SWITCH (テレビ番組)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
SWITCH
ジャンル 深夜番組バラエティ番組音楽番組
製作
制作 フジテレビジョン
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
SWITCH LAUGHING
出演者 リサ・ステッグマイヤー(LAUGHING)
ほか
放送期間 1994年4月20日 - 9月7日
放送時間 水曜 1:15 - 1:45(火曜深夜)
放送分 30分
回数 10
SWITCH MUSIC
プロデューサー 港浩一
出演者 中村江里子フジテレビアナウンサー(当時)(MUSIC)
藤原紀香(MUSIC)
ほか
放送期間 1994年4月27日 - 9月14日
放送時間 水曜 1:10 - 1:40(火曜深夜)
放送分 30分
回数 10

特記事項:
「MUSIC」はアナログハイビジョン実用化試験放送でも放送された。
テンプレートを表示

SWITCH』(スイッチ)は、1994年4月20日から9月14日まで、フジテレビで放送された深夜番組

隔週で交互にバラエティ番組SWITCH LAUGHING」(スイッチ・ラフィング)と音楽番組SWITCH MUSIC」(スイッチ・ミュージック)を放送していた。各10回、全20回。

基本放送時間は水曜日深夜(木曜日未明)1:15 - 1:45、関東ローカルでの放送だった。

SWITCH LAUGHING[編集]

SWITCH MUSIC[編集]

  • 1994年4月27日 - 9月14日(全10回)
  • カジノバーを模したスタジオにアーティスト4組が出演し歌とトークで盛り上がった。MCは中村江里子(フジテレビアナウンサー、当時)と藤原紀香。アシスタントにSWITCH GALSという美女6人が据えていた。ナレーションは全10回にわたり田子千尋が担当した。
  • 出演アーティストは延べ36組(最終回(第10回)は総集編のため実質的には9回)。うち1回は女性演歌歌手が出演した回があり、その際はSWITCH GALSによるカラオケ大会のシーンも放送された。
  • 曲名と歌手名はテロップの代わりにトランプカードなどの備品を使って表示。またエンディングでもスタッフをカードに表示し、最後に表示される製作著作の「フジテレビ」ロゴは当時河田町にあったフジテレビ旧本社社屋の屋上の電光看板が映されていた。
  • 歌詞表示は全曲とも手書きによる縦書きで表示され、当時としては画期的であった。
  • MUSICは全編にわたりハイビジョンで撮影。地上波(関東ローカル)ではレターボックスサイズで放送していたが、隔週週2回ハイビジョン試験放送でもピュアハイビジョンにて、地上波未放送部分を含む60分間の完全版で放送された[4]。後に、現在も放送中の長寿音楽番組『MUSIC FAIR』や、『HEY!HEY!HEY!』『僕らの音楽』『新堂本兄弟』などといった音組制作による歴代の音楽番組でハイビジョン制作が行われている。
  • また当時、フジテレビでは水曜22時枠の『MJ』が終了し、日曜23時枠の『ミュージックフェア'94』も一部地域でネットされておらず、プライムタイムならびにFNS全国ネット(当時26局[5])の音楽番組空白期間となったため、10月に月曜20時枠で『HEY!HEY!HEY!』がスタートするまでの間をつなぐ形として、隔週を音楽番組として放送したことになる。

脚注[編集]

  1. ^ この年4月に『笑っていいとも!』の月曜日レギュラーとなり(10月から水曜日へ移動)、また『タモリのSuperボキャブラ天国』の「ボキャブラヒットパレード」にも常連出演した。
  2. ^ 現在はタレント・俳優として活躍しているユースケ・サンタマリアが在籍。
  3. ^ 現在は主に女優として活躍している濱田マリが在籍。
  4. ^ 日曜22:00-23:00と水曜14:00-15:00の2回。カラオケバラエティ番組『KARAOKE富士の湯』と週交代で放送していた。
  5. ^ 1994年当時、さくらんぼテレビ高知さんさんテレビは未開局。特に山形県は前年に山形テレビテレビ朝日系列ネットチェンジしたこともあり、3年後のさくらんぼテレビ開局までの間はFNS空白地区だった。

関連項目[編集]

フジテレビ 水曜日深夜1:15 - 1:45ローカル枠
前番組 番組名 次番組
SWITCH
NONFIX
(1:15 - 2:10)