皆殺しの數學

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

皆殺しの數學』(みなごろしのすうがく)は、1992年4月からフジテレビの『JOCX-TV2』枠で放送された教養番組バラエティ番組。全11回。

概要[編集]

秋山仁が聞き手との会話を通じて数学の問題を解説していた30分番組。行進する大量のキューピー人形や、ボンデージファッションの女性、キューピー人形で作られた地球儀等、刺激的な画面が見られた。

問題の例[編集]

学校で習う数学証明よりはグラフ理論を用いる等、一般に知られていない数学や、簡単な理論で解説する傾向があり、例えば飛行機が北極周りで飛ぶ理由をリーマン幾何学を用いて説明した。

ラスロウ・ロバースの定理 
男m人と女n人が総当たりする際、必要なコンドームは何枚か?という問題。
グラフ理論 
10人の男女について丸テーブルの席順を決める際、各々の友人(3人のうち2人)が隣になる席順はあるか?という問題。友人関係を六角形・三角形・中心1点のグラフにまとめ、一筆書きできるかどうかの問題に置き換える。次に隣同士が同じ色にならないように、それらの点を2色に分ける。それぞれの色で点の数が同じなら席順はあり、違えば満足する席順は無いことになる。
樹形図 
相撲の優勝決定戦で、2連勝する確率は平等か?という問題。平成2年春場所の巴戦では霧島が、平成6年春場所ではが控えに回った。結果はそれぞれ北勝海、曙の優勝となった。解答は、実力が全く互角と仮定すると、控えにまわった力士の確率が若干低くなる。
確率 
テレビ番組の会場に集まった人に 浮気調査をする場合、どんな方法が良いか?という問題。コインを投げさせて、1.表なら無条件に挙手、2.裏なら正直に、というルールにしておき、質問すると何%の人が浮気しているかが分かる。
四色定理 
ある白地図を塗り分ける際、必要な色の数はいくつか?という問題。

数学者の人生[編集]

数学者の業績を紹介するコーナー。第1~6、10回は2人、第7~9、最終回は1人の紹介となっている。

その1 タレス 
対頂角が等しい、二等辺三角形の二つの底角は等しい等の定理が有名。天文学者でもあった彼は星を眺めながら歩き、どぶにはまった。
その2 ヒエロニモ・カルダノ 
カルダノの公式で知られる。占い師としても有名な彼は、自分が死ぬ日を運勢表から1576年9月21日と予想し的中させた。その死因は自殺だった。
その3 ウィリアム・ハミルトン 
ハミルトンの原理を確立。1843年四元数を発見。晩年はアルコール中毒となり、部屋中に汚れた皿や紙くずが散乱していた。その酒の染みた紙くずには、誰にも読めない数式がたくさん書かれていた。
その4 ガロア 
代数方程式の代数的なの存在の研究、ガロア理論を確立。21歳の時、決闘の前夜に書かれた最後の文書には、余白に「時間がない、もう時間がない」と書かれていた。
その5 ガスパール・モンジュ
その6 ジョゼフ・フーリエ
その7 ヨハネス・ケプラー
その8 アンリ・ポアンカレ
その9 ルネ・デカルト
その10 ダフィット・ヒルベルト
その11 ブレーズ・パスカル
その12 レオンハルト・オイラー
その13 カール・グスタフ・ヤコブ・ヤコビ
その14 アイザック・ニュートン
その15 リヒャルト・デーデキント
その16 ベルンハルト・リーマン
その17 ジョージ・ブール
その18 秋山仁

出演者およびスタッフ[編集]

テーマ曲[編集]

関連書籍[編集]

フジテレビ 水曜25:10枠
前番組 番組名 次番組
皆殺しの數學