ピロピロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピロピロ
ジャンル バラエティ番組
企画 鈴木哲夫(フジテレビ)
演出 つきざわけんじ(MEN'S)
片岡K
森本正直(MEN'S)
監修 高田文夫
出演者 高田文夫
松村邦洋
松島エリース
浅草キッド
本田理沙
江頭2:50 ほか
オープニング ピロピロダンス
エンディング STYLE 鈴木結女
製作
プロデューサー 古賀憲一(日本テレワーク)
古城和明(日本テレワーク)
石岡茂雄(D:COMPLEX
制作 フジテレビ
放送
音声形式 モノラル放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1993年4月 - 1993年9月
放送時間 木曜 25:15 - 25:45
放送分 30分
回数 23
テンプレートを表示


ピロピロ』は、1993年4月から同年9月までフジテレビで放送されたバラエティー番組である。放送時間は毎週木曜 25:15 - 25:45(JST)。

概要[編集]

関東高田組が出演する『たまにはキンゴロー』、『夜鳴き弁天』に続くキンゴローシリーズ三部作最後の番組。前番組までは月曜深夜1:10~1:40で放送されていたが、当番組からは木曜日に放送枠移動した。 この番組が始まる数か月前に松村邦洋がゴールデンアロー賞芸能新人賞を受賞し、芸能人として認知度が高まり始めた事で松村を主役に番組を企画する事になり、当時松村が飲み会などでギャグにしていたピロピロ飲みを番組タイトルとして使う事になった。 深夜番組ではありつつも、当時フジテレビで放送し話題になっていた「ウゴウゴルーガ」の様な子供向け番組風に制作。第4回までは実際に小学生未満の子供数人も出演していたが、収録中に泣き出してスタジオから飛び出したりしてしまうため、第5回以降からは子供を出演させない方針になる。 小さい頃に遊んだボール遊びやゲームなどを楽しむ企画が多かったが、浅草キッド(主に玉袋筋太郎)や男同志コンタキンテ江頭2:50)などに松村がイジメられる事がほとんどだった。 「思い出して描いてみよう」というお絵かきコーナーでは、水道橋博士が「みんな描いてますか?」と尋ねると松村や江頭が「毎晩かいてますよ」とお絵かきという意味ではなく自慰行為の「かく」という意味で答えるため、いつもメガホンで突っ込まれていた。 高田文夫は、当番組ではメイン出演者ではなくアドバイザー的な位置で出演し松村のフォローに対応する事がほとんどだった。松村と松島エリースが二人で進行する「OJ(お笑いジャーナル)」というコーナーでは当時フジテレビの水曜夜10時に放送していた「MJ -MUSIC JOURNAL-」の真似でセットが低予算風に作られており本家MJで流れる電光掲示板的テロップを当番組では紙で作られたロールテロップを江頭が一生懸命手巻きで回してロールを流していた。オープニングテーマは番組内で作られた「ピロピロ体操」(作詞:高田文夫・作曲:佐瀬寿一)[1]。 エンディングテーマは鈴木結女の「STYLE」(※第3回から)。第1回と第2回は鈴木結女の「強さの意味」。 また番組内で、松村が幼少期に幼稚園で歌っていた「おあつまり(みんなが集まる際に歌っていた曲)」という歌をみんなで歌ったりもした。この歌は高田と松村が『風まかせ 新・諸国漫遊記』に出演し、松村の里帰り企画の際に紹介された。

当番組の演出スタッフは、つきざわけんじ班と片岡K班の2班に分かれていた。2本撮り収録形式のため 、つきざわ班は第1・2・5・6・9・10・13・14・17・18・21・22回を担当、片岡班は第3・4・7・8・11・12・15・16・19・20・23(最終)回を担当と交互に制作していた。

主な出演者[編集]

スタッフ[編集]

番組内では子供番組を意識して全て「ひらがな」と「カタカナ」のみで表記されていた。

  • 企画:鈴木哲夫(フジテレビ)
  • 監修:高田文夫
  • 構成:松田健次、ベン村さ来
  • 音楽:佐瀬寿一
  • 技術(SW):中川清幸
  • カメラ:竹内弘佳(毎週)、湯沢満(毎週)、秋庭秀行、河野敬麿、蛭田英一、山本宏
  • 照明:中村英二
  • 音声:猪狩敏、野中訓行
  • 調整(VE):杉崎敏一、吉田正美、吉本勝弘
  • 音効:有馬克己(東京サウンド企画)/ 成岡知弘(当時 マジカル・片岡K演出時)
  • 編集(EED):井戸清(ヴィジュアルベイ)/ TDKビデオセンター
  • ミキサー(MA):宇野雅史(ヴィジュアルベイ)、大江善保(ビームテレビセンター)/ TDKビデオセンター
  • 時間(TK):水野久美(M&M)
  • デザイン:金子隆
  • 美術制作:山田茂夫
  • 美術進行:中本友恒
  • 技術協力:八峯テレビ、ヴィジュアルベイ(MEN'S演出時)、ビームテレビセンター(MEN'S演出時)、東京サウンド企画(MEN'S演出時)、TDKビデオセンター(片岡K演出時)
  • 企画協力:高田文夫事務所
  • 広報:高橋正秀(初回~中期)、松永佳子(中期~最終回)
  • 制作デスク:鈴木千夏
  • ディレクター:今泉暢子・白井佐智子(MEN'S)/ 池田よしひろ・新原宏(※2週ごとに交代)
  • 演出:つきざわけんじ・森本正直(MEN'S)/ 片岡K(※2週ごとに交代)
  • プロデューサー:古賀憲一、古城和明(初期)、石岡茂雄(中期~最終回)
  • 制作協力:日本テレワーク、MEN'S
  • 制作著作:フジテレビ

脚注[編集]


フジテレビ 高田文夫 司会担当深夜枠
前番組 番組名 次番組
ピロピロ
?