風まかせ 新・諸国漫遊記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
風まかせ 新・諸国漫遊記
ジャンル 紀行番組
放送時間 土曜 12:00 - 13:00(60分)
放送期間 1990年10月20日 - 2000年3月25日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
プロデューサー 古賀憲一
古城和明
出演者 生島ヒロシ
佐藤里佳
ほか
オープニング 作曲:本多信介
唄:杵屋徳衛
[1]
エンディング 「風まかせ」(坂上二郎
テンプレートを表示

風まかせ 新・諸国漫遊記』(かぜまかせ しん しょこくまんゆうき)は、1990年10月20日から2000年3月25日までフジテレビ土曜日の12時台などに放送されていた旅番組

番組概要[編集]

タレントが各地に旅に出て、観光スポットを満喫したり、さまざまな出会いを経験したりしながら旅の魅力を紹介するというコンセプト。「一万円の旅」などの企画が生まれた。 スタジオ部分では司会陣とレポーターがトークをし、行き先の概要を説明したり、こぼれ話を披露したりする。VTRを流す前、スタジオの出演者は「新諸国、漫遊記〜」といいながらカメラに向かって、指で○を描くような仕草をするのが通例となっていた。その際に「かあ〜ぜま〜か〜せ〜」の唄に乗せてカメラに向かって指をぐるぐると円を描くようにして旅のシーンへとつながっていた[要出典]

オープニングテーマソングとCM前のサウンドロゴは「風まかせ〜、風まかせ〜」という長唄調のもので(唄は杵屋徳衛)、後に本番組総合司会の生島ヒロシが『おもいッきりDON!』(日本テレビ系)に出演する際の肩書が「♪風まかせ〜」(第1部『1025』のみ)となった。後に別バージョンで歌ったのが坂上二郎

番組晩年は11時45分からの75分番組になっていた。後にフジテレビ739で地上波放送分が放送された。2004年12月26日の13:30 - 14:25には年末スペシャルとして約5年ぶりに復活した。

歴代の司会者[編集]

期間 総合司会 進行アシスタント
1990.10.6 1992.3.28 生島ヒロシ 毒蝮三太夫 ケント・デリカット
1992.4.4 1995.3.25 島崎俊郎 佐藤里佳
1995.4.1 1999.3.27 恵俊彰
1999.4.3 2000.3.25 勝俣州和 深澤里奈
2004.12.26 佐藤里佳

深澤(当時)、佐藤はフジテレビアナウンサー。

旅をした主な芸能人[編集]

など

スタッフ[編集]

放送時間[編集]

放送期間 放送時間 (JST) 備考
1990.10.20 1996.09 土曜日 12:00 - 12:55(55分)
1996.10 1999.03.27 土曜日 12:00 - 13:00(60分) それまで12:55 - 14:20で放送されていた『週刊スタミナ天国』が5分繰下がり、『スタミナ天国ターボ』に改題したのに伴い、5分拡大。
1999.04.03 1999.09 土曜日 11:45 - 13:00(75分) FNNスピーク』を15分短縮した上で、本番組を拡大。
1999.10 2000.03.25 土曜日 12:00 - 13:00(60分) 11:45 - 12:00に『うなぎのぼり研究所』(恵の相方の石塚英彦が司会)が設置されたので、元に戻る。

外部リンク[編集]

フジテレビ 土曜正午枠(1990年10月 - 2000年3月)
前番組 番組名 次番組
風まかせ 新・諸国漫遊記
ウォッ!チャ
※10:00 - 13:00
フジテレビ 土曜12:55 - 13:00枠
週刊スタミナ天国
※12:55 - 14:20
【5分繰下げて改題】
風まかせ 新・諸国漫遊記
ウォッ!チャ
※10:00 - 13:00
フジテレビ 土曜11:45 - 12:00枠(1999年4月 - 9月)
FNNスピーク
【放送時間を15分縮小して継続】
風まかせ 新・諸国漫遊記