カルトQ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カルトQ
ジャンル クイズ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 小島俊一(4/g)
プロデューサー 加藤友和(フジテレビ)
阿部恒久(4/g)
島田大輔(4/g)
出演者 うじきつよし
中村江里子
エンディング 「カルトQのテーマ」(東京バナナボーイズ
番組初期
放送時間 火曜 25:10 - 25:40(30分)
放送期間 1991年10月22日 - 1992年3月
番組中期
放送時間 月曜 24:40 - 25:10(30分)
放送期間 1992年4月13日 - 1992年9月28日
番組末期
放送時間 日曜 22:30 - 23:00(30分)
放送期間 1992年10月18日 - 1993年3月21日
テンプレートを表示

カルトQ』(カルトキュー)は、フジテレビ系列局で放送されたフジテレビ製作のクイズ番組である。製作局のフジテレビでは1991年10月22日から1993年3月21日まで放送。特定ジャンルに特化したマニアックな[要出典]問題が出題された。

概要[編集]

既存のクイズ番組とは一線を画し、特定ジャンルに徹底的に特化するマニアックなクイズ番組として、1991年に登場。クイズ番組としては珍しく深夜に放送された、「真夜中の狂信的(カルト)クイズ」。他にも『カノッサの屈辱』(1990年)など、個性的で独創的な番組を次々と送り出した事で知られる、1990年代前半のフジテレビの深夜番組黄金期(いわゆるJOCX-TV2)を代表する番組であり、1992年10月にはプライムタイム枠に昇格。本放送の終了後にはフジテレビ739(現・フジテレビONE)で再放送されていた。 1993年のYMO再結成に合わせた「YMO」にほ当時電気グルーヴのメンバーだった砂原良徳が出場した。 第1回の「ブラックミュージック」を皮切りに、サブカルチャーオタク文化)を題材にしたテーマが多く採り上げられ、番組で扱われたテーマは50以上に上った(後述)。

  • 放送期間:1991年10月22日 - 1993年3月21日
  • 放送時間(日本時間、関東地区):
    • (開始当初)毎週火曜 深夜1:10 - 1:40
    • (1992年4月13日より)毎週月曜 深夜0:40 - 1:10
    • (1992年10月18日より)毎週日曜 22:30 - 23:00
    • カルトQスペシャル1 1992年1月4日(土曜日)深夜0:45 - 2:15
    • カルトQスペシャル2 1992年3月30日(月曜日)深夜1:10 - 3:10
    • カルトQスペシャル3 1992年9月28日(月曜日)放送時間不明
  • 司会:うじきつよし中村江里子(当時フジテレビアナウンサー
    • 問題を読み上げたのは、牧原俊幸(フジテレビアナウンサー)。

流れ[編集]

予選[編集]

まず、テーマごとに出場者を募集し、予選を行う。予選問題は筆記テスト。(初級、中級、超カルト=上級)。予選を通過し、本選に進めるのは上位5名のみ。

予選問題の例 「ジャパニーズポップス」(難易度:超。正解率:22%)
(Q)ユニコーンのバンド名は何から取ったもの? - (A)T・レックスのアルバムタイトル

本選[編集]

予選を通過した上位5名がスタジオに集結、カルトキング(女性ならカルトクイーン)を目指して戦う。優勝者には賞品ならびにトロフィーが与えられる。出題される問題は全て早押しで、1問につき5人全員が間違えるまで解答権があった。この結果、当時芸能人系クイズ番組で頻繁にあった早押しボタンの連打が素人系クイズ番組で見られるというケースが目立った。

初級カルトクイズ
オープニング問題、全5問。
中級カルトクイズ
難易度が上がるが、ルールは初級と同じ。
映像、イントロカルトクイズ
各回、それぞれのテーマにちなんだ映像や音声による問題を出題する。それぞれ、どの映像か、どの曲名かを当てる。
各テーマごとに特別なカルト問題を出題する場合もある。例えば「ラーメン」では「スープカルトクイズ」。スープを一口飲み、どの店のスープかを当てる問題だった。プロレスでは、フィニッシュの技と勝者を全て当てる。マッキントッシュでは「実演カルトクイズ」として、マッキントッシュの指定されたある画面を表示させるというものだった(このとき解答者は、番組側が用意した解答とまったく違うやり方で正解を出した)。ブランドの映像カルトクイズでは、数秒の映像が流れただけで出題されるであろう問題まで推測、正解を叩き出した女子大生もいた(しかも2問連続でそのように解答し、「基本です」と言い放った)。
各カルトクイズの得点は一律10点。
超カルトクイズ
本選中、特に難しい問題。正解すると20点。音楽が鳴ると最終問題。ゲーム終了時点で最高得点者が2人以上いる場合には決勝問題を出題し、正解したほうがカルトキングクイーン)となる。

誤答、お手つきはその問題の解答権を失うだけで減点は無いが、本当に分からない問題に解答者は当てずっぽうで答えることはほとんど無く、無闇にボタンを押さないことが多かった。また、カルトな問題が出た反面、正誤判定は非常に甘い。解答者が惜しい答えを言うと、うじきの裁量で言い直しを認められることがあった(その際に少しの間が空き、うじきが「ん?」や「ん〜?」などと唸って具体的な解答を求めた)。中には4、5回答え直して正解にたどり着くケースもあった。

「カルトキング(クイーン)」になると、その回のテーマにちなんだ賞品(に加え1992年3月30日放送分以降トロフィー)が授与された。トロフィーは深夜時代はヤマト徽章制作のシンプルなガラス製の三角タイプ、日曜プライム昇格後はマーク・ウィーガンによるデザインによる、その名も「カルトロフィー」だった。また全国ネット昇格の際に新ルールとして得点が250点を超えるとカルトゴッドとして「カルトな旅」が用意されていたが、250点以上を取った人は最終回まで1人も現れなかった。

テーマ[編集]

オリジナル版でのテーマ(五十音順)。

ゲームソフト[編集]

スタッフ[編集]

カルトQ 問題作成委員会

  • 構成:大田一水
  • ブレーン:飯島雅彦、デッツ松田 ほか
  • 問題作成:マンダラハウス、フォーチュンスープ
  • SW:毛利敏彦
  • CAM:篠原栄二
  • VE:吉田正美
  • 音声:飯塚昭、首藤弘治
  • VTR:吉本勝弘
  • 照明:八木原伸治(東京テレビ照明 → FLT
  • 技術協力:八峯テレビ
  • 美術:北林福夫
  • 美術進行:林潤一、武田方征 → 菊地正人
  • デザイン:石森慎司
  • 電飾:井野岡利保
  • 大道具(途中から):田中伸哉
  • アクリル装飾(途中から):関雅史
  • アートフレーム(途中から):宮本幸二
  • メイク(途中から):梅沢文子
  • タイトル:山形憲一
  • 美術協力:フジアール
  • 音効:長内勇治(佳夢音
  • VTR編集:石川弘一(ARTPLAZA1000)→ 村井毅(四谷ビデオスタジオ)
  • MA:菱山和良(ARTPLAZA1000)→ 笹本光一(四谷ビデオスタジオ)
  • スタイリスト:大路真路
  • ディレクター:小島俊一(4/g)、黒河博之(4/g)、小杉雅博、頼誠司(4/g)
  • プロデューサー:加藤友和(フジテレビ)/阿部恒久(4/g)、島田大輔(4/g)
  • 制作協力:4/g(FOUR GRAM VISUAL DEPARTMENT)
  • 制作著作:フジテレビ
    • 本番組プロデューサーの加藤友和は、かつてのフジテレビの人気番組だった「なるほど!ザ・ワールド」の総合演出として活躍した。

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ 火曜25:10枠
前番組 番組名 次番組
地理B
(1991年4月9日 - 1991年9月24日)
カルトQ
(1991年10月22日 - 1992年3月)
フジテレビ 月曜24:40枠
TVブックメーカー
(1991年4月8日 - 1992年3月23日)
カルトQ
(1992年4月13日 - 1992年9月28日)
La cuisine
(1992年10月5日 - 1993年3月22日)
フジテレビ系列 日曜22:30枠
新伍&紳助のあぶない話
(1990年10月7日 - 1992年9月)
※日曜22:00枠へ移動
カルトQ
(1992年10月18日 - 1993年3月21日)
大石恵三
(1993年4月4日 - 1993年9月26日)