聞社,2021年6月21日
  14. ^ “松本人志とナイナイ矢部が7年ぶり共演、千鳥ノブ「僕らからしたらビッグマッチ!」”. お笑いナタリー (ナタリー). (2021年4月1日). https://natalie.mu/owarai/news/422737 2021年8月30日閲覧。 
  15. ^ “岡村隆史、中居正広にナイナイ解散危機を告白! 大恩人のおかげで…”. マイナビニュース (マイナビ). (2020年1月29日). https://news.mynavi.jp/article/20200129-963298/ 2021年8月30日閲覧。 
  16. ^ “松本人志、爆笑問題との生絡み実現に「めったにないこと」 中居正広は期待「“お祭り感”出ますよね」”. ORICON NEWS (オリコン). (2021年8月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2204970/full/ 2021年8月30日閲覧。 
  17. ^ a b VOL.35 2021年 8月23日(月)~8月29日(日)|週間高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. 2021年9月2日閲覧。
  18. ^ フジの大型特番、27時間テレビ上回る 『24時間テレビ』に及ばなかった原因は大トリの漫才?”. リアルライブ (2021年8月30日). 2021年8月30日閲覧。
  19. ^ “松本人志と内村光良が現在の「お笑い界の頂点」を証明!大成功フジ『ラフ&ミュージック』で分かった「たけし切り」!!”. 日刊大衆 (双葉社). (2021年8月31日). https://taishu.jp/articles/-/96819?page=3 2021年8月31日閲覧。 
  20. ^ “SnowMan阿部亮平コロナ感染 28日フジ特番は全員出演を辞退”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年8月28日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202108280000017.html 2021年8月28日閲覧。 
  21. ^ 【FNSラフ&ミュージック】本田翼、山田孝之、鶴瓶、蛍原、内村…電話企画に『いいとも』彷彿する声 , 北海道新聞 , 8月28日配信
  22. ^ a b 視聴者投票結果に不満止まず 中居正広「引っ張ります でもハモるかも」 松本人志「なんでヤングマン?」 スポニチアネックス 2021年08月29日配信
  23. ^ SMAP解散以来?!中居正広「5年」ぶり生歌にファン沸騰 「嬉しすぎ」「ハズし方もヘタに」 JCASTニュース 2021年08月30日配信
  24. ^ a b “松本人志、内村光良に恩返しで『スクール革命』出演? ダウンタウン&ウンナンでの特番熱望【FNSラフ&ミュージック】”. ORICON NEWS (オリコン). (2021年8月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2205178/full/ 2021年8月30日閲覧。 
  25. ^ “【FNSラフ&ミュージック】森高千里、ロッチのネタ中にサプライズ登場 中岡創一が絶句”. ORICON NEWS (オリコン). (2021年8月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2205099/full/ 2021年8月30日閲覧。 
  26. ^ “パンツ姿でロッチ中岡、30年来のファン森高千里とネタ中サプライズ初共演”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年8月28日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202108280001098.html 2021年8月30日閲覧。 
  27. ^ “Snow Man・乃木坂46、フジ大型生特番で新曲披露 日向坂46はBTS「Butter」ダンス完コピ挑む”. ORICON NEWS (オリコン). (2021年8月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2204969/full/ 2021年8月30日閲覧。 
  28. ^ “千鳥・大悟、浜崎あゆみにベタ褒めされ「おっぱいだけ触らせて」”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2021年8月28日). https://www.sanspo.com/article/20210828-6KMK2OETYBGSTCMTKWBPLQUGRE/ 2021年8月30日閲覧。 
  29. ^ “松本人志「涙出てきた」城田優、山崎育三郎、尾上松也が美声でイチモツネタ”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年8月28日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202108280001180.html 2021年8月30日閲覧。 
  30. ^ “GENERATIONS、マヂラブと“つり革”ネタを披露 松本人志「これぞコラボ」”. ガジェット通信 (東京産業新聞社). (2021年8月28日). https://getnews.jp/archives/3094268 2021年8月30日閲覧。 
  31. ^ “【FNSラフ&ミュージック】松本人志、内村光良に電撃生電話 公開ブッキング「ナンチャン連れてきて」”. ORICON NEWS (オリコン). (2021年8月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2205110/full/ 2021年8月30日閲覧。 
  32. ^ “松本人志が内村光良に「生ブッキング」電話、裏かぶり避け出演前向き”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年8月28日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202108280001405.html 2021年8月30日閲覧。 
  33. ^ “【FNSラフ&ミュージック】爆笑問題、松本人志と7年ぶり生トーク 太田光「共演NG!」「威嚇したのはそっちでしょう」”. ORICON NEWS (オリコン). (2021年8月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2205116/full/ 2021年8月30日閲覧。 
  34. ^ “松本人志、爆笑問題と7年ぶり共演 太田光のいじりに「めんどいわ~」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年8月28日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202108280000902.html 2021年8月30日閲覧。 
  35. ^ “西川貴教、AMEMIYAとコラボ ダウンタウンへの思いを叫ぶ「人生めちゃくちゃだ」【FNSラフ&ミュージック】”. ORICON NEWS (オリコン). (2021年8月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2205168/full/ 2021年8月30日閲覧。 
  36. ^ 有吉の壁 [@ariyoshinokabe] (2021年8月29日). "有吉の壁近日公開 美炎新曲 局の壁を越えた美炎の新曲は 近日ブレイクアーティスト選手権で大公開 ぜひティッシュをご用意の上、 青い美炎にも酔いしれてください もう少々お待ちください #Toshlさんとのコラボ素敵でした #ラフアンドミュージック #壁には壁はありません #慢性鼻炎" (ツイート). Twitterより2021年8月30日閲覧
  37. ^ “EXILE、EXITとのコラボに反響「エモすぎる」”. MusicVoice (アイ・シー・アイ). (2021年8月29日). https://www.musicvoice.jp/music/202589/ 2021年8月30日閲覧。 
  38. ^ “松本人志、内村光良に恩返しで『スクール革命』出演? ダウンタウン&ウンナンでの特番熱望【FNSラフ&ミュージック】”. ORICON NEWS (オリコン). (2021年8月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2205178/full/ 2021年8月30日閲覧。 
  39. ^ “内村光良が松本人志と絆の生2ショット「イッテQ」との“裏被り”も回避”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年8月29日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202108290001504.html 2021年8月30日閲覧。 
  40. ^ “まるで『夢で逢えたら』ファン興奮!待ちわびた松本人志と内村光良の共演に「永久保存版じゃない??」”. 中日スポーツ (中日新聞社). (2021年8月29日). https://www.chunichi.co.jp/amp/article/320586 2021年8月30日閲覧。 

関連番組[編集]

外部リンク[編集]